一戸建ての平屋でおしゃれな暮らしを!7つの魅力や新築の価格相場を解説

「マイホームを建てるなら、おしゃれな平屋もいいかも」
「平屋に住む際に、注意するべきポイントを知っておきたい…」
「コストを抑える方法があれば、教えてほしい!」

コンパクトな外見でありながら、高天井で広い空間がおしゃれな平屋。マイホームを建てる際の選択肢のひとつとして、チェックしておきたいですよね。

実際に、家族構成や生活スタイルによっては平屋がベストな場合もあります。

そこで本記事では、次の情報をまとめました。

  • 一戸建て平屋の7つの魅力
  • 注意するべき6つのポイント
  • 平屋の新築価格の相場やコストを抑えるコツ

本記事を読めば、客観的に平屋の魅力や注意点を知りながら、自分に合っているかを確認することができます。

一生でそう多くはやってこないのマイホーム選びで失敗しないために、ぜひ最後までご覧ください。

一戸建て平屋の7つの魅力

一戸建ての平屋には、二階建てにはない魅力があります。

デザイン面から生活面、緊急時の対応まで考えると、次の7つがとくに大きな魅力といえるでしょう。

  1. 天井を高くして、おしゃれな内装を楽しめる
  2. 一人暮らし・夫婦でゆったり住める
  3. 中庭つきで自然を感じて過ごせる
  4. 子どもから高齢者まで、生活がしやすい
  5. 家事で階段の上り下りをせずにすむ
  6. IoTを活用しやすい
  7. 二階建てに比べて地震や台風に強い

それぞれ具体的に解説します。二階建てや集合住宅の特徴とぜひ比較しながらチェックしてみてください。

1. 天井を高くして、おしゃれな内装を楽しめる

平屋の一戸建ては、2階がない分天井を高く作りやすいです。

おしゃれな内装を楽しみたい方にとって、空間を広く使える高天井は人気となっています。

照明や家具にこだわるのはもちろん、天井窓や高窓で自然光を取り入れるなど、設計段階から工夫するのもよいでしょう。

せっかくのマイホーム、自分好みのおしゃれな空間を作りたい方にとって、平屋の高い天井は大きな魅力です。

2. 一人暮らし・夫婦でゆったり住める

一人暮らしの方や夫婦にとって、ゆったり住める平屋はとても魅力的な住居です。

平屋のデメリットとなるプライバシーの確保の難しさは、一人暮らしや夫婦の方の場合ほとんど問題になりません。

むしろ、家の全体的な雰囲気を把握しやすい家は、安心感があるでしょう。

ゆったりと安心して生活したいという一人暮らしや夫婦の方にとって、平屋のコンパクトな面が魅力となります。家族が増える予定があっても、部屋数の多さを意識したり、プライバシーを確保できるように工夫したりすれば、ゆったりと生活することは可能です。

3. 中庭つきで自然を感じて過ごせる

中庭付きの平屋なら、生活の中に自然を感じながら過ごせます。

中庭が見える大窓を作れば、意識しなくても日常生活で緑が目に入るでしょう。窓から中庭の景色が見えると、実際の住空間よりも広く感じやすいです。

夏には友人を招いてバーベキューをしたり、子どもやペットを自由に遊ばせたりと、楽しみが増えるのも嬉しいポイント。

自然を感じながら生活したい方にとって、中庭はとてもよい空間になります。

4. 子どもから高齢者まで、生活がしやすい

平屋には、子どもから高齢者まで生活がしやすいという魅力もあります。家の中に階段を作る必要がないからです。

さらに小さな段差も極力減らせば、バリアフリーも実現できます。

二階建ての家の場合、自分が歳をとって階段の上り下りがおっくうになってしまったという人も。子どもの成長やご両親の介護を考えて、バリアフリーの平屋を選ぶケースもあるでしょう。

住む人にとって優しい家であることは、平屋の大きな魅力のひとつです。

5. 家事で階段の上り下りをせずにすむ

階段がない平屋は、毎日の家事を楽にしてくれます。上り下りが必要なくなる分、体力を消耗せずに済むからです。

たとえば、洗濯機が1階に設置されており2階のベランダで干す場合、重い洗濯物を持って毎日階段を行き来しなければいけません。

年齢を重ねてから階段を行き来するのは大変なこと。毎日おこなう家事だからこそ、小さなストレスも減らしたいですよね。

家事をする人にとって、階段のない平屋は助かる点が多いでしょう。

6. IoTを活用しやすい

二階建てと比較すると、平屋はIoTを活用しやすいのも魅力です。
1階と2階のように分断されておらず、ひとつのIoTをフル活用できます。IoTとは、インターネットやテクノロジーを用いた暮らしやすい社会のことです。

IoTを導入すれば「アプリや音声操作で家電のスイッチを入れる」といったスマートな暮らしが実現します。

わかりやすい例をあげるならば、平屋ならお掃除ロボットは1台あれば十分でしょう。段差のない間取りを設計することで、家中を1台のロボットで掃除できます。

しかし二階建てでは階段が必須なので、1階と2階とで最低でも2台のお掃除ロボットを導入しないと完全な自動化はできません。

照明や家電を操作するIoTも、1台持っていれば足りる場合が多くなります。

IoTを有効に取り入れて、生活を豊かにしやすいのは平屋のメリットです。

7. 二階建てに比べて地震や台風に強い

平屋は二階建てに比べて、地震や台風に強いのも魅力のひとつです。

大きな理由は、建物の低さだと言われています。

家が大きく揺れてしまう地震も、強烈な風が吹き付ける台風も、家の高い位置ほど大きなダメージを受けてしまいます。

平屋は当然ながら二階建てよりも低い作りが多く、また間取りもシンプルになりやすいことから被害が拡大しにくいです。

災害は避けることはできませんが、被害が大きくなりにくいことは、魅力のひとつと考えてよいでしょう。

一戸建て平屋の6つの注意点

魅力の多い一戸建てですが、中止しなければならないポイントもあります。

具体的には次の6つです。

  1. 十分な広さの土地が必要
  2. 新築の価格が高くなりやすい
  3. 賃貸住宅があまり出回っていない
  4. プライバシーの確保が難しい
  5. 空き巣に狙われやすい
  6. 水害に弱い

住み始めてから「イメージと違った」とギャップを感じたともしても、建て直したり買い替えたりすることは簡単ではありません。人生の中でも大きなライフイベントで後悔しないよう、それぞれの理由まで確認していきましょう。

1. 十分な広さの土地が必要

平屋を建てるためには、土地の広さが必要になります。建ぺい率という法律の制限を受けるからです。

建ぺい率とは、土地の広さに対して建物の面積を制限する法律のこと。

建ぺい率は土地ごとに定められており、土地面積が40坪で建ぺい率が50%の場合は、20坪の平屋しか建ててはいけないということになります。

平屋を新築で建てる場合は、土地の広さは十分かどうかにも注意が必要です。

2. 新築の価格が高くなりやすい

新築の平屋は、二階建ての建築に比べて坪単価が高くなりやすい点にも、注意した方がよいでしょう。

坪単価が上がってしまう理由は、1階の床面積が広い分、基礎工事が多くなってしまうからです。

たとえば床面積のべ30坪の家を建てたい場合、二階建ての場合は1階部分が15坪であるのに対し、平屋は30坪まるまる1階部分です。

基礎工事の範囲が広くなってしまい、同時に屋根の建材も必要となります。

そのため、坪単価で計算すると二階建てよりも平屋の方が高くなるケースが発生しやすいのです。

3. 賃貸住宅があまり出回っていない

一戸建ての平屋は、賃貸住宅で探すのは難しいでしょう。

そのため、新築で建てるか中古物件を買うかの選択肢が多くなります。

「一度は賃貸で住んでみて、自分に合っているか試したい」という方にとっては、チャンスが巡ってきにくいかもしれません。

また、ローンを組みたくない方にとっても、賃貸物件が出回っていないことはデメリットです。

平屋の一戸建てにどうしても賃貸で住みたい場合は、物件が見つかるのを気長に待つ必要があるでしょう。

4. プライバシーの確保が難しい

平屋の一戸建ては、プライバシーの確保が難しい点に注意しましょう。

寝室もリビングも同じフロアに存在するため、お互いに干渉してしまう可能性が高くなります。

たとえば、受験勉強を頑張っている子ども部屋と、テレビを見ながら団らんを楽しむリビングが隣同士では、集中できる環境とはいえないでしょう。

あるいは、夜勤と日勤がある不規則な仕事のスタイルの場合、寝ている家族に気を遣いながらの生活は大変なはず。

平屋では、お互いのプライバシーの確保が難しいことに注意が必要です。

5. 空き巣に狙われやすい

一戸建ての平屋では、空き巣に狙われやすいという弱点があります。駐車場や照明の状況が外から把握しやすく、下見の対象にされやすいからです。

場合によっては下見で家族構成などもわかってしまいます。

塀や柵を工夫して家の中を見られないようにする、窓の施錠を強化するなどして、空き巣対策を万全にするとよいでしょう。

6. 水害に弱い

一戸建ての平屋は、二階建てに比べると水害に弱いというデメリットも。床が浸水しても、高い階に逃げられないのです。

大雨などによって水害の危険性が増した場合は、特に注意が必要。盛り土をして周りよりも一段階高い位置に平屋を建てたり、川のある方角は高い塀で囲んで水の侵入を防いだりと、工夫しましょう。個人で全て決めるのではなく、ハウスメーカーとよく相談してみてください。

普段から避難場所をチェックしておくなどして、もしもに備えておくことも大切です。

一戸建て平屋の価格は安い?相場や予算を抑えるポイント

一戸建ての平屋を新築で建てた場合、費用がどれくらいかかるのかも気になりますよね。

ここでは、次の3点を解説します。

  1. 2~3LDKの平屋一戸建ての価格は1,000~2,000万円
  2. 高くなりがちなポイントは屋根と基礎工事
  3. コストを抑えるポイントは設計のシンプルさ

ローンは、定年後まで付き合う可能性がある大きな選択。子供の進学などと重なる時期もあるので、ライフイベントと照らし合わせて計画を立てることが大切です。

コストを抑えたい方は、ぜひそれぞれチェックしてみてください。

1. 2~3LDKの平屋一戸建ての価格は1,000~2,000万円

一戸建て平屋の新築価格は、仮に2〜3LDKと仮定した場合、1,000〜2,000万円程度です。

外装や間取りにこだわった場合は、さらに上限なく高額になります。

たとえば同じ平屋でも、長方形の「I字型」と中庭付きの「コの字型」では後者の方が建築費用は高いです。

1,000〜2,000万というのはあくまで目安であると考え、詳細はハウスメーカーや工務店に確認することをおすすめします。

2. 高くなりがちなポイントは屋根と基礎工事

一戸建ての平屋の建築費が高くなるのは、屋根と基礎工事の価格の影響が大きいです。建物すべてが地面に面している平屋では、基礎工事の範囲がどうしても広くなってしまいます。

加えて、屋根には断熱材なども必要になるため、建材にかかる費用も大きくなりがちです。

とはいえ、ここで費用を抑えようとすれば、夏の暑さや冬の寒さが一層きびしいものとなるでしょう。

屋根と基礎工事については、平屋の必要コストであると考えることをおすすめします。

3. コストを抑えるポイントは設計のシンプルさ

平屋の建築コストを抑えるポイントは、設計をシンプルにすることです。

間取りでいえば、複雑な「コの字」や「ロの字」の平屋にするのではなく、「I字」にする方が費用は安くなるでしょう。凹凸の少ない間取りにした方が外壁に必要な資材の量や施工の手間をカットできるためです。

また、部屋数が少ないほど壁の枚数を抑えられるため、コストカットにつながります。

水回りもこだわりだすとキリがありません。費用を抑えるには設備のグレードを上げすぎず、必要なカスタマイズだけに絞って設計することが重要です。

コストだけを見ると間取りやデザインがシンプルになりすぎてしまうため、理想を叶えながらちょうどよいポイントを見つけていきましょう。

一戸建ての平屋で、自分にあった暮らしを実現しよう

一戸建て2〜3LDKの平屋は、新築の場合1,000〜2,000万円になるでしょう。

ただしこれはあくまで目安であり、外装や内装にこだわれば費用はもっと高額になります。とくに屋根と基礎工事は、平屋の建築価格が上がりやすいポイントです。

二階建てと比較すると価格が上がりがちですが、平屋なら年齢を重ねても長く住み続けられる、暮らしやすさを重視した住宅となるでしょう。

プライバシーの確保が難しかったり、土地を広くとる必要があったりと平屋だからこその注意点もあります。

ハウスメーカーに心配事やリクエストをよく伝え、納得のいくマイホーム作りを目指してくださいね。

 

※令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /