建売住宅に網戸は必要?不要?必要な枚数や金額、自分で取り付ける場合のメリット・デメリットを解説

「建売住宅に網戸は不要なのか」建売住宅のオプションについて解説します。

「住宅に網戸や雨戸は当たり前」ほとんどの住宅購入希望者がその様に考えるでしょう。

しかし安く住宅を購入する為には住宅の装備品を選別することが必須になります。

今回の記事では建売住宅の網戸や雨戸などのオプション内容や費用について詳しく解説していきます。

もくじ

新築一戸建ての建売住宅に網戸はついてない?

建売住宅の考え方としては「最低限人が住める住宅」というのを基本に考え安く住宅を供給しています。

この考え方の為窓については「明かりが入り、開閉できれば良い」という考え方なので網戸は基本仕様でついていないケースがほとんどです。

しかし一般ユーザーとしては「網戸は必需品」と考える方も多いでしょう。

事項より建売住宅の網戸について解説していきます。

建売住宅に網戸をつける時に知っておくこと

「窓に網戸を取り付ける」この為にはどのような情報が必要なのでしょうか。

大きく分けると3つほどあります。

窓のタイプ・費用・取り付け時間これらを抑えておけば網戸の設置で失敗することはないと言えます。

難しく考える必要はありませんが予算と見比べてよく検討してみましょう。

建売住宅の窓(サッシ)のタイプ4つ

住宅の窓には様々な窓(サッシ)のタイプがあります。

網戸を付ける上で抑えておきたい窓のタイプとしては引き違い窓・上げ下げ窓・滑り出し窓・ルーバー窓があります。

それぞれ解説していきますのでポイントを押さえておきましょう。

引き違い窓

引き違い窓は古くからある窓の開け方です。

窓のガラス面2枚が左右に行ったり来たりするので引き違いと呼ばれています。

網戸もガラス面と同じように左右に動く形になります。

但し、引き違い窓の場合は窓を開けた時に左右片方のみが開いている状態になりますので網戸は片面1枚のみ設置するようになります。

引き違い窓は開閉もし易く使い勝手も良いので大きな開口部を付けたい時に適しています。

上げ下げ窓

洋風な住宅などでよく使用されるタイプの窓です。

洋画などで窓を開ける時にはほとんどがガラス面を下から上へ上げていると思いますがその開け方が上げ下げ窓と言います。

ガラス面に格子を付けたタイプなども存在し、デザイン性に優れています。

網戸は外側に設置するタイプと内側に設置するタイプがありますので取りついている窓の品番や商品名を把握して網戸を注文するようになります。

滑り出し窓

滑り出し窓とはガラス面がドア状に開くものが縦スベリ窓と呼ばれ、下から上へ開閉する扉のタイプが横スベリ窓と呼ばれています。

開け方もレバー式、回転ハンドル式、チェーンオペレーターなどがあり汎用性が高く建物の色々な場所に設置できますので非常に便利と言えるでしょう。

網戸は内側に取りつけるタイプや横ロール式のタイプがあり構造が一部複雑な物もありますので工事中に網戸を設置する方がコストダウンに繋がるとも言えます。

ルーバー窓

ルーバー窓はガラス面が横に細長く分かれており回転式ハンドルなどによりブラインドのように開閉する窓です。

目隠しの要素がある為主にプライベート空間としてトイレ、洗面所、浴室、キッチンなどに取り付けされているケースが多いようです。

「換気したいけど外から見られたくない」という場所への設置には欠かせない窓と言えるでしょう。

網戸は内側に取りつける場合がほとんどのようです。

もしくはガラス面に設置するタイプもありますのでこちらも工事中に取りつけてもらう方が良いかもしれません。

建売住宅にオプション工事で網戸を付けたら平均費用はいくら?

建売住宅のオプション打合せの際に網戸の希望などを聞かれる事も多いでしょう。その時に気になるのが費用になります。

費用は窓メーカーや建売業者によりバラバラですが1枚当たり4000円から8000円位が一般的に多いようです。

中には1万円という業者もいるので値段は必ず確認しましょう。

網戸の価格は窓のサイズにより異なります。

また網戸の構造によっても異なりますので窓ごとに価格を把握しておくことをおすすめします。

建売住宅にオプション工事で網戸をつけるのにかかる期間

オプション工事で網戸を取り付ける期間はどれくらい必要なのでしょうか。

これには2つパターンがあり窓発注前と建物完成後で変わってきます。

窓発注前に網戸を頼んでしまえば窓が搬入されると同時に組み込み型の網戸は取りついてきます。

また最終的に網戸を取り付ける時期は建物外部の足場が外れて1日で取り付け完了となりますのでストレスは感じないでしょう。

建物完成後に取りつける場合は網戸の在庫がメーカーや卸業者にあれば2日から3日位で取り付けることはできますが在庫がないと2週間近くかかるケースもあります。

業者も余分な在庫は控えたいと考えますので網戸の取り付け期間も充分に考慮した方が良さそうです。

建売住宅に自分で網戸を取り付けることは可能か?

建物引渡しされた後にやはり網戸が必要と感じた場合には自分で網戸を取り付ける事も基本的には可能です。

窓のメーカー、商品名、品番、サイズをしっかりと記録しておきましょう。

しかし窓と一体型の網戸の場合は網戸の取り付けが不可能な場合もありますので注意が必要です。

建物に使われる窓の構造を熟知しておくこともおすすめします。

また網戸を購入する際に直接窓のメーカーから網戸の購入はできませんので注意してください。

建売住宅に網戸を自分で取り付けるメリット・デメリット

建売住宅に網戸を取り付ける方法は2つです。

建売業者に取り付けてもらうか自分で取り付けるかです。

建売業者で網戸を取り付けてもらう事は問題なくできますが自分で網戸を取り付けた場合のメリットやデメリットはあるでしょうか。

メリット

自分で建物に網戸を取り付けた場合のメリットとしてはやはりコストの面だと言えます。

建売業者にてオプションで網戸を購入する場合1枚数千円から1万円前後かかりますが自分で実際に窓の卸業者から仕入れるとその分割安になります。

また窓の構造にも詳しくなる為窓の少しのトラブルや調整などは自分でできるようになる為アフターメンテナンスなどで余計な費用がかかる事も少なくなるでしょう。

デメリット

自分で建物に網戸を取り付けた場合のデメリットとしてはまずは時間です。

窓の仕様を確認して卸業者に発注して取り付けるという作業は1日休んだからと言ってできるものではありません。

窓の仕様を確認するのに数時間、卸業者を探して打合せするのに1日、網戸が納品されて取り付けるのに1日から2日と考えると一苦労と言えます。

また網戸に関しては建売業者の保証が効かなくなる為保証範囲の検討も必要になってきます。

間違って発注した場合も自己責任となります。

網戸を自分で取り付けるのにかかる費用

網戸を自分で取り付ける場合は建売業者で取り付けるよりコストが3割前後カットできます。

大体の建売業者の網戸の値段は定価販売ですが自分で卸業者と直接交渉や打合せをすると価格が定価より3割から4割安く購入できるケースがあります。

あとは自分で取り付ける為の運搬費や人件費になりますのでこの部分は無料と言えます。

網戸を自分で取り付ける方法

網戸を自分で取り付ける為には窓の卸業者が必須です。

卸業者も色々あります。

ホームセンターやネット通販、地元の窓販売業者などに網戸を発注して納品してもらいます。

納品されたら外側に取り付けるタイプの網戸は窓の外側に網戸用のレールがありますのでそこにはめ込むようになります。

上部のレールからはめ込み下のレールに落とす要領です。

あとはプラスドライバーで網戸の開き具合の調整をしましょう。

滑り出し窓などのタイプで内側に網戸を取り付ける場合は突っ張り型のタイプが多いので取り扱い説明書を読めば簡単に取り付けできるでしょう。

建売住宅に網戸をつける時のポイント

建売住宅に網戸をつける時ポイントとしてはまずは窓のメーカーやサイズ、使い勝手などを熟知しておきましょう。

また、窓にも取り扱い説明書が必ず添付されていますので建売業者から必ずもらってください。

網戸を自分で取り付けた場合と建売業者で取り付けた場合のコストやメリット、デメリットもよく検討しておいてください。

また網戸にも色が2種類位ありますのでその仕様もチェックしておくことをおすすめします。

建売住宅に初めから「付いていない」ものは他にもある

建売住宅に初めから「付いていない」ものは網戸以外にも多数あります。

カーテン、カーテンレール、居室用の照明、シャッター雨戸、エアコン、テレビアンテナ、ルーフ、カーポート、外構エクステリア、窓のひさし等このような物は建売住宅には「付いていない」ケースが多くあります。

なぜかと言うと人や家族により必要な物、不要な物はバラバラで「シャッター雨戸などいらないから安く建物を購入したい」という考え方の人も大勢存在するからです。

今一度建売住宅を購入する前に自分達家族にとって必ず必要な物不要な物、引き渡し後自分でできる物などを把握して建売業者に標準仕様の内容を確認するようにしましょう。

新生活に必須!建売住宅に必ずつけたいオプション設備と費用相場

建売住宅を購入する前に一度自分達がその建売住宅に住んだ場合のことをイメージしてみてください。

すると色々と必要なオプションが見えてくるはずです。

防犯上1階の雨戸は必須でしょう。

価格は8万円前後で電動式だと15万円位が追加費用となります。

当然寝室やLDKなどにはカーテンは必要でしょう。

一式で約5万円前後、家全体だと20万円位にはなりそうです。

照明などもお洒落なタイプで考えれば家全体で25万円前後は必要になる可能はあります。

エアコンも小さいタイプと大きなタイプでは10万円位の差が出てきます。

テレビアンテナはどうでしょうか。

ケーブルテレビや光回線ならばテレビアンテナは徐津用ありませんが地上デジタルのみで良いという場合は5万円前後で必要となります。

このように建売住宅のオプションは多数ありますのでよく検討する事が大事だと言えるでしょう。

あれば便利!建売住宅にできればつけたいオプション装備品と費用相場

住宅に無くても生活はできますが「あると便利」という設備品が多数あります。

玄関ドアをリモコンキーなどにするとカギを開ける為に片手を使わなくても済みますがオプション価格は5万円前後です。

キッチンの食洗機はあると家事の時短になり非常に便利ですが約15万円位します。

IHヒーターも火事の心配が無くなるので欲しい所ですが価格は物により10万円から15万円位します。

浴室換気乾燥器は梅雨時の洗濯には便利です。

価格は13万円前後でしょう。

このように生活必需品ではありませんがあると非常に便利という住宅設備機器が多数ありますのでこちらも参考にしてみてください。

どのオプション装備品を付けていいのか迷った時の判断ポイント

建売住宅でオプション装備品を付ける場合色々と付けてしまうと高額になってしまい資金計画に無理が生じます。

ではどのようにオプション装備品を判断したらよいのでしょうか。

判断基準としてはハードとソフトです。

家自体をハードととらえるならオプション装備品はソフトに値します。

ハード部分で最初に付けておかないとあとで大変という物をチョイスしましょう。

例えばシャッター雨戸や窓ひさしなどです。

後から自分で取り付けるのは高価になってしまい技術的に難しいと感じる部分はオプションとして追加しておいても良いと言えます。

逆に卓上食洗機やエアコンなどは後からでも購入できますのでソフトと考えてよいでしょう。

この様にハードとソフト面で考えてみると判断し易いと言えます。

オプション工事にかける費用をあらかじめ決めておく

建物価格1800万円と広告で宣伝されていても1800万円だけでは建物は手に入りません。

その他の諸経費が必ずかかってきます。

その諸経費を含めて資金計画を立てて借り入れ金額を決めますが必ず自分たちの資金計画のMAX値を把握しておいてください。

自分達の建物予算のMAX値を把握する事でオプション金額も決定する事ができます。

例えば諸経費込みの建物の金額が2200万円だとして自分たちの予算のMAX値は2500万円だとします。

差額の300万円がオプション費用に充当する事ができますが引っ越し費用や新しい家具などを考えるとオプションで使える金額は200万円位が妥当と言えるでしょう。

無理な資金計画を組まずに多少余る位が丁度良いのが建物の資金計画のコツです。

付けたいオプション設備に優先順位をつける

オプション設備品を検討する上で重要なのが優先順位をつける事です。

考え方は部屋ごとにオプション設備を書き出し出して絞り込んでいく作業になります。

キッチンであれば食洗機、オーブン、IHヒーター、整流付換気扇、浄水器とピックアップしていきます。

トイレならタンクレスタイプ、吊戸棚、手洗い、温水洗浄便座という形です。

その上でどうしても譲れない物をマーキングしてチョイスしていく作業になります。

全ての部屋で行うのが理想ですので建売業者の担当とよく打合せをしましょう。

複数の業者に見積りを依頼する

前述した建物のハード面では保証の問題もありますので複数の業者に見積を依頼するのはできないと思いますが保証対象外のソフト面では複数業者への見積依頼は有効と言えます。

例えばエアコンなどの家電製品、カーテン、カーテンレール、照明器具などです。

このようなソフト面では色々な業者に見積を依頼して「施主手配」や「施主支給」という形で建売業者に協力してもらいましょう。

安くなる金額は一つ一つは安いかもしれませんが数が多くなると数万円から数十万円の価格差が発生する場合があります。

建物の資金計画を考えると10万円という金額は少額に感じてしまう錯覚に陥ることが多く見受けられますので用心したい所と言えるでしょう。

建売住宅のオプション工事に関する疑問

建売住宅のオプションはどのような仕組みになっているのでしょうか。

オプション工事は建売業者の言いなりになるしかないのでしょうか。

色々な疑問があると思いますが値引きやサービス、保証について解説していきます。

建売住宅のオプション工事は値引き・サービスしてもらえるのか?

この疑問については皆さんが考えると思いますが結論から言うと値引き・サービスは可能です。

しかし建売業者の会社の規模によってきますので注意してください。

顧客の多い大手不動産業者の場合一律にオプション金額が決まっておりシステム化されています。

その為建売業者の窓口担当に交渉しても「会社で一律に決められているので無理です」という回答がくるでしょう。

しかし、担当から上司、所属長へ決裁をもらえれば値引き・サービスは可能となるケースも多くありますので担当の方と仲良くしておくことをおすすめします。

中小の場合決裁もある程度窓口担当にまかされているのである程度利益が出ると見込めれば即決で値引きやサービスに応じてくれるケース多いようです。

オプション工事で施工不良があった時の対処法

建物を建築する場合必ず確認申請書という書類が必要になってきます。

その中には建物の図面やある程度の性能が記載されています。

オプションとして注文したのに記載されていない場合は記入漏れの場合もありますので担当によく確認してみましょう。

施工不良があった場合ですがその度合いにもより対応がまちまちです。

オプションとして注文した物が建物に装備されていない場合は速やかに担当と話をして折り合いをつけるしかありません。

しかし時間はかかりますので安心して任せるのであれば弁護士に連絡するのが一番早いと言えます。

弁護士費用は発生しますが万が一裁判になった時には色々と専門的な話になりますので非常に安心できるでしょう。

また打合せ記録も必要となってきますので議事録などは永久保管をおすすめします。

少しの施工不良であれば担当窓口に連絡すればアフターメンテナンス担当がキチント対応してくれるケースが多いようです。

建売住宅を買った後に必要になるお金のまとめ

建売住宅を購入した後にも必要になってくるお金は色々とあります。

建売業者で外構もセットであれば問題ありませんが外構が別の場合にはカーポート工事やポストなどの工事が必要になる場合もあります。

外に物置なども欲しいと感じるかもしれません。

その他引っ越し費用や新しい家具、電化製品の費用や毎年発生する固定資産税などが建売住宅を購入した後に費用として発生しますので注意が必要といえるでしょう。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

建売住宅は一見非常にお手頃価格に見えますがオプション品などを考えると広告の価格では購入できない事がほとんどです。

建売業者の担当窓口とよくコミュニケーションをとり色々と教えてもらいましょう。

また知人などで建売住宅の購入者がいれば意見を聞いたりするのも良いと言えますし、多少お金はかかりますが専門の第三者のコンサルタントに相談しても良いでしょう。

いづれにしても資金計画をよく考えて購入計画を進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です