アサヒアレックスの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

アサヒアレックスは、現代の水準ではなく未来も見据えた高性能・高機能住宅を手掛けるホームメーカー。

住宅寿命30年という枠を破り、100年住める住宅として話題を呼んでいます。

現在マイホーム建築を考えている人に参考にしてもらうべく、アサヒアレックス住宅の特徴や口コミなどを紹介していきます。

ぜひ最後まで目を通してください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

アサヒアレックスで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

口コミは高評価・低評価ともホームメーカー選びの参考になります。

ネット上に公開されているものをいくつか集め、まとめたものを紹介します。

アサヒアレックスのリアルな悪い評判・口コミ

営業担当者が頼りなかったが、上司が好印象だったため契約。その後いろいろあり担当者は退職。引継ぎがされたのかも分からず、新しい担当者も不明のままで、点検の案内も来なかった。連絡をしてやっときたが、後日に補修と点検に来ると言ったきり、半年が過ぎていた。

社風も良いし社員のみなさんは感じが良いので悪い会社ではないが、対応がもう少し細やかだと良い。

パネルヒーターの不凍液は汚れやすいため、初めは1、2年で交換が必要だが、知らされずに他の関連業者から聞いた。引き戸のレールがすり減った時の対応が遅かった。

アサヒアレックスのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

トリプルサッシを全窓に取り付け、気密測定でも良い値だった。冬でも暖かく快適に過ごせた。間取りや内装も自分の希望を聞いて予算内でおさめてくれたので思った通りの家ができた。少しの手違いはあったが、最後は全て直してもらえ、引き渡し後の点検もきちんと連絡がくる。

ライオン先生

アサヒアレックスの家に住んでから2年が経過したが、どこも悪くなっていない。一度換気量を最小にしたら結露がでた。24時間換気システムの設定を高めにしておくと、全く結露もない。担当者が代わるのは仕方がないが少し寂しい。近所に他メーカーの家がいろいろ建ったが、アサヒアレックスのきれいだった現場に比べ、どこも雑然としている。

ライオン先生

耐久性に優れた住宅を手掛ける会社で、仕組みや予算などの違った視点で説明をしてもらった。建築にかける想いも感じられ、とても分かりやすくイメージを共有して話ができた。順序良くプランの提案をしてくれて、スタッフの誠実な姿勢が感じられた。

ライオン先生

住み心地が良く、冬場は室内が暖かいので外の寒さが想像できない。一軒家は冷えるという言葉とは無縁。まだ夏を過ごしていないため、夏場でも涼しいかは今のところ分からない。何かあると対応も迅速で、アフターフォローも文句なし。会社の雰囲気が明るく暖かく、子供は今も展示場に遊びに行きたがる。他の建売ホームメーカー比べても、サービスや家の品質も全く違う。誰にでもおすすめできるホームメーカー。

ライオン先生

初めは他のメーカーで家を建てる予定で、参考のためにプランの提案をしてもらっていた。しかし他で予定していた2X4よりしっかりとした構造であったことや、業界初の構造部分以外にも適用可能な10年無料メンテナンス、原価公開システム、ハイセンスな提案、社長自ら施主に挨拶をする姿勢、営業担当の誠実な対応などで、アサヒアレックスで建てることにした。近所でも評判になっている自慢の家ができて、とても満足している。いろいろな家を見ているカーテン業者や引っ越し業者もびっくりしていて、誉め言葉をたくさんもらった。引っ越しをしてから1ヶ月も経っていないため、夏や冬の室温を感じるのはこれからだが、30度を超える日があった時は室内も快適だった。営業担当さんが訪ねてくれて、鳥の糞害対策などの相談に乗ってもらっている。契約を取り、引き渡しが済んだら全て終わりという会社ではない。

ライオン先生

現在基礎工事が進められている。基礎工事を請け負っている業者さんの社長が知り合いで、施工をしているのは偶然にも社長の長男さんだったので心強い。アサヒアレックスさんの現場管理はきちんとしていて、毎日工事を終わらせるときにはすっきり綺麗になっている。近隣住民にも迷惑をかけず、安心できる。

ライオン先生

15年前に新築した。良質で予算にあった、コストパフォーマンスの高い住宅で、気密性や耐震性も十分。気密性はこだわる人もいるが、冬場の結露に関して場所によって判断が異なる。

ライオン先生

かなり悩んだ結果アサヒレックスで家を建てた。担当者によって良い・悪いがあるようだが、自分の担当者は優秀な人だった。それでもいろいろあったが、インテリアコーディネーターの人も一生懸命で、結果的にはアサヒレックスにしてよかった。家づくりで後悔した点は何もない。

ライオン先生

基礎工事が完了した。毎週担当者から進捗状況の連絡や進展があった時の報告があり、何も不安を感じない。自分も建築に関係があり、現場に何度も行っているが問題は何も見つからない。これから木工事に入るが、担当の大工さんは以前京都で活躍していた宮大工さんで、自分が指名したアサヒアレックスさんのお抱え大工。前にその大工さんと一緒に仕事をしたことがある人の話では、作業現場がとてもきれいで驚いたとのこと。今後たくさんの人に支えられて工事が進められていく家の出来上がりが楽しみ。

ライオン先生

営業担当があまり良くないだとかアフターサービスが悪いとか書かれているが、全員がそうだというわけではなく、自分の担当の人はとても良い人で親切にしてくれ、アフターサービスもしっかりとしてくれる。多少のミスはあってもきちんと直してくれた。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

アサヒアレックスの特徴を項目ごとに紹介!

自分の理想通りのマイホームを手に入れるためにも、アサヒアレックス住宅にどんな特徴があるのかを知る必要があります。

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

価格帯・坪単価

施工例から見ると、平均的な延床面積である35坪前後で、坪単価は54~68万円、価格帯は2,000~2,300万円程度。

とはいえ坪単価が40万円未満、価格は1,500万円以下の住宅もあり、広さや仕様によっても価格は変わるため、あくまでも目安です。

「気が付いたら価格が予算オーバーしていた」ということにならないためにも、常に価格を確認しながらオプションを付けたり仕様のグレードアップをしましょう。

デザイン性

「見た目のデザイン」「機能のデザイン」「性能のデザイン」の3つを大切に、見た目がスタイリッシュなのはもちろん、性能・機能にもこだわったデザインで住み心地のよい空間のある家づくりをしています。

そのため、解放的な吹き抜けや採光性の良い大きな窓などがあっても、外気の暑さ・寒さに影響されることなく快適な室温を保つことが可能です。

内装は板張り天井が美しいナチュラルからコンクリート仕上げのモダンタイプまで、好みに合わせたスタイルを用意。

外観もシンプルなタイプから個性的なもの、西洋風など、センスの光る豊富なデザインが魅力です。

耐震性

高耐震性のベタ基礎の上に組み上げる構造躯体部分には、ハイブリット工法を用いています。

これは従来の木造軸組工法に、丈夫なハイベストウッドパネルを組み合わせたもので、住宅にかかる負荷を面で受け止めて分散させる高い耐震性が特徴です。

また地震のエネルギーを吸収して揺れを最小限に抑える制震装置「MIRAIE(ミライエ)」も導入し、驚きの高耐震性を誇る住宅を実現させました。

断熱性・気密性

壁には外断熱と内断熱の両方を導入。

壁内の空間に耐火性にもすぐれたグラスウール断熱材を施し、外壁材との間には耐力面材・外張り断熱材・防水シート・空気層を設けているため、断熱性だけではなく、気密性にも優れています。

また気密テープで建材の隙間をしっかりふさぎ、気密防水シートも施しているため、外気が室内に流れ込んでくることもありません。

さらに外気の影響を受けやすい窓などの開口部には熱が伝わりにくい高性能樹脂サッシとトリプルガラスを採用。

細部にいたるまで配慮された、高断熱・高気密住宅に仕上がっています。

保証・アフターサポート

アサヒアレックスのサポートは長期対応。

100年寿命を誇る住宅だからこそ、引き渡し後も安心して長期に渡り住み続けることができるよう、保証も充実しています。

安心サポート50

第三者によって行われる点検・検査を定期的に受けられるサポート。

10年ごとの更新で最長50年継続が可能です。

建物設備のメンテナンス制度

工事請負契約書に記載されている電気機械を対象に、メーカー保証が切れた後でも、設備が故障した場合の修理費を保障する制度。

数十万円、数百万円の修理費にも対応可能です。

工期

家の仕様やデザイン、広さなどによって工期にも違いがでるほか、悪天候や受注数などの影響もあります。

アサヒアレックスの標準工期は3~4ヶ月とされていますが、中には3カ月かからずに竣工することも。

正確な工期については、直接問いあわせをしましょう。

構造・工法

A・S・S(アサヒ・スーパー・サイエンス)工法

基礎の立ち上がり幅を通常より30㎜広い150㎜にし、頑丈な基礎の上に構造躯体をくみ上げます。

集成材には、木材の中でも高い強度を誇るエンジニアリングウッドを採用。

湿潤や乾燥の影響を受けにくいためクロス割れや床鳴りなどを防止することが可能です。

さらに接合部にはフレーム金物を使用しているため、その強度は在来工法の1.8倍。

地震による歪みや倒壊にも負けない耐震性・耐久性を実現させました。

第1種全熱交換型換気システム

いつでもきれいな空気を室内に循環させるためにも、換気システムは極めて重要です。

アサヒアレックスでは外気をそのまま取り込むのではなく、温度と湿度を室内に合わせてから取り込む全熱交換型を採用。

梅雨の時期でもジメジメすることがなく、結露や乾燥も抑えられます。

防火構造

一般的な木造住宅よりも耐火性が高いのも、アサヒアレックス住宅の特徴。

火災が起きた時に火の通り道になる壁・天井内部にファイヤーストップ材を施し、燃え広がりを防ぎます。

火災保険料が一般住宅の半額以下になることからも、安全性の高さが証明されています。

極空(オリジナル空調システム)

足先から頭までの温度差を3度以内に抑え、いつでも快適な温度で過ごせる室内を保つ、アサヒアレックスのオリジナル空調システム。

どの部屋にいても温度差をあまり感じないため、ヒートショックも防ぐことができます。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

アサヒアレックスをおすすめしたい人はこんな人!

高性能なだけでなく、エネルギーロスのない省エネ住宅でもあるため、光熱費を抑えてその分を住宅ローンや貯金にまわしたいという人に最適なホームメーカー。

また内装はもちろん、外観も個性的でスタイリッシュなため、他とは違うオンリーワン住宅を求める人にもおすすめできます。

さらにはさまざまな工法や建材で高い耐震性・耐久性を実現させたアサヒアレックスは、度重なる地震にも安心して暮らしたい人にも理想の住まいを提供できます。

アサヒアレックスで注文住宅を建てる時の9つのステップ

① 見学

まずはモデルハウスや完成見学会などに足を運び、家の品質、機能、デザインなどを実際に体感しましょう。

② 相談

どのようなマイホームが良いのか、建てたいエリアやライフスタイルなどもヒアリング。

希望や条件に合わせてプランを立て、資金計画についても相談します。

③ 土地探し&敷地調査

学校や周辺施設なども考慮し、条件にあう土地を探します。

マイホーム建築を予定している土地がすでに見つかっている場合は、その土地の周辺環境などを調査し、どのように建てるのが最適かをプランニングします。

④ プレゼンテーション

希望・条件・ライフスタイルなどの全てを考慮し、理想のマイホームのデザインなどを具体的に提案。

毎月の住宅ローン返済額に無理がないよう、資金計画も行っていきます。

実際に施工現場を見学し、アサヒアレックス住宅の特徴を体感することが可能です。

⑤ 契約

提案したプランや資金計画に同意し、契約を結びます。

図面や工程表、検査機関などへの申請書類などを作成。

⑥ インテリアの提案

好みのテイストの内装について、専属インテリアコーディネーターが最適なデザインを提案。

屋上テラスやウッドデッキ、庭などのデザインについても決めていきます。

⑦地鎮祭・着工

施主の希望があれば、土地の神様に工事の報告と安全を祈るため、地鎮祭を行います。

その後近隣住民へ挨拶まわりを行い、着工となります。

⑧ 上棟

基礎工事から進め、梁や柱などの骨組み部分が出来上がったら上棟。

現場監督から直接構造に関する説明があります。

⑨ 竣工・引き渡し

内装・外装・設備・電気工事などが終わり、不具合などの検査を行い、引き渡しとなります。

同時に設備機器の使用方法などの説明があります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

アサヒアレックスの会社情報

宮城県と埼玉県を中心に展開中のアサヒアレックスは、どのような会社なのでしょうか。

会社情報を見ていきましょう。

アサヒアレックスの会社概要

会社名 アサヒアレックス東日本株式会社
本社所在地 宮城県仙台市太白区長町南4丁目11-18 2F
電話番号 022-393-6438
ホームページ https://sendai.asahi-alex.co.jp/
設立 平成24年4月
代表者 代表取締役社長 石倉 茂雄
代表取締役専務 石倉 潤
資本金 5,000万円
支社・展示場 首都圏支社(埼玉県さいたま市北区宮原町4-132-4)

八木山モデルハウス(宮城県仙台市太白区松ヶ丘2-1)

宮原展示場(埼玉県さいたま市北区宮原町4-132-4)

アサヒアレックスが注文住宅に対応しているエリア

宮城県に本社を構えるアサヒアレックスは、埼玉県にも支社があります。

そのため宮城県内はもちろん、新潟県、埼玉県、福岡県で注文住宅に対応しています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

マイホームには孫の代までも安全・快適に暮らせるよう、高い耐震性・機能性が求められます。

アサヒアレックス住宅は、高性能・高品質はもちろん、エネルギーを作り出し、そのエネルギーを無駄にしない作りから、今後ますます住宅に求められるようになる「ゼロエネルギー」にも対応した理想の住まいです。

ぜひアサヒアレックスで、最高のマイホームづくりを検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /