千葉県で評判の空き家買取業者ランキング【2021】|買取のメリット・デメリットや空き家の活用方法まで徹底解説!

ニュース番組などで、放置された空き家問題などが取りあげられるようになりました。

家主がいなくなって何十年も人の手が入らないと草木はボーボー、壁はボロボロになってご近所の住人から苦情が出ることも。

私の周りでも、「両親が高齢で介護施設に入所した」とか、「転勤で家を手放すことになった」という話をよく聞くようになりました。

家族が誰も住む予定がないのなら、早めに売却してしまった方が良いのはわかります。

でも、いざ空き家を手放そうとする時、疑問点や不安がたくさんありますよね。

「売却の手続きが面倒」
「実家は遠いから、片付けに行くのがしんどい」
「ボロボロの空き家でも売れるの?」
「諸費用ってかかるの?」
「できるだけ早く、高く売りたい」

空き家の売却については、直接業者に買い取ってもらう方法があるんです。

先ほどあげた不安な点も、業者にお任せすることでかなり売主の負担を減らすことができます。

仲介業者に頼むよりも現金化のスピードが速いうえ、場合によっては空き家の片づけが不要になることも。

千葉県で評判の空き家買取業者をご紹介しつつ、仲介との違いやメリット・デメリットについても詳しくお伝えしていきます。

また、2021年は不動産価格が高止まりしており、高値で売却できる良い市況が続いています。

今のタイミングを狙って不動産を売却しようと考えている人も多いと思うのですが、売却時に絶対にやってはいけないことを知っていますか?

それは、「1~2社程度の不動産会社にだけ、査定を依頼すること」

一般的な商品とは異なり、不動産には決まった価格がありません。査定を依頼した不動産会社によって500万円以上査定額が違うこともあります。

もしあなたが1~2社にだけ不動産査定を依頼して適正価格より低い査定額が提示された場合、本来売れるはずだった金額よりも数百万円安く売りに出してしまう可能性があります。

具体的な事例を挙げてみましょう。あなたが売却予定の不動産の本来の適正価格が「3,000万円」だったとします。

たまたま査定に出した2社の不動産会社の査定額が「2,700万円」と「2,650万円」だった場合、あなたはどう思うでしょう?

適正価格を知らないあなたは、

「なるほど。プロが言うのだから、2,700万円ほどが妥当なのだろう。」

と判断し、2,700万円前後で売りに出すでしょう。

本来であれば3,000万円でも売れた物件を、300万円も安い金額で手放してしまったわけです。高級な車が買えるほどの大金をドブに捨ててしまったわけですね。

「適正価格で売り出すことが大切なのはわかったけど、どうやって適正価格を調べることができるの?」

と疑問に思われますよね。不動産の適正価格を把握する方法は、ずばり「6社以上の不動産会社に査定を依頼すること」です。

1~2社では査定額が偏ってしまうリスクがありますが、6社以上に査定を依頼することで、査定額の偏りを避けて適正価格を把握しやすくなります。

昨今では、条件にあった不動産会社にまとめて見積もりを依頼できる「一括査定サイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

HOME4U(NTTデータグループ)

東証一部上場企業「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選された1,500社に査定を依頼できる。全国的に不動産会社と提携しているのでバランスがいい。

すまいValue(大手6社が運営)

東急リバブル、住友不動産、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介+、三菱地所ハウスネットなどの大手にまとめて査定を依頼できる唯一の一括査定サイト。都心部の不動産査定におすすめ。

イエウール(JASDAQ上場)

JASDAQスタンダード市場上場の「Speee」が運営。チャット形式で査定を依頼できるため、操作方法がかんたんでわかりやすいのが特徴。地方の不動産会社とも豊富に提携している。

当サイトのイチオシは「HOME4U」ですが、HOME4Uだけに査定を依頼すると、査定可能な会社が数社しか出てこない場合があります。

そのため、

といったように、エリアごとに2つの一括査定を併用してみてください。2社を活用することで、確実に適正価格を把握することができますよ。

どの一括査定サイトも上場企業が運営しているため安心ですし、厳選された不動産会社のみと提携しているので悪徳業者に依頼してしまうリスクを回避できます。

査定を依頼したからといって無理な営業などもなく完全に無料で利用できるので、不動産売却で数百万円損しないためにも、ぜひ活用してみて下さい。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

【千葉県版】空き家買取で評判の買取業者3選

ここでは、特に売却までのスピードや売主へのヒアリングなどの評判が良い買取業者をピックアップして紹介します。

1. 株式会社 雅エステート

雅エステートの最大の特徴は、空き家を現状のまま買い取ってくれるところです。

遠方の実家を売りたいなどの場合、片付けに行くのも大変ですし、業者に頼むと高額になりますが、現状買取だとその負担がなくなります。

そしてヒアリングを徹底的におこない、自社買取も含めた『売主にとってのベストな売却方法』を提案してくれるところもポイントです。

対応エリア:流山おおたかの森中心、TX線沿線(つくばエクスプレス線)、松戸市、柏市、流山市、我孫子市、千葉県東葛エリア、つくば市、都内、他

会社名 株式会社 雅エステート
所在地 千葉県柏市豊四季1011-31
営業時間 9:00~18:00

定休日 火・水曜日

電話番号 04-7142-2788
ホームページ http://www.miyabi-estate.co.jp/

2. 有限会社 房総スタイル

房総スタイルは、立地や築年数など関係なく買取が可能と評判の会社です。

住宅地から離れた山の中の一軒家や、海辺の別荘地などもリゾート物件や古民家として査定されます。

売主に寄り添って、できる限り希望価格での買取金額となるよう親身に対応してくれます。

対応エリア:北総エリア、九十九里エリア、外房エリア、内房エリア、南房総エリア、千葉エリア

会社名 有限会社 房総スタイル
所在地 千葉県茂原市腰当38-1
営業時間 9:30~19:00

定休日 水曜日

電話番号 0475-22-1288
ホームページ https://www.bousou.co.jp/

3. 株式会社 さくら都市

さくら都市が運営している『すまい買い取り.com』は「どんな物件でも買い取ります!」と宣言しているサイトです。

他社で買取を断られたボロボロの家や、ローンが残っている家でも買い取りが可能です。

また、最短査定日の翌日に売却が可能という、圧倒的な売却スピードも魅力です。

対応エリア:木更津市、君津市、 富津市、袖ケ浦市、千葉市、船橋市、柏市、佐倉市、勝浦市、銚子市、市原市、四街道市、八街市、東金市、九十九里、大網白里 茂原 長生郡

会社名 株式会社 さくら都市
所在地 千葉県木更津市請西4-5-15
営業時間 9:00~18:30

定休日 水曜日

電話番号 0800-800-8739
ホームページ https://www.sumai-kaitori.com/

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

空き家買取ってどんなシステム?

空き家買取というシステムは、簡単に言うと不動産業者に空き家を直接買い取ってもらう事です。

一般的に想像する不動産の売買は、仲介といって不動産業者は紹介をしてくれるだけというものですよね。

仲介の場合は、空き家に買い手がつくまではお金は入ってきませんし、実際に売れた時に仲介手数料を取られます

そのため、「多少安くなっても良いから早急に空き家を売りたい」という方には、不動産業者による買取をおすすめします。

仲介 買取
買主 主に個人 不動産業者
売却期間 長い 短い
売却価格 相場価格程度 相場価格より安い

空き家買取のメリット・デメリット

空き家買取のメリットとデメリットについて解説します。

【空き家買取のメリット】

  • すぐに現金を手に入れることができる
  • 近所の人に知られることなく売却ができる
  • 仲介手数料が不要
  • 契約直前のトラブルがない

すぐに現金を手に入れることができる

仲介業者に頼んだ場合、買主が見つかるまでに数カ月~数年かかることも珍しくありません。

その期間の維持管理費は当然、売主が負担することになります。

買取業者へ売ってしまえば、買取価格が多少減額になっても、すぐに売却ができるので長期的な目線で考えるとお得ですよね。

近所の人に知られることなく売却ができる

特に田舎の狭いコミュニティだと、知らない人間がウロウロしているとすぐに噂の種になります。

買取業者は社名の入っていない車で査定をおこなうなど、売主のプライバシーに最大限配慮して査定してくれます。

仲介手数料が不要

仲介業者に販売を委託した場合、売買成立時に仲介手数料を支払う必要があります。

売買価格 仲介手数料
200万円以下 5%
201~400万円 4%+2万円
401万円以上 3%+6万円

買取業者に売却した場合には、仲介手数料はかからなくなります

契約直前のトラブルがない

仲介業者に依頼して、ようやく買い手がついた!と安心したのもつかの間。

買い手のローン申請が通らない、「思ったより状態が良くないから値下げしてくれ」など、買主とのトラブルが発生することも。

買取業者へ売却した場合は、瑕疵担保免責といって売却後に不具合が発生した場合も、売主が責任を負うことはありません。

※買取業者によっては実施していない場合もあるので、問い合わせしてください

【空き家買取のデメリット】

  • 再度住み直すことができない
  • 売却額が仲介売却よりも安くなる

再度住み直すことができない

買取業者へ売却してしまうため、売買契約が成立するとその家にはもう住むことはできません。

ただし、まだ引っ越しが決まっていないなどの事情で、売却日を買取業者と相談のうえ決めることはできます。

売却額が仲介業者よりも安くなる

瑕疵担保免責や売却後のリフォーム費用などの観点から、仲介業者に売却を委託するよりも、金額は安くなってしまいます

仲介で売却されるまでの機会損失などを踏まえても、多少下がるのは許容範囲ではないでしょうか。

空き家買取の流れ

不動産業者による空き家買取の流れは、大きく分けると以下の通りです。

  1. 売却の相談(Web・電話・訪問)
  2. 買取業者が空家調査
  3. 買取金額の提示、交渉成立、契約
  4. 引渡し

売却の相談(Web・電話・訪問)

まずは売却するための相談からです。

買取業者により異なりますが、Webの専用フォームに入力したり、電話や直接業者へ訪問したりして相談します。

買取業者が空家調査

実際にいくらで買取可能かの査定を行います。

周辺の相場から算出する簡易査定か、直接訪問して状態などを確認する現地査定か、売主の希望で選べます。

買取金額の提示、交渉成立、契約

査定後、買取価格の提示があるので、必要に応じて交渉を行い双方合意があれば売買契約成立となります。

【契約に必要な書類】

  • 登記済権利証、または登記事項証明書(謄本)
  • 固定資産税納税通知書など税額が分かるもの
  • 土地測量図、建物図面など
  • 購入時(新築時)の資料など間取図が確認できるもの

引渡し

書類の手続きが完了したら、鍵などを渡して引き渡し完了です。

空き家の買取相場

2020年の千葉県の中古マンション+宅地(土地・建物)の取引価格の平均は約3,160万円となっています。

間取り別にすると以下の通りです。

間取り(+S含む) 買取相場(約)
1R/1K/1DK/1LDK 1,190万円
2K/2DK/2LDK 1,650万円
3K/3DK/3LDK 2,222万円
4DK/4LDK 2,620万円
5LDK 2,933万円

参考サイト:国土交通省

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

空き家買取がおすすめのケース

  • 早急に空き家を現金化したい
  • 空き家が遠方にある
  • 空き家の所有者が複数人いる
  • 空き家の所有者が高齢である
  • 特殊な事情のある空き家である

空き家買取を利用したい3場面

空き家の持ち主が亡くなった

両親など、空き家の持ち主が亡くなった時、同居家族がいなければ空き家となります。

同居をすることになり実家が空き家になった

高齢になった家族と同居することになると、実家を引き払う必要が出てきます。

転勤・転居で持ち家が不要となった

よくある話なのが、マンションを購入した後に県外へ転勤が決まった!この家どうするの?というパターン。

空き家はそのままにしておくのが一番損

ニュースにもなっている放置空き家ですが、空き家はそのままにしておくとあらゆる維持管理費が負担になります。

【空き家の維持管理費一例】

  • 固定資産税:数万~数十万円/年
  • 都市計画税:数万~数十万円/年
  • 火災保険料:数万~数十万円/年
  • 光熱費:数千~数万円/年
  • 修繕費用:数万~数百万円/依頼ごと
  • 庭木のせん定など諸経費:数万~/依頼ごと

参考サイト:NPO法人 空家・空地管理センター

また、定期的な家の掃除など、物理的負担もかかります。

遠方に住んでいたりすると、そんなに頻繁に通うことはできないですよね。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

空き家の活用方法

空き家を「売る」以外の活用方法には、どんなものがあるでしょうか。

空き家活用1,リフォームして賃貸にする

空き家を収入源とするのであれば、リフォームして賃貸物件として貸し出す方法が一般的です。

リフォーム費用や賃貸契約などが絡むので、仲介の不動産業者に任せるのがおすすめです。

空き家活用2,シェアハウス・民泊として活用

ここ数年の空き家活用法として人気となっているのが、シェアハウスや民泊としての活用です。

特にシェアハウスはドラマにもなっていて、注目が集まっていますよね。

一軒では売れにくい物件でも、大人数で家賃を分け合うシェアハウスであれば、若い層の入居も見込めます。

民泊といえばAirbnbが有名です。

宿泊の予約代行をおこなってくれるほか、万が一の部屋の破損や宿泊者がケガをした場合などの保険なども完備しています。

シェアハウスを運営するには、ある程度ターゲット層やコンセプトを決めることで集客しやすくなります。

また各部屋に鍵をつける、共用部分の設定などのリフォームが必要です。
民泊を運営するには、観光地に近いなど立地条件なども必要になってきます。

空き家活用3,解体して土地活用

空き家を解体して、更地となった土地に駐車場やコインランドリーなどを建設する方法もあります。

初期投資がかなり必要になりますが、需要がマッチすれば思わぬ収入源となる可能性が高いです。

国の空き家対策

2018年4月1日に施行された通称『空き家法』(空家等対策特別措置法)が改正されました。

この法改正により特定空家と認定されてしまうと、改善をおこなうよう自治体から指導や勧告があります。

最終的には『改善命令』となり、それに応じなかった場合は50万円以下の過料や行政代執行に発展します。

また、通常よりも固定資産税が高くなってしまう危険があります。

「特定空家」とは、下記の状態にある空き家をいいます。

  • 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状
  • 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  • 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

参考サイト:国土交通省 空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報

空き家がたどる4つの選択肢

空き家をいつまでもそのまま放置するわけにはいきません。

解体」「リフォーム」「譲渡」「売却」のいずれかの選択肢を取る必要があります。

ご自身の予算やかけられる手間などを考慮のうえ、最善の選択をおこなってください。

買取業者は売主にとって最善の方法を提案してくれるパートナーですので、無料査定だけでもおこなってみることをおすすめします。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

まとめ

千葉県でおすすめの空き家買取業者をご紹介しました。

  • 売却までのスピードが速い
  • 現状買取が可能な業者もある
  • 瑕疵担保免責で安心
  • 地域に密着した手厚いサポート

など、持て余している空き家を手放す方法として買い取り業者はおすすめです。
ぜひ検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です