チケンホームの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

徳島を中心に展開するチケンホームのご紹介です。

注文住宅に住みたい方は、様々な個人的美学を追求し、建物やライフスタイルにこだわりを持つ方が多いと思います。

自由設計による、ひとクラス上である満足こそがチケンホームの住宅です。

モダンな家、和風・洋風な家と幅広いニーズにお応えでき、上質感と風格のある外観の優雅さ、長い時を経ても美しさを保つ耐候性を持ち得るお住まいを提案しています。

店舗併設住宅や、3階建ての家を建てたい、屋上庭園に憧れがあるなど、様々なこだわり派の方に素材・工法・デザインなど数多くの選択肢から検討できる、バリエーション無限のジェントルシリーズ。

チケンホームの家はフルオーダーメイドなので、お客さまのこだわりを共有し、最高の提案を目指します。

また、「ウッドワンインテリア賞」「外構デザイン賞」を受賞するなど、高評価を得ています。

徳島生まれで40余年、今では徳島から香川、淡路島へと業務展開しています。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

チケンホームで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

実際にチケンホームで住まいづくりを行った方のリアルな声は、ハウスメーカー選びの参考になります。

ここでは、良い口コミ、悪い口コミ、両方の評判を集めました。

チケンホームのリアルな悪い評判・口コミ

憧れの注文住宅は、やはりというか理想と現実を突きつけられた感はあります。建物自体は思い通りになりましたが、あれやこれやと予算オーバー…。家族は喜んでいますが、なかなか大変な現実。建売でもよかったのかと。

悪天候が続いたせいもあり、工期がかなり延びてしまいました。まあ仕方がないのですが、担当者の方からもう少し事情説明してほしかったです。施主が作業されている方に状況聞くのも抵抗ありますからね。

下請け業者が養生をきちんとしてないで、雑な工事していました。見たときはびっくりしましたし、現場も散らかっているように見えたので、残念に感じましたね。現場の責任者は管理ができないのでしょうか?

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

チケンホームのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

土地柄、潮風の影響があるためタイル外壁の家にしました。見た目は高級感があるので、自慢の家ですが、実際長年住んでいかないとタイル外壁の効果はわかりませんね。台風の影響とかもダイレクトにあるので、安心感がありますね。太陽光での変色とかもなさそうだし、いとまず気に入って住んでいるところです。アフターサービスについては、特に気にしていませんが、これといって不具合などは、発生していません。

ライオン先生

洋風な外観が気に入り、その後工法など詳しく聞いたうえで丈夫そうな建物だということも分かり、主人と悩んだ末に購入しました。もちろん他のハウスメーカーも疲れ果てるほど検討してきました。私は愛媛の内陸で育ったので、太平洋側の徳島のことはよくわかりません。主人は、ああだこうだとお国自慢をしますが、気候も良く家を建てるなら、ここで決まりだと思い、地元をよく知るチケンホームにしました。私の希望としては、キッチン回りの動線というテーマがあったので、できる限りの範疇で希望に近いものが実現してもらえたかと。玄関も広いスペースを確保できたので、帰宅したときには嬉しさを感じてしまいます。

ライオン先生

モデルハウス見学してきました。当初は他のハウスメーカーで考えていたのですが、チケンホームのモデルハウスを実際に見て、考えがかわりました。高齢の母親には、あまりにインパクトが強く、昔なじみの普通っぽい建物のほうがいいと言われましたが、孫の視点で考え直してくれたので、事が動きました。洋風な建物は目にすることはあっても、実際そこに住み、出入りするわけですから、あまり洒落すぎていても恥ずかしく抵抗があるのかもしれませんね。子供たちは当然気に入って、「今日はここに泊まりたい!」と喜んでいました。ただ注文住宅となると、私のようなあまりこだわりがなく、洋風な建物に関しての知識がない人間にとっては、デザインから予算からもろもろハードルが高いことばかりです。外観も丈夫そうで綺麗だし、内見はシロウトなりに細かく見ましたが、とてもいい建物だということは実感しました。担当された方も、落ち着いた雰囲気で説明してくれたので、気持ちよく見学できました。ほぼ決定の方向には動いています。

ライオン先生

チケンホームで建てて3年です。自由設計のフルオーダーで可能な限りこだわりました。最終的に金額も少しオーバーしたり、一部の器具が到着おくれで工期的にひやひやしたりと、いろいろ心配なことはありましたが、住んでみると快適この上ないです。たとえ金額がオーバーしたとしても、やっぱりこだわるところはこだわってよかったと思っています。夢のマイホームが実現、思い描いたとおりの住まいが完成し満足しています。

ライオン先生

もともと戸建てには興味がなく、マンションの高層階に住むことに憧れがあったのですが、結婚して娘が2人の家族構成になり、戸建てもありかと考えていたところ、妻や娘たちからの要望が出てきてしまった。不思議ですが、そんなものなのでしょうね。その後少し時間が経って、高校時代の友人が建築関係の仕事をしていた関係で、いろいろな戸建てを紹介してもらいました。四国にもこんなにハウスメーカーがあるのも初めて知り、自力で中古物件も不動産屋さんのウェブ情報で検索していたのですが、長い目で見て新築なのかと決断しました。チケンホームは、外観の美しさはもちろん、ツーバイ工法による耐震・耐火。断熱などを強化した造りをはじめ、各所丈夫な設計だということもあり、なんといっても地元に根付いている会社ということが好印象でした。営業の方は若い人もベテランの人も親切に話してくれます、こちらの話しもきちんと聞いてくれます、いよいよマイホームへ向けて動き出します。

ライオン先生

吹き抜けのある家に住みたくて、こちらで家を建てました。冬場には暖房費が余分にかかるのか心配でしたが、それほどでもないです。結局人がいる部屋は限られるので、無駄はないということでしょう。高い場所の掃除も脚立ありでのことになりますが、吹き抜けの家の満足感を考えれば苦になりません。金額は思った以上かかりましたが、自慢の家です!大事に長く住みたいので、家族にもそれなりに協力してもらわないとだめですね。アフターサービスもしかりしているので安心しています。

ライオン先生

香川県在住、チケンホームで家を建てました。地震の心配があるので、構造的にどうなのかとおもいましたが、基礎の鉄筋数やアンカーボルトの数などが適正で、住宅強度にもこだわりがあって安心しましたね。現場作業は、養生もしっかりしてきれいな仕事をしていましたよ。雨が降ってきそうなときは、家自体や資材等にシートをかけ雨を防ぎます。雨ざらしの作業をしている大手メーカーより、よっぽど良いですね。居住後のアフターフォローは、定期的にしっかりしてくれます。子供が小さいこともあり、壁や扉を傷つけたり、へこましたりですが、何度も無償で直してもらいました。諸々大変満足しています。フルオーダーメイドで、希望通りの家をリーズナブルな価格で建てることができました。この家が可愛いです。

ライオン先生

私の友人が、チケンホームで家を建てて非常に満足しているとのことです。 担当者の方に熱意があったとのことだったのですが、やはり担当する人の営業力により差が出てしまうのかと思います。 私の場合は、HMで家を建てたのですが、営業担当の方が全国売り上げ2位という凄い人でしたね、ラッキーでした。 設計はじめ施工全般にわたり、室内のインテリアや外構施工に至るまで、優秀なスタッフさんが担当してくれましたので、これも人間力であり営業力でもあるのかなと思っています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

チケンホームの特徴を項目ごとに紹介!

チケンホームではどんな住まいづくりを行っているのでしょうか。

価格、性能、工法など項目ごとにまとめました。

価格帯・坪単価

2×4の場合は坪単価50万円(税別)から可能です。

基本的には無料での見積もりができるので相談してみるのがよいでしょう。

デザイン性

リゾートのような洋風の家から、落ち着いた雰囲気の外壁を活かした高級感のある家など、「チケンスタイル」と呼ばれる質の高いデザイン、新しい技術との融合によって生み出される個性的な生活空間を創造します。

タイル外壁は、強度はもちろん長い時間の経過をものともしない、色あせない美しさを保つことができます。

目地がなく、外壁塗装の塗り替えをすることが不要なので、メンテナンスにかかるコストも大幅に減らせます。

内部においては、自由な間取りをデザインすることができることにより、家具のセッティングや、様々な家電選びに困るような時間を省きます。

家自体もこだわりなのですが、お部屋内部のキャビネット、冷蔵庫、洗濯機もお客様のこだわりが満載のはずですから、形状やサイズ感での選択肢が増えるのも魅力です。

合理的な収納もデザイン上大きな課題ですから、お客様が暮らしやすいことを第一に、様々な提案をしています。

建築士による耐震面も考慮したうえでデザインをしていきますので、自由度の高い環境の中にも、安全性を兼ね備えているという安心感も実現します。

耐震性

地震の多い国である日本、とりわけ南海トラフの発生が危惧されている時代では、災害に対しての知識を万全にして、物理的な準備を考えていかなければなりません。

徳島も安全に気を付けていかなければならないエリアです。

チケンホームでは、推奨しているツーバイ工法の耐震性により、高性能を持つことによる安全基準の高さで、しっかりご家族を守ることを常に理念としています。

ツーバイ工法の種類には、2×4(ツーバイフォー)と2×6(ツーバイシックス)があります。

さらに制震ダンパーを組み合わせることによって、建物の変形を抑えることができます。

6面体で支えるボックス構造のツーバイ工法は、風圧や地震に対して強度を発揮。

線で構成される、日本従来の軸組工法と比べて、6つの面で外力を吸収して、振動を分散させてより強度の高い耐震性を実現します。

なおチケンホームでは、昔ながらの在来工法であったり、鉄骨工法やツーバイ工法だったり、あらゆる工法で家造りが可能となっています。

断熱性・気密性

タイル外壁による高気密性・高断熱性を実現。

風に強いタイル外壁により、冬場の冷たい外気を、夏場においては強い日差しを軽減して、部屋内の環境を安定させます。

耐震性で触れたツーバイ工法では、6面体で支えるボックス構造であるため、地震や風圧に強いのはもちろん、断熱性や耐火性にも優れているので安心です。

従来工法よりも材料が多く必要になることで、高価といわれる工法となりますが、チケンホームでは自社工場を持つことにより、各資材をリーズナブルに提供でき、ツーバイ工法を経費的にも安い価格で建てていただくことができます。

保証・アフターサポート

保証

チケンホームではアフターサービスに力を入れています。

20年保証をご用意しており、住み始めてから何か不具合があったとしてもすぐにサポートをしていきます。

家は決して「建てて終わり」ではないのですから、お客さまにとっては建てて住み始めてからがスタートとなるので、お客さまの心理をよく理解して、アフターサービスに力を入れることにより、安心感を実現できると考えています。

アフターサポート

チケンホームの「長期メンテナンス」では、無償サービス期間に加えて、有償サービスでの長期間保証を延長いただくと、より高い安心を継続できます。

建物や設備機器の保証や、各部所の点検がセットになったサービス。

緊急時には、24時間受付サービスを受けられるので、夜間でも安心。

ご入居後の大切なマイホームを守っていきます。

お引渡し後もお住まいの資産価値を守るために、建物・設備機器の保証、3年目にシロアリ点検、5年目には建物点検などがセットになったサービスもあります。

四国初の取り組みとなり、有償サービスを受けていただく場合、建物保証が最長30年間まで延長可能となります。

※各保証には適用基準があるので、詳細はご相談ください。

工期

フルオーダーメイドのため、特に記載はありません。

仕様や設備、素材によっても工期は変わります。

構造・工法

木造系で軸組在来工法、2×4、2×6、鉄骨造、鉄筋コンクリート造。

制震ダンパーの組み合わせ。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

チケンホームをおすすめしたい人はこんな人!

チケンホームは実際どのような方におすすめできるのか、お客様の希望がチケンホームとフィットするのかを踏まえ、ご紹介します。

エリア的に徳島、香川、淡路島を希望される方

チケンホームは徳島、香川、淡路島を主軸として業務しています。

営業所や営業担当者との連絡が密にできることが安心につながります。

その土地に根付いた情報は、その土地をよく知る業者の強みになりますが、とくに自然災害への対応は顕著に現れます。

近年の台風は非常に強いものが多くなり、厳しい風雨と地盤に対しては警戒を強くしていかねばなりません。

どの土地にどのような家をたてるのか?

大手のメーカーでは細かいリサーチができるのか心配です。

地元密着の強みを活かした提案をできることと思います。

またモデルハウスの見学会をイベントとして企画しており、実際の建物を思う存分体感できるようにしていますので、お近くのモデルハウスへ行かれることをお勧めします。

高級感あふれる洋風な家

チケンホームの家は、上質感のある外観の優雅さ、風格漂う美しさが魅力です。

ヨーロッパの郊外にでも来たかのような、リゾート地のパンフレットを見たかのような外観は、どの街においてもあこがれの的になることでしょう。

吹き抜けのある家から平屋にも、個性あふれるデザインが活かされています。

幅広いニーズにお応えするために、洋風だけでなく和風なデザインにも対応。

モデルハウスで実際の建物を見る、お近くの営業所で写真や資料を見せてもらうことはもちろん、最近ではウェブにも写真や詳細情報が数多くあります。

まずは写真を見てもらえれば、品格が伝わると思います。

フルオーダーメイドによる自由設計

フルオーダーメイドによる自由設計こそが、チケンホームの特徴であり強みです。

近年においては、建売住宅も様々なアプローチによって、現代風で個性豊かなデザインを施された建物が多くなってきました。

マイホームを手にすることは、費用の工面や人生設計そのものがかかわってくるので、精神的にも高いハードルを越えなければなりません。

ハイタワーや低層などのマンションや建売住宅は、選ぶ楽しさがあり、一定条件下においては、与えられた環境を納得すれば成立するでしょう。

しかしすべての条件が揃うことが難しく、どこかで妥協しなければならないことにも直面する可能性があります。

フルオーダーメイドは、土地探しをはじめ、プランニングには本人が主体です。

他者とは違うオリジナリティーを持つ、いわゆる「こだわり派」の方が好む方法だと思います。

費用がかかる、自身も参加して建物を造る、様々な手間を必要としますが、その人だけの、その家族だけの生活スタイルを望む方には、自由設計のできるフルオーダーメイドをお勧めします。

丈夫で長く住める家

耐震性の項目でも紹介した、ツーバイ工法であったり、タイル外壁であったり、天候や自然災害等の脅威に対応した建物は、この上ない安心感があります。

快適なライフスタイルを送るためには、安全・安心が確保されていなければ意味がないでしょう。

あとは住んでからのメンテナンスが重要ですね。

建てた当初はきれいな家だったのに、外壁が変色して古びてしまったり、ひび割れなどが発生してしまったりと、不具合は出てくるかもしれません。

チケンホームは、メンテナンスが楽で丈夫な家を建てるための工法と理念を基本にしています。

地元密着型の会社なので、アフターサービスも迅速に行いますので、入居されてからの安心も高いと思います。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

チケンホームで注文住宅を建てる時の11のステップ

フルオーダーメイドの家って、何をどう始めていくのか、どのような手順で進んでいくのかわからない方に、チケンホームで家を建てる流れをご紹介します。

① チケンホームとの出会い

まずはお越しいただくことです。初めて家を建てる方には、分からないことだらけだろうと思いますので、気軽に疑問点、不安に思っていることをお話しください。

チケンホームは定期的にモデルハウス見学会を行っていて、思う存分内覧をしていただき、チケンの造る家を直に知って頂けると思います。

ご家族みなさんでのお越しをお待ちしております。

② ヒアリング

チケンホームの建てる家に興味をもっていただけたら、お客様の具体的なお話しを聞かせていただきます。

具体案がなければイメージでもかまわないので、遠慮せずにお話しください。

費用のことや外観、間取りのことよりも、ご家族の大事にしているライフスタイルに関してのことが大切だと思います。

こだわり派の方もどんどんお話しを聞かせてください。

こだわる方こそのフルオーダーメイドなのですから、そこはプロの情熱をかき立てられることがチケンホーム社員の喜びです。

③ プランニング

お客様とお話しをした情報を整理して、プランを立てていきます。

この最初の情報はあくまで叩き台なので、こちらの提案も含めて意見をぶつけてきてください。

予算も十分に相談しながら進めますので、プランの練り直しもOKです。

とことん納得してもらえなければ意味がありません。

④ ご契約へ

作成されたプランに納得されてから、いよいよ契約を交わしてお客様と正式にパートナーとなります。

詳細部分の仕様を確定して、設計図の仕上げになっていきます。

瑕疵担保責任保険(住宅保証機構株式会社)のご説明と申込みをしていただきます。

⑤ 地鎮祭

設計図が完成したら、家づくりの第一歩として行う儀式が地鎮祭です。

工事の無事を祈り、ここに住まわれるご家族が安泰に暮らせるようにお祈りをします。

宗教上の理由がある場合は、地鎮祭は行わない場合があります。

⑥ 基礎工事・組立工事

建物の土台部分を造るのが基礎工事です。

基礎工事の完了後、構造体部分の組み立て工事へと進みます。

床パネルや壁パネルを組み合わせていき躯体が仕上がっていきます。

チケンホームでは自社でクレーンを所有しているので、現場に常駐することができます。

ゲリラ豪雨など突然の天候悪化の場合でも、建物自体や資材等を迅速にシート養生して守ります。

⑦ 大工工事、配線・配管工事へと

大工工事が始まると、いよいよ建物の実体が見えてきます。

壁、天井、床や建具などの作業です。

電気の配線や上下水道の配管も同時に工事していきます。

この頃になると、様々な業種の作業員さんたちが現場にくるので活気づきます。

⑧ 内装工事から仕上げへと

内装工事は壁のクロスや漆喰などを施していき、床材の貼り、キッチンまわりやお風呂部分の設備を設置していきます。

さあほぼ完成が近いです。

⑨ 美装をして完成

美装業者が各所細部をチェックしながら、家の隅から隅をクリーニングしていきます。

工事作業がすべて完了したら、不具合箇所がないか綿密に検査します。

⑩ お客様へ引き渡し

家全体の設備や使用方法の説明を丁寧に行います。

入居後の保証についても、詳しく説明していきます。

さあ遂に、お家の鍵をお渡しする時が来ました。

鍵を受け取り、お引越しをしていただく、これで完了となります。

⑪ 末永くお付き合いするために

お客様が入居されてからが、お客様とチケンホームの本当のスタートだと考えています。

不具合が発生したり、設備等でお困りの際には、いつでもご連絡くだされば、迅速に対応してまいります。

引き渡し後も、大切なお客様の安心のために最大の努力をしてまいります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

チケンホームの会社情報

チケンホームの会社概要

会社名 株式会社地建
代表取締役 阿部 善孝
設立 1971年12月
資本金 30,000,000円
TEL 088-644-1212
営業時間 8:00-17:00(年末・年始を除く)
所在地 〒770-8041 徳島県徳島市上八万町西山512
事業内容 建築工事、不動産、住宅分譲、青石加工

チケンホームが注文住宅に対応しているエリア

徳島、香川、淡路島

まとめ

四国エリアでも徳島、香川、淡路島に特化したチケンホームの紹介をしてきましたが、特徴や詳細などをより理解していただければ幸いです。

フルオーダーメイドの家は、見た目以上にこだわりが強いように思います。

個性的な外観だけでは判断できない、内部各所の設計に関しては、そこに住むご家族や、親しい方にしか分かりません。

自由設計とテーマを与えられても、その自由度をコントロールして実用性に繋げていくのは、それなりの知識と能力、そしてご家族が納得するセンスが必要となるでしょう。

個性的なライフスタイルをお望みの方は、チケンホームをひとつの選択肢としてイメージするのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /