年収600万円で組める住宅ローンの限度額はいくら?適正な返済の割合もシミュレーション!

年収600万円の人は、いくら住宅ローンを借りてマイホームを購入するのが妥当なのでしょうか。妥

当な借入金額を考えるときには、自分の借入限度額と理想的な借入額を知ることが大切です。

借入限度額だけわかっていても、自分の収支と合っていない額では支払いが滞ってしまいます。

また、理想的な借入額だけわかっていても、住宅購入の資金計画よりも大きく下回っていて、住宅購入を諦めてしまうかもしれません。

借入限度額と理想的な借入額の両方を知った上で、自分たちにとって適正な借入額を考えることが大切なのです。

今回は年収600万円の方の借入額について考えていきます。

自分に合った借入額はいくらなのか一緒にシミュレーションしましょう。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

年収600万(額面)で借りられる住宅ローンはいくら?

年収600万円の人が借入可能な住宅ローンの額を計算してみましょう。

審査する金融機関によって借入限度額は違いますので、あくまで参考としてご覧ください。

前提条件として年収600万円とは、給与の総支給額が年間600万円の人のことです。

税金や保険などが引かれた手取りの給与のことではありません。

借りられる住宅ローンの金額(頭金なし)

まずは、年収600万円の人が頭金なしで借入する場合を考えます。

頭金なしでローンを組むとは、自己資金として貯蓄を使わずに、購入予算のすべてを住宅ローンで賄うことです。

頭金なしではいくら借入できるのでしょうか。

今回は個人によって審査結果の差が出にくいフラット35を使ってシミュレーションします。

参考サイト⇒年収600万円(融資9割超)ローンシミュレーション|フラット35

・条件

年収 600万円
金利 2.32%(※1)
返済期間 35年
返済方法 元利均等(※2)

※1 2020年7月現在の金利を適用しています。(融資9割超の場合の最大金利)

参考サイト⇒最新の金利情報|フラット35

※2 元利均等返済とは、毎月返済額が一定になるように、元金と利息の割合を調整している返済方法です。

・シミュレーション結果

年収600万円の場合、最大で5,029万円の借入が可能という結果でした。

5,000万円越えという金額を見てびっくりした方もいるのではないでしょうか。

借入できる限度額が5,000万円なだけで、借入をすべき金額とは違います。

月々の支払い額を確認して、妥当な借入額かを判断しましょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では5,029万円の借入をすると、月々の返済はいくらになるのかを確認しましょう。

・条件

借入額 5,029万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒5,029万円借入時ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

上記の内容で試算すると、毎月の返済は約17.5万円でした。

毎月の支払額にもびっくりした人も多いはずです。

今の家賃+数万円という方も多いと思います。

奥様の収入などがあり、無理のない返済だと感じた方は借入限度額まで借入しても大丈夫です。

しかし、支払っていけるか不安な方はもう少し検討した方が良いでしょう。

借りられる住宅ローンの金額(頭金1割)

次に、購入総額の1割を頭金として支払うと、年収600万円の人はいくらまで借入できるのでしょうか。

フラット35の場合、頭金を1割以上入れると、頭金を入れない時と比べて金利が0.26%低くなるという特別なルールがあります。

金利条件だけを変更してシミュレーションしてみます。

参考サイト⇒年収600万円(融資9割以下)ローンシミュレーション|フラット35

・条件

年収 600万円
金利 2.06%(※3)
返済期間 35年
返済方法 元利均等

※3 2020年7月現在の金利を適用しています。(融資9割以下の場合の最大金利)

・シミュレーション結果

年収600万円の場合、頭金を1割入れると、5,234万円借入できるという結果でした。

建築予算の1割を頭金で支払うことが条件のため、借入金額に1割分を足した金額が合計の建築予算です。

借入金額5,234万円+1割の頭金586万円=建築総予算5,820万円

借入金額が大きい分、頭金の額も多くなります。

頭金が多くない方は、借入金額を下げて1割分になるように調整してもいいでしょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

5,234万円の借入をする場合、月々の返済額はいくらになるかシミュレーションしていきます。

・条件

借入額 5,234万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒5,234万円借入時ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

毎月の返済は約17.5万円でした。

頭金なしと全く同じ結果になりました。

理由は、フラット35以下の返済負担率を元に審査基準を設定して計算しているからです。

返済負担率とは、年収に占める返済額の割合のことです。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30% 35%

金利が下がって借入額が増えても、同じ返済負担率の基準で審査されるため、月々の返済額は同じになります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

年収600万(額面)の理想の住宅ローン金額はいくら?

年収600万円の方の理想的な住宅ローンの金額はいくらなのでしょうか。

借入限度額だと支払いが厳しいなと感じた方は、理想な住宅ローン金額をベースに自分たちに合った借入額を考えてみましょう。

理想的な住宅ローンの借入額(頭金なし)

まずは、頭金なしで借入する場合の理想的な住宅ローンの金額を考えます。

一般的に理想的な返済負担率は手取り給与の20%前後です。

手取り給与とは、税金や保険料を控除された後の実際に受け取る給与のことで、総支給の80%程度と言われています。

年収600万円の場合、理想的な月々の支払額はいくらになるのか算出します。

年収÷12ヵ月×手取り分×返済負担率=月々の理想的なローン返済額

600万円÷12ヵ月×80%×20%=月々8万円

年収600万円の人の理想的な月々の支払額は8万円でした。

借入限度額のときの支払額とは大きな違いです。

月々8万円という額を見て、ほっとした方も多いと思います。

しかし大切なことは、月々8万円でいくらの借入ができるのかということです。

支払い額は安心でも、資金計画の額に満たない借入額では家は購入できません。

・条件

月々の支払額 8万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒月々8万円(融資9割超)ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

月々8万円の支払いだと、2,299万円の借入が可能という結果が出ました。

借入限度額の5,029万円と比べると大きな差です。

建築の資金計画と合わないときは、無理のない範囲で借入額を上げてもいいでしょう。

または、頭金を貯めて建築予算を上げましょう。

理想的な住宅ローンの借入額(頭金1割)

次に年収600万円の方が頭金を1割入れたときの、理想的な住宅ローンの借入額を考えます。

先ほど計算した通り年収600万円の方の理想的な月々支払額8万円ですので、金利条件のみを変更して計算します。

・条件

月々の支払額 8万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒月々8万円(融資9割以下)ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

適正借入額は2,392万円でした。

頭金なしのときと比べると少し借入金額は上がりましたが、借入限度額と比べると3,000万円近い差があります。

建築予算の1割を頭金として出しますので、マイホーム購入の総予算は次の通りです。

借入額2,392万円+1割頭金268万円=総予算2,660万円

予算が足りない方は、可能な範囲で月々の支払額を上げるか、頭金を貯めましょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

【年齢別】年収600万円の適正な住宅ローンの金額を表で比較

年齢別によっても適正な住宅ローンの借入額も変わります。

なぜなら、年齢によって適正な借入期間は変わるからです。

借入期間が短いと、当然毎月の支払額は大きくなるので、理想的な借入額は低くなります。

今回は、完済時年齢を65歳に統一したときの、借入金額を確認していきます。

また、今回はフラット35ではなく、メガバンクの中では金利が低いりそな銀行の変動金利で計算しています。

さらに、手取りの20%の支払い額に加えて、総支給の20%の額でもシミュレーションをします。

それぞれの場合の月々の返済額は以下の通りです。

  • 手取りの20%:月々8万円
  • 総支給の20%:月々10万円

総支給の20%でも生活レベルによっては無理なく支払いをしていくことは可能です。

借入額を確認して自分に合った支払額を検討してください。

・条件

年収 600万円
月々の支払い額(手取りの20%で計算) 8万円
月々の支払い額(総支給の20%で計算) 10万円
金利 0.47%(※1)
返済方法 元利均等

※1 2020年7月現在のりそな銀行の変動金利です。

参考サイト⇒ローン金利|りそな銀行

年齢による借入期間は下記のように設定します。

年齢 借入期間(65歳ー年齢)
25歳 35年(※2)
30歳 35年
35歳 30年
40歳 25年
45歳 20年

※2 りそな銀行の住宅ローンの最長の借入期間は35年なので、65歳-年齢が35年以上になっても35年で計算しています。

・シミュレーション結果

まずは、月々8万円の支払い時の年齢別の適正な住宅ローンの借入額の結果は以下の結果です。

年齢 借入期間 適正な住宅ローンの金額
25歳 35年 3,090万円
30歳 35年 3,090万円
35歳 30年 2,680万円
40歳 25年 2,260万円
45歳 20年 1,830万円

参考サイト⇒住宅ローンシミュレーション(新規)|りそな銀行

40歳までにマイホームを購入できれば、2,000万円以上借入することができます。

35年で組むことができれば、月々8万円で3,000万円以上借入することも可能です。

完済時の年齢を65歳に設定すると借入額が足らない方は、長い期間で借りて借入額を増やし、後から繰上返済をするという方法もあります。

繰上返済とは、貯蓄が溜まった時点でローンの一部を一気に返済するという方法です。

次に月々10万円支払うときの、年齢別の住宅ローンの借入額を見ていきます。

年齢 借入期間 適正な住宅ローンの金額
25歳 35年 3,870万円
30歳 35年 3,870万円
35歳 30年 3,350万円
40歳 25年 2,820万円
45歳 20年 2,290万円

35年で借入できれば4,000万円近い金額が借入できるという結果が出ました。

借入期間が30年以上であれば、3,000万円以上の借入が可能です。

頭金をうまく合わせながら、資金計画と月々の支払額に合った借入期間を選択しましょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

【借入タイプ別】年収600万円の適正な住宅ローンの金額を表で比較

最後に借入タイプ別で年収600万円の方の適正借入額を計算します。

借入タイプとは、金融機関が販売している住宅ローンの金利種類のことです。

ほとんどの金融機関では、以下の3つの借入タイプの中から選ぶことができます。

  • 変動金利
  • 固定金利(期間選択型)
  • 全期間固定金利

りそな銀行の住宅ローンの金利を元にシミュレーションをしていきます。

月々の支払い額は、先程と同じく手取りの20%の月々8万円と、総支給額の20%の月々10万円の2パターンです。

・条件

年収 600万円
月々の支払い額(手取りの20%で計算) 8万円
月々の支払い額(総支給の20%で計算) 10万円
支払い期間 35年
返済方法 元利均等

借入タイプ別の金利をお伝えします。

借入タイプ 金利
変動金利 0.47%
固定金利(10年) 0.645%
全期間固定金利 ※ 0.995%

※全期間固定金利はフラット35の金利ではありません。りそな銀行独自の全期間固定金利の商品の金利です。

・シミュレーション結果

まずは、月々の支払いが8万円のときのシミュレーション結果をお伝えします。

借入タイプ 金利 適正な住宅ローンの金額
変動金利 0.47% 3,090万円
固定金利(10年) 0.645% 3,000万円
全期間固定金利 0.995% 2,830万円

変動金利と期間選択型の固定金利では、3,000万円以上借入することができます。

全期間固定金利でも、十分に住宅購入が検討できる借入金額です。

次に月々の支払いを10万円に増やして、計算します。

借入タイプ 金利 適正な住宅ローンの金額
変動金利 0.47% 3,870万円
固定金利(10年) 0.645% 3,750万円
全期間固定金利 0.995% 3,540万円

すべての借入タイプで3,500万円以上の借入をできることがわかりました。

月々10万円の支払いが可能であれば、かなり満足度の高いマイホームが建てられそうですね。

自分に合った資金計画と金利プランを選んで、ステキなマイホームづくりをしましょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

年収が600万円を超えてくると、借入額も大きくなってきます。

借入限度額は5,000万円台、理想的な借入額は2,200~3,000万円くらいという結果になりました。

もちろんどちらか一方に合わせなければいけないということはありません。

自分たちの支払い能力や資金計画を踏まえて、適正な借入金額を決めてください。

借入限度額は超えずに、なるべく理想的な借入額に近づけることができれば、無理のない支払いができると思います。

マイホームづくりの土台は資金計画です。

お金のことをしっかり考えられていないと、暮らしてから大変な思いをします。

土台をしっかり固めてからマイホームづくりをスタートさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み
\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み