賃貸住宅と建売住宅はどっちがいい?メリット・デメリットを徹底比較!

マイホームは賃貸住宅がいいのか、持ち家がいいのかは、専門家の間でも意見が分かれます。

とくに建売住宅を購入する場合には、自分のライフスタイルに合わせて自由に間取りや設備を選ぶことができないので、賃貸住宅に住むことと比べてもメリットが少ないといわれがちです。

どうせ住宅会社が考える一般受けする間取りや仕様の中から選ぶことになるのであれば、長期の住宅ローンを組んでまで購入する意味がないというのが賃貸派の意見です。

一方、持ち家派からすると、資産として残せないものに一生お金を払い続けるよりも、購入した方が老後も安心できるといいます。

そこで両者のメリットとデメリットを比較した上で、賃貸と建売住宅購入とではどちらが良いのかを考えてみたいと思います。

賃貸住宅のメリット、デメリット

住まいに対する価値観はひとそれぞれなので、単にお金に関する損得勘定だけでどちらが良いとは一概にはいえません。

賃貸住宅と建売住宅にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、自分が重視するポイントがどちらに多いのかを総合的に判断する必要があります。

そこでまず賃貸住宅のメリット、デメリットから見ていきたいと思います。

賃貸住宅のメリット

  • 家族構成の変化やライフスタイルの変化、転勤などに柔軟に対応して、比較的気軽に住み替えることができる
  • 建物の経年劣化に応じたメンテナンス費用や固定資産税の支払いがない
  • まとまった初期費用がかからない
  • その気になれば常に最新の設備を備えた新しい物件に住むことができる

賃貸住宅のデメリット

  • 一生家賃を払い続けても、自分の資産にはならない
  • 貸主の承諾が得られなければ物件に手を加えることができない
  • 将来の家賃の値上がりなどのリスクがある

建売住宅購入のメリット、デメリット

一方、建売住宅を購入することのメリットとデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

建売住宅購入のメリット

  • 購入した物件を自分の資産として家族に残すことができる
  • ライフスタイルの変化に合わせて、増築やリフォームなど自由に住まいをカスタマイズすることができる
  • 住宅ローン申し込み者の死亡や高度障害などで返済が困難になった場合でも、団体信用生命保険に加入することにより保険でカバーできる
  • 賃貸住宅と比較して高スペックで広めの住宅に住むことができる

建売住宅購入のデメリット

  • 賃貸住宅を借りるよりも圧倒的に高額な初期費用がかかる
  • 月々の住宅ローンの返済以外にも、修繕費用や固定資産税、相続税といった付帯費用の支払いが発生する
  • 不動産の価値は変動する恐れがあるため、必ずしも将来的な資産になるとは限らない
  • 転勤や転職などで永住できなくなるリスクがある

口コミ評価で賃貸派が満足している点

賃貸住宅に住むのが良いのか、建売住宅を購入して住むのが良いのかは、人によって意見が分かれます。

そこでそれぞれの意見をご紹介しておきましょう。

まずは賃貸派の意見です。

  • 自由度が高い
  • 好きな時に引っ越しができる
  • いろいろな街に住むことができる
  • その時の状況に合わせて部屋の広さを選ぶことができる
  • 常に新築の物件に住むことができる

賃貸派の意見で多数を占めるのが、いつでも好きな場所に引っ越しすることができる自由度の高さです。

ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる点が賃貸住宅の最大のメリットといえそうです。

口コミ評価で持ち家派が満足している点

一方、持ち家派の意見にはどの様なものが多いのでしょうか。

  • 将来の資産になる
  • 住まいや地域に対して愛着が湧く
  • 自分の所有物という安心感がある
  • 自由にリフォームできる
  • 自由にペットを飼ったりガーデニングを楽しんだりすることができる
  • 老後も安心して暮らすことができる

やはり持ち家派の意見には、将来の資産形成になると考えている方が多くを占めている様です。

老後の安心感を得ると共に、子供に資産を残すことができると考えている様子がうかがえます。

将来的には賃貸に出して家賃収入を得たり、売却して現金に替えたりすることも視野に入れている方が少なくないようです。

賃貸と建売住宅の生涯コストを比較

賃貸住宅に住み続ける場合でも建売住宅を購入して住む場合でも、住居費は一生かかります。

賃貸か建売住宅の購入かで迷っている方の中には、生涯コストの面でどちらが得なのかを考えている方が多いのではないでしょうか。

そこで、借りた場合と購入した場合の住まいのコストが実際に50年間でどれ位違うのかを簡単に比較してみたいと思います。

賃貸住宅にかかる住居費用

賃貸住宅の家賃は住み続ける限り払い続けなければならないので、毎月の家賃を12万円とした場合の50年間の費用は7,200万円になります。

(参考までに35年間の家賃は5,040万円です)

この他に一般的には2年ごとに契約の更新が必要になり、その都度更新料がかかるので、更新料を家賃の1か月分とすると50年間の更新料の合計金額は300万円になります。

(他に仲介不動産会社に支払う契約手数料や火災保険料がかかることもあります)

したがって、最低でも7,500万円の費用が必要になりますが、途中で転居する場合にはその都度礼金や敷金の支払いが必要です。

建売住宅にかかる住居費用

建売住宅にかかる費用は購入する物件により大きく異なりますが、毎月の返済額を頭金なしで12万円、ボーナス時加算なし、返済期間35年の住宅ローンを組んで購入する場合、借入可能額は40,804,351円になり(金利1.25%、元利均等返済の場合で計算)、総支払額5,040万円のうち金利負担は約960万円になります。

したがって4,080万円の物件を頭金なしで購入することが可能です。

また住宅ローン減税による所得税、住民税の控除を年40万円で10年間受けられるとした場合の控除額は合計400万円になるので、この分を購入コストから差し引くことができます。

よって物件の購入コストは5,040万円-400万円=4,640万円になります。

さらに購入時にかかる諸費用を120万円、50年間の固定資産税を400万円、修繕・リフォーム費用を1,000万円とした場合、50年間のトータルコストは6,160万円です。

したがって、住宅ローンを返済している間は当然賃貸の方が住居費はかかりませんが、返済が終わると徐々にその差は少なくなり、50年目には建売住宅を購入した方が住宅の総コストが安くなります。

よって40年以上住み続けるのであれば、建売住宅を購入した方が住居費を抑えられる可能性が高いといえるでしょう。

災害時にメリットが高いのは賃貸?持ち家?

近年は建売住宅であっても、耐震性能や耐火性能などが向上しているため、地震や火事などの災害にあっても比較的安心できる様になりました。

一方、賃貸住宅の場合は、物件が古いと地震や火事で大きな被害を受けてしまう可能性があります。

したがって同じ木造住宅であれば、一般的には新築の建売住宅の方が安全面において賃貸住宅よりも優れているといえます。

しかし近年では想定外の大型災害が増えているため、どんなに耐震性能や耐火性能を高めたとしても、全ての災害に対して対応できるとはいえません。

台風によって屋根が飛んでしまったり、床上浸水してしまったりする事例がたくさんあります。

特に持ち家の場合は、災害で家が大きな被害を受けても自分で修理しなければならず、火災保険や地震保険に加入していたとしても家を建て直すことができるほどの金額は補償されません。

そうなってしまうと、住宅ローンの返済が残ったままで2重のローンを抱えることになってしまいかねません。

こうしたことから、金銭面では持ち家の場合の災害時のリスクは非常に高いといえます。

一方賃貸住宅の場合は自然災害などで家が大きな被害を受けた場合でも、金銭面で負担を負う事はありません。

また被災地から転居することができるというメリットもあります。

したがって災害時に金銭的負担を負うリスクは、建売住宅を購入した場合の方が高いといえるでしょう。

将来的に資産になるのは持ち家だけ?

賃貸か、建売住宅の購入か、で金銭面から検討する場合には、将来的に手元に残る資産価値も考えておく必要があります。

資産価値は持ち家にしか残りませんが、不動産の資産価値は土地と建物の価値で決まります。

建物は経年劣化することによって資産価値が低下し、現行の評価制度では木造の一戸建住宅の資産価値は築25~30年でほぼゼロになります。

しかしそれはあくまでも税制上の評価であり、購入したい人がいる限り販売価格はゼロにはなりません。

一方で、空き家が増えて住宅の供給過多になると、不動産の価値は大きく下がってしまうリスクがあります。

土地は経年劣化しないので価値が残るといっても、都心の一等地であれば高い資産価値が残ると思いますが、地域によって購入したい人が皆無であれば、毎年固定資産税の負担だけがかかる負の資産にもなりかねません。

将来的な資産価値ははっきりと断定することはできませんが、地域によっては賃貸の方がコスト面で有利になると指摘する専門家もいます。

したがって、金銭面のみで賃貸か持ち家かを判断するのは得策ではないでしょう。

賃貸か建売住宅購入かで迷ったら行うべきことは?

賃貸か持ち家かは、専門家の間でも大きく意見が分かれることであり、一概にどちらが良いとは断言できません。

近年の空き家率の増加は、これまでの住まいに対する概念が大きく変わってしまうことにもなりかねません。

賃貸が良いのか、持ち家が良いのかの判断は、住まいに対するそれぞれの価値観で大きく異なるので、どの様なライフスタイルで、どんな暮らし方がしたいのかで選ぶことが大切です。

賃貸住宅と住宅購入のメリットとデメリットを再度見直して、自分はどちらのメリットを重視するのかを十分に検討して判断することが重要だと思います。

マイホームの買い時はいつ?

賃貸住宅はその時の収入やライフスタイルなどに応じて、自由に住み替えできるのが魅力です。

最新の住宅設備を採り入れた物件や、お洒落なインテリアの物件、人気の高いエリア内の物件など、いろいろな家に住んで暮らしを満喫するためには賃貸の方が有利といえます。

しかし家庭を持った後や老後の暮らしを考えると、早めに住宅ローンを完済して月々の住居費を減らした方がゆとりのある暮らしができるのではないでしょうか。

若いうちは自由な暮らしを満喫できる賃貸が最適と思われますが、家庭を持ったら生活の基盤として一度はマイホームの購入を検討してみるべきでしょう。

ではマイホームを購入するとしたらいつごろがベストといえるのでしょうか。

マイホームを購入する際には、住宅ローンを利用する方がほとんどです。

住宅ローンには「完済年齢」が決まっていて、金融機関によって75歳または80歳までとなっています。

そのため、住宅ローンを利用してマイホームの購入を考えている場合には、完済年齢から逆算して購入時期を決める必要があります。

返済期間を35年として住宅ローンを組むのであれば、40歳または45歳までに購入することが必要です。

しかしサラリーマンであれば退職金を返済に充てられるとしても、できるだけ給与収入がある定年前に住宅ローンを完済してしまった方が、余裕のある老後を迎えることができるでしょう。

したがってなるべく若いうちに購入した方が良いのですが、早すぎると転勤や家族構成の変化などによって理想の家のカタチが変わってしまうことがあります。

またその分の修繕費の負担も増えてしまうので、注意が必要です。

そして住宅ローンの借り入れ可能な額は年収によって変わってしまうので、年収が低いうちは住宅購入に必要な資金が不足してしまうこともあります。

現在いくらまでなら住宅ローンの借り入れが可能なのかを把握しておくことが大切です。

一般的には、結婚や出産、子供の入学、親との同居など、家族構成やライフスタイルの変化を機にマイホームの購入を検討するケースが多くなります。

【結論】賃貸か建売住宅購入かはどんな暮らし方をしたいのかで変わる

結論からいうと、賃貸と建売住宅購入のどちらが向いているのかはライフスタイルやマネー事情によって変わります。

したがって、長年マイホームを購入することを目的にしてきた人に対して賃貸のメリットを伝えてもまったく聞く耳を持たないのと同じ様に、賃貸暮らしが理想と信じている人に対して老後の不安を訴えてもあまり意味がありません。

いずれの場合でも過去の考えにとらわれずに自分自身のことをよく分析して、自分で冷静に判断することをオススメします。

最後に賃貸に向いている人と建売住宅購入に向いている人をまとめておきましたので、是非参考にしてください。

賃貸に向いている人

・高額な借金を背負いたくない人

・住環境を変えることでリフレッシュしたいと思う人

・最先端のインテリアや流行りの住宅設備など流行に左右されやすい人

・ご近所との関係など人間関係に縛られたくない人

・住まいのメンテナンスや修繕などの手間を極力省きたい人

・転勤や転職などの可能性が高い人

・将来親と同居する可能性が高い人

・常に変化を求める人

・いつも新築住宅に住んでいたいと思う人

・古民家などの個性的な物件に住みたい人

・自由なライフスタイルを送りたい人

・古くても立地や利便性を重視する人

・災害リスクをできるだけ避けたい人

建売住宅購入に向いている人

・老後の暮らしが不安な人

・DIYやリフォームで住まいを改装するのが好きな人

・家族に資産を残したい人

・永住志向が強い人

・一生家賃を払い続けることに抵抗がある人

・穏やかな日常生活を望む人

・自由にペットを飼ったりガーデニングを楽しんだりしたい人

・家を所有しているというステータスを求める人

・安定志向が強い人

・近所づきあいなどの人間関係を重視したい人

まとめ

マイホームに対する価値観は人それぞれなので、金銭的な損得勘定だけで賃貸か持ち家かを議論してもあまり意味はありません。

住まいを選ぶ際には、家族の価値観を見直すことから始めることが最も重要になります。

住まいは充実した人生を過ごすための手段の一つであって、マイホームの購入が人生の目的ではありません。

したがって、住宅の購入が家族を不幸にしてしまうこともあれば、家を購入しなかったことで老後の生活が苦しくなってしまうこともあるでしょう。

大切なことは住まいに対する家族全員の価値観を話し合って、どうすれば自分達にとって理想の暮らしを実現することができるのかを判断することです。

本記事を皆様の住まい選びに役立てていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み
\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み