第一住宅の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

夢のマイホームを建てるならば注文住宅を建てたいと思っている方は少なくありません。

注文住宅を建てるときにこだわりたいところは、デザイン、間取りと様々ですが、その中でも快適に過ごすことができる「住まいの性能」にこだわりたいですよね。

冬の寒い時期、夏の暑い時期でも家の中の温度は快適を保つために大切なのが、気密・断熱性能。

栃木県に会社を構える第一住宅では、高気密・高断熱な住まいを建築家と建てる、そんな特徴をもったハウスメーカー。

お客様に世界で一つのマイホームを提供する、デザイン、性能にこだわった住まいづくりを行っています。

ここでは、第一住宅の特徴、強み、口コミなどを詳しく紹介していきます。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

第一住宅で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

実際に第一住宅で注文住宅を建てた方のリアルな声は、住まいづくりにとても参考になります。

ここからは、第一住宅の口コミ・評判を良い面、悪い面、両方から見ていきましょう。

第一住宅のリアルな悪い評判・口コミ

デザインもいいし、間取りや性能もかなりこだわって作ったので、完成した住まいには大満足しています。ただやっぱり、予算以上の価格になってしまったので、これからがちょっと心配です。あとは、定期点検の数を増やしてほしいと思いました。

私たちは住まいづくりにこだわりがあったので、標準仕様ではなくいろいろオプションを付けたのですが、最終的にはかなり高額になった。標準仕様内でおさめるところはおさめておいた方がいいと思う。建築家の方が親身になって話を聞いてくれたのが良かったですが、打ち合わせの回数が決められていたのが残念。

第一住宅のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

建築家と造る家というコンセプトが気になって、モデルハウスの見学会に参加しました。デザイン性が高く、おしゃれな住まい、断熱性・気密性能の高さにこだわった住まいづくりをしている会社だと思います。住まいのデザインは、あまりこだわりがなく、性能を重視していたのですが、建築家の方が素晴らしいデザインを提案してくれて、私たちの要望にあっていると感じました。趣味やライフスタイル、将来設計から、好みに合ったデザインを提案してくれるのはさすがにプロの技術ですね。ヒアリングに時間をとってくれて、細かい要望まで聞いてくれて大満足の住まいができました。

ライオン先生

今まで住んでいたアパートは、とにかく冬の寒さがきつくて、隙間風もありエアコンが効かない住まい。部屋が少ないのに、エアコンが効かないので各部屋につけていましたし、光熱費もかなり高額でした。マイホームを建てようと思ったときにまず、気密性、断熱性能にこだわりたいと実感。後はデザインが建売のようによくあるタイプではなく、自分たちだけのデザインを希望しました。大手のハウスメーカーを中心にモデルハウスの見学を行っていたのですが、ピンとくるものがなく、そんな中で一番良かったのが第一住宅のモデルハウス。外観デザインの良さ、内装の自然素材などデザインももちろん良かったのですが、気密性と断熱性の高さも魅力的。なるべく日の光を住まいに取り込みたかったので、リビングは吹き抜けにして開放感のある住まいにしました。気密性能、断熱性能、耐震性能など、性能を数値で表示してくれるのでわかりやすいし信頼できますよね。実際に住んでみると、冬はとても暖かく、夏は涼しくとても快適に住むことができ、光熱費も抑えられています。

ライオン先生

子供もいなくて夫婦二人暮らしなので、このままマンションでもいいかなぁと感じていたのですが、偶然第一住宅のモデルハウスを見る機会があって、その中の平屋建ての外観デザインが気に入ってお願いすることにしました。外壁には黒のガルバリウムを使用、種類が違う木目の木材を組み合わせることで、とてもアートな外観デザインが完成。間取りは平屋だけれど、高い所から日が差し込む間取り、空間設計をしていただいたので、開放感を感じ、とても住みやすいです。無垢のフローリングは、温かみを感じますし、シンプルですがとてもおしゃれな住まいで、さすが建築家がプランニングしたものだと感じます。一軒家だとマンションよりも気密性が低いかなぁと思ったのですが、第一住宅の住まいは気密性、断熱性能も素晴らしくとても快適。夏は部屋の中に入るととても涼しいですし、冬は足元から暖かくエアコンをつけてもすぐに家全体が温まります。機能的で、デザイン性も高いおすすめのハウスメーカーです。

ライオン先生

モデルハウスで見学した、平屋だけど2階建てという斬新なデザインの住まいが気に入りました。間取りにはかなりこだわりがあって、自分たちなりに書いた図面をもって打ち合わせして、すごくわかりやすく希望通りにしたいと設計士の方にいわれて嬉しかったですね。私たちのプランにさらにプラスアルファのアイデアが沢山の、間取りになったと思います。勾配天井の吹き抜けは開放感が素晴らしいですし、玄関、リビング、ダイニング、間取りも使いやすく考えられていて無駄がありません。回遊性のある設計というらしく、忙しい朝でも家族が混乱することなく準備ができるのでありがたいですね。子供たちの部屋、趣味の部屋、夫婦の寝室など、間取りの作り方も素晴らしく、長く快適に暮らせる住まいだと思います。

ライオン先生

どんな人が来るのかと建築家の方の打ち合わせは緊張していましたが、とても人当たりがいい聞き上手な建築家の方で安心しました。抽象的で理想ばかり話してしまい、わかりにくかったと思いますが、その場で簡単なスケッチを描いてくれたり、私たちの理想を具現化してくれたと思います。また、私たちには思い浮かばないアイデアもたくさん出してくれて、さすがだなぁと思いました。建築家の方がプランニングすると、通常はかなりの価格がかかるのですが、手ごろの価格でやってくれるので嬉しいですね。和モダンなデザインはまさに私たちの好み、間取りもデザインも理想的な住まいです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

第一住宅の特徴を項目ごとに紹介!

第一住宅の住まいづくりを知るには、価格やデザイン、性能など細かく分析することも大切。

第一住宅の特徴や強みを項目ごとに紹介します。

価格帯・坪単価

坪単価約60~80万円

デザイン性

第一住宅の作る注文住宅は機能性が高いだけではなく、デザインの良さでも人気のポイント。

流行を追っただけのデザインではなく、住む人に寄り添った飽きのこないデザインを作ります。

第一住宅のデザインでこだわるのは、住まいや建材、素材の質感にこだわった住まいづくり。

異素材を組み合わせて作るデザイン、経年変化を見据えた質感、建築家と造るデザインは客様のニーズに合わせたデザインを可能にします。

和テイスト、自然素材、ガレージ、土間、趣味やこだわりのデザインを実現します。

耐震性

災害にも強い家、耐震性の高さは、住まいづくりの中でとても大切なポイントです。

第一住宅では、耐震性が高くなる設計で耐震等級3を取得。

全棟に構造計算を実施することで、どの家でも安定した耐震性を発揮。

ベタ基礎を標準使用していますので地震に強い基礎作り。

地震の時に負担がかかる梁と柱の接合部分には、金物と筋交いを使用し補強を行い、地震があった時も倒壊、崩壊しない強度を保ちます。

横からの力に抵抗させるためには、厚みのある床下地合板を採用。

剛床工法で、台風、地震に強い住まいを実現しました。

断熱性・気密性

【断熱性】

第一住宅の高断熱の住まいは4つの仕様で作られています。

① 基礎断熱仕様

住まいの基礎は、建物を支える部分としてとても重要ですが、基礎断熱も足元の温度を快適に保つうえでとても大切。

第一住宅では、北海道の厳しい気候にも対応する内張基礎断熱施工を採用。

押出法ポリスチレンフォーム(ミラフォーム)という基礎断熱は、省エネルギーで効果的な断熱材です。

② 壁断熱仕様

壁の断熱材には、フェノールフォーム断熱材ネオマフォームを採用。

フェノール樹脂は世界で初めて、人工的に合成された熱硬化性樹脂。

プラスチックは熱に弱く、熱を受けると溶ける特徴がありますが、フェノール樹脂は熱に強くて、硬化する特徴があります。

地球にも人にも優しい断熱材を使用しています。

③ 天井断熱仕様

天井には、発泡ウレタンフォーム フォームライトという断熱材を採用。

現場にて断熱材を形成、液体状態で天井に塗布する施工方法なので、隙間なく断熱材を施工することができ、断熱性だけではなく気密性も向上します。

④ 樹脂サッシ

窓も断熱性能をアップするにはとても大切な個所。

第一住宅では、Low-Eアルゴンガス入り複層ガラスを採用。

外気を中に入れない、家の中の快適な空気を外に漏らさないことで、断熱効果を発揮。

また樹脂なので、結露を発生させることなく、耐久性もアップさせます。

【気密性】

住まいの隙間が少なくて、熱損失が少ない住まいを高気密な住まいと呼びます。

気密性能はC値という単位で表されていて、第一住宅のC値は0.5 cm2/m2以下。

C値は数値が少ないほど気密性が高いといえるのですが、今までの日本のC値の目標の5.0 cm2/m2と比べるとかなり気密性が高い住まいというのがわかります。

保証・アフターサポート

ハウスメーカーとお客様の本当のかかわりは、住み始めてからスタートと考えている第一住宅。

建てる前、後で対応が変わることなく、保障内容とアフターサポートが充実しています。

  • 引き渡した後3か月後の無償訪問
  • 3年、5年、10年、5年ごとの定期点検が行われ診断報告
  • 着工時に行われる防蟻工事、5年ごとの再防蟻工事と延長保証が行われます。
  • 住宅瑕疵担保赤貧保険10年、工事中に構造等検査5回行われます。
  • 着工前に地盤調査が行われ、地盤品質保証20年
  • 10年間の設備保証が行われます。
  • 緊急時には24時間365日サポートデスクで安心

工期

公式ページに記載なし

構造・工法

木造軸組工法

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

第一住宅をおすすめしたい人はこんな人!

特徴や強みがわかったところで、第一住宅をおすすめしたい人をまとめました。

建築家の方に設計してもらいたい方

第一住宅の強みの一つが、建築家と一緒に住まいづくりができるということ。

通常建築家にデザインや設計をお願いすると100万円単位で設計料がかかりますが、第一住宅は、手が届く範囲での建築家の設計が可能。

施工事例を見ても、デザインのすばらしさ、間取りや空間設計のすばらしさを感じることができます。

断熱性・気密性にこだわりたい方

第一住宅の住まいは断熱性能、気密性能にこだわった住まいづくりを建築家と行います。

気密性は、北海道の厳しい気温に準じた性能。

断熱性は、基礎までしっかりと断熱材で覆う快適な住まいづくりが実現できます。

平屋の住まいを建てたい方

第一住宅の住まいづくりのポイントの一つが平屋の住まい。

土地の気候に合わせた住まいの調和、プライバシーを守る防犯、暮らす人のライフスタイルに合わせて、愛される平屋の住まいを作ります。

平屋でデザイン性が高く、他にはないおしゃれでモダンな平屋づくりが可能です。

第一住宅で注文住宅を建てる時の8つのステップ

ハウスメーカーに頼むのが決まった時に、何から始めたらいいのか、完成までの流れを簡単に紹介します。

① 展示場、見学会に参加

ハウスメーカーを厳選したら展示場や見学会、イベントに参加して実際にハウスメーカーの家を体感しましょう。

第一住宅では見学会だけではなく、建築家の座談会も行われていますので積極的に参加しましょう。

② 相談・ヒアリング

展示場などでハウスメーカーの作った家に興味を持ったら、次は相談します。

どんな間取りにしたいのか、家族構成、将来設計、資金計画など設計士の方がヒアリングしますので、どんな住まいにしたいのか細かく話してください。

③ プランの確認・見積もり

設計士の方がヒアリングを参考に、さらにプロの目線でプランを提案しますので確認してください。

プランがだいたい決まったら、プランをもとに見積もりを提案します。

④ 最終確認・仕様の決定

プランを修正し納得するプランができたら、最終的な確認を行い、仕様のカラー、素材を細かく決めていきます。

⑤ 契約

仕様の決定、プラン、見積もりの最終確認を行い、契約なります。

⑥ 着工

いよいよ工事が始まります。

地鎮祭、基礎工事、棟上げと進んでいきます。

⑦ 引き渡し

工事が終わり、引き渡しの前に検査を行い、不具合がなかったら引き渡し

⑧ アフターサービス

引き渡した後から、お客様との長い付き合いの始まり。

アフターサービスを充実させ、長く快適に住む家をサポートします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

第一住宅の会社情報

第一住宅の基本的な会社情報と対応エリアを紹介します。

第一住宅の会社概要

商号 株式会社 第一住宅
所在地 〒323-0820 栃木県小山市西城南2丁目13-18
連絡先 tel:0285-39-6190/fax:0285-39-6191
代表者 代表取締役 大森 克則
設立 昭和62年3月9日
資本金 20,000,000円
事業内容 土木/建築工事の設計・施工・管理・ならびに監理

第一住宅が注文住宅に対応しているエリア

栃木県全域

群馬県(館林市・太田市の一部・邑楽町・大泉町・羽生市の一部・板倉町)

茨城県(結城市・筑西市・下妻市・桜川市・古河市)

まとめ

栃木県に会社を構える第一住宅の住まいづくりの特徴、強み、口コミなど詳しくまとめました。

建築家と叶える理想の住まいづくりを実践しているハウスメーカーで、自然を取り入れ、性能が高いマイホームを作ることが可能。

デザインも他にはない唯一無二のデザインで、ライフスタイルに合わせた建築家が設計するデザインが人気です。

栃木県、群馬県、茨城県など施工範囲が広いので、気になった方はぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /