2,000万円で注文住宅は建てられる?費用の内訳や実現方法などをご紹介します。

注文住宅のメリットは、自分の予算の範囲内でどのような要望を実現できるのかをじっくりと検討できることです。

フラット35の利用者調査では全国的な注文住宅の平均建築費は3,452.4万円となっています。

この数字は地域によってもばらつきがあり、また高額の注文住宅建築者が平均値を上げている可能性があるため実際の中央値はもう少し低く、一般的なボリュームゾーンは2,000万円~3,000万円といわれています。

この2,000万円~3,000万円という価格帯は、すべての要望を採り入れた注文住宅を建てようとすると予算オーバーになってしまいますが、一方でポイントをきちんと押さえることで満足度の高い住まいを建てることが可能な金額です。

では2,000万円で建築可能な注文住宅とはどのような家になるのでしょうか?

この記事では注文住宅にかかる費用の内訳や、2,000万円で満足度の高い家を建てるための実現方法などを詳しく解説していきます。

参考:2019年度利用者調査|住宅ローン:住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

注文住宅を建てる際にかかる主な9つの費用とは?

注文住宅を建てる土地を所有していない場合には、住宅の建築費用の他にまずは土地の購入費用が必要になります。

しかし注文住宅を建てる際の費用はこれだけではありません。

他にも様々な費用がかかります。

この章では注文住宅を建てるために必要な9つの費用を解説します。

  1. 土地の購入費用
  2. 住宅の建築費用
  3. 地盤改良・造成工事・インフラ整備費用
  4. 外構工事費用
  5. 屋外の給排水工事費用
  6. 手続きにかかる費用
  7. 地鎮祭などの行事にかかる費用
  8. 家財道具の購入費用
  9. 引っ越し費用

一つずつ順に見ていきましょう。

1.土地の購入費用

土地の購入費用は、注文住宅を取得するための総額の費用の中でも大きなボリュームになります。

特に都市部においては地価が高いため、土地の購入金額次第で住宅の建築予算が圧迫されてしまいがちです。

住宅の建築会社と相談しながら、全体的な資金計画に基づいて土地を選ぶことが大切です。

2.住宅の建築費用

建物本体の建築費用です。

建築費用は、建物の延べ床面積や構造、仕様、設備、建築工事の依頼先によって大きく変わるため、予算に応じて十分に検討する必要があります。

3.地盤改良・造成工事・インフラ整備費用

敷地の地盤が軟弱な場合や宅地として未整備な場合などには、地盤調査を行った後の地盤改良工事や擁壁、山留などの造成工事が必要になる場合があります。

また、敷地内に上下水道、都市ガスの引き込みがされていない場合には、これらの設備を敷地内に引き込むためのインフラ整備費用が土地購入費用とは別途で発生します。

4.外構工事費用

住まいづくりでは住宅の本体工事費以外にも様々な工事費用が発生します。

その中のひとつが、塀や門扉、アプローチ、駐車場、庭の植栽などの外構工事費用です。

外構工事費用は、基本的に必ず必要になる費用と考えておきましょう。

5.屋外の給排水工事費用

建物本体の建築費用の中には、一般的に屋外の給排水工事費用は含まれていません。

生活する上で欠かせない工事なので、必ず予算の中に含めておく必要があります。

6.手続きにかかる費用・税金

不動産会社の仲介で土地を購入する場合には、不動産仲介会社に仲介手数料を支払います。

また土地や建物を購入すると、登記が必要になります。

登記には、表示登記や所有権保存登記のほか、住宅ローンを利用する場合には抵当権設定登記が必要になり、これらの登記を行う際には登録免許税、司法書士への報酬が必要です。

また、金融機関から住宅ローンを借りる場合には住宅ローンの事務手数料が必要になり、土地の売買契約時や建築の請負契約時、金融機関との金銭消費貸借契約時には印紙税が課せられます。

その他では、つなぎ融資費用、保証料などのローン関連費用、火災保険・地震保険料などの支払いが発生し、さらに新築後には不動産取得税が課せられます。

これらの諸費用は一般的に住宅ローンではまかなえないため、自己資金で調達しておく必要があります。

7.地鎮祭などの行事にかかる費用

地鎮祭や上棟式などの式祭典を行う場合には、神主への謝礼やお供え物の費用、ご祝儀などがかかります。

費用は事前に施工会社に相談し、確認しておくと良いでしょう。

また、工事着工前や引っ越し時の近隣挨拶の際に持参する手土産代も予算に見込んでおくと良いでしょう。

8.家財道具の購入費用

家具や電化製品などの家財道具は今まで使用していたものを引き続き使用することも可能ですが、新築工事に併せて新調するケースが多いようです。

また、照明器具、エアコン、カーテンなども一般的には建物本体の工事費用には含まれていないので、必要であれば別途購入するようになります。

9.引っ越し費用

新築の場合には1回、建て替えの場合には2回の引っ越し費用と工事中の仮住まい費用がかかります。

新居への引っ越し費用も忘れずに予算に含めておくことが大切です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

2,000万円台の注文住宅はどんな家?

それではいよいよ本記事の本題に入りますが、2,000万円で建てられる注文住宅とはどのような家になるのでしょうか。

1,000万円台、3,000万円台で建てられる家と比較して見てみましょう。

2,000万円台の家は、予算配分次第で夢を叶えることも可能

2,000万円で建築可能な家は、住宅の規模によっても大きく変わります。

25坪未満(坪単価80万円)の狭小2階建住宅であれば、ある程度の要望を叶えた家を建てることが可能ですが、ここでは一般的に多く建てられる延べ床面積30坪~40坪の2階建住宅で考えてみたいと思います。

2,000万円の注文住宅では、住まいに対する要望を最小限のものに抑えて極限まで無駄を省いた造りにする必要はありません。

しかし要望の全てを盛り込んでいくと、たちまち予算オーバーになることが多い価格帯といえます。

アイランドキッチンにする、吹き抜けのあるリビングにする、部分的に自然素材を採り入れる、最新の住宅設備機器を導入する・・・といった夢を叶えることも予算配分次第で可能です。

たくさんある要望に優先順位をつけて、譲れない点と妥協できる点のメリハリを考えながら予算配分を工夫することが大切です。

1,000万円台の家の特徴

2,000万円以下、つまり1,000万円台になるとどのような家が建てられるでしょうか。

1,000万円台の家は、シンプルで無駄のない設計の家が一般的です。

凹凸のない箱型の構造で、資材や設備のグレードは必要最低限のものになることが多いです。

凝ったデザインやグレードの高い設備は望めませんが、設計上の工夫や低コストのクロス等の使用で快適な住まいづくりが可能です。

いわゆるローコスト住宅と言われるこの価格帯はハウスメーカーによっては得意としているところもあり、徹底的なコストダウンを図った結果、高品質でコストパフォーマンスの高い家を提供している会社もあります。

3,000万円台の家の特徴

3,000万円台になると、ある程度の要望を叶えた住まいづくりが可能です。

ディテールにこだわったデザイン、品質の高い床材や外装、庭など外構の見栄えを良くするなど、オリジナリティを発揮できるでしょう。

一方でこの価格帯にありがちなのが、グレードの高い設備や品質を望みすぎて予算オーバーになってしまうこと。

3,000万円台の住まいは全ての希望が叶えられるわけではないので、やはり優先順位をつける必要があります。

また住み始めてからのメンテナンスの手間と費用も考えて、できるだけコストパフォーマンスに優れた設計が望まれます。

2,000万円の注文住宅の一般的な建坪はどれくらい?

2,000万円の注文住宅の一般的な建坪はどれくらいになるのでしょうか?

家の建築費は建坪によって変わりますが2,000万円の住宅の一般的な施工例を見ると、建坪30坪未満の狭小住宅から建坪40坪以上の住宅まで様々な実例があります。

また「建築費用=坪単価×建坪(延べ床面積)」になるため、坪単価別にみた2,000万円で立てられる坪数は以下のようになります。

  • 坪単価50万円では40坪
  • 坪単価60万円では約33坪
  • 坪単価70万円では約28.5坪
  • 坪単価80万円では25坪

したがって2,000万円で家を建てるなら、概ね25~40坪の間が一般的といえるでしょう。

40坪程度までなら2,000万円で建築することが可能ですが、建坪が大きくなるほど注文住宅であっても間取りや仕様の自由度が低くなり、住宅会社の規格プランをベースにした箱型のシンプルな形状になることが多くなります。

また坪単価に応じて建築可能な建築会社が限られるので注意が必要です。

40坪の家であればローコスト系のハウスメーカー、30坪前後であれば中小規模の工務店やハウスビルダー、25坪の家であれば準大手のハウスメーカーに建築を依頼することが可能になるでしょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

2,000万円で注文住宅を建てる5つの方法とは?

2,000万円の注文住宅で家づくりの夢を全て叶えることはできません。

しかしポイントを押えたコストダウンを図ることによって、全体の予算に余裕を持たせることができれば、その分自分のこだわりを実現することが可能になります。

この章では2,000万円の予算で夢を実現するためのコストダウンの方法を5つご紹介します。

1.長方形や正方形などのシンプルな形状の家にする

建物の形状を真上から見て長方形や正方形などの凹凸がないシンプルな形状にすると、外壁の表面積が少なくなるために、材料費の削減や施工手間の省力化につながりコストダウンが可能になります。

同じ床面積であれば、正方形に近くなるほど外壁の面積が少なくなることを覚えておくと良いでしょう。

2.総2階にする

2階建住宅であれば総2階(1階と2階の床面積を同じにする)にすることで、同じ床面積の住宅でも基礎や屋根の面積が少なくなるため、コストダウンになります。

さらに1階と2階の間仕切り壁の位置をできるだけ揃えることによって、構造材のコストや施工手間を抑えることができます。

3.バスやキッチンなどの設備をコストダウンする

バスやキッチンは100万円以下のものから300万円を超えるものまで、材質やデザイン、機能などによって大きな価格差があります。

したがってバスやキッチンなどの住宅設備機器を必要最小限の機能に抑えたり、住宅会社が最も安く仕入れることができる商品を採用したりすることで、コストを抑えることができます。

4.予算に見合う家を建ててくれる建築会社を探す

建築会社はそれぞれに特徴があり、建築する建物の構造や工法、標準仕様、住宅性能などが異なります。

したがって同じ間取りで見積もりをとっても、同じ金額になることはほとんどありません。

1社に見積もりを依頼して予算を超過したからといって、予算に見合う額で建ててくれる会社がないとは限りません。

根気よく予算内で建築してもらえる会社を探してみましょう。

5.複数の会社に見積もりを取る

1社だけから見積もりをとっても、それが適正な額なのかどうかを判断することは一般の方にはできません。

複数の会社に相見積もりを依頼することで、ある程度の相場観をつかむことができます。

また複数社を回ることでだんだんと「目が肥えて」くるため、「この項目はなんでこんなに高いんだろう?」「この会社はココに力を入れているんだな」といった感覚を身に付けることができます。

こうした感覚は会社の信用性を見極めるうえでも重要ですから、是非最低でも3~4社は回ってそれぞれの内容を比較検討することをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

2,000万円の注文住宅で失敗しないためには?

同じ予算で家を建てても、満足度が高い人と後悔している人がいます。

住まいづくりで失敗するケースの多くは、予算の問題が関わっています。

では2,000万円の注文住宅で失敗しないためには、どんな点に注意すれば良いのでしょうか。

最も重要なポイントを2つご紹介します。

妥協できるポイントとできないポイントを決めておく

満足度が高い2,000万円の住宅を建てるためには、メリハリをつけることが重要なポイントです。

予算がないからといって、住宅会社に言われるままに全てに妥協して中途半端な家を建ててしまうと、必ず後悔することになります。

内装にはコストをかけずに耐震性能や省エネ・断熱性能などの住宅性能にはとことんこだわる、

住宅設備機器の機能は最小限の機能に抑えて天然素材をふんだんに採り入れた住まいにする、

インテリアは妥協して外観デザインにこだわる・・・

など、自分のこだわりを実現させる部分と妥協できるポイントをあらかじめ明確にしておくことが重要です。

家の建設に必要な予算管理をしっかり行う

家の建設には、冒頭でご紹介したように様々な費用がかかります。

予算配分を決めないままに土地の購入を決めたり、要望を全て反映したプランニングを行ってしまったりすると、予算オーバーのため途中で計画が頓挫してしまうことにもなりかねません。

計画の最初の段階からある程度の資金計画を立てて予算配分を行い、段階ごとに予算管理をしっかりと行いながら計画を進めていくことが重要です。

まとめ

注文住宅の購入には様々な費用がかかるので、あらかじめ資金計画を建てて建物の建築費を配分しておく必要があります。

2,000万円の予算で注文住宅を建てることは可能ですが、すべての要望が叶えられることはほとんどないといえます。

したがってあらかじめ要望に優先順位を付けておき、譲れない要望と妥協できる要望をきちんと分けておくことが極めて重要になります。

また近年ではローコスト系のハウスメーカーであっても、様々なオプションに対応してもらえるケースが増えているので、1,000万円台のローコスト住宅に住宅性能やデザイン、住宅設備機器などのこだわりたい部分をグレードアップしてもらう方法もあります。

予算内で満足度の高い住まいを手に入れるためには、費用をかけるところと抑えるところのメリハリが重要なポイントです。

是非本記事の内容を参考にしていただきたいと思います。

うちハピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /