コンパスホームの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

岩手県盛岡市に本社を構えるコンパスホームは、「いつもの家賃で家が建つ」というCMでも知られる有名ホームメーカー。ローコストなのはもちろん、お洒落で機能的な住まいはまさに理想のマイホームと言えます。

この記事ではコンパスホーム住宅の特徴や性能、価格などのほか、実際にコンパスホームで家を建てた方の口コミも紹介します。ぜひマイホーム建築の参考にしてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

コンパスホームで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

マイホーム建築には大きな決断が迫られます。「本当にこれでいいのか」「理想の住まいになるのか」など、不安は尽きないものです。

まずは実際にコンパスホームで家を建てた方の低評価と高評価の両方を見ていきましょう。

コンパスホームのリアルな悪い評判・口コミ

CMで宣伝されているようにはいかない。結局オプションをつけたり追加工事が発生したりで値段が高くなる。いろいろなホームメーカーや工務店、実際に家を建てた人などに聞いたり、相談したりしたほうが良い。

2年の間に担当の営業者が4人変わった。アフターサービスの引継ぎや大切な連絡も適当。

低コストの割に家はしっかりしているが、営業担当などのスタッフは契約が済めば知らぬ顔で、対応が良くない。

コンパスホームのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

引き渡しから半年で建具の一か所に不具合が出て、床鳴りするところも出てきたため連絡したら、しばらくして調節し直してくれた。コンパスホームに特に問題を感じていない。家の構造がツーバイフォーのため、とてもしっかりしている。ローコストメーカーでツーバイフォーはあまりないため、コンパスホームを探すことができて良かった。

ライオン先生

「いつもの家賃で家が建つ」のCMで知られるコンパスホームで家を建て、ちょうど一年が経った。以前の住まいが震災や自然劣化で傷み、建て替え時期が来たため、いくつも住宅展示場をまわり、部屋数の多い間取りとローコスト住宅という点でコンパスホームに決めた。他のハウスメーカーでは、同じ条件の家を同料金で建築するのは難しい。初めての打ち合わせでは、土地の地盤が弱いためまず地盤改良のための基礎工事が必要だと言われ、予想外の出費となったが、長い目で見れば工事をしておいたほうが安心できると思い着工した。建築現場にはなるべく足を運んだほうが良いと聞いていたので何度か見に行ったが、家の基礎ができたと思ったら数日後には家の形になっていて驚いた。大工さんに尋ねると、ほとんどの建築工程は白河の工場で行い、現場ではそれを組み立てるだけだという話だった。少し雑な部分などは指摘したらすぐに対処してくれたため、満足できる家が建った。点検にも頻繁に来てくれて、1年目の時には何時間もかけて細かな部分まで点検してくれ、とても安心できる。建築基準法で義務づけられている換気に関しては、24時間換気システムで湿気もなく、冬の暖房がきいていない状態でも外気温より10度ぐらい暖かい。夏は冷房が必要だが、以前住んでいた家と比べると涼しい。オール電化でも毎月の電気代も1万円ほどで助かっている。コンパスホームで家を建てて良かった。

ライオン先生

引っ越ししてから3カ月になる。家を建てる前にモデルハウスを見学し、とても気に入ったのだが、そのままの雰囲気の家が建ったので良かった。

ライオン先生

3年前にコンパスホームで家を建てて住んでいる。客観的に見ても、一般的なローコスト住宅のメーカーより建物がしっかりしている。デザインはシンプルだが、外装材に金具を使用し、断熱材やサッシもしっかりしていて、ツーバイフォー工法。坪単価は50万円切っているが、仕様は坪単価が60万円の他メーカーの住宅より良い。コンパスホームで家の建築を検討している方は、オプションを付けて断熱仕様とユニットバスを変えると中堅のホームメーカー同等の住まいが建つ。それでも値段がかなり安く満足度も上がる。

ライオン先生

次世代省エネの断熱にしたかったため、どれぐらい追加費用が必要かきいてみたが、予想よりも安かった。

ライオン先生

アパート暮らしが長く、家に合わせた生活をするという意識があったため、どんな家に住みたいかという理想のビジョンがなかった。自由設計の家だったら悩んでいたが、コンパスホームは間取りプランに沿ってアレンジできるためスムーズだった。強くこだわる点はなかったが、通気性の良い家にしたかったので、窓の位置や大きさはかなり検討した。初めは2階に収納スペースはなかったが、いろいろ物を置きたかったので納戸を設けることにもした。このようなリクエストも柔軟に対応してくれて助かった。

ライオン先生

営業担当の良し悪しは人によるが、自分の担当者はしっかりしていて自宅購入の後もいろいろフォローしてくれる。大手住宅会社で建てた友人は、アフターサービスが良くないと言っていた。やはり会社の名前ではなく、担当者によるのだと思った。

ライオン先生

自分の営業担当者は、3カ月点検などにも点検スタッフと一緒に来てくれる。アフターサービスは悪くない。

ライオン先生

結露や湿気が気になる人は、サッシがいろいろなオプションで選べるので、仕様をアップするのがおすすめ。実際のところそんなに高くはならない。

ライオン先生

正直なところ期待はしていなかったが、現物を見学したらさほど悪くない。営業担当者がツーバイフォー工法のメリットを一生懸命に説明してくれるのがおかしかったが、それぐらい自社商品が好きなのかと好印象だった。とりあえず地震に強い家ということだけは間違いないので、コンパスホームに決めた。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

コンパスホームの特徴を項目ごとに紹介!

低コストで良い家が建つのならば、すぐにでもコンパスホームにお願いしたいところですが、まずはコンパスホーム住宅にはどんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

価格帯・坪単価

「いつもの家賃で家が建つ」とCMでも言われているように、コンパスホーム住宅はローコスト。住宅建築に必要な資材を一括購入することで価格を安く抑え、現場の段取り、施工工程の効率化などを図ることで経費も削減しています。

その結果、高品質ながらも低価格で住宅建築が可能になり、坪単価も30万円台から選択可能。住宅プランは平屋タイプで1,108万、3~4LDKタイプでも1,288万円という、驚きの価格帯も魅力です。

デザイン性

コンパスホーム住宅の最大の魅力でもあるのが、豊富なデザインパターン。

平屋スタイルから4LDKの約150プランから間取りタイプが選択でき、さらに外壁はシンプルナチュラル・プレーリー・カントリー・モダンスタイルの4種類から、内装はスタイリッシュモダン・ナチュラルベーシック・カジュアルシンプル・フレンチカントリーの4種類から選択可能です。

豊富なプランやパターンを組み合わせることで、自由設計よりも簡単に理想の家づくりを実現することができます。

耐震性

地震国日本では、いつどこで起きるか分からない地震の心配が尽きることはありません。

家族全員が安心して住める家づくりには高い耐震性が求められるからこそ、コンパスホームでは6面で地震の揺れを分散させる耐震性に優れたツーバイフォー工法を採用。

構造躯体の接合はJIS規格にそった特殊な釘ネジや金物を使用し、目に見えない細かな部分まで高い耐震性が配慮されています。1984年の創業から、地震による自社建築住宅の全壊・半壊は一切ないという、高い実績もあり、家具の転倒率も低いため二次被害も防ぐことができます。

さらに火災が起きても燃え広がりにくい構造になっているので、予期せぬ災害にあっても、被害を最小限に抑えることができる、安心住宅です。

断熱性・気密性

コンパスホームが得意とするツーバイフォーは、もともと寒さの厳しい北米で生まれた工法なため、暖かい室内を保つのにかかせない高い断熱性を持ち合わせています。

ツーバイフォーは面を組み合わせた、いわばシェルターのような作りで、床・壁・天井を隙間なく結合することで気密性が高くなり、冬の冷気や夏の熱気が室内に入り込むのを防ぎます。

さらに断熱材を隙間なく均等に施工することで、室温を快適な温度に保つため、省エネ効果も期待できます。

保証・アフターサポート

安全で快適に暮らせる住まいを維持するために、細かな項目に分かれている点検チェックシートを用い、引き渡しから3カ月目、1年目、2年目に専門の技術員が定期点検を行います。

また住宅に不具合が生じた時の修補を保証する「10年間住宅瑕疵担保責任保険」に加入。保証とアフターサポートもしっかりしているので、何かの時にも安心です。

工期

学校進学や転勤など、決まった日程で引っ越しが必要な場合もありますが、コンパスホーム住宅は、それぞれの計画に合わせて引き渡しが可能。

着工から60日で完成、引き渡しまでは15日と、業界でもトップクラスの短工期を誇ります。

工務店などへ下請けに出すこともなく、全て自社施工のため、パネル製造から現場段取りまでがしっかり管理され、高品質を保ちながらも効率良く施工を進めます。

構造・工法

ローコストでも安全で快適な住宅を実現するため、さまざまな構造や工法が用いられています。

ツーバイフォー工法

耐震性が強いことでも知られているツーバイフォーですが、その安全性はRC・鉄鋼住宅のおよそ4倍、木造住宅と比べると8倍。床・壁・天井といった6つの面で地震の揺れを受けて分散させるため、住宅にかかる負荷を軽減させることができます。

ファイヤーストップ構造

壁や上階の床内部は火災が起きた時の火の通り道となりますが、コンパスホームの床根太や枠組材は、一般的な木造住宅と比べて2倍の密度があるため火が燃えにくいのが特徴。

さらに室内の内壁に石こうボードが組み込まれていて、火災が起きて火の気にさらされるとおよそ20分間水蒸気を放出し、火の燃え広がりを防ぐことが可能です。

耐火性能の高いコンパスホーム住宅は、火災保険の付加保険料が一般的な木造住宅の約半分と、その優れた性能は公的機関にも認められています。

吊り天井工法

通常のツーバイフォー住宅の遮音性をさらにアップさせるため、コンパスホームでは一階天井と二階床を分離させた構造を用いています。そのため上階の足音が下階に響くことがなく、静かで快適な空間を実現させることに成功しました。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

コンパスホームをおすすめしたい人はこんな人!

コンパスホーム住宅は、いろいろな生活スタイルに合わせることができる、豊富な間取りプランが魅力です。

シンプルな平屋プランは、家事がしやすいコンパクトな間取りや夫婦2人で充実した毎日を過ごしたい方に最適で、コンパクトな間取りのプランはディンクスや小さな子供がいる夫婦におすすめ。

将来的に家族を増やしたい方には、各部屋十分な広さを確保した間取りプランが人気で、こだわり収納や広々とした空間を求める方には、広めのLDKや寝室を含め収納スペースも多いプランがあります。

コンパスホーム住宅は、希望に合わせてプランを選べるため、さまざまなタイプの方におすすめできる住まいです。

コンパスホームで注文住宅を建てる時の5つのステップ

コンパスホームで家を建てる時、実際にどのような工程を経て家の引き渡しとなるのでしょうか。それぞれステップごとに見ていきましょう。

①問い合わせ・情報収集

まず、いろいろな住宅情報を集めて、どんなマイホームにするのかを検討。

コンパスホームのホームページには、実際に建てた家の実例や家を建てた方の声などが掲載されているので、理想のマイホームのイメージづくりの参考にもなります。

またイベントや見学会に足を運ぶのもおすすめ。好みのスタイルやデザイン、予算などについてじっくり打ち合わせをし、それぞれにあったプランを作成します。

土地がまだ見つかっていない場合は、土地探しも相談可能です。

②相談・申込・契約

具体的にどの間取りプランにするかなど、詳細を決め、住宅建築の申し込みをします。

源泉徴収票、自動車運転免許証、保険証などのコピーが必要になりますので、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

住宅ローンを組む場合は、支払い可能金額をもとに銀行からの借入金額を算出。毎月の支払が無理なく行えるよう、土地や建物、諸経費など全ての資金計画を立てます。

プランや金額に問題がなければ同意・調印を済ませ、施工に入ります。

③調査・詳細の打ち合わせ

建築予定の土地の地盤調査を行い、状態によっては地盤改良工事を行います。同時に家の仕様や室内設備、照明器具、カーテンなど、細かな部分も打ち合わせをして決めていきます。

④申請手続き

建築予定の市町村の担当窓口で、建築確認の手続きを済ませます。また銀行ローンの借入れ金額を決め、借入れ年数や金利などの詳細を決めて申込。

土地の決済後、地縄張りの立ち合いをし、実際に建物や車庫、玄関などの位置を確認します。

⑤着工・引き渡し

着工から引き渡しまでは約2.5カ月を要し、その間は何度か立ち合い検査を行います。着工とともに着工金の支払いを済ませ、上棟のタイミングで中間金を支払います。

完成後には役所の建築主事宛に工事完了届を提出し、検査を受けた後「検査済証」を受けます。

その後、住民登録、印鑑登録、新居の不動産登記などを済ませ、引き渡し時金を清算し、マイホームの引き渡しとなります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

コンパスホームの会社情報

徹底された品質管理とローコストが魅力のコンパスホームは、どのような会社なのでしょうか。

簡単に会社情報をご紹介します。

コンパスホームの会社概要

会社名 日本住宅株式会社
本社所在地 岩手県盛岡市津志田中央1-3-28
電話番号 019-638-0511
問い合わせ番号 019-632-1151(コンパスホーム事業部)
営業時間 10:00~19:00(火曜・水曜定休日)
設立 1984年4月
代表者 代表取締役社長 滝村照男
資本金 9,030万円

コンパスホームが注文住宅に対応しているエリア

コンパスホームは、東北・北海道エリアを中心に施工をしています。

このエリアの「賃貸住宅着工数ランキング」では14年連続で1位を獲得。素晴らしい実績と信頼があるからこそ、安心して大切なマイホーム建築を任せることができます。

まとめ

「いつもの家賃で家が建つ」という、夢のような話が実現できるのがコンパスホーム。ローコストながらも高品質で、豊富な間取りプランから選べる理想の住まいづくりが実現できます。

「マイホームを建てる余裕がない」とあきらめている方も、ぜひ一度コンパスホームの見学会に足を運んでみてください。

うちハピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /