岐阜県でおすすめの不動産会社15選!売買仲介や賃貸などカテゴリー別にご紹介!

不動産会社選びは難しいもの。どうやって自分に合った不動産会社を選んだらいいか悩んでいる方も少なくありません。

今回は、岐阜県でおすすめの不動産会社を地域別に特長や会社概要をご紹介します。

また不動産会社の選び方や注意点などもあわせて解説していきます。

ぜひ、岐阜県の不動産会社を選ぶ時の参考にしてみてくださいね!

もくじ

【岐阜県 地域別一覧】売買仲介でおすすめの不動産会社ランキング3選

岐阜県で、不動産の売買仲介でおすすめの不動産会社を地域別に見ていきましょう。

岐阜市でおすすめの不動産会社3選

岐阜市でおすすめの、売買仲介をしている不動産会社を3社紹介します。

1.(株)アール

アールは岐阜市にある地域密着型の不動産会社です。

不動産売買では土地・戸建てやマンションなど幅広く取り扱っています。

会社名 株式会社アール
所在地 〒500-8262 岐阜県岐阜市茜部本郷2丁目8-1
営業時間 9:30~18:30
休業日 日曜日
電話番号 058-215-7211

2.大京穴吹不動産岐阜店

大京穴吹不動産は本の不動産会社の中でトップクラスの実績がある、大京グループの不動産仲介部門です。

ライオンズマンションで有名ですね。

そのため特にマンションの売買仲介に強く、広いネットワークを持っています。

会社名 大京穴吹不動産岐阜店
所在地 〒500-8844 岐阜県岐阜市吉野町6-31 岐阜スカイウイング37 東棟2階
営業時間 10:00∼19:00
休業日 火曜日、水曜日(祝日を除く)
電話番号 0120-929-920、058-227-3436

3.原尾不動産

原尾不動産は、岐阜市にある地域密着型の不動産会社です。

創業60年以上の老舗です。

不動産売買、賃貸に加えて相続の資産問題、土地活用の相談業務も行っています。

会社名 原尾不動産
所在地 〒502-0002 岐阜県岐阜市粟野東4丁目27
営業時間 9:00~18:00
休業日 日曜日、年末年始、夏季休暇
電話番号 058-237-3108

大垣市でおすすめの不動産会社3選

大垣市でおすすめの、売買仲介をしている不動産会社を3社紹介します。

1.センチュリー21(株)真永不動産

真永不動産が運営する、不動産大手センチュリー21の加盟店です。

センチュリー21は全国800店舗以上のネットワークがあるため、データの蓄積量が多く価格が安定しているのが特徴。特に土地・戸建ての取り扱いが多いです。

会社名 センチュリー21(株)真永不動産
所在地 〒503-0808 岐阜県大垣市三塚町1022番地1
営業時間 9:30~18:00
休業日 毎週水曜日
電話番号 0120-82-2665 (代)0584-82-2665

2.テナントショップ大垣 (株)円満不動産

テナントショップ大垣(株)円満不動産は大垣市の地域密着型の不動産会社です。

西濃・岐阜市近郊エリアを中心に不動産売買仲介と賃貸マンション・アパート管理を行っています。

会社名 テナントショップ大垣 (株)円満不動産
所在地 〒503-0807 岐阜県大垣市今宿6丁目52-16

ソフトピアジャパン ドリームコア2F

営業時間 9:30~18:00
休業日 不定休(年末年始、GW、夏季休暇は休業)
電話番号 0584-81-3308

3.    (株)夢のおてつだい ハウスドゥ大垣

(株)夢のおてつだいはハウスドゥのフランチャイズ店舗を展開している不動産会社です。

会社名 (株)夢のおてつだい ハウスドゥ 大垣
所在地 〒503-0864 岐阜県大垣市南頬町1丁目116-1
営業時間 9:00~20:00(時間差出勤制度を導入しています)
休業日 年中無休(年末年始を除く)
電話番号 0120-08-3770、0584-84-7200

各務原市でおすすめの不動産会社3選

各務原市でおすすめの、売買仲介をしている不動産会社を3社紹介します。

1.(株)イープロジェクト

(株)イープロジェクトは岐阜・愛知尾張地区を中心とした不動産の相談業務を行っています。

何かあればすぐに駆け付けられる、地域密着型にこだわっています。

会社名 (株)イープロジェクト
所在地 〒509-0132 岐阜県各務原市鵜沼西町1丁目613-1

リビングスタジオ・ラクラシエ

営業時間 9:00~18:00
休業日 火曜日・水曜日、年末年始、GW、夏季休暇
電話番号 058-216-3777

2.(有)エステートプラン

エステートプランは各務原市の地域密着型不動産会社です。

女性スタッフが常駐し、キッズコーナー付きの打ち合わせ室もあるので、女性のみ、小さな子ども連れでも相談しやすいです。

税理士、司法書士、弁護士、金融機関と提携関係があります。

また、母体が株式会社創建という工務店なので新築、中古物件のリノベーションやリフォーム、改修からご入居後のメンテナンスも可能です。

会社名 (有)エステートプラン
所在地 〒504-0838 岐阜県各務原市那加不動丘2丁目33-1
営業時間 9:00~18:00
休業日 日曜不定休、年末年始、夏季休暇
電話番号 058-338-3387

3.ヤマダ不動産 可児店 (株)ライフタイムパートナーズ

ヤマダ不動産可児店(株)ライフタイムパートナーズは大手電機会社ヤマダHDグループの不動産会社です。

購入時にヤマダポイントが貯まったり(最大10万ポイント)、家電を特別割引で購入できたりというサービスがあります。

会社名 ヤマダ不動産 可児店 (株)ライフタイムパートナーズ
所在地 〒509-0132 岐阜県各務原市鵜沼西町2丁目140
営業時間 10:00~19:00
休業日 水曜日、年末年始、GW、夏季休暇
電話番号 058-370-7611

その他の地域でおすすめの不動産会社3選

その他の地域でおすすめの、売買仲介をしている不動産会社を3社紹介します。

1.センチュリー21(株)サグチ不動産(多治見市)

サグチ不動産が運営する、不動産大手センチュリー21の加盟店です。

センチュリー21は全国800店舗以上のネットワークがあるため、データの蓄積量が多く価格が安定しているのが特徴。

岐阜県内でもトップクラスの実績があり、特に土地・戸建ての取り扱いが多いです。

会社名 センチュリー21(株)サグチ不動産
所在地 〒507-0016 岐阜県多治見市金岡町3丁目40-1
営業時間 9:30~18:30
休業日 毎週水曜日
電話番号 0572-21-3921

2.ハウスドゥ!可児店(株)新和建設(可児市)

新和建設が運営するハウスドゥグループのフランチャイズ店舗です。

ハウスドゥグループは多くの店舗を持っているため、査定額が安定しているのが特徴です。

不動産に関する相談業務を幅広く行っています。

会社名 ハウスドゥ!可児店(株)新和建設
所在地 〒509-0214 岐阜県可児市広見2丁目38番2
営業時間 9:00~18:00
休業日 毎週水曜日
電話番号 0574-48-8981

3.(株)ロビン 高山店(高山市)

(株)ロビン 高山店は高山市、飛騨市、下呂市を中心に飛騨エリアの不動産を取り扱っています。

会社名 株式会社ロビン 高山店
所在地 〒506-0807 岐阜県高山市三福寺町251番地
営業時間 8:00~17:00(営業時間外での対応可)
休業日 火曜日・水曜日、年末年始、夏季休暇
電話番号 0120-620-017

【岐阜県】賃貸でおすすめの不動産会社ランキング3選

岐阜県内で、賃貸物件を取り扱っているおすすめの不動産会社を3社紹介します。

1.アパマンショップ岐阜店 アパートセンター株式会社(岐阜市)

アパートセンター株式会社が運営する、アパマンショップのフランチャイズ店舗です。

会社名 アパマンショップ岐阜店 アパートセンター株式会社
所在地 〒500-8847  岐阜県岐阜市金宝町3丁目 1
営業時間 10:00~18:30(受付は18:00まで)
休業日 水曜日
電話番号 058-266-6780

2.ホームメイトFC大垣東店 (株)住まいる(大垣市)

ホームメイトFC大垣東店は株式会社住まいるが運営するホームメイトのフランチャイズ店舗です。

仲介手数料ゼロや、フリーレントの物件も一部取り扱いがあります。

会社名 ホームメイトFC大垣東店 (株)住まいる
所在地 〒503-0817 岐阜県大垣市上面2丁目81-1
営業時間 10:00~18:30
休業日 毎週火・水曜日、年末年始、夏期休暇
電話番号 0584-84-2131

3.(株)ニッショー 可児支店(可児市)

ニッショーは、愛知県・岐阜県・三重県に74の拠点をもつ不動産会社です。

ファミリー・カップル向けから単身者向けまで幅広い賃貸物件の取り扱いがあります。

会社名 株式会社ニッショー 可児支店
所在地 〒509-0214 岐阜県可児市広見1丁目33-1リアルビル1F
営業時間 10:00~18:00
休業日 水曜日
電話番号 0574-61-0900

失敗しない不動産会社の選び方

ここまで、岐阜県のおすすめの不動産会社を紹介してきました。

では、不動産会社はどう選べばいいのでしょうか?

ここからはそんな疑問について詳しく解説していきたいと思います。

大手?地元密着型?不動産会社のタイプはどう選ぶ

大手と地元密着型、それぞれメリットとデメリットがあり、それを知ったうえで選ぶ必要があります。

しかしそれを解説する前に……まず大手というとたくさんの物件を持っていそうなイメージがあるのではないでしょうか?

でも実際は、大手不動産会社でも地域密着型不動産会社でも案内できる物件はだいたい同じなのです。

というのも不動産会社専門の物件データベース「REINS」は全国ほぼすべての物件を網羅していて、不動産会社はどこもこのデータベースで情報を共有しているから。

そのため、扱っている物件は大きくはかわらないのです。

では、何が違うのか?それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

大手不動産会社のメリットとデメリット

大手不動産会社は「取引している数」と「社員数」多いことがメリット。

そして「社内の決まりが多い」ということがデメリットになります。

まずメリットとしては全国規模で取引実績や顧客情報(売主、貸主、買主、借主のすべて)が多いため、離れた土地のデータや過去のデータでも、それをもとに話ができることです。

そして、売主・貸主にとっても、潜在的な買主・借主のデータが多いためマッチングしやすいという点で有利になります。

また、社員数が多いことで教育体制もしっかりしている会社が多いです。

反面、デメリットとしては会社の規模が大きいだけに、規律に縛られて融通がきかない部分がある点があげられます。

また、個人の営業成績を競い合わせているような会社では、強引な営業をしてくる担当者にあたってしまう可能性がある点も注意が必要です。

地域密着型不動産会社のメリットとデメリット

地域密着型の不動産会社のメリットは「その地域に特化した情報」と「規模が小さい」こと。

地域密着型なので、その地域の利便性や風土気候にあったアドバイスができる点が最大の強みです。

また、地域に独自のネットワークをもっている不動産屋も少なくありません。

そして、規模が小さいがゆえに融通がききやすいという点もメリット。

また、社員数も少ないため個人能力の高い担当者と出会える可能性も比較的高いと言えます。

デメリットはやはりエリア外が少し苦手な点と何かあった時の保証は確認しておいたほうが良いという点です。

仲介手数料は多額になる

仲介手数料は売却活動に対する成功報酬です。

不動産会社は不動産を売却するために、情報をウェブサイトや広告で広めたり、購入検討者の物件見学に立ち会ったりといった売却活動をします。

そして、その売却活動によって売買が成立した時にはじめて成功報酬として仲介手数料を不動産会社に支払うことになります。

さて、仲介手数料がどれくらいかかるのかは、やはり気になりますよね。

仲介手数料は法律で以下のように上限額が決められています。

宅地もしくは建物の取引物件価格 仲介手数料
税抜き200万円以下 取引物件価格(税抜)×5%+消費税
税抜き200万円を超えて400万円以下 取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
税抜き400万円を超える 取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税

 

参照URL:宅地建物取引業法

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bt_000266.html

https://www.mlit.go.jp/common/001307055.pdf

https://www.mlit.go.jp/common/001307056.pdf

 

たとえば、税抜きで4000万円の物件を取引したとしましょう。

仲介手数料 = 4000万円 × 3% + 6万円 = 126万円(税抜き)

消費税が10%とすると138万6000円(税込み)が仲介手数料の上限になります。

「結構高いんだな」と思った人もいるでしょう。

ただし、この金額はあくまでも上限額。

会社によっては売手と買手どちらかからしか仲介手数料をもらわなかったり、仲介手数料を折半したりして積極的に手数料を減額をしているところもあります。

会社によっては仲介手数料を無料にしているところもありますよ。

ただし、サービス内容や納得のいく交渉をしてもらえるかなどはしっかりとリサーチしておくべきです。

仲介手数料の安さに飛びついてしまうと後悔することにもなりかねないので、注意が必要です。

おとり物件には注意

「おとり物件」とは、不動産業者のネット情報には公開されているものの、実際には契約できないような物件のこと。

情報は公開されているのに既に契約済みだったり、そもそもの募集が行われていないなんてこともあります。

なぜ「契約できない物件」の公開がされているのでしょう。

もちろん賃貸情報の更新のし忘れの場合もあります。しかし、集客のためにわざと目立つ物件を公開している悪質なものがほとんどです。

そのため

  • 周囲の価格の相場より明らかに安価でお得感がある格安物件
  • その会社1社だけしか取り扱っていない物件
  • 特殊な契約条件(定期借家契約・入居時期応相談など)
  • 物件詳細情報に空欄がある

などにあてはまっている物件は要注意。

「おとり物件」を疑ってみる必要があります。

最後は会社よりも担当者で選ぶ

不動産会社を選ぶことは大事なことですが、やはり最終的には担当者の熱意や誠実さの有無が売買成功のカギとなります。

人と人とのやり取りですから、どんな会社に属する人でも自分と合う合わないは必ず出てくるものです。

そのため重視すべきはやはり担当者との相性、コミュニケーション力、対応力など。

会社のサービス内容だけでなく、担当者をよく見て会社選びすることをお勧めします。

まとめ

今回は、岐阜県の不動産会社をエリアごとに紹介しました。

納得のいく取引のためには情報収集が重要。

たくさんの会社を下調べをして、じっくり比較検討して選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です