オールハウスの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

注文住宅に限らず、不動産賃貸・売買・リフォーム・賃貸管理と幅広い業務をこなすオールハウスは、40年以上の実績と信頼を誇る地元密着型ホームメーカー。

高性能で高機能な住宅づくりを手がけ、楽しく快適に過ごせる空間をトータルコーディネートします。

この記事ではそんなオールハウスの特長や評判などを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」と、LIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

(SUUMOは工務店、LIFULL HOME'Sはハウスメーカーの情報を中心に取り寄せられます。)

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきます。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できます。

ぜひ参考にしてみてください。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、ハウスメーカーランキングについて、詳しく解説をしていきます。

オールハウスで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

家の性能だけではなく、担当者の対応やアフターケアなど、家づくりを進めていくうえで気になる点はいろいろあります。

まずはオールハウスで実際に家を建てた人の口コミから見ていきましょう。

オールハウスのリアルな悪い評判・口コミ

完成予定よりだいぶ遅れていても、報告や謝罪もない。見積もりも予定より高くなり、騙されたよう。料金明細もなく、高くなった理由に納得できない。初めは営業担当者に好感が持てたので契約してしまったが、失敗だった。

営業担当さんとコミュニケーションが取れない。工事に関係している業者間の連携がうまくいっておらず、苛立ちを覚えた。工事の遅延が生じても連絡もないし、指摘しても直らない。

オールハウスのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

オールハウスで家を建て8年が経過したが、快適に過ごしている。デザインはもちろん、断熱性や空気循環も配慮してもらい、住み心地が良くて間取りも文句なし。

ライオン先生

着工してから何度も現場に足を運んだが、常に現場は綺麗で、引っ越しの時には仕事が丁寧だと隣人が褒めていた。

ライオン先生

ローコスト住宅か建売しか買えないと思いながらオールハウスのモデルハウス見学をした。他メーカーの見学会にも参加した帰り、ついでに寄ったのがD’S STYLEのモデルハス。建設段階や断熱材が入っているところを見て、機能性の良さに感動した。とてもかっこいい家で、それでいてローコスト住宅と変わらない価格だと聞き、夢がいっきに広がった。担当者さんが家の良さを真剣に話してくれて、その人柄に打たれ契約した。土地は予算オーバーだったが、担当者さんが売り主さんに掛け合ってくれたおかげで安く購入することができてとても感謝している。最後まで無理をたくさん言ったが、常に真摯に接してくれたおかげで妥協のない大満足の家ができた。

ライオン先生

子供が小学校に入学する前に家を建てるつもりだったが、早めに行動を始めようと思いハウスメーカーを探し始めた。モデルハウス見学ではもともとD‘S STYLEの家が好きだった妻のテンションが上がり驚いた。まだ実際に家を建てるのは先のことになるため、契約にはなかなか踏み切れずにいたが、営業担当さんのD’S STYLEの家が好きだという熱い思いや人柄で契約を決めた。家を建てることになり、不安もあったが、打ち合わせを重ねる度に不安よりも期待や楽しみが増えていった。子供達もD’S STYLEの住まいが気に入ったようで、これから愛着の持てる楽しい家にしていきたい。

ライオン先生

ビルトインガレージの外観を見て、なんとなく見学する気になったのがきっかけ。ギリギリの時間に入ったので少ししか見られず、パンフレットをもらって帰った。家でパンフレットを見てみると漆喰や自然素材を採用していることやどんな家づくりをしているのかが分かり、良さそうだと思った。子供にアトピーがあったため、健康に配慮された家を希望していた。おかげで引っ越し後は子供も掻きむしるほどではなくなり、以前と比べてだいぶ改善された。家族全員風邪をひいてもすぐに治る程度で、風を引かなくなったように思う。コストを抑えたいがためにいろいろ無理なお願いをしたが、営業担当さんは絶対に否定をせず、無理な場合でも他の提案をしてくれたりした。家を建てると生活が苦しくなると思っていたが、実際は光熱費がかからなくなった。

ライオン先生

いくつかホームメーカーをまわる中でオールハウスを検討していて、自然素材や健康住宅に興味があったのと、自分達の好みにあう家を建ててもらえる期待感などから決めた。しかし一番の決め手は担当者さんに親近感がもてたこと。床にはこだわり、高価だったがモデルハウスの床と同じものにした。ゲストは木の良い香りがすると言ってくれる。漆喰壁もお気に入りで、夏はジメジメせず、冬は除湿器が必要ないぐらい快適。

ライオン先生

複数のホームメーカーを見て、直感でオールハウスに資料請求した。モデルハウスもいろいろみたが、一番良かったし、スタッフの雰囲気も良かった。無垢の床や採光性を考え窓の向きやサイズにもこだわった。スキップフロアの下には大容量の収納を設けたのも良かった。使いやすくなんでもしまえる。直して欲しい場所があればすぐに対応してくれる。

ライオン先生

賃貸物件に住んでいる時からオールハウスさんにお世話になっていたので、家を建てる時もオールハウスさんのモデルハウス見学にすぐに向かった。スタッフも営業っぽくなく、気さくで好印象。近くに住んでいたこともあり、迷うことなくオールハウスさんに決めた。希望がたくさんあり、夫婦で相談して考えたアイディアを打ち合わせで詰めていくという方法が自然に確立されていた。オールハウスさんには、話もじっくり聞いてもらい、わがままもたくさん叶えてもらった。無理な場合も納得の行く説明をしてくれて、別の提案もしてくれた。建築中はリビングの漆喰を塗らせてもらい、初めてのエキサイティングな経験で、良い記念になった。自然素材だからか、空気がきれいなのが分かり、家に帰ると元気になる。住み心地は最高。建築に関わってくれた方全員がフレンドリーで、普段は内気な夫が心を開いて打ち合わせや現場に出かけていく姿を見て、とても新鮮だった。細かな部分も全て連絡を入れて自分達の意向を確認してくれたおかげで、毎日家づくりの思い出話が絶えない。

ライオン先生

家を建てると決め、まずは住宅展示場へ向かいいろいろな家を見た。夫婦そろって無垢の床を希望していたが、どのホームメーカーも決め手にかけていて、住宅雑誌を読みあさる毎日だった。そんな時にオールハウスさんの自然素材を採用している点に魅力を感じ、見学会に行った。切妻屋根の可愛らしい家で、雑誌に載っていた家とは雰囲気が違うことから、こんな家も建てられるのかと驚いた。担当者さんは他メーカーの営業さんと違って、営業っぽくなく、分かりやすい説明で信頼できると感じた。その後まもなくしてショールームを訪ね、まだ担当者さんに会うのは2回目だったが迷いなくお願いすることにした。間取りの希望はたくさん伝えたが、最初に提案してくれたのが今住んでいる家で、全ての希望がかなえられていた。夫の書斎や家族が見える対面式キッチン、家事動線も思い通り。住み始めて気になるところは1つもなく、家族が自然と集まって同じ空間に一緒にいられるので、会話も増えた。素敵な家ができてとても感謝している。

ライオン先生

暮らしには遊び心が大切だと考え、本や住宅フェアなどでかなり研究した。そんな中不動産屋さんが面白い家づくりをするというオールハウスさんを紹介してくれ、物件を見てみた。それからいろいろ見せてもらい、素材やデザインへのこだわりや健康に配慮している点が気に入った。着工してからは毎日のように現場に足を運び、家が出来上がっていく様子を見て楽しんでいた。大工さんたちもとてもいい人ばかりで、質問しても嫌な顔一つせずに答えてくれた。無垢材の床は底冷えもなく、空気も良い。家が快適だと、自分の体調や気分に大きな影響を与えるということに、改めて気づかされた。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

オールハウスの特徴を項目ごとに紹介!

高評価の多いオールハウスですが、実際にどのような住まいを手がけているのでしょうか。

住宅の性能や価格、デザインなど、特徴を項目ごとに見ていきましょう。

価格帯・坪単価

住宅建築にかかる費用は決して安いものではありませんが、オールハウス住宅はとてもリーズナブル。

「1,000万円台で無垢などの自然素材の家が建てられそう」という口コミを見つけ、実際に価格を調べてみました。

するとオールハウスのホームページにいくつか価格記載があり、自然を身近に感じられるプランの30坪程度の住宅は価格が1,600万円から、趣味が楽しめる家は29坪程度で1,700万円からとありました。

価格と延床面積から単純計算をすると、坪単価は自然を感じる家で53万円、趣味を楽しむ家で58万円となります。

スタイリッシュで高性能な住宅がこの価格で手に入るのは、かなりお得です。

デザイン性

オールハウス住宅は、それぞれの好みに合わせてさまざまなスタイルから選ぶことができます。

心地よい空間づくりには、無垢材や漆喰などの厳選された自然素材を使い、壁紙の接着剤には化学物質を含まないてんぷんのりを使用。

スタイリッシュなだけではなく、健康も配慮されています。

HONEST HOUSE

完全注文住宅。

自然素材をふんだんに使った、健康にも配慮された住まい。

心も体もリフレッシュされ、快適な毎日を送ることができます。

D’S STYLE広島

ただ快適に暮らすだけでなく、楽しむ暮らしができる規格住宅。

デザイン性、機能性にもこだわり、自分スタイルの理想の住まいが実現できます。

プランは8パターン、4タイプ(敷地の向き)があり、屋根の形はベーシック・シェド・ガブル・トール・バンガローの5タイプから選択可能です。

AM6 HOUSE

「早起きがしたくなる家」でお馴染みの規格住宅。

採光性が考慮され、自然を感じながら快適に暮らせる空間に仕上がっています。

園芸や趣味に使う道具も収納できる大容量収納も魅力です。

WTW HOUSE PROJECT

「Waiting for the wave(波待ちの時間)」がブランドネームの由来で、都会と自然の両方を楽しむライフスタイルに最適な規格住宅。

西海岸風の外観もスタイリッシュです。

耐震性

地震の多い日本では、住宅における耐震性能は重要視されています。

住まう人が安心して暮らせるように、オールハウスでは地震に強い家づくりのために、さまざまな工夫を取り入れています。

家を支える重要な基礎部分には、従来工法よりも耐震性の高いベタ基礎を採用。

また、耐震だけに限らず、制震にも注目しているオールハウスでは、繰り返し起こる地震にも耐えるため、制振装置「マモリ―」も施工。

特殊高減衰ゴムの伸び縮みを利用して地震の揺れを吸収し、建物にかかる負荷を最小限に抑えます。

断熱性・気密性

オールハウス住宅には、国が定める断熱基準より優れた、ゼロエネルギー住宅レベルの断熱性能があります。

現場で直接吹き付ける硬質ウレタンフォームは、断熱性・気密性が高く、地球環境にも優しい断熱材です。

さらに外気温の影響を受けやすい窓には、窓枠に特殊な全樹脂サッシを採用し、常に室内が快適な状態に保たれる工夫がされています。

また気密測定も行うことで、断熱性だけでなく気密性にも優れた高性能住宅を実現することができました。

保証・アフターサポート

子供や孫の代までも長く安心して暮らせる家を維持するため、オールハウスでは保証やサポートが充実しています。

10年間の無料定期点検

引き渡しから6ヶ月、1年、2年、5年、10年のタイミングで、無料定期点検を実施します。

第三者専門機関が行い、その結果報告をもとにアフターメンテナンスの専門スタッフが補修対応。

その後も効率的にメンテナンスが行えるよう、メンテナンス履歴は大切に保管します。

コールセンター

365日24時間対応のコールセンター。

不具合や困ったことなどがあれば、いつでも対応可能です。

地盤保障

細かな地盤調査を実施し、場合によっては補強工事も行い、しっかりとした地盤作りをしたうえで家の建築を開始。

地盤は最長30年保証されます。

瑕疵担保責任

引き渡しから10年間、住まいに生じた瑕疵に対し、その補修費用が補償されます。

10年間の白アリ保証

基礎まわりのよどみを無くす基礎下全周換気や、シロアリにも強いヒノキを柱や土台に採用し、シロアリ被害を抑えます。

万が一被害にあった場合は、最高、1,000万円まで保証されます。

設備保証

経年とともに住宅設備にも不具合が生じることがあります。

通常、住宅設備保証は2年程度ですが、オールハウスでは最長10年間の保証サービスを実施。

建物保証

完成後2年ほどは、水分が抜けることで木材が動き、クロス切れや床鳴りなどが生じることがあります。

2年間の建物保証があるので安心なだけでなく、簡単な調節方法なども知ることができます。

工期

オールハウス住宅は、着工から引き渡しまでだいたい5ヶ月を要します。

長いように感じますが、実際はあっという間ですので、引っ越し準備や新しい家具の手配などは計画的に進めましょう。

構造・工法

ベタ基礎

「住宅建築では「布基礎」か「ベタ基礎」のどちらかが施工されるのが一般的ですが、オールハウスではより強度の高いベタ基礎を採用しています。

高強度の鉄筋コンクリートを底盤とし、面全体で建物を支えるため、安定性があり、耐震性も抜群です。

anion工法

遠赤外線とマイナスイオン効果のある2種類の液体を室内全体に吹き付け、常に健康に良いきれいな空気を保ちます。

触ったり、万が一口に入れたりしても心配のない天然素材のため安全です。

ダブル断熱工法

内断熱材「セルロースファイバー」と外断熱材「EPSパネル」の両方を施工することで、高いダブル断熱効果が得られるだけでなく、遮音性にも優れた住宅になります。

セルロースファイバーは、段ボールや木材などの自然素材で作られた環境・健康に優しい断熱材で、高い調湿性・防火性・防虫性があるのも特長。

2つの断熱材が外気を遮断し、室内の快適空間を維持します。

木造軸組パネル工法(ハイブリッド構造)

従来の梁と柱を組み上げる軸組工法に、面材のパネルを張り付ける工法。

壁倍率は最大で3.0倍で、従来工法よりも断熱・気密性が高く、設計自由度も高いのが特徴です。

ネダレス工法

床板の下に施工する根太(ネダ)を使わずに、通常の2倍以上の厚みがある頑丈な合板を使用して、床の重量を支えます。

耐久性に優れ、床鳴り防止にもなり、床下から入り込む隙間風も遮断します。

熱交換換気システム

室内の汚れた空気を排気する際に、その熱を新しく取り入れるきれいな外気に移す換気システムを標準装備。

きれいな空気が保たれ、換気によって室温が大きく変動することもありません。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

オールハウスをおすすめしたい人はこんな人!

注文住宅は建売住宅に比べて価格も高いため、注文住宅を建てるという夢をあきらめている人も少なくないでしょう。

しかしオールハウスの住まいは価格設定が良心的で、リーズナブルに注文住宅を建てたいという人におすすめできるメーカーです。

また健康や環境にこだわった素材を採用していることから、健康住宅に住みたい人にも最適な住まい。

もちろん、光熱費をしっかり抑えたいという人も、オールハウスの快適な高気密・高断熱住宅で経済的に過ごすことができます。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

オールハウスで注文住宅を建てる時の11のステップ

①相談

初めての方も多い家づくりは、不安や疑問がつきものです。

家のことはもちろん、土地や資金についてなど、気軽に相談しましょう。

また自分がイメージしている家について、希望や条件などをヒアリングします。

②土地探し・敷地調査

周囲環境や公共の交通機関へのアクセスなど、条件や希望に合った土地探しをサポートします。

土地をすでに持っている、または探している場合には土地の敷地調査も行います。

③プランの検討と見積もり

理想の間取りやこだわりなどを汲んで、プランを作成します。

同時に見積もりも出し、資金計画についても話を進めていきます。

④仮契約・住宅ローンの契約

作成したプランが満足の行くものであれば、仮契約をします。

ローンの仮審査と本契約も進めていきます。

⑤仕様の詳細決定・各種申請書の手続き

ショールームやサンプルを参考に、細かな仕様を決めます。

家族全員で話し合いながら家づくりに参加しましょう。

⑥最終打ち合わせ・地鎮祭・着工

着工前に最終打ち合わせを行い、変更したい点や気になる点がないか確認します。

着工前には地鎮祭を行い、土地の神様に工事の安全と家の繁栄を祈ります。

⑦上棟

基礎工事からはじめ、構造躯体が出来上がると上棟です。

⑧現場打合せ

造作やニッチ、電気配線などを現場で確認します。

その後内装工事を始め、実際に漆喰を塗る作業が経験できる漆喰体験も実施。

同時にパターン打ち合わせも済ませます。

⑨完成

外観・内装・外構と、全ての工事が終わると、完成立ち合い検査を行います。

不具合や図面通りに施工されていない部分があれば、手直し工事を実施します。

⑩空気測定(VOC検査)

健康に暮らせるよう、空気測定を行い、シックハウス症候群の原因となる化学物質の数値を調べます。

国の基準値を超えている場合は、数値が基準以下になるまで空気改善をします。

⑪引き渡し

全ての検査をクリアすると、引き渡し式を行います。

快適な生活のスタートです。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

オールハウスの会社情報

住まいのスタイルや仕様も豊富で、理想のマイホームが実現できるオールハウスは、どんな会社なのでしょうか。

会社情報を簡単に見ていきましょう。

オールハウスの会社概要

会社名 オールハウス株式会社
本社所在地 広島県安芸郡府中町八幡1丁目4-23
電話番号 082-890-1002
ホームページ https://www.allhouse.co.jp/
設立 1976年7月1日
代表者 代表取締役社長 原田尚明
資本金 1,000万円
営業所 オールハウス西広島店

広島県広島市西区己斐本町1丁目25-11 八宝ビル1F

オールハウス段原店

広島県広島市南区段原南1丁目2-15

オールハウス大町店

広島市安佐南区大町東2丁目14-23

マリーナホップモデルハウス

広島県広島市西区観音新町4丁目14-35 広島マリーナホップ総合住宅展ぷらっと内

D’S STYLE

広島県広島市東区戸坂新町2丁目25-12

オールハウスが注文住宅に対応しているエリア

広島県広島市に本社を構えるオールハウスは、周辺エリアを中心に注文住宅に対応しています。

住宅建築を希望している土地がエリア外の場合は、直接オールハウスに問い合わせましょう。

おもな対応エリア

広島市・呉市・東広島市・廿日市市・府中町・海田町・熊野町・坂町・山口県岩国市

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

まとめ

夏は涼しく冬は暖かい快適な空間と、自然素材にこだわった健康・環境にやさしい仕様が揃ったオールハウス住宅は、長く住まうマイホームに最適です。

住宅建築を検討中で、どのホームメーカーを選んだら良いのか迷っている人は、一度オールハウスのモデルハウスに足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /