【那覇市編】注文住宅におすすめのハウスメーカー・工務店7社を厳選 ローコスト住宅や住宅展示場も徹底解説!

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

「子供ができたから、今よりも広い家に住みたい」「予算内で素敵なマイホームを購入したい」

ライフスタイルの変化と同時に、そろそろ自分たちの家を購入したいと考える方も多いのではないでしょうか。

マイホームの購入を考えたときに、「那覇市で家を建てたいけれど、どこに相談に行けばよいの?」「自分たちの理想の家を建てられるハウスメーカーはあるの?」と悩む方もいるのではないでしょうか。

ハウスメーカーや工務店はたくさんありますが、どのハウスメーカーが良いのか悩んでいるという方のために、那覇市で注文住宅を建てるのにおすすめのハウスメーカー・工務店を厳選して解説していきます。

また、解説に入る前にこれからマイホームを計画しているあなたに向けて、家づくりを失敗させないための1番重要なことを伝えさせて下さい。

それは、マイホーム建設予定の地域に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これ、多くの人がよく考えずに済ませがちですが、実は土地探しや資金計画よりも優先度の高いプロセスなのです。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきますよ。

また、より多くの住宅メーカーカタログが欲しいというあなたには、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです!

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いですよ。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

那覇市の坪単価相場~那覇市で注文住宅はいくらで建てられる?

まず気になることと言えば、どのくらいの金額で家を建てることができるのかということではないでしょうか。
那覇市で注文住宅を建てる費用について紹介します。
各社仕様などそれぞれですが、大手ハウスメーカーでは坪単価70~80万円、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーでは坪単価55~60万円、工務店では60~65万円、設計事務所では65~70万円が相場のようです。

那覇市でおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング4選

全国に店舗を展開する大手のハウスメーカーや、地元密着型の工務店など、住宅会社はたくさんあって、いきなりひとつに絞るのは難しいです。
自分たちの理想の家を家族で相談し、イメージを具体的に決めて、理想に合った家を建てられるハウスメーカーを比較するのがおすすめです。
そこで、那覇市でおすすめのハウスメーカーや工務店を紹介します。

1.タマホーム

皆さんCMなどで、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。
全国に店舗を展開するタマホームです。
タマホームでは、「タマストラクチャー」といって、国産木材にこだわり生産や管理をする流通システムを構築して、安定した価格で注文住宅を提供しています。

特徴

タマホームの家の特徴は、オール電化を標準装備していることです。
それにより、家事を楽にして、家計にも優しいというメリットがあります。
また、実大震動実験を行って、耐久性や耐震性に優れた家を実現しています。

口コミ・評判

「値段の割に品質が良くてコスパが良かった」
「デザインや仕様などのバリエーションが多くて、プランをいくつか準備してくれた」
など、コストパフォーマンスが優れているという良い評判が多く、若年層に人気があります。

2. リード・アーキテクト

リード・アーキテクトは、京都にあるハウスメーカーですが、那覇市に沖縄営業所があります。
「健康住宅で、暮らしを変えよう。」というコンセプトをもとに、アレルギーやシックハウス対策に優れた家を手がけています。

特徴

天然素材や自然素材、無垢建具にこだわって、調湿機能や断熱性能に優れているのが特徴です。
生涯を通じて安全で安心して暮らせる住環境を維持できます。

口コミ・評判

「無垢材と漆喰の特性を生かした家で、快適なだけでなくて、生活臭もほとんど気にならない」
「健康に配慮した家づくりにこだわっているのは魅力的でしたが、そのために設計上の制約が多くて希望が通らないことも多かった」
と健康に配慮しているというこだわりには高評価が多いです。
だた、そのこだわりゆえに希望が通らなかったという意見も少しありました。

3.プレステージホーム

プレステージホームは那覇市にあるハウスメーカーです。
アワセベイモデルハウスがありますが、心地よく広がる構造の大空間で、外観もおしゃれなモデルハウスなので、見学に行くのもおすすめです。

特徴

プレステージホームの家は長期優良住宅の基準を超える、最高等級品質です。
オリジナル建築工法の「パワービルド」を採用していて、機能性に優れています。

口コミ・評判

「日当たりと風通しを活かした設計で、エアコン1台で快適に過ごせる」
「スペイン瓦のデザインがとても素敵です」
と機能性と、外観のデザインに高評価がおおいです。

4.イー・フレス株式会社(旧アースティック那覇)

こちらも那覇しにあるハウスメーカーです。
「進化し続ける 時代と地域に合った木造住宅」というコンセプトで家づくりをしています。

特徴

イー・フレス株式会社の家は、木造軸組工法NEO-BASICⅢを組み合わせたハイブリッド工法で、耐震性や耐久性に優れています。

口コミ・評判

「コストパフォーマンスがよかった」
「限られた予算の中で、色々工夫してアドバイスをくれた」
「スタッフの方の提案力が良かった」
とコストパフォーマンスが優れている点や、スタッフの対応に高評価を得ています。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

那覇市でローコスト住宅が建てられる人気ハウスメーカー・工務店3選

家を建てる特に予算を気にする方も多いかと思います。
予算があまりないけど、マイホームを手に入れたいという方のために、那覇市でローコスト住宅を建てられるハウスメーカーを紹介します。

1.株式会社スタジオ・チッタ 那覇スタジオ

千葉県に本社があり、那覇市に沖縄支店である那覇スタジオがあります。
予算に合わせた提案ができるのが強みで、2階建てで標準面積29坪までの家で本体工事1,500万円(税別)で家を建てられます。

特徴

スタジオ・チッタの特徴の一つに、オリジナリティが高いということがあります。
オーダー家具の製作もしています。
また、建築士一緒につくるデザイン住宅は、住み心地にも配慮したデザインの優れた住宅になります。

口コミ・評判

「自分たちでは思いつかないアイデアをたくさん出してくれて、理想の家になった」
「とてもおしゃれな家になった」
とデザイン性の高さが好評です。

2.飯田産業

飯田産業は、全国に店舗を展開するハウスメーカーで、那覇市にも沖縄店があります。
飯田産業の注文住宅は、価格が明確で、家づくりに必要な総額をはじめから提示して、後から追加がないので、安心して任せられます。
また、過剰な宣伝広告費などの経費を抑えることで、適正価格で注文住宅を建てることができます。

特徴

飯田産業の家の特徴は、耐震等級3取得のI.D.S工法で、耐震性や耐久性が優れているので安心できるということと、スケルトンインフィルを採用しているので、ライフステージの変化によって間取りなどのリデザインが変更できるということです。

口コミ・評判

「価格が安く予算内におさまった」
「耐震性がしっかりしていて安心できる」
「値引きに応じてもらえた」
など、価格の安さや住宅性能において、高評価なようです。

3.幸健ホーム

幸建ホームは那覇市にあり、自然素材を使った安心安全な家を建てることができます。
様々なプランがある中で、レンガの家は74.1坪で2,280万円と非常にローコストで家を建てることができます。

特徴

幸建ホームには、木造づくりの家、自然素材の家、レンガの家など様々なプランがあるのが特徴です。
自分たちにあったプランが見つかるかもしれません。

口コミ・評判

幸建ホームの口コミや評判は現在のところ見つかりませんでした。

那覇市でおすすめの住宅展示場一覧

どこのハウスメーカーで家を建てるか、なかなか決められず悩んでいるときは、住宅展示場で、実際にどのような家が建てられるか見学に行くのもおすすめです。
調べているだけではわからないことも実際に肌で感じると、家のイメージも湧きやすいです。
沖縄県には、いろいろなハウスメーカーを見学できる総合住宅展示場は沖縄市にある「新報ハウジングパーク・アワセベイ」だけのようです。
総合住宅展示場ではありませんが、那覇市にある住宅展示場を紹介します。

【展示場名、 所在地 、展示棟数】

  • 那覇新都心住宅展示場  沖縄県那覇市銘苅2-11-17 1棟
  • タマホーム沖縄株式会社新都心展示場  沖縄県那覇市おもろまち3丁目6−30 1棟
  • グランシャトレ首里クレスティヒル  沖縄県那覇市首里山川町1丁目91−1 1棟

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

那覇市で家を建てるなら確認しておきたい事

家を建てる前に、那覇市で生活していくうえで確認しておきたいことをまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

那覇市の住みやすさ・気候・住環境

那覇市は、沖縄県南部に位置し、人口約32万人の市です。
沖縄県の中心地で、県庁などの行政機関が集まっており、市の中央の平野から丘陵にかけて住宅街が広がっていま。
世界遺産に登録される「識名園」や中国庭園「福州園」などもあり、散策を楽しむこともできます。
他には、市内を流れる国場川の両岸に広がる「漫湖公園」や、ビーチもある「波の上うみそら公園」などの公園も豊富です。
那覇市の中心部には「国際通り」や、おもろまち駅を中心とした那覇新都心には商業施設がたくさんあり、お買い物スポットとしても人気です。
交通の面でも、沖縄都市モノレールや琉球バス交通などの路線バスも運行しています。

また、那覇空港や那覇港が整備されています。
那覇市の気候は、四季を通じて平均気温22℃、平均湿度が77%で、春や秋の気候はあまりはっきりしておらず、気温30度前後の蒸し暑く長い夏と気温16~17℃の暖かく短い冬に分けられます。
春から夏にかけては雨量が比較的多く、夏から秋には毎年数個の台風が来襲します。
そのため、暑い夏を快適に過ごせる断熱性能に優れた家や、台風がきても安心できる災害に強い家を建てるのがおすすめです。

那覇市のハザードマップ

那覇市で暮らして、もしも災害などあった時に、避難できる場所はあるのかな?という不安もあるかもしれません。
そこで、那覇市のハザードマップを紹介します。
参考にしてください。
那覇市防災マップ
那覇市防災マップが新システム「なはMAP」

那覇市で新築戸建てを建てると使える補助金・制度

新築を建てる時は、一定の条件を満たすと補助金を受け取れることを知っていますか。
住宅購入には何かとお金がかかるため、受けられる制度があれば活用しましょう。
そこで、補助金や減税制度をご紹介します。
申請には期限があるものもありますので、期限を過ぎてしまわないよう、チェックしておきましょう。

住まいに関する補助金はいくつかありますが、その中で新築住宅購入時に利用できる制度は、「すまい給付金」「地域型住宅グリーン化事業」「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金」「エネファーム設置補助金」「自治体の補助金制度」の5つありますが、那覇市では自治体の補助金制度で使えるものが現在ないようなので、那覇市で使えるものは4つになります。
それぞれの補助金について、少し掘り下げて紹介します。

すまい給付金

すまい給付金は、住宅取得の際に、購入者が支払う消費税の負担を軽減するものです。
給付対象者の条件は、世帯年収が一定額以下ということと、2021年12月までに新築住宅の引渡しと入居が完了した人です。
給付額は最大50万円です。
収入や不動産の持分割合に応じて決まります。
申請は入居後から可能で、給付金を受け取れる期限は住宅の引渡しを受けてから1年3ヶ月以内となっています。

地域型住宅グリーン化事業

省エネ性能や、耐久性能に優れる住宅を建てた中小工務店に対して、建築費用の一部を補助するという制度です。
補助金の上限額は、110万円~140万円で、さらに住宅の過半数で「地域材(その土地でとれた木材)」を使用した住宅には上限20万円、三世代同居対応住宅の要件を満たした住宅には上限30万円の加算があります。
国土交通省の採択を受けた施工会社に住宅の建築を依頼し、一定の水準を満たした木造住宅を建てると、補助金が支払われるという仕組みで、申請は工務店が行います。
住宅の取得者には、工務店を通して補助金が還元されます。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金

こちらは、国の基準を満たした「ZEH住宅」を建てると受け取れる補助金です。
ZEH補助金の対象は、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つの“ZEHの基準”を満たす住宅を、建築または購入するか、基準に適合するように改修した場合です。
補助額は60万~115万円です。
さらに、家庭用蓄電池や太陽熱利用温水システム、停電自立型燃料電池を導入したZEH住宅には、4万~60万円の加算があります。
こちらの補助金の申請は先着順になっています。
公募期間中に応募しないと対象とならないので、注意が必要です。
また、申請金額が予算に達した場合には、公募期間中でも終了となってしまったり、申請期間前に書類が到着した場合も受理できない決まりになっているので、公式サイトで最新の情報をチェックすることをおすすめします。

エネファーム設置補助金

家庭用燃料電池を住宅に導入する場合に、購入費用の一部を補助する制度です。
補助金は最大で4万円です。
設置場所がマンションだったり寒冷地仕様の機器だったりすると、要件を満たすごとに3万円加算されます。
補助金の応募には、「日本国内に在住していること。」「自ら補助対象経費を支払うこと。」「補助対象システムに対する他の国庫補助金等を受給しておらず、また受給の予定もないこと。」「補助対象システムを補助事業完了日から6年間以上継続して使用できること。」という要件をすべて満たすことが必要です。
また、この補助金は地域型グリーン化事業やZEH補助金との併用はできないので、どの補助金を使うのが良いか検討することが重要です。

ハウスメーカー・工務店選びで大事なポイント3つ

ここまで、那覇市でおすすめのハウスメーカーや工務店について解説してきましたが、自分たちに合ったハウスメーカーや工務店を選ぶためのポイントも紹介します。

1.ハウスメーカーと工務店の違いを知る

ところで皆さんハウスメーカーと工務店の違いをご存じでしょうか。
それぞれにそれぞれの良さがあるので、まずはハウスメーカー、工務店のそれぞれの特徴を解説します。
まず、企業規模と施工エリアについてです。
ハウスメーカーは、全国や広いエリアに支社や支店などの営業拠点があり、施工エリアも広いです。
工務店は、ハウスメーカーと比べると小規模で、施工エリアも地域密着型です。
プランの自由度は、工務店の方が高く、希望の設備や内装、間取りを実現しやすいです。
ハウスメーカーには、家族構成やライフスタイルに合わせたバリエーションが用意されているが、プランや設備に制約がある場合が多いです。
施工の精度については、ハウスメーカーは建築部材を工場生産する割合が高いので、均一な品質が保たれやすいですが、工務店は現場で施工する職人によって品質が左右される場合があります。
アフターメンテナンスは、ハウスメーカーでは定期点検や無料修理の範囲などが会社によって細かく決められています。
工務店は会社によって対応が違うようです。
このように、それぞれに得意な部分は違ってきますので、自分たちにはどちらがあっているか、家族で良く話し合うのも大切です。
また、会社によっても色々と違ってくるので、複数社を比較していくことから始めると良いでしょう。

2.住宅会社の得意分野を見極める

それぞれの家族によって、建てたい家のイメージは違うと思います。
無垢材をたくさん使った温かみのある家にしたい、一年中快適に過ごせる機能性に優れた家が良い、など希望する家のイメージは様々です。
ハウスメーカーや工務店によって、得意・不得意な分野は必ずあります。
そのため、自分たちのイメージに合った家を得意とする会社を選ぶことが重要です。
たくさんあるハウスメーカーから自分たちの理想を叶える家を建ててくれる会社を選ぶためにも、まずは建てる家の予算や、理想の家に求める条件や希望を家族で相談して書き出しておくのがおすすめです。
その中で、条件に優先順位をつけて、譲れない条件を明確にしておけば、ハウスメーカーを選ぶ際の基準ができます。
そして、ハウスメーカーを選ぶときは、面倒くさくても、住宅会社の情報を収集するようにしましょう。
パンフレットやホームページを見ると、その会社の特徴や得意なデザインなどがわかるので、自分たちの理想に合った会社をいくつか探し、モデルハウスや展示場に見学に行きましょう。

3.担当者との相性も大切

いくつか候補の会社が見つかったら、モデルルームなどを見学して相談しましょう。
この際に、気持ち良い接客か、知識は豊富で色々提案してもらえるかなど、担当者の対応なども見極めることも大切です。
家を建てる際、担当者とは長い時間をかけて一緒に家づくりをしていくことになります。
そんな担当者は、信頼できる人が良いですよね。
自分たちとの相性も大切ですが、自分たちの希望や要望に対して、できることとできないことははっきりさせて、納得できる説明をしてくれるかどうかも大切です。
納得できずそのまま進めてしまうと、後から後悔することもあるので、その点でも信頼できるかどうか見極めるのが大切です。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

まとめ

ハウスメーカーや工務店はたくさんありますが、それぞれに得意な分野が様々なので、自分たちの理想に合った住宅会社を選ぶのが重要です。
まずは、家族で理想を話し合い、イメージを決めてから、それにあったハウスメーカーを探していくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /