建売住宅における断熱材の重要性や役割をわかりやすく紹介

住宅は夏を基準に建てよ、と古くは言われていました。

通風を重視し、カビや腐朽を防ぐためです。

この考えは徐々に変化し、近年は気密性が高く、断熱材でいわば「厚着」した住宅が増えました。

その断熱の立役者が断熱材です。

断熱材には多くの種類があります。

その特性を知ることで断熱の大切さや弱点もわかるというものです。

ここでは断熱材について勉強していきましょう。

uchihapi1

それでは解説をしていきます。参考にしてください!

建売住宅の快適性は断熱材で決まる

夏は熱中症になるほど暑く、冬は凍えるほど寒い。

それが日本の四季です。

エアコンで温度調整は可能ですが、エアコンばかりに頼っていても経済的ではありません。

今や戸建住宅でもマンションでも何らかの断熱を行なっています。

上手に断熱し、エアコンを組み合わせれば、夏は涼しく冬も暖かく過ごせるのです。

このように、断熱材は住宅の快適性を決定づける要素ともいえます。

そんな断熱材について勉強しましょう。

断熱工法の種類

断熱材の使い方で建売住宅によく使われる工法は、充填断熱工法と外張り断熱工法です。

木造住宅では充填断熱工法、鉄骨造の住宅では外張り断熱工法がよく使われます。

ふたつの工法の違いは、断熱材をどの部分に使用するかです。

それぞれの断熱工法の特徴を見ていきましょう。

建売住宅でよく使われる充填断熱工法

充填断熱工法は柱や梁(はり)の間に断熱材を入れる工法です。

壁の隙間に断熱材を充填することからこの名前がつきました。

この構法のメリットは、施工が容易なことです。

文字通り柱の間に押し込むだけ。

その後の固定も簡単です。

かつてはむき出しの断熱材を使用することが多くありましたが、断熱材を防水性のあるシートで包んだものを使うこともあります。

外張り断熱工法

外張り断熱工法は鉄骨造の住宅に多い断熱工法です。

柱や梁の外側に断熱材を貼り付ける工法で柱なども包み込んでしまいます。

鉄骨は木材よりも熱の伝導が高い素材です。

充填断熱工法では間に合いません。

施工は手間がかかりますが、職人による施工の差は少ない工法です。

また、断熱性能も充填断熱工法よりも上といわれています。

断熱材の種類

工法だけでなく、断熱材そのものにも種類があります。

断熱材を種類ごとに分けるとすれば、鉱物系、自然系、石油系の3つに分類可能です。

建売住宅でよく使われるグラスウールやロックウールは鉱物系になります。

これら以外にもよく使われるのは、自然素材を用いた自然系、石油由来の石油系です。

これらの断熱材はそれぞれ断熱性能、コスト、特徴などが異なります。

断熱材の種類について見ていきましょう。

鉱物系断熱材2選

鉱物系断熱材は鉱物資源を原料とした断熱材です。

品質も一定で大量生産が可能となっています。

多くの建売住宅で採用されているのもこの鉱物系の断熱材です。

やや断熱性能が劣るといわれていましたが、改良が重ねられ、他の断熱材と遜色ないレベルのものも開発されています。

鉱物系断熱材は以下の2種類が代表的なものです。

  1. グラスウール
  2. ロックウール

それぞれ見ていきましょう。

1.グラスウール

グラスウールは、まずガラスを高温で溶解し綿状にします。

この細い繊維を集めて形を整えたものです。

こうして出来上がったグラスウールは熱に強い性質を持っています。

断熱効果も高いものです。

その一方で湿気に弱い性質もあります。

このため、防水性のある袋に詰めて使用するのです。

2.ロックウール

グラスウールがガラス由来であるのに対して、ロックウールはロック、すなわち岩を溶かして繊維状にしたものです。

ロックウールはグラスウールと似たような性質を持っており、熱に強く、湿気に弱くなります。

コストも安いことから建売住宅ではグラスウールとともに主要な断熱材です。

自然系断熱材2選

グラスウールなどは鉱物由来の有機繊維であるのに対し、ここで紹介する断熱材は自然由来の天然の断熱材です。

新聞や羊毛など普段から身の回りにあるものでできています。

このため、環境にやさしいとともに防湿性も優秀です。

自然系断熱材でよく使われている2種類の断熱材を紹介します。

いずれも代表的な自然系断熱材です。

  1. セルロースファイバー
  2. ウール

順次見ていきます。

1.セルロースファイバー

セルロースファイバーは古新聞などの古紙をリサイクルして作られた繊維素材です。

新聞紙は湿気にも強いことから、この性質も受け継いでいます。

また、新聞紙自体も断熱性の高い素材です。

そんな優秀なセルロースファイバーですが、施工難度も高くなっています。

吹き込み工法といって、風力を使って壁や床に敷き詰める工法です。

職人さんに腕によって仕上がりに差が生まれることになります。

2.ウール

ウールは羊毛のことです。

セーターやコートにも使われているように高い断熱性があります。

また、湿度を調節する機能もあり、温度と湿度両方をコントロールできるのです。

とても優秀な断熱材ですが、その分コストもかかります。

いわば家一軒分のウールセーターを買うのですから、どうしても高額です。

石油系断熱材3選

最後は石油系の断熱材です。

発泡スチロールを思い浮かべてください。

発泡スチロールは、中に空気が取り込まれているため、高い断熱性を誇ります。

石油系断熱材は基本的に発泡スチロールの製造方法と同様です。

板状のものが主流で施工性も問題ありません。

製造方法や材料によっていくつかの種類があります。

石油系断熱材は次の3点が代表的なものです。

  1. ビーズ法ポリスチレンフォーム
  2. 押出法ポリスチレンフォーム
  3. 硬質ウレタンフォーム

それぞれ解説します。

1.ビーズ法ポリスチレンフォーム

水をはじき、軽く、衝撃にも強い素材です。

小さなビーズの中に空気が閉じ込められていることから、熱を通しにくい性質もあります。

見た目はほぼ色付きの発泡スチロールです。

充填断熱工法、外張り断熱工法のいずれにも使えることから、使いやすい素材のひとつとなっています。

2.押出法ポリスチレンフォーム

同じ材料を使いながら、ビーズ法とは異なる製造方法で生産された断熱材です。

押出法のほうがビーズ法よりも粒が細かくなるため、ビーズ法よりも断熱性に優れます。

コストと生産性の良さから畳の心材に使われることも。

メーカーによって、「スタイロフォーム」、「カネライトフォーム」と商品名が異なります。

3.硬質ウレタンフォーム

ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えて製造された断熱材です。

クッションにも使われています。

断熱材として冷蔵庫や冷凍庫にも使われるくらい優秀です。

湿気にも強いですが水を吸いやすい特性もあります。

どうしてもコストが高くなるので注文住宅や高級マンションでの使用が中心です。

uchihapi2

建売住宅における断熱材の4つの注意点

建売住宅はほとんどグラスウールかロックウールを使用しています。

それぞれ優秀な断熱材で施工も簡単ですが、簡単ゆえに注意点も。

グラスウールやロックウール自体は軟らかく、自立性もありません。

施工次第で断熱材が途切れる欠損が発生しやすいのです。

一見しただけでは見づらい断熱材の注意点についてご説明します。

ここでお話しする断熱材の注意点は次の4点です。

  1. グラスウールやロックウールは湿気に弱い
  2. 床下の断熱材が落ちる場合がある
  3. 壁の断熱材がずり落ちる場合がある
  4. 断熱材の欠損に注意

ひとつずつ見ていきましょう。

1.グラスウールやロックウールは湿気に弱い

鉱物系の断熱材は湿気や水気に弱い性質があります。

一度水を吸うと、乾燥させないとその断熱性を発揮しません。

このため、防水性のある袋に詰めて使うことも多くなっています。

ただ製品によってはむき出しのまま使用するものも。

こうした場合は防湿処理が必要となります。

2.床下の断熱材が落ちる場合がある

床下の断熱材は梁の間に詰める場合がほとんどです。

袋を釘などで固定する場合もあります。

ただ、何も補強せず、ただ断熱材を詰めただけの場合もあるのです。

こうなると断熱材の重みで落ちてくることがあります。

3.壁の断熱材がずり落ちる場合も

壁は建物が完成してしまうと内部を見ることはできません。

このため完成後に目視のチェックは不可能です。

床下の断熱材が落ちてしまうように、壁面の断熱材も重みでずり落ちてしまう場合があります。

サーモグラフィー搭載のカメラであれば断熱材の状態を確認可能です。

ただ、こうしたカメラは専門の業者でないと持っていません。

壁面の断熱材の確認は専門家に調査を依頼しましょう。

4.断熱材の欠損に注意

断熱材が湿気を吸って重くなると床下や壁面から剥落することがあります。

はがれてしまえば、当然断熱材としての効用を果たしません。

こうなると、穴の開いたコートやセーターを着て冬の道を歩いているようなものです。

そこから冬なら冷気、夏なら熱気が侵入してきます。

断熱材は隙間があっては意味をなさないのです。

欠損はその部分だけでなく、家全体の問題となります。

建売住宅内覧時の断熱材のチェック方法4選

先ほどもお話ししたように、完成した物件の断熱材の確認は難しいものです。

建売住宅の短い内覧時間では一層困難にさせます。

それでも断熱材を確認する方法もあるのです。

ここでは、内覧の時間内でもできる断熱材の確認方法と専門家による壁面内部の断熱材の確認方法についてご紹介します。

断熱材のチェック方法は以下の4つです。

  1. 床下を目視
  2. ユニットバスの天井を開けて確認
  3. 屋根裏に昇る
  4. 壁は専門家に依頼

それぞれお話しします。

1.床下を覗いてみよう

キッチン、あるいは洗面所の床には床下への入り口兼床下収納が設けられています。

これを取り外し、床下を覗いてみましょう。

断熱材が重みで垂れ下がっていればすぐにわかります。

ついでに水漏れやゴミがあるかどうかの確認も可能です。

床下は仕上げをしていない基礎や柱が最もよく見える場所。

時間もそれほどかかりません。

確認することをおすすめします。

2.ユニットバスの天井を開けてみよう

バスルームの天井部分にも点検用の人通口があります。

バスルームの修繕や点検を行うためです。

こちらも簡単に開けることができます。

ここから覗くと、1階天井部分を見ることが可能です。

確認して断熱材が整然と並んでいたら合格です。

波打っていたり、凹凸があったりすると欠損の可能性があります。

3.屋根裏を覗いてみよう

2階の押入れにも天井裏への点検口が設置されています。

ここも開けてもらって確認してみましょう。

2階の天井部分に断熱材が敷き詰められているはずです。

少し断熱性にこだわった建売住宅では、屋根部分に断熱材を設置する屋根断熱をしている場合もあります。

床下と屋根裏はむき出しの部材が見える貴重な場所です。

断熱材の確認も兼ねて一見することをおすすめします。

4.壁は専門家に依頼

先ほどもお話ししたように、壁は破壊しない限り中を見ることができません。

サーモグラフィーは一般の人は持っていません。

つまり、壁面内部は専門家に依頼するほかないのです。

専門家の調査は当然費用がかかります。

まだ一般的とはいえない調査です。

代替案としては、施工途中の写真で確認する等が考えられます。

断熱に影響する5つの要因

断熱に断熱材が影響することはお話ししました。

ただ、断熱を左右する要因は断熱材の種類や施工精度ばかりではありません。

同じグラスウールでも性能は異なりますし、窓や屋根裏の構造が断熱に影響を与えることもあるのです。

ここであげる断熱に影響を与える要因は以下の5つになります。

  1. グラスウールの性能
  2. 窓の影響
  3. 隙間風
  4. 屋根裏換気や床下換気
  5. 日当たり

順次お話しします。

1.グラスウールにも性能がある

グラスウールにも種類によって性能が違います。

それは密度の違いです。

その違いは16k、32kといった単位で表されます。

多くの建売住宅は普及品である16kが大半です。

断熱性能をセールスポイントとした建売住宅であれば、32kや高性能16kといった断熱性能の優れたグラスウールを使用している場合もあります。

2.窓も断熱に影響

断熱材と同じくらい家の断熱に重要なのが窓です。

窓は夏の強い日差しが入ったり、冬場の冷気が進入したりします。

断熱材がしっかり施工されていても窓の性能が低くては片手落ちです。

幸い、窓そのものの性能が低くても、カーテン、ブラインド等で性能を補うこともできます。

リフォームで二重窓にすると性能は段違いに向上させることも可能です。

建売住宅は一般的なペアガラスが多く、断熱はそれほど期待できません。

断熱のためには何らかの補強をすることが必要です。

3.隙間風はありませんか?

かつての家は湿気を避けるためにわざと隙間を開けて通風を確保していました。

現在の家は考え方が真逆で気密性を高めて冷暖房効果を向上させています。

古い考え方や経験の浅い職人さんによって建てられた家には、今でも隙間風が入り込む家があるのです。

気密性を計測する検査はあるものの、費用もかかるため全棟検査まではできていません。

もし隙間風が気になるようでしたら、施工業者やリフォーム業者に相談してみましょう。

4.屋根裏換気や床下換気も有効

暖気は上昇し、冷気は下降します。

夏の屋根裏は70度近くに上昇し、冬の床下は外気温と変わりません。

これらが室内に流れ込んでくると、断熱の効果も失われてしまいます。

これらへの対策としては、屋根裏換気や床下換気が有効です。

オプション扱いとなったり、そもそも設定がなかったりする場合もあります。

これらの換気はリフォームで取り付けることも可能です。

5.日当たりも断熱に影響する

窓からの日射や屋根に太陽光が当たって屋根裏の温度が上昇することはお話ししました。

このように日当たりも断熱に影響するのです。

窓に日よけをする、屋根に遮熱塗装するといったことで温度の上昇を防ぐこともできます。

日よけはホームセンターで購入することができますが、遮熱塗装となると簡単ではありません。

将来的な外壁塗装の際にあわせて行うことをおすすめします。

まとめ

現在の生活に断熱は欠かすことのできない機能です。

20年ほど前まではあまり重視されなかった断熱も、近年はその性能がセールスポイントとなるほどに重視されています。

夏は室内での熱中症、冬はヒートショックと、温度に関するトラブルも注目されているのが現状です。

建売住宅の断熱は最高度の性能とはいかないものの、必要十分には整えられています。

一度、断熱や断熱材についても注目してみましょう。

uchihapi3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み
\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み