ハウスメーカーと工務店の違いは何?わかりやすく解説

家を建てたい!と思ったときに、大切な家づくりのパートナーになってくれるのが、ハウスメーカーや工務店です。

しかし、それぞれについて漠然としたイメージはあっても、違いまで理解している人はあまり多くはないでしょう。

満足のいく家を手に入れるためには、パートナー選びが大きなポイントになります。

ここでは、そんなハウスメーカーと工務店の違いについて、わかりやすく解説していきます。

ハウスメーカーと工務店とは

ハウスメーカーと工務店には家づくりの流れに関して重なる点も多いですが、違いもあります。

ここでは、ハウスメーカーと工務店、それぞれについてと、家づくりの流れについて解説します。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは、広範囲な営業網をもつ大手住宅メーカーのこと。部材の生産から設計、施工にいたるまで、工場生産化率を高めてシステム化されている。土地探しや資金計画、アフターサービスまで、家づくり全般にわたるサービスを行っているのが特徴。

引用_weblio辞書 ハウスメーカー

実際には、ハウスメーカーの中には、〇〇工務店という名前では全国規模で展開しているところもあり、ハウスメーカーと工務店の間には明確な線引きはありません。

ただし、会社の規模が1つの判断基準になります。ハウスメーカーは、広い地域に複数の支店があります。

また、テレビや新聞雑誌などで広告を見る機会があるなど、大規模に事業展開をしているところがほとんどなので、イメージしやすいのではないでしょうか。

不動産業や他の業種の親会社やグループ会社が存在するところも多く、土地紹介や機能、設備の研究など協力体制が整っているところもあります。

工務店とは

一般に工務店とは、比較的狭い営業エリア内で地元に密着した活動を行っている建設会社のこと。伝統的な木造軸組工法を得意とする工務店が多く、基本的には自由設計で、建築主(施主)の好みや条件に合わせ設計してくれるのが特徴だ。また、「建築条件付き土地」の分譲を行っている工務店も多い。いずれも、地域密着型のため、何か困ったことがあった場合にも素早い対応が期待できる。

引用_weblio辞書 工務店

まず、昔ながらの地域密着の大工さんをイメージしてください。

それが一番分かりやすいです。

市区町村程度の規模が多く、大きくても都道府県をまたぐようなことはほとんどありません。

ただし、今はハウスメーカーのフランチャイズや下請けを中心に仕事をしているところもあり、形態にも幅が出てきています。

家の建築の流れはほぼ同じ

ハウスメーカーも工務店も家の建築の流れに違いはほとんどありません。

まず、施主の間取りや予算などの希望を聞いて、設計プランや予算計画を作成します。

それをもとに、打ち合わせを繰り返し、契約になります。

プラン作成に関しての時間や営業マン、設計担当などの違いはハウスメーカー、工務店、それぞれ違いますが、大まかな流れは同じだと思ってください。

ハウスメーカーと工務店の違い

みなさんは、ハウスメーカーと工務店の違いについて、どんな点が気になるでしょうか。

ここではみなさんが気になる比較ポイントの上位をピックアップしました。

下記のポイントに関して、ハウスメーカー、工務店、それぞれ比較していきます。

①規模

②価格

③プラン

④展示場、ショールーム

⑤技術力、職人のレベル

⑥工期

⑦アフターフォロー

規模

上でも書きましたが、ハウスメーカーと工務店の一番大きな違いはその規模です。

ハウスメーカーは全国展開など、かなり大きな規模で事業展開をしています。

ハウスメーカーはCMや広告などで目にする機会も多いので、なんとなく親近感や安心感を覚える人もいるでしょう。

一方で、工務店は市区町村、大きくても県レベルぐらいの地域密着の規模で事業を行っています。

テレビや新聞、雑誌などでも見る機会は少ないですが、地元密着なので、近所で建設現場を見ていいなと思ったり、実際に建てた人の話を身近で聞くチャンスがあったりするのもいいところです。

その地域にあったプラン作りにも力を発揮してくれます。

価格

価格はハウスメーカーのほうが全体的に高い傾向にあります。

これは建物の価格だけではなく、テレビや新聞広告、展示場の運営のための料金が上乗せされているからです。

ハウスメーカーも部材の規格統一をはかり、大量生産することで、コストを下げる努力はしていますが、それでも工務店のほうが安いことが多いです。

ハウスメーカーは工事を下請けの工務店に任せているところも多く、現場の職人を直接雇用している場合よりも建築費は高くなります。

プラン

間取りや外観などのプランに関しては、工務店のほうが自由度が高くおススメです。

ハウスメーカーは規格やコンセプトが決まっているため、制限があることも多く、どうしてもどこかで妥協する点が出てしまいます。

自分達の好みに近いハウスメーカーを選ぶことで、外観、内装などはある程度希望に近いものができるのも事実です。

けれども、完全に自分達の希望の間取りにしようとすると、予算が上がってしまう傾向にあります。

展示場、ショールーム

ハウスメーカーは展示場やショールームを持っていることが多いため、間取りやインテリア、価格などがイメージしやすいのが強みです。

一方で、工務店は展示場やショールームを持っていないこともあります。

もし、展示場やショールームがない場合は、ホームページを見たり、実例集などのカタログを取り寄せたりして、間取りや予算の参考にするようにしましょう。

技術力、職人のレベル

技術力はハウスメーカーのほうが高いと言えます。

自社で研究開発をしていて、新しい技術や情報収集なども進んでいます。

また、職人のレベルに関しては、一般的には、ハウスメーカーは職人のレベルはある程度確保されていて、工務店は現場を担当する職人のレベルに左右されると言われることが多いです。

しかし、実際にはハウスメーカーも下請けの工務店に発注し、ハウスメーカーの現場監督がたまに現場を巡回するだけの場合も多いため、どちらがレベルが高いかは一概には言えません。

実際には、現場を担当する職人の腕によるところが大きいと言えます。

ただ、ハウスメーカーの場合、工場などである程度のところまで部材の組み立てをすることが多いので、職人のレベルに関わらず、一定のレベルが確保されているというのも事実です。

工期

工期は一般的にハウスメーカーのほうが短いです。

ハウスメーカーの工法にもよりますが、長いところでは工務店との工期の差は1か月以上にもなります。

これは上でも話しましたが、ハウスメーカーの多くが作業の効率化を考え、できるだけ工場で部材の組み立てを行うためです。

その結果、現場での作業は少なくなり、工期も短くなります。

アフターフォロー

ハウスメーカーの場合、定期点検や10年保証などがついていることが多いですが、工務店はその業者独自のシステムをとっているため、必ず話を聞いて、確認をするようにしましょう。

何かあったときには、工務店のほうがすぐに駆けつけてくれますが、ハウスメーカーはハウスメーカーで部材などのストックなども多いため、修理の際には強みになります。

デメリットを埋める裏テクニック

上で項目ごとにハウスメーカー、工務店のメリット、デメリットなどをお話ししました。

しかし、実はデメリットを埋めるためのテクニックもあります。

ここでは、知っておいてほしいテクニックについてご紹介します。

ハウスメーカーは契約の時期を考える

ハウスメーカーは工務店と比べて、価格が高くなってしまう傾向にあります。

そこで考えていただきたいのが、契約の時期です。

ハウスメーカーの多くは、9月と3月が会社の決算の時期になります。

この時期は、なんとか予算やノルマを達成しようと、営業マン、会社などが必死になり、他の時期よりも値引きやサービスが期待できます。

ですから、その数か月前からプランの打ち合わせなどを始めて、この時期に契約をするのをおススメします。

工務店は実例や現場見学をする

工務店は展示場やショールームを持っていない場合もあるとお話しましたが、その点を埋めるためには、その工務店が建築した住宅や建設中の現場を見せてもらうようにしましょう。

実際に人が住んでいる住宅は、大きさや間取りの参考にもなりますし、住んでいる人の話が聞いて、判断のポイントにすることもできます。

また、現場見学は、実際に現場を見ながら質問も可能です。

契約をしたら、まめに現場に

これはハウスメーカー、工務店どちらとも言えますが、家を建て始めたら、ときどき現場に行くようにしましょう。

現場で職人さんに質問もできて安心ですし、職人さんも顔を合わせる回数が増えると、いい出来栄えの家にしようという気持ちが強くなるものです。

悩んだら、何をポイントに選んだらいいか

最後に、ハウスメーカー、工務店で悩んだときの判断のポイントについて、お話しをします。

ハウスメーカー、工務店、それぞれ強み、弱みがあります。

建築業者選びのポイントはハウスメーカーと工務店の違いというよりは、それぞれの業者についての詳しく仕様や工法などについて、調べたり比較したりすることが重要になります。

ここでは、判断のポイントについて、解説をしていきます。

悩んだら、実際に話を聞く

まず、問い合わせをして、カタログを手に入れたり、展示場を見学したりして、自分のイメージに近いものをいくつかピックアップします。

そして、実際に、営業担当などと話をしてください。

詳しい話を聞くと、さらに自分達の要望もはっきりして、お願いしたいところが自然にしぼられてきます。

また、話をしているうちに、営業マンや設計者などこの人にだったら任せたいという担当者に出会えることもあります。

気の合う担当者だと、遠慮せずに要望を伝えることもでき、満足ができる家づくりにもつながるでしょう。

優先順位を決める

いくつかのハウスメーカー、工務店にしぼったら、自分達の優先順位について考えましょう。

設計プラン、設備・仕様、予算、建築条件付きの土地(建物を建てる業者が決まっている土地)の購入、工期など、様々な条件がある中で、どの優先順位が高いか、または自分達の希望に近いかで判断するようにしてください。

まとめ

ハウスメーカーと工務店の違いについて、解説してきました。ハウスメーカー、工務店、それぞれに強み、弱みがあるので、自分達の要望には優先順位をつけて考えるようにしましょう。

家は高い買い物です。

しっかりとした建築のパートナー選びで、理想を形にし、快適な住環境を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です