大工産の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

大工産は、木を活かした家づくりを行い、加古川や姫路を中心にとても人気のハウスメーカーです。

使う木の素材や、住む人の快適性など、家だけではなく住み心地まで良く考えられた家づくりを行うことができます。

性能面では、省エネ性に優れた住宅に与えられる「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を8年連続受賞の実績があります。

大工産なら、家に入ると思わず深呼吸したくなるような、木のぬくもりを感じる家を建てることができますよ。

それでは、大工産の家の評判や詳しい特徴を、分かりやすく紹介します。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

大工産で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

家を建てるとき、ハウスメーカーの口コミを参考にする方も多いのではないでしょうか?

実際に家を建てた方の口コミは、良い事も悪い事も、非常に参考になりますよね。

ここでは、大工産のさまざまな口コミと、リアルな評判を紹介していきます。

大工産のリアルな悪い評判・口コミ

最初は、大工産に対してのネガティブな口コミを紹介します。

対応は丁寧で、信頼のできる会社です。ただ、建物が個性的なので好き嫌いが分かれるかもしれないです。

大工産の家はすごく良かったけど、少し価格が高いので断念しました。

木目の見える無垢材を使用しているので、自然のやさしさや安らぎを与えてくれます。床には、檜を使いました。柔らかく体に優しいのですが、傷やへこみがつきやすいです。

このような口コミがありました。

大工産の悪い口コミは、非常に少なかったです。

他のハウスメーカーでよくある、スタッフや家の性能、アフターサポートに関しての悪い口コミは一つもありませんでした。

大工産のリアルな良い評判・口コミ

大工産で家を建てた方は、たくさん喜びの声を発信していました。

ライオン先生

大工産の住宅性能は、やりすぎではと思うほどいいです。そして、なにより良かったのは、スタッフの皆様の対応が本当に気持ちいいものでした。建設中など気づいたことがあればすぐに口出ししましたが、皆さんしっかり聞いてくれて、すぐに対応してもらう事ができ、すごいなと思いました。

ライオン先生

我が家は規格型住宅DAXですが、意外と自分好みにカスタマイズできるので、楽しく家づくりをすることができました。この価格で、この断熱性能は他にないと思います。設備もいいものなので、規格型住宅でも大満足です。

ライオン先生

営業、設計、施工管理、職人さん、スタッフはみんな家づくりに真摯に向き合っている方ばかりでした。現場も毎日きれいに整理されています。大工産は、とても信用できる会社です。

ライオン先生

大工産の家で一冬越しましたが、エアコン一台でもとても暖かいです。色々なハウスメーカーで悩みましたが、最終的にスタッフの方々の家に対する会社のこだわりを全員で共有していたところが決め手となりました。家の間取りや外観などの自由度が高いので、たくさん考えることがありますが、提案力があり、いろいろなアドバイスをしてくれます。価格は少し高いですが、標準仕様がハイスペックなので納得の価格です。

ライオン先生

工事中の近隣の方への配慮はすばらしく、安全面や衛生面も充分に管理されていました。工事中は、近くに仮住まいしていたので、毎日顔を出してくれて、その日の作業内容や今後の予定を説明してくれたので、安心してお任せることが出来ました。家が建った後も、不具合があれば、その日にすぐ駆けつけてくれて処置してくれます。今でも担当の方は、近くに来た時に顔を出してくれるので、円滑なコミュニケーションをとることができています。

ライオン先生

冷え性の私でも、今はとても快適です。家の中は、一年中暑くもなく、寒くもなく、湿気も感じません。夏はベタベタしないし、冬もあったかいので、靴下なしでも平気です。そして、何より嬉しいのは、収納をつくってもらえることです。棚や収納スペースをたくさん作ってもらったので、タンスなどの家具は一切買わなくてよく、経済的に助かっています。

ライオン先生

展示場に見学に行った際、対応してくれたスタッフの方がすごく感じがよく、説明なども丁寧だったので、安心感につながり大工産にきめました。仕事から帰ってくると、木の香りがふわっと迎えてくれて、とてもホッとする家です。キッチンやクローゼットなど生活動線も考えた設計をしてくれたので、家事がとても楽になりました。

このような口コミがありました。

大工産で家を建てた方のほとんどが、マイホームに大満足しているようです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

大工産の特徴を項目ごとに紹介!

大工産は、素材や住宅の性能などにこだわり、質の高い家を提供しています。

では、具体的に質の高い家の耐震性や断熱性は、どのくらい良いものなのでしょうか?

それでは、大工産の家の特徴を、価格や性能など細かく項目ごとに紹介します。

価格帯・坪単価

家を建てる際、最初に決めるのは予算ではないでしょうか?

インターネットにのっている坪単価などを参考にする方も多いですよね。

大工産は、注文住宅で家を建てることができる為、人によってかかる費用が大きく異なりますが、坪単価52万円~70万円ほどで建てた方が多いようです。

ローコスト住宅に比べると、坪単価が高いので、手が出ない方もいるかと思います。

でも、大工産は、素材にこだわり設備も充実しているため、非常に満足度の高い家を建てることができます。

また、低価格の規格型住宅もあるので、予算に不安のある方は規格型住宅がおすすめです。

デザイン性

大工産は、なんといっても木の良さを活かしたデザインが特徴的です。

室内には、壁紙など貼らず、木目を活かしたデザインにすることができるので、毎日木のぬくもりに包まれながら、生活をおくることができますよ。

また、同じ木目の造り付けの棚や、タンスなどの収納などを作ってももらう事ができるので、統一感のある室内になります。

外観は、木を活かしたログハウスのようなデザインではなく、自由に要望する事ができるので、自分好みの木の家をつくり上げることができますよ。

耐震性

日本は地震がとても多い国です。

日本に家を建てるなら、大きな地震でも倒壊しない丈夫な家を建てる必要があります。

大工産では、地震や大きな台風にもビクともしない、耐震性の高い家を建てることができますよ。

独自開発のDMパネル

大工産では、国土交通大臣認定の、通常の壁倍率3倍の耐力壁パネル「DMパネル」を開発。

DMパネルは、木造耐力壁の面内せん断試験(耐力壁の倍率を評価するための試験)で、その性能が証明されています。

耐力壁DMパネルを使って家をつくり上げていくので、地震や台風などの自然災害に負けない強い家を建てることができます。

耐震等級2・3に対応

耐震等級とは、その建物が地震にどれだけ強いかを示したものです。

耐震等級は、3段階に分けられていて、数が大きいほど耐震性能が高い家となります。

耐震等級1は、震度6~7の大地震が来てもすぐには倒壊しない耐震性能をもった家で、建築基準法で定められている基準の最低レベルです。

耐震等級2は、耐震等級1の1.25倍、耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の強さがある家となります。

もちろん、耐震等級3が一番いいですが、耐震等級が上がると価格もどうしても上がってしまいます。

予算や希望する性能に合わせて、耐震等級を相談しながら家づくりを進めていくといいですよ。

断熱性・気密性

断熱性や気密性の高さは、大工産の一番の魅力と言っても大げさではありません。

断熱性や気密性が高いと、室温が外気温に左右されないので、年中どこにいても快適な温度を保つことができます。

そのため、高気密高断熱の家は、快適で健康にも良く、省エネ効果も期待できる最高の家なんですよ。

22℃の家

22℃の家は、高気密高断熱で年中快適に過ごすことができる、

大工産が長い年月をかけて生み出した、知識と経験の集大成の家です。

寒いときに足元から暖かくしないと、快適とは感じることができません。

断熱性の高い家でも、エアコンの設定温度を20℃にした場合、実は、足元の温度は15℃程度にしかなりません。

足元まで暖かくしようとして、設定温度をあげると、顔のあたりが熱くなりすぎてしまい、ほてったような感じになってしまいます。

そこで、大工産は、足元の温度を22℃にして、室内はそれよりも少しだけ低い温度に設定することで、快適性を生み出しました。

大工産の家は、冷え性に悩む方は特に快適に感じることと思います。

また、家全体の温度差がないため、お風呂やトイレやキッチンなど、どこにいてもちょうどいい室温で快適です。

もちろん、温度差が原因で起こるヒートショックの心配もありませんよ。

22℃の家の特徴

  • 夏は涼しく冬は暖かいので、年中快適。
  • 一年中、木の香りがするので、癒しの効果がある。
  • 断熱性と気密性に優れているので、結露しにくく、家の寿命が長い。
  • 冷暖房の使用は最小限に抑えることができる為、光熱費がぐっと下がる。
  • 間取りが自由に変化できる。

DM外断熱構法

DM外断熱構法とは、湿度をコントロールして、室温を一定に保つことができる大工産独自の断熱方法です。

ちなみに外断熱とは、建物全体を断熱材でぐるっと包み込み、高い断熱性と気密性が特徴の方法です。

大工産のDM外断熱構法は、厚板の木材をふんだんに使っているため、一般的な外断熱工法にプラスして、木の天然調湿作用も期待できます。

高性能樹脂サッシと遮熱複層ガラスが標準装備

家の快適性を高める為には、家の断熱性を高めるだけではなく、窓などの開口部の断熱性を高める必要があります。

大工産では、熱伝導率が低い「高性能樹脂サッシ」と、紫外線をカットしてくれる「遮熱複層ガラス」を採用し、断熱性能をさらに高めています。

また、樹脂サッシと複層ガラスは、断熱性能を高めるだけではなく、騒音対策や結露対策にも効果的です。

保証・アフターサポート

夢のマイホームを手に入れたら、安心してできるだけ長くその家に暮らしたいですよね。

そのためには、保証やアフターサポートがとても重要です。

大工産では、瑕疵担保責任保険で、住宅に欠陥があった際は10年間保証してもらう事ができます。

また、気になる所があれば、その都度すぐに対応してもらう事ができるので安心です。

長期保証は、あるに越したことはありませんが、困った時にすぐに対応してもらえるかどうかが一番重要ではないでしょうか。

大工産は、すぐに行ける範囲しか施工していないので、アフターの対応が非常に早いのも魅力の一つです。

工期

どのくらいの期間で家が完成し、暮らし始めることができるのか気になりませんか?

夢のマイホームの引き渡しは、とても待ち遠しいですよね。

大工産の工期は、だいたい4ヶ月~5ヶ月です。

ただ、家の大きさやデザインによって、工期は大幅に変わりますので、契約時に着工日や完成予定日の確認をしておくと安心ですよ。

構造・工法

家の間取りや開口部などの自由度や、リフォームのしやすさ、耐震や断熱などの性能は、構造や工法によって違います。

大工産では、木造軸組工法を採用しています。

木造軸組工法は、柱と梁と筋交いなどの軸組で家をつくり上げていく方法で、間取りや空間などの自由度が高く、将来のリフォームや増築なども行いやすい工法です。

ただ、木造軸組工法は、軸組で家を支える為、耐震性能に不安があると言われています。

でも、大工産の家は、耐力パネルなどを使う事で弱点を補い、耐震性の高い家を建てることができるので安心ですよ。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

大工産をおすすめしたい人はこんな人!

家を建てようとしたとき、思った以上に多くのハウスメーカーがあり、迷ってしまっている方も多いのではないでしょうか?

満足のいく家を建てられるかどうかは、ハウスメーカー選びがとても重要です。

“一番良いハウスメーカーに決めたら間違いない“と思う方もいるかと思いますが、

良いハウスメーカーは、人それぞれ違います。

それは、その人その人によって求めている家やサービス、価格が違うからです。

今回紹介している大工産は、こんな方におすすめのハウスメーカーです。

木のぬくもりを感じる家を建てたい方

大工産は、何と言っても壁紙を使わない木目を活かした家が特徴的です。

そのため、木の香りや木のぬくもりをダイレクトに感じることができます。

新しい家を建てるなら「木の良さを活かした家に暮らしたい方」におすすめです。

年中快適な家を建てたい方

大工産の22℃の家は、人が一番快適に感じる室温にこだわった商品です。

高気密高断熱の家なので、年中快適で省エネ効果も期待できる夢のような家を建てたい方におすすめです。

安くも高くもない価格の家を建てたい方

大工産の家の価格は、ローコスト住宅ほど安くありませんが、大手メーカーほど高くもありません。

ローコスト住宅って、なんだか見た目が安っぽいし、木材や造りなどは、しっかりしているのだろうかと、不安だと感じている方。

大手ハウスメーカーなら、立派な良い家を建てられるだろうけど、広告費や人件費などの経費も、上乗せされて高額になっているのが納得いかない方。

そんな方に、大工産の家はちょうどいいはずです。

良い木材を使い、腕のいい職人さんがつくる大工産の家は、見た目も住み心地も価格も納得のいく良い家を建てられますよ。

大工産は、安心して納得できる価格の家を建てたい方におすすめです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

大工産で注文住宅を建てるときの3つのステップ

家づくりを後悔なく楽しみながら進めていけるよう、大工産で家を建てる際の流れを紹介します。

STEP1 相談から契約

①見学・相談

家づくりの相談会に参加し、大工産の家の見学と、家づくりについての相談をします。

②打ち合わせ

家族みんなの理想の家を伝え、大まかに間取りなどを決めていきます。

③資金計画・融資事前審査

返済期間や融資額について決めて、金融機関に融資の事前審査を申し込みます。

④提案

プランの提案と図面を作成してもらいます。

納得がいくまで、何度でも打ち合わせを行い、提案をしてもらいます。

⑤見積もり

プランが決まれば、見積もりを出してもらいます。

⑥契約

プランや見積もりなど、これまでの全てのことに納得の上で契約を交わします。

STEP2 着工前準備

①建物本体図面決定

図面を確定します。

②建築確認申請

市区町村の役所に建築確認を申請します。

申請後の図面の変更はできません。

③融資申し込み

事前審査を通過した金融機関に、融資を申し込みます。

④詳細決定

仕様や設備など、詳細部分を決めていきます。

建築確認と融資が承認されれば、着工です。

STEP3 着工から引き渡し

①地鎮祭

希望により、工事の安全を祈願する地鎮祭を行います。

また、工事前に、近隣住民への挨拶を済ませておきましょう。

②着工

ついに着工です。

基礎工事からスタートします。

③上棟

基礎構造が完成し、家の形がはっきりします。

④仕上げ工事

内装や外装、外構などの工事を行い、家を仕上げていきます。

⑤完成

図面と相違ないかなどを確認し、ついに完成です。

⑥引き渡し

外観や内装などを確認し、問題がなければ引き渡しとなります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

大工産の会社情報

最後に、大工産の会社概要や対応エリアについて紹介します。

大工産の会社概要

会社名 株式会社 大工産
本社所在地 〒675-0117

兵庫県加古川市平岡町一色西1丁目278-1

代表者名 代表取締役社長 田中義弘
創業 1980年9月

大工産が注文住宅に対応しているエリア

兵庫県

まとめ

大工産は、木の良さを存分に活かし、ぬくもりいっぱいの家を建てることができます。

22℃の家なら、快適な室温、快適な湿度、快適な空気で、赤ちゃんから年配の方まで居心地の良さを実感することができます。

まずは、大工産の展示場でぜひ体感してみてください。

大工産は「この会社にしてよかった」と思える、信頼のおけるハウスメーカーですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /