エコ・ビレッジの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

エコ・ビレッジは、福岡県いわき市に本社を構える住宅メーカーです。

元々は木材会社からスタートしているということもあり、木材にこだわった家づくりをしているのが特徴。

「しっかり作って、ながく大切に住む家」をコンセプトに、人と環境に優しい高品質な住宅を提供しています。

そこでこの記事では「エコ・ビレッジって実際どうなの?色々知りたい!」という人に向けて、エコ・ビレッジの評判、坪単価や特徴、耐震性まで幅広くまとめました。

実際にエコ・ビレッジで家を建てた人の口コミも交えつつ紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

エコ・ビレッジで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

まず気になるのが、エコ・ビレッジの評判ですよね。

そこで実際にエコ・ビレッジで家を建てた人のリアルな評判・口コミを集めてみました。

エコ・ビレッジのリアルな悪い評判・口コミ

展示場は立派で良かったけれど、肝心の提案力はイマイチでした。

エコ・ビレッジのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

とても良い家に仕上がり満足です。子供が風邪をひきにくくなったのは家のおかげかも?知人もエコ・ビレッジで建てており、同じく良かったと言っていました。社員の方の対応も良かったので安心できますよ。

ライオン先生

色々な要望に対応していただき、間取りも希望通りになりました。無垢材が使われているので気持ちよく、快適に過ごせています。

ライオン先生

2軒目の家をエコ・ビレッジで建てました。1軒目のハウスメーカーのときよりも打ち合わせ回数は多く大変でしたが、その分エコ・ビレッジの方が質が高く大満足です。

ライオン先生

担当者の対応が非常に良かったです。細かな要望にも応えていただけたので、理想通りの家が完成しました。

ライオン先生

無垢のパイン材を床に使用したので、冬はエアコンだけでも十分に暖かく快適に過ごすことができています。

ライオン先生

家の性能やデザインが良かっただけでなく、いくつかの展示場を見たなかで、エコ・ビレッジさんの対応が1番良かったです。

ライオン先生

間取りや収納などの細かい要望にも丁寧に対応していただきました。家族みんなが快適に過ごせています。

ライオン先生

何度も打ち合わせを重ね、試行錯誤したうえで満足できる家を建てることができました。対応もとても親切でした。

ライオン先生

何社か図面の提案をしていただきましたが、エコ・ビレッジのプランが1番良かったです。見積もりは他社と同じくらいでした。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

エコ・ビレッジの特徴を項目ごとに紹介!

ここからは、エコ・ビレッジの特徴について紹介していきます。

エコ・ビレッジは木材会社からスタートしたということもあり、木材にこだわった家づくりをしているのが大きな特徴です。

「しっかり作って、ながく大切に住む家」をコンセプトに掲げ、人と環境に優しい家「エコ・ハウス」を提供しています。

さらに「エコ・ビレッジの特徴をもっと知りたい!」という人のために、具体的な特徴について項目ごとに紹介していきますね。

価格帯・坪単価

エコ・ビレッジの坪単価は、大体50万円〜75万円/坪が中心です。

ただし坪単価はプランや仕様、オプションなどによって異なってきますので、見積もりの段階できちんと確認をすることをおすすめします。

デザイン性

エコ・ビレッジではいわゆる「標準仕様」が設けられていません。

そのため完全自由設計で、施主の希望やこだわりに合わせた設計・デザインをすることが可能です。

エコ・ビレッジの得意とする「美しい木の家」をベースに、理想の家を追求することができますよ。例えばエコ・ビレッジでは以下のような施工事例があります。

  • 木のぬくもりを感じられるカリフォルニアスタイルのサーファーズハウス
  • 無垢のパイン床材を使用した暖かい木の家
  • 建具や収納にも天然木を採用し、家事導線にもこだわった暮らしやすい家

どの施工事例も「木の温もり」を大切にしているのが特徴です。

耐震性

エコ・ビレッジは「長期優良住宅」といわれる、長期間にわたり快適に暮らすことのできる丈夫な家であることが特徴です。

そのため地震にも非常に強い構造になっています。

なお長期優良住宅の耐震等級の要求基準は「2」ですが、エコ・ビレッジは最高等級の「3」にも対応することが可能です。

地震に強いエコ・ビレッジの構造

  • 高耐震&高耐久の「耐圧ベタ基礎」を採用
  • 柱には国産材の4寸角を使用
  • 構造用高耐力ボードと筋交いを併用した耐震壁で、しっかりと建物を支える

また耐震だけでなく、制振の面でもしっかりと地震対策がされています。

制振装置「Mamori(マモリー)」が標準仕様となっているため、地震による建物へのダメージを大きく軽減することが可能です。

制振装置「Mamori(マモリー)」の特徴

特殊なゴムの力によって、地震の振動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変換。

地震の揺れを吸収&軽減し、繰り返し発生する余震にも高い効果を発揮。

このようにエコ・ビレッジでは耐震工法と制振装置によって、万一の地震にも万全に備えることができますよ。

断熱性・気密性

エコ・ビレッジではサーモウールという羊毛断熱材が採用されており、その中でも特に断熱性が高いタイプが使われています。

サーモウール(羊毛断熱材)の特徴

  • 通常の断熱材「グラスウール」よりも、壁空間への挿入欠陥を起こしにくい
  • 調湿性能によって結露を防ぎ、カビやダニの発生も抑えられる
  • 空気浄化機能が優れており、さらに自然で均等な吸音特性も

また、断熱性能の高い窓(=ハイパフォーマンスガラス)やサッシが標準仕様として採用されています。

このようにエコ・ビレッジでは、断熱材・窓・サッシ全てにおいて高い断熱性を確保するための工夫がされていますよ。

保証・アフターサポート

エコ・ビレッジでは、

  • 最長60年の長期保証システム
  • 最長60年の長期点検・保守管理システム

これらの長期保障が導入されています。

エコ・ビレッジの長期保証システム

  • 構造体保証:基本10年保証(その後は10年ごとに必要なメンテナンスを受けることで、最長60年まで延長可能)
  • 防水保証:基本10年保証(その後は5年ごとに必要なメンテナンスを受けることで、最長60年まで延長可能)
  • 仕上、設備等:2年保証

エコ・ビレッジの長期点検・保守管理システム

  • 3ヶ月目、11ヶ月目、22ヶ月目、5年目、10年目に無償点検を実施。(その後は「超長期点検契約」に基づく点検を5年ごとに実施 ※最長60年目まで)

以上の長期にわたる保証とメンテナンスによって、安心して住むことができますよ。

工期

エコ・ビレッジの工期について、公式ホームページでの公表はされていません。

ただ一般的に地元密着型の工務店に依頼する場合、工期は約4〜5ヶ月程度と言われています。

あくまで目安ですので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

構造・工法

エコ・ビレッジでは木造軸組工法が採用されています。

木造軸組工法は「在来工法」も呼ばれており、日本では最も一般的な工法です。

柱や梁といった軸組で建物の構造を支えるしくみになっています。

木造軸組工法の特徴

  • 設計の自由度が高く、注文住宅に適している
  • 通気性に優れている
  • 日本に古くから伝わる工法なので、職人の施工技術が高い

さらにエコ・ビレッジでは柱に国産材の4寸(12cm)角を標準仕様として採用。

そして構造用高耐力ボードと筋交いを併用し、高い耐久性を確保しています。

また、基礎には防湿性の高い「耐圧ベタ基礎」が採用されていますよ。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

エコ・ビレッジをおすすめしたい人はこんな人!

エコ・ビレッジはこんな人におすすめです。

  • 自然素材にこだわった木の家に住みたい人
  • 住宅性能とデザインどちらもこだわりたい人

エコ・ビレッジは無垢の木にこだわった、人と環境に優しい住宅を提供しています。

そのため「自然素材でできた木の家」に魅力を感じる人に、エコ・ビレッジはとてもおすすめです。

また、エコ・ビレッジは

  • ZEH(=ゼロ・エネルギー・ハウス)
  • 長期優良住宅

などにも対応しており、高い住宅性能を実現しています。

さらに自由設計では様々なデザインや要望にも応えてくれるので、「住宅性能とデザインどちらも重視したい」という人にもおすすめですよ。

エコ・ビレッジで注文住宅を建てる時の7つのステップ

エコ・ビレッジで注文住宅を建てるときの流れについてですが、残念ながら公式ホームページなどでは明らかになっていません。

そのため、ここからは一般的な注文住宅を建てる際の7つのステップを紹介します。一例ではありますが、是非参考にしてみてください。

1.家づくりについての情報収集・家族内での話し合い

エコ・ビレッジでの家づくりに興味を持ったら、まずは情報収集からスタートしましょう。

注文住宅の家づくりでは「建てたい家」のイメージを固めることがとても大切なので、早いうちから情報収集を開始しておきましょう。

エコ・ビレッジの公式ホームページでは施工事例を見ることができますし、「お問い合わせフォーム」から各種資料請求が可能なので、是非目を通しておきましょう。

また、家族内で「どんな家にしたいか・どんな暮らしがしたいか」を話し合うことも忘れずに。

家族それぞれの希望の暮らし方から、おのずと理想の家のイメージも固まってくるでしょう。

2.資金計画を立てる

建てたい家のイメージがある程度できてきたら、資金計画も立てていきましょう。

資金計画を立てる際には、自己資金や毎月の返済額などを総合的に考えて、土地と建物代の予算を出していきます。

今後家族が必要になる資金も考慮しながら、無理のない資金計画を立てることが大切ですよ。

3.エコ・ビレッジに問い合わせをする

建てたい家や資金計画が固まってきたら、エコ・ビレッジに「問い合わせ」をして、具体的な家づくりの相談をしてみましょう。

エコ・ビレッジの公式ホームページの「お問い合わせ」から相談をすることが可能です。

プランニング依頼や土地情報、さらにオンライン打ち合わせの申し込みも可能なので、是非活用してみてください。

4.土地探し〜土地の決定

土地の購入が必要な場合は、土地探しも始めていきます。

住宅ローンを申請する際には土地が決定している必要があるので、早い段階で土地探しを始めていきましょう。

なお、エコ・ビレッジでは土地に関する相談も受け付けています。

「土地探しを始めたいけど、具体的に何をすれば良いのかわからない」という人は、是非エコ・ビレッジに相談してみましょう。

5.無料プランニングに申し込む

土地が決定したら、具体的な建物プランを作成していきます。

なお、エコ・ビレッジでは無料プランニングをしてもらうことが可能です。

公式ホームページの「無料プランニング」にアクセスし、必要事項を記入することで最適なプランを提案してくれますよ。

6.プランの決定〜請負契約

エコ・ビレッジから提案してもらったプラン内容をベースに、さらに敷地調査や打ち合わせを重ねていき最適なプランを作成していきます。

プランが決定したら、いよいよ施工の請負契約(=本契約)に進んでいきます。

7.家づくりスタート〜引き渡し

ここから本格的な家づくりがスタートします。

なお、建物完成までの流れは一般的に以下の通りです。

  1. 地鎮祭
  2. 配置とGL(=土地の高さ)の確認
  3. 各種申請手続き
  4. 地盤検査〜基礎工事
  5. 上棟
  6. 中間検査〜中間立会
  7. 各種工事の進行
  8. 完了検査〜完了立会
  9. 引き渡し

エコ・ビレッジでは各種検査(地盤検査・基礎検査・躯体検査・サーモカメラ断熱検査)をしっかりと行っています。

また長期保証やメンテナンス制度も整っているため、引き渡し後も安心できるでしょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

エコ・ビレッジの会社情報

ここで、エコ・ビレッジの会社情報について簡単にご紹介します。

エコ・ビレッジは福岡県いわき市に本社を構える住宅メーカーです。

主に注文住宅の設計や施工を中心とした事業を展開。

無垢の木にこだわった、人と環境に優しい住宅「エコ・ハウス」が好評を得ています。

エコ・ビレッジの会社概要

エコ・ビレッジの会社概要は以下の通りです。

会社名 株式会社 エコ・ビレッジ
本社 所在地:〒970-8044 いわき市中央台飯野4-2-4 いわきニュータウンセンタービル2F

電話番号:0246-28-0111

仙台営業所 所在地:〒981-1106宮城県仙台市太白区柳生4丁目1-13

電話番号:022-395-6111

エコ・ビレッジが注文住宅に対応しているエリア

北は宮城県仙台市以南、南は茨城県北茨城市が目安。

福島県内は中通りも建築可能。

※詳しくはエコ・ビレッジへお問い合わせください。

まとめ

エコ・ビレッジの評判、坪単価や特徴、耐震性などについてお話しさせていただきました。

エコ・ビレッジであれば、高品質かつデザイン性の高い住まいを実現することが可能です。

「福岡エリアに家を建てたい」という人にとっては、とても魅力的な住宅メーカーでしょう。

エコ・ビレッジに興味を持った方は、是非公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /