吹き抜けのメリット・デメリット!失敗・後悔しない5つのポイントも紹介

「明るい家に住みたい!」
「開放感あふれる家にしたい!」
「人と違う、自分だけのおしゃれな家にしたい」

家を建てる際に、このような思いや悩みをお持ちではないですか。おしゃれで明るい、開放感あふれる家にするためには、吹き抜けがおすすめです、

吹き抜けとは、1階部分の天井と2階部分の床を抜いて、2層分の高さがある空間を指します。狭い家でも視覚的に広く見せる効果もあり、都市部の住宅などでも近年増加傾向の、人気の間取りです。

本記事では、吹き抜けについて以下の内容を解説していきます。

  • 吹き抜けのメリットとデメリット
  • 失敗しない吹き抜けにするためのポイント
  • いいとこ取りなハーフ吹き抜け間取りがおすすめな理由
  • 吹き抜けのメリットを活かした間取りの成功例

家を建てる際の内装に悩んでいる方や将来家を建てる際の参考にしたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。

はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証プライム上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

メーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

また、上場企業が厳しい審査をしているのも大きなメリットです。

審査に通った優良住宅メーカーのみ掲載が許されているので、悪質な会社に騙されたりしつこい悪質営業をされることもありません。

家を建てる前には1番最初にカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービス→

また、より慎重に住宅メーカーを決めたい方には、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです。

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いもの。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

吹き抜けの5つのメリット

おしゃれなイメージがある吹き抜けには、実は以下のようなメリットがあります。

  1. 開放感が生まれる
  2. 自然光が取り込めて明るい
  3. 風通しが良く、空気が循環する
  4. デザイン性の幅が広がる
  5. 同居している家族とコミュニケーションが取りやすい

見た目・ライフスタイル・住環境などそれぞれので多くの利点が存在します。暮らしを想像しながら、気になる項目をチェックしてみてください。

1.開放感が生まれる

吹き抜けの最大の魅力は開放感です。1階部分と2階以上部分の天井・床にあたる仕切りがなくなることで、天井の高さが増し、開放感が生まれます。

また、天井が高くなることで視線が上に抜け、家の中を広く見せる効果もあることから、都心部によくある極小住宅に好まれ、積極的に取り入れられています。

リビング階段と組み合わせると、吹き抜け面積を広げられ、さらに開放的な家が実現可能です。

2.自然光が取り込めて明るい

2階部分に窓を設置することで、自然光を多く取り入れられ、部屋全体が明るくなります。特に天窓は一般的な窓に比べ、3倍もの採光量があると言われています。

太陽の位置が低くなる冬場や住宅密集地帯など、通常の窓だと採光が期待できない土地の場合、吹き抜けにすることで明るさの問題が解決されるかもしれません。

日中に照明をつける必要もなくなるため、電気代の節約にも繋がります。さらに、周囲が明るすぎないエリアであれば、夜に室内から天体観測も楽しめるでしょう。

3.風通しが良く、空気が循環する

吹き抜けを作ることで、空気の通り道が横だけでなく縦にも発生します。暖かい空気は上にいくため、小さな気流が家の中で発生し、空気が循環していきます。

立体的な流れによって、フレッシュな空気が入ってくるので、室内は常に快適に生活可能です。

夏は暑い空気を高い位置にある窓から追い出し、冬は1階に設置したエアコンやストーブの温風で家を暖められるので、電気代を抑えながら心地の良い室温で生活もできますね。

天井にシーリングファンを設置すれば、さらなる空気循環が期待できます。最近は、見た目と機能性が両立したシーリングファン付きの照明も販売されているため、おしゃれな家にこだわりたい方にもおすすめです。

4.デザイン性の幅が広がる

吹き抜けは自分好みのおしゃれな家の実現にも役立ちます。

天井部分が開けるため、好きなデザインの照明やお気に入りのグッズを吊るせます。また、天井が高くなるので、窓の大きさの自由度も上がり、大きめの窓やそれに合わせた好みのカーテンを取り付けることも可能です。

また、吹き抜けはリビングだけに限りません。玄関やキッチンに設置することで、個性あふれるデザインも設計可能です。自分だけの間取りを探してみてください。

5.同居している家族とコミュニケーションが取りやすい

吹き抜けは空間の断絶を防ぐため、どこにいても家族の気配を感じられたり、姿を確認できたりします。それぞれ別の階にいても話せるため、自然と会話の量も増えることでしょう。

コミュニケーションのハードルが下がり、会話が増えることで、家族の距離が縮まる点がメリットです。

吹き抜けにリビング階段を設置することで、2階に上がる際にはリビングを通るため、意識せずとも顔を合わせる機会を増やすことも可能です。

吹き抜けの4つのデメリット

デザイン性と機能性を兼ね備える吹き抜けですが、利点ばかりではなくデメリットも存在します。

  1. 光熱費が高くなりやすい
  2. 音やにおいが伝わりやすい
  3. メンテナンスが大変
  4. 2階以上の床面積が狭くなる

吹き抜けは後から作ったり、なくしたりするには大きな工事となるため、費用も時間もかかります。慎重に判断するためにも、メリット・デメリットの双方をきちんと把握した上で検討してみてください。

1.光熱費が高くなりやすい

吹き抜けを作ると、空気の堆積量が増えるため、冷暖房の効率は悪化します。特に暖かい空気が上に流れてしまう冬場は、部屋が暖まるまで時間がかかってしまい、エアコン代が通常よりも高くなる可能性があります。

また、夏場も天窓からの採光により入ってきた暖かい空気が2階部分にこもってしまうこともあるでしょう。

対策として、シーリングファンやサーキュレーターで空気の循環を促したり、床暖房を設置したりといった方法が考えられます。ただし、最近は断熱性・気密性が向上しているため、住宅性能を上げることで光熱費は抑えられるでしょう。

2.音やにおいが伝わりやすい

1階部分で発生した音やにおいが2階部分まで広がってしまう点もデメリットの一つです。

帰宅時間や就寝時間などの生活リズムが異なる場合、ささいな音でも聞こえやすい分、お互いにとってのストレスになる可能性があります。

また、キッチンで料理した際のにおいは2階まで上がりやすく、いざ寝ようとした際に寝室ににおいが広がっている、ということも発生する可能性があります。

しかし以下のような対策で音・においは軽減できます。

  • プライベート個室には防音対策を施す
  • 吸音材を設置して音が響きづらくする
  • 消臭効果のある壁紙を設置する
  • 換気力の強い換気扇を設置する
  • キッチン上は吹き抜けにしない

などが存在します。住み始めてから設備を追加する場合、手間も時間も費用もかかるため、事前に生活スタイルを慎重に検討しておきましょう。

3.メンテナンスが大変

吹き抜け部分の掃除や電球交換などのメンテナンスに手間がかかる点もデメリットです。高い場所にあるため、はしごや足場を組んでの手入れが必要です。場所によっては危険な作業になるため、自分では対応できず業者に依頼しないといけない可能性もあります。

ただし、吹き抜け部分の手入れをしないと、ほこりが溜まってしまったり、結露によるカビが発生したりして、快適に暮らせなくなります。

業者にメンテナンスを依頼する費用を事前に計算に入れておくか、自分たちでメンテナンスがしやすいように間取りを工夫することが大切です。

4.2階以上の床面積が狭くなる

2階部分の床面積が減り、部屋数や収納部分が少なくなることが考えられます。事前に必要な部屋数や収納スペースを整理した上で、吹き抜けの設置を検討しましょう。

その際には、ライフスタイルの変化も加味しておくことが大切です。

また、限られたスペースを有効活用する方法として、

  • スキップフロア(中2階)の設置
  • 階段下スペースの活用
  • 高さを活かした収納スペースの設置

などが考えられます。ちょっとした工夫で、十分な収納と吹き抜けが両立する可能性もあるため、諦めずに施工会社の方に相談してみてください。

失敗しない吹き抜けにするための5つのポイント

吹き抜けのメリットを活かし、デメリットを消すような工夫をすることで快適な暮らしが実現します。検討すべきポイントは以下の5つです。

  1. 断熱性・気密性の高い家にする
  2. キャットウォークを設置する
  3. スキップフロアを活用する
  4. 換気性能の高い設備やシーリングファンを導入する
  5. 照明はこだわって選ぶ

予算やこだわりと合わせて、快適で自分らしい家にしていきましょう。

1.断熱性・気密性の高い家にする

最も重要な点は断熱性・気密性を高くすることです。吹き抜けは、空間が広い分、冷暖房効率が落ちてしまいます。特に暖かい空気が上に行ってしまう冬場は、寒いと感じる方が多くいます。

快適に生活するためには、心地の良い室温を維持することが欠かせません。暖かい温度を維持するためには「空気を早く暖めること」と「暖まった空気を外に逃がさないこと」が必要です。

エアコンの位置や性能を調節し、暖かい空気が下に降りてくるような空調設備をつけることで、空気を早く暖められます。

暖まった空気を外に逃さないためには、住宅性能の高さが重要です。断熱性・気密性を高めることで、外の気温の変化を受けづらく、暖まった空気を外に逃さないため、一度心地の良い温度になればそれを維持できます。

住宅性能を上げる分、初期費用は高くなります。しかし、冷暖房のランニングコストは抑えられるため、長い目で見れば安く住む可能性が高いです。費用計算の際には、長期的な目線で計算するようにしましょう。

2.キャットウォークを設置する

メンテナンスしづらいというデメリットを解消するためには、キャットウォークの設置がおすすめです。キャットウォークとは、高所に設置された足場のことを指します。

小中学校の体育館にある窓の近くに、足場がついているのをみたことがありませんか。家につける場合、少し形状は変わりますが、似たような形状や機能を持ちます。

キャットウォークを設置することで、結露しやすい天窓の掃除や届きにくい電球交換や掃除が安全かつ簡単に行えます。長期的に住むことを考えている場合、メンテナンス費用を浮かせる点は大きなメリットになるため、ぜひ検討してみてください。

3.スキップフロアを活用する

吹き抜けによる2階部分の床面積の減少は、スキップフロアの設置で解消可能です。スキップフロアとは、1階と2階の間に設けられた中間階のことで、中2階と呼ばれることもあります。

スキップフロアをワークスペースや書斎として活用することで2階が1部屋減っても問題ありません。、1階部分のリビングや2階部分のどちらともコミュニケーションが取りやすい、繋がりのある家も実現可能です。

また、床面積を増やす点では3階建てにすることも考えられますが、スキップフロアの方が費用が抑えられます。予算に合わせて検討してみましょう。

4.換気性能の高い設備やシーリングファンを導入する

におい対策と暑さ・寒さ対策に欠かせないのが換気設備やシーリングファンです。

吹き抜けにする場合、1階で発生したにおいが2階に上がりやすいです。特に料理のにおいなどは、くつろぐスペースにあると気になってリラックスできない、なんてことにもなりかねません。空気がこもりやすい分、換気設備はこだわって選びましょう。

また、夏は熱い空気が上に溜まってしまいます。リビングで過ごしている際は快適でも、いざ2階の寝室に向かうと暑くて眠れない、ということも発生しやすいです。空気を循環させるためにもシーリングファンを設置するか、排気機能に優れた換気設備で、熱い空気を外に逃すようにすると快適な生活が送れますよ。

5.照明はこだわって選ぶ

天井が高い吹き抜けで最も目につく部分が照明です。毎日見る部分なので、ぜひともこだわりたいところ。吹き抜けにおすすめの照明器具は以下の3つです。

  1. ペンダントタイプ
  2. 間接照明
  3. 照明器具付きシーリングファン

天井から吊り下げるペンダントタイプの照明は種類が豊富なため、自分好みのものが見つかります。形や色はもちろんのこと、コードの長さも調節できるため、デザイン性も抜群です。

間接照明は、床に置くタイプや壁につけるタイプなどがあり、用途に合わせて選べる点がメリットです。日が落ちかける夕方や寝る直前など、部屋全体の電気は不要でもちょっとした灯りが欲しい時に活躍します。

また、吹き抜けに欠かせないシーリングファンに照明器具をつけることもおすすめです。手入れの手間が減るだけでなく、セット買いで費用が抑えられる点も特徴です。

後から照明器具を変えるとなると手間がかかります。後悔のないよう、自分好みの照明を探してみてくださいね。

後悔を防ぐ!いいとこ取りなハーフ吹き抜け間取りがおすすめな3つの理由

近年、吹き抜けのメリット・デメリットをいいとこ取りした、ハーフ吹き抜けが人気です。ハーフ吹き抜けとは、通常の吹き抜けと異なり、2階部分の全てを吹き抜けにせず、半分だけを吹き抜けにした間取りを指します。通常の1階の1.5倍程度の高さが一般的であり、リビング・ダイニングの上部に設置されることがほとんどです。

ハーフ吹き抜けの特徴は以下の通りです。

  1. 床面積を広くできる
  2. 寒くなりにくい
  3. メンテナンスがしやすい

吹き抜けの設置で悩んでいた方は、ハーフ吹き抜けも選択肢に入れて検討してみてください。

1.床面積を広くできる

ハーフ吹き抜けの最大のメリットは天井までの吹き抜けと異なり、2階部分の床面積を損なわない点です。2階に少し床の高い部屋ができるため、収納スペースや部屋数に悩むこともありません。

屋根裏部屋のような形にして、書斎やワークスペースや、子供の遊び場として家族の交流スペースとしての活用が考えられます。開放感は欲しいけど、床面積も確保したい、という方にはぴったりです。

2.寒くなりにくい

天井高が吹き抜けと比較して低い分、空気の容積量が減るため、冷暖房効率が上がります。特に暖かい空気が上に逃げてしまう冬場の寒さを軽減できる点はメリットでしょう。

エアコンやシーリングファンを上手に組み合わせることで、通常の家と変わらない光熱費で快適な暮らしを送れます。

3.メンテナンスがしやすい

安全で費用を抑えてメンテナンスができる点も特徴です。

吹き抜けの場合、手が届かない場所にある電気交換やほこり取りは業者に依頼するしかなく、定期的にメンテナンス費用がかかります。また、自分たちで実施するとしても大きなハシゴが必要で、手間はもちろん危険性も伴います。

ハーフ吹き抜けであれば、手が届く範囲に電球やエアコンを設置できます。安心してメンテナンスを実施できるため、ランニング費用がネックだった人も安心です。

吹き抜けのメリットを活かした間取りの成功例3選

吹き抜けを上手に活用することで、理想の暮らしが実現できます。さまざまな成功事例がある中で、3つ紹介します。

  1. リビング吹き抜け×階段で家族団らんのしやすい家
  2. 玄関吹き抜けで明るい印象の家
  3. 2階部分の吹き抜け×天窓で光が入る暖かい家

自分が吹き抜けのある家に住んだらどんな暮らしをしたいか、を想像しながら読んでみてください。

1.リビング吹き抜け×階段で家族団らんのしやすい家

引用元:ブルーの塗り壁と造作が映える吹抜けのある家。最短距離の家事動線は共働きに大助かり!

吹き抜けで最も人気な間取りが、リビング吹き抜けと階段の組み合わせです。1階と2階のつながりである階段を吹き抜けに設置することで、デザイン性と機能性が両立したリビングになりました。階段を通じて2階が見えるため、会話もしやすいです。

また、2階に行く際に必ずリビングを通り、自然と顔を合わせる機会が増えてコミュニケーションも増えます。家族のつながりが強まる家になりそうですね。

さらに、階段下や踊り場を収納やちょっとした書斎や本棚に活用することで、スペースを確保することも可能です。

2.玄関吹き抜けで明るい印象の家

引用元:ステキな吹き抜け玄関:瑞穂市稲里分譲E-3棟

部屋の窓の方角を気にした結果、玄関は光が入りづらい北向きになってしまうことも多々あります。その場合、採光が取りづらいため、少し暗い印象になりがちです。

そこでこの間取りでは、玄関の上側を吹き抜けとすることで自然な明るさへと変化させています。

高い天井は開放感を与える効果もあります。来客時に必ず通る玄関で、最初に良い印象を抱いてもらえる玄関吹き抜けは近年非常に人気です。

3.2階部分の吹き抜け×天窓で光が入る暖かい家

引用元:限られた敷地に佇む、端正な3階建て。光が差し込み、家族の気配を感じる吹抜け

2階部分の吹き抜けに窓を設置することで自然な光をたくさん取り入れた間取りです。家全体が明るくなり、日中はエアコンなしでも暖かな家が実現するため、光熱費も抑えられます。

空を切り取ったように見えて、青空や星空を家にいながら眺められる点も魅力的ですね。

まとめ

吹き抜けのあるおしゃれな家は、憧れる方も多いです。デザイン性・機能性に優れている吹き抜けですが、一方でデメリットも存在します。

吹き抜けを後から追加したり、無くしたりする工事は大変です。時には建築許可が必要なケースもあります。

そのため、本記事で紹介したメリット・デメリットや工夫点をもとに慎重に検討してみてください。

吹き抜けに対応できるハウスメーカーを探している方は、Webから申し込みできる資料の一括請求をぜひ利用してみましょう。

住みたい地域などの希望を入力すると条件に合ったハウスメーカーが提案されます。そのハウスメーカーに1社ずつ問い合わせしなくても、まとめて資料を取り寄せできる仕組みです。

大きな金額が動くマイホーム作りでは、ハウスメーカー選びにもこだわって計画を進めてくださいね。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /