永和住宅の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

注文住宅を作るときに大切なのが、自分たちにあったハウスメーカー選び。

住まいづくりは、長い期間ハウスメーカーと二人三脚で行っていくことなので、お互いのコミュニケーションが大切です。

自分たちの要望、理想、夢を聞いてくれて、それにあったプランを提案してくれるハウスメーカーが理想的ですね。

福井県で注文住宅を建てたいと考えている方にお勧めのハウスメーカー、永和住宅株式会社。

お客様とのコミュニケーションを大切に、木の特性を生かした住まいを提案しています。

地域密着のハウスメーカーで、お客様との長い付き合いでお客様の快適な暮らしをサポートしてくれる会社です。

ここでは、永和住宅の特徴、坪単価、性能など会社の情報を詳しくまとめ、さらに口コミや評判も紹介しています。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

永和住宅で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

永和住宅の住まいの特徴やデザインも知りたいですが、一番参考になるのが実際に建てた人のリアルな声です。

ここでは永和住宅の口コミや評判を、良い悪い両面から見ていきましょう。

永和住宅のリアルな悪い評判・口コミ

20代ですが、永和住宅の住まいは高級感があって、敷居が高い印象です。ローコスト住宅が目当ての人は向いていないかもしれないですね。デザインも、流行りを取り入れたデザインにしたかったので、私たちは他のハウスメーカーの注文住宅を選びました。決して悪いものではないですが、私たちのような世代には高く感じました。

固くてまじめな印象で、ホームページもとっつきにくい印象でした。ハウスメーカーのようにイベントなども行っていないのではないでしょうか。住まいも私たちには、ちょっと高額で、値引きもなかったのでやめました。

永和住宅のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

福井県で住まいづくりを行うなら、地元のハウスメーカーや工務店に頼もうと決めていました。木の住まいが良かったですし、できれば地元の木を使った住まいにしたいと思って、永和住宅を選びました。永和住宅は、もともと材木会社なので、いわば木のプロフェッショナルですよね。福井の県産材を使った住まい、桧のフローリングが気持ちいいです。永和住宅のスタッフの方は知識が深いので、住まいづくりが初めての私たちにも性能について、木のこだわりについてなど詳しく丁寧に教えてくれました。私たちは行けなかったですが、工場見学も行っているので、興味がある方にはおすすめ。木の住まいは本当に気持ちがいいですね。部屋に入った時の空気が、他の家とは違い木の香りがしますし、湿度も温度も過ごしやすく、部屋にいるときはリラックス効果があると思います。性能も高いですし、福井県の気候と風土に合った住まいづくりは、1年住んでいると快適さが違いました。

ライオン先生

展示場を見たときに他のハウスメーカーよりも目を引き、スタッフの対応も丁寧で強引なところがなくてよかったです。営業の方は何でも話せる雰囲気で、私たちの理想の住まいについて要望を細かく話せて満足。二世帯住宅をお願いしたのですが、各世帯でデザインの好みも違いますし、こだわりがあったので、設計する方はかなり大変だったのではないでしょうか。1回には両親が住み、2階には私たち家族が住むということで、1回は和モダンの落ち着く住まい、2階は洋風のデザインになりました。気になった遮音性能も大丈夫で、子供たちが2階でうるさくしても気にならないといっています。外観のデザインはシンプルで飽きの来ないものにしてもらい、長く住み続けられる住まいになったと思います。間取りを広くとりましたが、耐震性も高く安心して住むことができています。

ライオン先生

東京から福井に引っ越しましたが、貸家では冬の雪や寒さをしのぐのはつらいと思い、マイホームを作ることにしました。やはり冬でも快適に過ごせるというのが、要望の一つになりますね。永和住宅に決めたのは、福井県に昔からある工務店で、木の特性を生かした住まいづくりをしているからです。建てるならばやっぱりコンクリートの住まいよりも木の家がいいと思っていましたし、木のこだわりのある住まいを建てたいと思っていたので、決定。大手のハウスメーカーよりも地元の会社のほうが福井に特化した住まいづくりを行っていると思いました。永和住宅の住まいで気になったのが、全館冷暖房システムのココチアです。1台のエアコンで家の中全体を快適な温度にするというのがすごいですよね。それにやっぱり足元から温めるのが、一番暖かいと思って、お願いしました。この、ココチアが効果を発揮できるのは、高気密高断熱という、性能の高さがあってこそだと思います。無垢材でも使えるシステムで、1年中本当にエアコンひとつで住みました。光熱費が驚くほど安いのが本当に助かりますね。建てるときのコストダウンも大切ですが、ランニングコストを抑えるのも大切。快適に季節を楽しむことができる住まいです。

ライオン先生

自然素材を取り入れた住まいは、どうしても和風に偏りがちだと思いますが、私たちはもっとおしゃれでシック、モダンな雰囲気の住まいにしたかったので、かなり要望を言いました。永和住宅は友達の紹介で教えてもらい、地元の建材を使っていること、自社工場で建材のカットや施工を行っているところ、木のことを知り尽くしている会社なのが契約した理由。木の風合いはとても大好きで、国産材をいたるところに取り入れながらも、シンプルでおしゃれな雰囲気。流行りに乗るのではなく、最新のものを取り入れながらも、シンプルで長く使えるそんな住まいが理想。実際に機能的で使いやすくモダンな雰囲気の住まいになったと思います。エアコン一台で家じゅうを温めることができるシステムには驚き。エアコンが各部屋に設置していないと、部屋の雰囲気がかなり変わるなぁと思いました。エアコンって何気に手入れをきちんとしなければいけないですし、ランニングコストがかかりますよね。各部屋にあったらそれこそ、光熱費も大変なことになりそう。実際に住んで光熱費を確認すると、真冬でもこんなに安いのかとびっくり。動線も動きやすく考えて間取りを作りましたので、とても動きやすく家事がしやすいところも気に入っています。

ライオン先生

昔からの日本の邸宅の美しい住まいが、憧れだったので、ずっとそれを実現してくれるハウスメーカーを探していました。厳選された木を使うことも大切ですし、職人の技も必要です。数寄屋造りの邸宅は、日本の住まいの美しさ、機能性、木のすばらしさを集約した住まいで、お客様からもとても評判がいいです。世代を超えて残していきたい技術をあらわした住まいで、感謝しかありません。

ライオン先生

福井は雪が多い地域ですし、子供も独立したこれからの生活を考えて、住みやすい平屋建ての住まいを建てることにしました。1階だけだからではないですが、素材はこだわり厳選された素材を使いましたね。天然石、無垢の木、タイルまでこだわり、自然素材が癒される住まいになったと思います。リビングはかなり広く作り、窓も大きな窓で開放感を楽しんでいます。そのリビングからは自慢の庭が全面見えるのですが、そこが私たちの家の癒しスポット。広い間取りと耐震性が高い住まいが望みだったので、満足しています。設計士の方にはかなり相談にのってもらい、私たちの要望を次に会った時にはすぐにプランに反映してもらったのが良かったです。迅速に対応してくれますし、いつも私たちが思ったことに、プロのアイデアを取り入れてプラスで返してくれるのは、さすがだと思いました。最近では庭いじりが楽しく、素敵な住まいに合わせていろいろと考えています。

ライオン先生

永和住宅に決めたのは、展示場のモデルハウスの素晴らしさと、スタッフの方の対応を見て、ここで作りたいと思い決めました。地元の会社だと、建てる時もそうですが建ってからもアフターサービスにすぐに動いてくれるので安心感があります。住まいは建てる時よりも住んでからのほうが長いですし、トラブルがあった時にすぐに対応してくれるというのは大切。まだ、どんな家にしたらいいのかというのを悩んでいた私たちに対して、いろいろなプラン、素材、アイデアを提案してくれて、家づくりを勉強させていただきました。やはり木のすばらしさ、癒し効果が見える住まいにしたくて、内装には木をたくさん使用して自然素材の住まいに決定。無垢の木は温かみがあり、触った感じも柔らかく癒されますので、フローリングにしたのは正解でした。夫の好みで、畳の部屋も作りましたが、純和風という感じではなく和モダンというおしゃれな感じを提案してもらい、それも良かったですね。木の住まいは、家族の健康を守りますし、家事や地震にも強くいい所がたくさんあります。木の性質をよく知っている永和住宅だからこそ、使い方がうまく、厳選された国産の木を使用。自社工場で加工しているのも、品質に狂いがなく安心できました。デザインも性能も全て満足しています。

ライオン先生

展示場のモデルハウス「白樺並木」を見て、その自然素材の存在感と癒し効果に感動し、すぐに話を聞きに行きました。その後も完成見学会でリアルサイズの住まいを確認し、とてもよかったのでお願いすることにしました。展示場のモデルハウスはとても大きく豪華な作りになっているので、自分の家として想像できないことが多いですが、完成見学会は、実際に建てた人の家を見ることができるので参考になります。木の内装もいいですが、自然素材の漆喰の壁やタイルもすごくおしゃれで、センスがいいなぁと感心しますね。デザインは素人なので、インテリアコーディネーターや設計士の方に、間取りの要望やこんなのがいいなぁという抽象的な意見を言ってあとはほとんどおまかせ。素晴らしい設計プランで、やっぱりプロは凄いと感動しました。自然素材の家は、健康に暮らすことができますし、年月が経つごとの変化を楽しむことができますね。これからも、何かあった時にお願いしようと思えるほど、対応でした。

ライオン先生

展示場の永和住宅の住まいを見て、こんな家に住みたいと思ったのがきっかけです。デザインだけではなく性能も大手よりもいいと思いました。完成内覧会も参加して、私たちと同じような子育て世帯の住まいを見せていただき、話を聞き、とても参考になりました。住んでみてよかったのは、床下冷暖房システムのココチアです。冬は足元が暖かいだけで、寒さを感じることが少なくなりましたし、エアコンに頼らない冷暖房は部屋の乾燥を防ぐことにもなりますので、とても快適ですね。毎年家族で風邪をひくことが多かったのですが、新居に引っ越してからは家族全員風邪をひいていないのも、ココチアのおかげかなぁと感じています。通常、床暖房は無垢材などの自然素材には使えないことが多いので、私たちもあきらめていたのですが、ココチアは無垢材にも使用できて自然素材をふんだんに使用した家でも大丈夫。今、家についているエアコンは1台だけなのですが、これで真冬も真夏も大丈夫。光熱費がかからなくなっただけではなく、室内がすっきりしていますし、エアコン掃除の手間もかからないし、節約以外のメリットも多いです。

ライオン先生

福井県は湿度が高くて冬は寒いし、初めて引っ越してきたときは考えていたのとは全く違って驚きました。住んでいるアパートでは、いろいろ不便を感じていましたし、快適に住みたいと思いマイホームづくりを真剣に考え始めました。昔から住むなら木の素材を感じられる住まいに住みたいと思っていて、いろいろなモデルハウスを見学に行った中で、一番良かったのが永和住宅でした。大手のハウスメーカーの住まいは、全国対応なので、福井県の気候や風土に合わせて作られたわけではありません。でも、永和住宅の住まいは、地元でずっと住まいづくりをやってきて福井県の気候や風土に合わせた住まいづくりを行っています。もともと木材店ということで、木に関してはスペシャリストですし福井の国産の木材も積極的に使っています。自社の工場でカットしているというのも、安心感につながります。営業の方も木の住まいのこだわりを話してくれて、ここで作りたいと思いました。建ててよかったと思うのは、やはり断熱性能でしょうか。断熱性、気密性が高いだけではなく、空調システムのココチアを導入することで、夏でも冬でも快適な住まい。光熱費は、アパートに住んでいた時よりも抑えられているのがびっくりです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

永和住宅の特徴を項目ごとに紹介!

ハウスメーカーによって住まいづくりの特徴が違います。

まずはその会社がどんな家を建てているのかを知ることが大切ですね。

永和住宅の住まいづくりの特徴、デザイン、価格など項目ごとにまとめました。

価格帯・坪単価

永和住宅の公式ページに記載されていませんが、住宅情報サイトによると50万円~70万円の坪単価です。

坪単価は設備などによって変わりますので、詳細はメーカー側に問合せしましょう。

デザイン性

永和住宅は福井県でナンバーワンの施工件数を誇るハウスメーカーで、今までいろいろなタイプの幅広いデザインを施工してきた実績があります。

自然素材を使用した木の住まいのデザインが得意で、木の良さを理解したうえでナチュラルなデザイン、街並みに調和するデザインを行います。

洋風、準和風、和モダン、などお客様のニーズに合わせたデザインが可能で、インテリアもトータルでデザインしています。

県内に5つある展示場には、それぞれ違ったタイプのデザインのモデルハウスを展示していますので、ぜひ見学してみてください。

耐震性

永和住宅が作る住まいは、耐震等級3という最高等級の認定を受けています。

地震の多い日本の住まいで、耐震性の高さは大切。

震度6強から震度7に相当する数百年に一度の大地震でも耐える強度が耐震等級1、その1.5倍の耐震性能が等級3です。

地震の揺れで建物が引っ張られたり、ゆがんだりします。木の建材に桧を使用することで、圧縮や引っ張りに強く、地震に強い素材を厳選。

また木造は、鉄骨やコンクリートに比べて軽量の木造は、地震の時に揺れにくい特徴があり、耐震性がアップするのです。

断熱性・気密性

永和住宅では、高気密高断熱の住まいに床暖をプラスした「ココチア」を誕生させました。光熱費を抑えることもできる、エコな住まいです。

断熱材に高性能断熱材のアクアフォームを採用。冬は暖かく夏は涼しい環境を作ります。窓はトリプルガラスで、部屋の快適な温度を保つだけでなく、外の花粉や騒音もシャットダウン。

この高気密・高断熱な環境に、全館冷暖房システムの「ココチア」を入れることで、1年中快適な温度を実現することができます。

保証・アフターサポート

永和住宅では、お客様との付き合いを、住まいづくりの時だけではなく生涯のパートナーとして考えています。

保証

25年間の長期保証制度を用意。

徹底したチェック体制、品質管理報告書で、万全の品質管理を行っています。

アフターサービス

50年間の無料点検を行っています。3か月、1年、5年、10年~と、以下5年ごとに点検を実施、最長で50年の無料点検を専門スタッフが実施します。

点検の時はお客様の意見のヒアリング、不具合の改善を実施。点検の時以外でも随時アフターフォローを行っていますので、何かありましたら相談してください。

工期

約7か月

構造・工法

永和住宅では従来の木造軸組工法にパネル工法をプラスした、木造軸組パネル工法「S.E.N.S」という工法を採用しています。

耐震性の高さと間取りの自由さを両立させた工法で、自社工場で、柱、梁、耐力壁を取り付けて一体化させ、一貫生産。

これによって、どの現場でも質を落とすことがなく、工期の短縮にもつながります。

この工法は日本住宅・木材技術センターによる「木造住宅合理化システム」の認定を受けている、安心の構法です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

永和住宅をおすすめしたい人はこんな人!

住まいづくりの特徴や口コミを見たうえで、どんな人が永和住宅にあっているのか、おすすめの人をまとめました。

地震や台風などの災害に強い家にしたい方

木造軸組工法にパネル工法をプラスすることで、どちらのメリットも取り込んだ木造軸組パネル工法を採用しています。

地震に強い工法は間取りの自由度を低く、広い間取りや大きな窓などが実現できませんでしたが、耐震性の高さと、自由な間取りどちらも可能にした工法です。

地震の横揺れと縦揺れに強く、日本に適した永和住宅の独自の工法で在来工法の9.3倍の強さがあります。安心して暮らすことができ、自由なプランが可能です。

地産地消・自然素材の住まいづくりを行いたい方

永和住宅はもともと木材の製材所として創業しています。木のプロとしてこだわりの国産桧、県産材の杉を使用するのも、木について知り尽くしているから。

そして自社工場で、製材から加工、組み立てまで一貫して生産できる強みがあります。安全で高品質な木を使用して、性能の高い木造住宅を作っています。

永和住宅の家づくりは商品によって、使う木が違い、それぞれ特徴があります。希望の方には、自社工場の見学ツアーも行っていますので、ぜひ参加してみてください。

光熱費を抑えた住まいを作りたい方

福井県の気候は特徴的で、冬は雪が多く、湿度が高い気候。エアコンを使うことも多くなり、光熱費も高くなる福井県で、永和住宅は、床下冷暖房システムのココチアを採用しています。

このココチアをプラスすることで、エアコン1台で家全体の冷暖房が可能。省エネで1年を通して大幅に光熱費を抑えることができます。

家全体の温度差がないため、ヒートショックのリスクも低減し、高齢者も安心。無垢材には床暖房が使えないことが多いですが、ココチアならば無垢材も自由に使うことができます。

各部屋にエアコンを置く必要がないので、部屋の中もすっきりしていて掃除やメンテナンスの手間もかかりませんね。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

永和住宅で注文住宅を建てる時の5つのステップ

それでは、実際に永和住宅をお願いするときは、どうすればいいのでしょうか。

注文住宅を建てる時の流れを紹介します。

①相談・契約

まずはお客様に永和住宅の住まいづくりを知ってもらうため、展示場を見学してもらいます。

その後は相談。基本方針を決定、住まいへの想いを存分に伝えてください。お客様の想いを図面に反映し、綿密な打ち合わせを行いながらプランを決めていきます。

施工図面が出来上がり、見積もり使用など納得したうえで契約となります。

②契約・着工

お客様、営業担当、設計、工事担当者の4社での打ち合わせを行います。

細かいプランが決まったら、永和住宅の専門コーディネータ尾が住まいの内装、外装、クロス、カーテンなどのコーディネートを行います。

サンプルを見ながら要望を踏まえて、専門的な角度からアドバイスを行います。

全ての準備が整ったら、地鎮祭を経て着工。

工事担当者はお客様に進行状況を説明、祭事もサポートします。

③着工・完工

基礎が出来上がり加工された木材の組み立て、家づくりを実感できる瞬間です。

上棟式も行います。

建物の強度、構造など建築の基準にあっているかの件さ、建築の検査員が確認を行います。

大工工事が完了したら、完了検査を実施。

④完工・引き渡し

全ての工事が完了した後に最終検査を実施します。

また、お客様の立会いの下に最終検査も実施。検査に不備がないか最中的に確認します。

代金の清算と同時に、引き渡し入居となります。

⑤引き渡し・アフターサービス

引き渡し後が本当のお付き合いの始まり。

アフターサービス、定期点検、などその後のサービスも充実しています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

永和住宅の会社情報

永和住宅の基本的な会社情報と対応エリアを紹介します。

永和住宅の会社概要

会社名 永和住宅株式会社
資本金 3,000万円
住所 福井市問屋町4丁目620番地
電話番号 0776-21-7788
設立年月日 1983(昭和58年)2月23日
事業内容 注文住宅の設計・施工・販売、不動産取引、建売企画販売、観光事業、木材の仕入・販売、木材の加工、住設・建築資材の販売

永和住宅が注文住宅に対応しているエリア

福井県

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

福井県で長年の歴史と施工実績がある永和住宅の住まいづくりについて、特徴やどんな人にお勧めなのかを紹介しました。

福井の土地は多雪高湿の独特な風土、特徴があり、その福井になじんだ木を使用した住まいづくりを、製材、加工、施工まで自社一貫体制で行っている、地元密着のハウスメーカーです。

自由な間取りと耐震性を両立した工法のS.E.N.S工法、優れた気密性と断熱性に全館冷暖房システムをプラスして、厳しい冬の季節も快適に過ごすことができ、さらに光熱費も抑えられます。

長年の実績もあり信頼できる、ハウスメーカー永和住宅の住まいが気になる方は、一度展示場を見学してみてください。

うちハピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /