年収750万円で組める住宅ローンの限度額はいくら?適正な返済の割合もシミュレーション!

年収750万円の場合、最大でいくらの住宅ローンを借入することができるでしょうか。

マイホームを購入する際には、自分の年収に対する住宅ローンの借入上限額を知ることが大切です。

上限額を知らずに打合せを進めてしまうと、たとえ払える金額でも借りられないということが起こり得ます。

すると今までの打合せの時間が無駄になってしまいます。

また、後からオプションをつけて予算を上げていくことは簡単ですが、1度気に入った建物を予算を削るために諦める作業はとても大変です。

また、上限額を知っているだけで家づくりは失敗してしまう可能性があります。

なぜなら、上限額は借入できる額であり、自分が支払っていける額ではないからです。

住宅ローンの借入額を考えるときは借入上限額と合わせて理想的な借入額を知ることも必要です。

今回は、年収750万円の方の借入限度額と理想的な借入額について解説します。

住宅ローンの借入額を迷っている方はぜひ最後まで目を通していってください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

年収750万(額面)で借りられる住宅ローンはいくら?

まず初めに年収750万円の人が借入できる住宅ローンの上限額について考えていきましょう。

前提条件として年収750万円とは、給与の総支給額が年間750万円の人のことです。

税金や保険などが引かれた手取りの給与のことではありません

借りられる住宅ローンの金額(頭金なし)

まずは、年収750万円の人が頭金なしで借入する場合のローン上限額を解説します。

頭金なしでローンを組むとは、自己資金として貯蓄を使わずに、購入予算のすべてを住宅ローンで賄うことです。

今回はフラット35のシミュレーションサイトを使って確認していきます。

シミュレーション結果はフラット35での借入上限額ですので、他の金融機関を検討されている方は参考値としてご覧ください。

参考サイト⇒年収750万円(融資9割超)ローンシミュレーション|フラット35

・条件

年収 750万円
金利 2.32%(※1)
返済期間 35年
返済方法 元利均等(※2)

※1 2020年7月現在の金利を適用しています。(融資9割超の場合の最大金利)

参考サイト⇒最新の金利情報|フラット35

※2 元利均等返済とは、毎月返済額が一定になるように、元金と利息の割合を調整している返済方法です。

・シミュレーション結果

年収750万円の人が頭金なしで住宅ローンを借入する場合、借入上限額は6,287万円です。

年収が750万円だと、6,000万円を超える金額を借入することができます。

もちろん6,000万円も借入する必要のない方もいると思いますので、あくまで目安として覚えておきましょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では6,287万円の借入をしたときの、月々の返済額をシミュレーションしていきます。

・条件

借入額 6,287万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒6,287万円借入時ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

上記の内容で試算すると、毎月の返済は約21.9万円でした。

自分がイメージしていた返済額との差はいかがでしょうか。

少し高いなと感じた方は、借入額を抑えて月々の返済額を抑えましょう。

借りられる住宅ローンの金額(頭金1割)

次に、年収750万円の方が購入総額の1割を頭金として支払う場合を考えます。

フラット35の場合、頭金を1割以上入れると頭金を入れない時と比べて金利が0.26%低くなるというルールがあります。

金利条件だけを変更してシミュレーションします。

参考サイト⇒年収750万円(融資9割以下)ローンシミュレーション|フラット35

・条件

年収 750万円
金利 2.06%(※3)
返済期間 35年
返済方法 元利均等

※3 2020年7月現在の金利を適用しています。(融資9割以下の場合の最大金利)

・シミュレーション結果

年収750万円の場合、頭金を1割入れると6,542万円借入できるという結果でした。

頭金なしの場合と比べて借入額が255万円あがりました。

金利が下がった分、無駄な利息の支払いが減って借入額が上がりました。

建築予算の1割を頭金で支払うことが条件のため、借入金額に1割分を足した金額が合計の建築予算です。

借入金額6,542万円+1割の頭金728万円=建築総予算7,270万円

頭金を足すと建築予算額は7,000万円を超えてきます。

建築予算を上げたい方は、頭金を貯めておくといいでしょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では、6,542万円を借入した場合、月々の返済額はいくらになるのでしょうか。

・条件

借入額 6,542万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒6,542万円借入時ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

毎月の返済額は頭金なしの場合と同じく約21.9万円でした。

理由は、返済負担率を元に審査基準を設定して計算しているからです。

返済負担率とは、年収に占める返済額の割合のことです。

フラット35が定める年収に対する返済負担率は以下の通りです。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30% 35%

年収750万円のケースでは、返済負担率は35%で計算されて借入額が算出されています。

金利が下がって借入額が増えても、同じ返済負担率の基準で審査されるため、月々の返済額は同じです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

年収750万(額面)の理想の住宅ローン金額はいくら?

では、年収750万円の方の理想的な住宅ローンの金額はいくらでしょうか。

シミュレーションして、借入上限額との差を見ていきます。

借入限度額のときと同様、金融機関の金利や審査内容によって借入金額は変わります。

あくまで参考としてご覧ください。

理想的な住宅ローンの借入額(頭金なし)

まずは、頭金なしで借入する場合です。

理想的な住宅ローンの借入額を算出する際は、初めに理想的な月々の支払額を検討します。

一般的に理想的な月々の支払額は手取りの給与の約20%と言われています。

手取りの給与とは、税金等が差し引かれた後に実際に振り込まれる給与のことで、総支給額の8割くらいになる方が多いです。

・年収750万円の場合の理想的な月々の支払額

年収750万円÷12ヵ月×手取り給与分80%×ローン支払分20%=10万円

年収750万円の方の理想的な月々の支払額は10万円です。

上限額の場合と比べると11.9万円の差があります。

・条件

月々の支払額 10万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒月々10万円(融資9割超)ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

月々10万円の支払いの場合、2,874万円の借入が可能です。

借入上限額との差は3,413万円です。かなりの差額が生じます。

もちろん理想的な借入額で資金計画が収まればいいですが、収まらない場合は少し返済額を上げることも検討しましょう。

理想的な住宅ローンの借入額(頭金1割)

次に頭金を1割入れたときの、理想的な住宅ローンの借入額を考えます。

先ほどと同じ条件で、月々の支払額は10万円です。

頭金1割入れたときに適用される、金利条件のみを変更して計算します。

・条件

月々の支払額 10万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒月々10万円(融資9割以下)ローンシミュレーション|フラット35

・シミュレーション結果

理想的な借入額は2,990万円でした。

借入上限額と比べると、3,552万円の差があります。

今回は建築予算の1割を頭金として出しますので、マイホーム購入の総予算は次の通りです。

借入額2,990万円+1割頭金340万円=総予算3,330万円

頭金なしのときと比べると総予算は400万円以上変わりましたが、借入限度額と比べると半分以下です。

自分たちのマイホームはいくらで建つのかを見返して、適正な金額か判断してください。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

【年齢別】年収750万円の適正な住宅ローンの金額を表で比較

年齢別で適正な住宅ローンの返済額を考えていきましょう。

20代と40代では同じ年収だとしてもおすすめする借入期間が変わりますので、借入額にも違いが表れてきます。

理想は定年退職時の年齢までに完済することです。

今回は、定年退職の65歳に合わせて完済することを想定して、各年齢の借入期間を決めていきます。

また、シミュレーションする金融機関はフラット35ではなく、メガバンクの中では金利が低いりそな銀行の変動金利です。

さらに、手取りの20%の支払い額に加えて、総支給の20%の額でもシミュレーションをします。

年収750万円の場合、それぞれの月々の支払いは以下の通りです。

  • 手取りの20%:月々10万円
  • 総支給の20%:月々12.5万円

ではケースごとの借入額を確認していきます。

・条件

年収 750万円
月々の支払い額(手取りの20%で計算) 10万円
月々の支払い額(総支給の20%で計算) 12.5万円
金利 0.47%(※1)
返済方法 元利均等

※1 2020年7月現在のりそな銀行の変動金利です。

参考サイト⇒ローン金利|りそな銀行

年齢による借入期間は下記のように設定します。

年齢 借入期間(65歳ー年齢)
25歳 35年(※2)
30歳 35年
35歳 30年
40歳 25年
45歳 20年

※2 りそな銀行の住宅ローンの最長の借入期間は35年なので、65歳-年齢が35年以上になっても35年で計算しています。

・シミュレーション結果

まずは、月々9.3万円の支払い時の年齢別の適正な住宅ローンの借入額です。

年齢 借入期間 適正な住宅ローンの金額
25歳 35年 3,870万円
30歳 35年 3,870万円
35歳 30年 3,350万円
40歳 25年 2,820万円
45歳 20年 2,290万円

参考サイト⇒住宅ローンシミュレーション(新規)|りそな銀行

借入年数によって適正な住宅ローンの借入額は大きく変わります。

自分の年齢に合った借入期間を見て、借入金額は妥当か判断してください。

借入金額が足りないと感じた方は、次にシミュレーションする総支給の20%の支払いの場合の結果を見てみましょう。

総支給の20%は月々の支払が12.5万円です。

年齢 借入期間 適正な住宅ローンの金額
25歳 35年 4,840万円
30歳 35年 4,840万円
35歳 30年 4,190万円
40歳 25年 3,530万円
45歳 20年 2,860万円

手取りの20%の場合と比べて、35年の借入期間だと1,000万円近く借入額が上がります。

20年の借入でも500万円以上借入額が増えます。

借入年数が短い人で借入金額が足らないときは、長期間で組んで借入額を増やし後から繰上返済で期間を短縮していく方法もありますので検討してみてください。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

【借入タイプ別】年収750万円の適正な住宅ローンの金額を表で比較

最後に借入タイプ別に年収750万円の方の適正な借入額を考えてみましょう。

借入タイプとは、金融機関が販売している住宅ローンの金利の種類です。

多くの金融機関では以下の3つに借入タイプは分類されており、自分の返済スタイルに合ったタイプを選択することができます。

・変動金利

金利の動向によって自分の支払金利も変動していくタイプです。

・固定金利(期間選択型)

自分が選択した期間は金利が固定され、返済額は変わりません。

・全期間固定金利

全期間で金利が固定され、完済時まで返済額が一定のタイプです。

それぞれのタイプによって金利が違います。変動金利が1番金利は低く、全期間固定金利が1番高金利です。

今回もりそな銀行の住宅ローンの金利を元にシミュレーションをしていきます。

月々の支払い額は借入期間のシミュレーションと同条件です。

  • 手取りの20%:月々10万円
  • 総支給額の20%:月々12.5万円

・条件

年収 750万円
月々の支払い額(手取りの20%で計算) 10万円
月々の支払い額(総支給の20%で計算) 12.5万円
支払い期間 35年
返済方法 元利均等

借入タイプ別の金利をお伝えします。

借入タイプ 金利
変動金利 0.47%
固定金利(10年) 0.645%
全期間固定金利 ※ 0.995%

※全期間固定金利はフラット35の金利ではありません。りそな銀行独自の全期間固定金利の商品の金利です。

・シミュレーション結果

まずは、月々の支払いが10万円のときのシミュレーション結果です。

借入タイプ 金利 適正な住宅ローンの金額
変動金利 0.47% 3,870万円
固定金利(10年) 0.645% 3,750万円
全期間固定金利 0.995% 3,540万円

借入額を少しでも増やしたい方は、金利の低い変動金利をおすすめします。

ただし、将来的に金利上昇のリスクもありますので、メリット・デメリットを自分で見極めてください。

次に総支給額の20%の12.5万円の支払いの場合をシミュレーションします。

借入タイプ 金利 適正な住宅ローンの金額
変動金利 0.47% 4,840万円
固定金利(10年) 0.645% 4,690万円
全期間固定金利 0.995% 4,430万円

月々の返済額を2.5万円上げると、借入額が900万円前後変わります。

もちろん上げる金額は1万円でも5,000円でも大丈夫ですので、自分でシミュレーションして適正な借入額を考えていきましょう。

まとめ

年収によって住宅ローンの借入上限額と理想的な返済額は大きく変わります。

年収に750万円の場合は、借入上限額が約6,200万~6,500万円、理想的な借入額は約2,800~2,990万円でした。

借入上限額近くまで借入をして、住んでからメンテナンスや光熱費をかけない建物にするという選択肢もあります。

逆に初期費用を抑えて理想的な借入額で借り入れをして、住んでからメンテナンスや光熱費にお金をかける選択肢も1つです。

どちらの選択も間違ってはいません。

ライフスタイルや将来の収入等を見越して、自分にとって適正な住宅ローンの金額を借入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み
\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み