ビルトホームの新築一戸建て-建売分譲住宅の評判・口コミ【2020年版】オプションやアフターサービスの充実度は?

ビルトホームは、飯田グループホールディングスのグループ企業です。

飯田グループホールディングスの傘下には、一建設株式会社、株式会社飯田産業、株式会社東栄住宅、タクトホーム株式会社、株式会社アーネストワンなど、計6社が所属しており、飯田産業のグループ会社に、ビルトホーム、オリエンタルホーム、ユニバーサルホームなどがあります。

マイホームを探している方なら知っている名前がいくつかあるでしょう。

その中のひとつ、ビルトホームについて詳しく紹介していきます。

もくじ

ビルトホームの新築一戸建て-建売分譲を購入した人の評判・口コミまとめ

ビルトホームの評判はどのようなものでしょうか?

気になる悪い評判と良い評判を紹介します。

ビルトホームの悪い評判

・飯田産業グループになったことで、設備などが大量に購入されコスト削減がされているようです。

安く建てられるのは良いですが、やはりチープさがあり、見た目を良くしようとするとコストがかかってしまいます。

・高級感を求めるのであれば、ビルトホームはおすすめしません。

営業の方も、丁寧で態度が良いとは言えませんが、担当によって変わるかも。

施工業者も下請けによって当たりはずれがあり、自分の場合は悪くありませんでしたが能力に左右されます。

ビルトホームの良い口コミ

・マイホームを考えた当初、住めればいいかなという考えだったのです。

しかしビルトホームの営業さんと話をしていると、様々な提案をしていただき、夢が膨らんでいきました。

結果的にはこだわりが詰まった家になりましたが、家の価格が抑えられたので土地代にお金を回すことができました。

思い通りのマイホームが手に入り、出会った営業さんに感謝しています。

・家を購入するときの希望は、人の集まる家でした。

希望する家と費用のバランスを考えくれたのがビルトホームの営業の方。

こうしたいと希望したことに対して、決して「できない」と言いませんでした。

元々は一階にリビングを設置するつもりでしたが2階に変更し、階段下のデッドスペースに収納と洗濯機置き場にしたことで、広いリビングを確保できました。

これらの提案は全てビルトホームの営業さんです。

・3階建ての家が希望でした。

地震や火事に強い安心できる家というのも条件でした。

他のハウスメーカーも回りましたが、条件を満たす住宅で一番コスパが良かったのがビルトホーム。

耐震等級が3というのも決め手になりました。

狭い土地に立つ3階建ての事例をたくさん見せて頂き、安心してお任せできました。

ビルトホームのデメリット・注意点を2つ紹介

ビルトホームにて家を購入する場合のデメリットを見ていきます。

変更できない

注文住宅の場合、自由設計ですので希望通りの家が建てられます。

分譲住宅は、すでに家が建築されていて販売されるのが殆どで、設計プランは決まっています。

そうなると、細かい要望を全て実現するのは困難です。

例えば「リビングの広さがもう少し欲しい」「この部屋には出窓が欲しい」など、設計段階で変更が必要な個所は特に難しくなります。

土地に関しても同じで、広さが確定しているので庭を少し広くしたいという要望も通りません。

設計はもちろん、デザインもシンプルで個性があるとは言えません。

大規模な住宅分譲地では、同じような外観の家になるので、デザイン重視の方には不向きです。

予算がかさむ

注文住宅のデメリットと言えば価格です。

一から作り上げるとなると、理想を形にしようとします。

全ての理想を詰め込んだ住宅となると、当初考えていた予算よりオーバーしてしまうのが大多数です。

せっかくの注文住宅なので妥協したくないという思いもあり、無理なローンを組んでしまうことにもなりかねません。

費用面で心配ない方のデメリットは、時間です。

建売住宅と比較して、打ち合わせや決め事が多いため多くの時間を必要とします。

住宅の全ての仕様やデザインを考えるとなると手間もかかり、マイホームの購入を考えてから実際に新居に引っ越すまでに時間がかかります。

ビルトホームの6つの強み・メリットを特徴別に紹介

逆にビルトホームの住宅を購入する際のメリットを細かく見ていきます。

デザイン性

分譲住宅の場合は、シンプルですっきりとしたデザインです。

ローコストの住宅では凝ったデザインにするのが難しいので、シンプルな仕上がりになります。

シンプルかつ飽きの来ないデザインは、周囲の景観にも溶け込むのでメリットにも。

注文住宅であれば、納得のいくデザインに仕上がり満足度が得られます。

アフターサービス・保証・メンテナンス

ローコストを実現するため、自社で一貫して設計から施工、アフターサービスまで行うことで、細かい部分まで目が届きます。

別の業者が建てた住宅は、材料の把握や設計など確認事項が多く手間もかかりますが、自社で手掛けた住宅であれば迅速に対応可能です。

ビルトホームでは、住宅を販売したら終わりではなく、住んでいる方々のその後の暮らしもきめ細かくフォローする体制にこだわっています。

ビルトホームの住宅は、住宅瑕疵担保責任保険により購入後10年間の瑕疵保証を行なっています。

10年後から10年ごとの外装点検、5年ごとの床下点検を行い、有償のメンテナンス工事を実施することを条件に長期保証項目について10年間保証されます。

防虫防蟻については5年間の保証。

更に延長を伸ばした最大30年間の保証もあります。

飯田グループが手掛ける住宅は、耐震、劣化対策、維持管理対策、断熱・エネルギー消費量について、第三者評価機関による最高水準の等級取得を義務付けています。

オプション

飯田グループで物件を購入した人は、特典として「すまいーだPLUS」のサービスが利用できます。

サービス内容としては、家具や家電製品、日用品を特別価格で購入できる、追加の工事やメンテナンス工事、リフォームなども発注できます。

サイトに登録するだけなので申し込みも簡単。

住まいの様々なサポートだけではなく、ファイナンシャルプランナーの紹介や相続の問題、税金の知識や情報などのコンテンツも充実しています。

気になる防災グッズや防犯用品からおしゃれなインテリア雑貨やDIY用品もあります。

耐震性

耐震等級で最高等級の3を取得しているビルトホームの住宅。

耐震等級3は、各項目において最高の評価がされているということです。

具体的には、震度7の1.5倍の地震が起こっても、倒壊、崩壊しない住宅。

万が一に備えて作られた住宅は、安心して暮らせます。

また耐風等級でも2を取得しており、これも最高等級です。

伊勢湾台風の1.2倍の台風が起こっても、倒壊、崩壊しない住宅性能を持ち、自然災害に強い住まいです。

耐火性

飯田グループの住宅は、火災に対しての対策を施しています。

火災を早く感知し発見できる、たとえ火災が起こっても燃え広がりにくい、避難しやすいを目標に設計し作られています。

気密性

耐水性の高いポリスチレンフォーム断熱材やペアガラスを標準採用することで、気密性を高め断熱効果を上げています。

ポリスチレンフォーム断熱材とは、発泡プラスチック系断熱材の一種で断熱性が高くコストが安いのが特徴。

ビルトホーム家の住宅は、高品質でコストの安い材料を使用することで住宅全体のコストも下げています。

ビルトホームの新築一戸建て-建売分譲の平均価格・坪単価は?

ビルトホームの住宅の費用について見ていきます。

坪単価の35万円~50万円

ローコストと言われるハウスメーカーだけに、他社よりも単価が低いと言えます。

大手である飯田グループの強みを活かし、徹底したコスト削減をしている結果ではないでしょうか。

注文住宅については、オーダーする住宅の設備やグレードで大幅な開きがあります。

ビルトホームで新築一戸建て-建売分譲を購入する際の7つのSTEP

物件選び

新築のマイホームが欲しいと思ったら、建売住宅にするのか、注文住宅にするかを決めます。

建売分譲住宅は、販売している会社から土地と建物を一括購入するものです。

すでに完成した住宅を購入するケースと、建物は完成しておらず、設計プランだけができているものです。

注文住宅であれば、建築事務所やハウスメーカーに依頼して家を建ててもらうので、土地を買う必要があります。

どちらにするかは、費用や家族の希望によりチョイスします。

資金計画

住宅を購入する場合に大切なのは資金計画です。

月々の返済はいくらが可能なのか、融資限度額はいくらくらいなのか、頭金はいくらにするのか、これからの人生でいくらのお金が必要なのかなどです。

家を購入する際には、物件の価格以外にも多くの費用がかかります。

例えば、3,000万円の物件であれば、諸費用は多く見積もって300万円程度必要と言われています。

その費用も盛り込んで資金計画を立てましょう。

住宅ローン

この金額の住宅が欲しいと思っても、住宅ローンの審査が通らなければ買えません。

住宅ローンの審査には、年収や勤続年数、その他のローンなど、様々なチェックにより融資額も決まってきます。

住宅ローンといっても、扱う金融機関やローンの種類、金利、支払い期間などによって異なりますので、それらも決めなければなりません。

住宅ローンには事前審査があり、住宅が買えるかどうかある程度の判断ができます。

事前審査が通ったからと言って、必ず本審査も通ると限らないので注意が必要です。

住宅を選ぶ

大規模な分譲住宅や注文住宅を手掛けているのがハウスメーカーです。

建築材などを大量に仕入れることで低コストの住宅を供給し、品質も安定しており、工期も短いのが特徴。

住宅展示場で様々な家を紹介しているのが大手のハウスメーカーです。

地元に密着した小規模や中規模の工務店が住宅を建てて販売しているケースもありますので、希望の住宅を探しましょう。

住宅を選ぶ際には、広さや間取り、デザイン、立地、アクセス、周囲の環境、学校の校区など、家族の希望も聞きながら選びます。

売買契約

売る側と買う側との間で条件などを話し合い、お互いの合意が取れたら売買契約を結ぶことになります。

人気の分譲地では、購入希望者が重なることも。

多くの場合、先着順か抽選によって購入者が決められるのが一般的です。

購入する権利を得た時点で、申込金が発生することもあります。

申込みの受付けが終了したら、重要事項説明が行われます。

内容を充分に確認した上で、売買契約を結びましょう。

内覧会

物件を購入した時点で完成していない物件に関しては、完成後に内覧会が行われます。

内覧会では、契約通りの建物になっているか、不具合がないかをチェックします。

具体的には、図面通りの寸法か、施工に不良はないか、扉の可動は正常か、傷や汚れはないかなどです。

不明な点があれば担当者に伝え、引き渡し日までに対処してもらいます。

引き渡し

売買契約が完了し、物件の残金を清算すれば、不動産登記が行われ、物件の引き渡しとなります。

ビルトホームの新築一戸建て-建売分譲は購入時に値引き交渉できる?少しでも安く買う方法

高い買い物だから、できれば値引き交渉がしたいという方もいます。

値引きのテクニックとしては、物件により異なります。

建売分譲住宅で人気のある物件は、値引きができないと思っておくのが妥当です。

人気の物件をわざわざ値引きすることはありません。

しかし、販売してから少し時間が経った住宅であれば値引きの余地はあります。

販売会社としても早く売ってしまいたいという思いがありますし、1年以内に売らなくては中古物件という扱いになってしまうからです。

そういう物件があれば一度交渉してみましょう。

注文住宅は、建売住宅よりも値引きしやすいと言えます。

建売住宅の魅力は安い価格です。

価格を抑えるために、一括で資材を購入したり設備を発注したりするので、これ以上値引きしてしまうと利益が落ちてしまいます。

注文住宅であれば、決まった設備を使わなくてはならないという縛りがない分、値引きがしやすいのです。

値引きしやすい方法としては、注文住宅の見積もりを他社でも取ること。

具体的な数字を見せることで値引きがしやすくなります。

ビルトホームの新築一戸建て-建売分譲の人気商品ラインナップを紹介

飯田産業グループの主な商品を見ていきます。

ハートフルタウン

飯田産業グループの建売住宅です。

住環境と利便性を兼ね備えた分譲住宅が、ローコストで手に入ります。

飯田グループは1日に約120戸、1年間で約46,000戸以上の住宅を提供していることから、希望の家が見つかりやすいのがメリットです。

全て住宅に自社で開発されたI.D.S工法を採用し、住宅性能表示制度にも対応。

住宅内の設備や内装、外壁などは、オプションでグレードアップできるので建売住宅でもある程度の希望は叶います。

ビルトホームの注文住宅の概要・特徴

ビルトホームでは、自由度が高い自由設計注文住宅と、高品質でありながらローコストの規格型注文住宅を展開。

マイホームだからこだわりや理想を追求したいという方には、自由設計注文住宅がおすすめです。

希望通りの家を建てたいけど費用が気になるという方は、あらかじめ用意されたプランを組み合わせて作る規格型注文住宅ならば実現します。

間取り参考プラン

スタンダードな2階建て、3階建てのプランです。

ニ階建て

住みやすく効率よく家事をこなすための生活動線を確保し、防犯面でも安心な2階建てのプランです。

3階建てよりもコストが抑えられ、憧れの対面式キッチンやウォークインクローゼットなど、希望の間取りを取り入れられます。

三階建て

狭小の土地を効率よく活用するには3階建てがおすすめです。

住宅密集地域では、日当たりや風通しが悪くなることも。

3階建てなら吹き抜けのリビングにしたり、スペースが確保できるため、ゆったりとした暮らしが可能です。

平屋

子育てを卒業した夫婦におすすめのプランです。

危険な階段を無くすことで、掃除がしやすく洗濯物を干しやすいなどメリットがたくさん。

ワンフロアですっきりとした暮らしができます。

二世帯住宅

二世代が一緒に暮らすことができる住宅プランです。

子世帯のリビングや寝室は別々に、週末は一階に集まるスペースを確保するなど、お互いが気持ちよく暮らせる空間を目指します。

バリアフリー

高齢者の方が安心して暮らせる住宅プラン。

このプランで家を建てることで、住宅性能表示制度7項目において最高等級を取得できます。

部屋の配置や段差の解消、手すりの設置、通路や出入り口の幅など、高齢者が安心して生活できる空間です。

愛ですホーム

集合住宅のオーナー向けのプランです。

賃貸アパート用の様々なプランに対応しており、2DKタイプ、1DKのメゾネットタイプ、1Kタイプ2層のユニット、1LDK、2LDKのユニットなど適正価格で提供。

ライフスタイルや立地に応じて、仕様や外構工事をプランニングします。

ビルトホームの店舗

各営業所の一覧を紹介します。

本店(東京都江東区)

住所:東京都江東区亀戸1丁目39-5
TEL:03-5836-5888
FAX:03-5836-5188

池袋店(東京都豊島区)

住所:東京都豊島区東池袋2丁目56番3 メゾンド・ボア1F
TEL:03-3984-8788
FAX:03-3984-8808

川崎店(神奈川県川崎市)

住所:神奈川県川崎市幸区南幸町3-19 翁ビル1F
TEL:044-589-5888
FAX:044-541-8488

浦和店(埼玉県さいたま市)

住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤2-12-11 日建プリムローズ常盤Ⅱ1F
TEL:048-815-8688
FAX:048-815-6688

行徳店(千葉県市川市)

住所:千葉県市川市香取2-1-1
TEL:047-307-5888
FAX:047-307-5890

ビルトホームの会社情報

ビルトホームの会社概要、対応エリアを詳しく見ていきます。

ビルトホームの会社概要

社名:ビルトホーム株式会社

代表者:代表取締役会長 森 和彦(飯田グループホールディングス株式会社 代表取締役会長)

代表取締役社長 大畑 元三

本社所在地:東京都江東区亀戸1-39-5

設立年月日:平成19年10月1日

ビルトホームが対応しているエリア

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

まとめ

ビルトホームは飯田グループで、グループとしては住宅供給数もダントツです。

大手という強みを活かし、コストカットを抑えるノウハウを駆使しローコストがラインナップ。

マイホームを買いたい方にとっては、何よりも魅力でしょう。

ローコストでも耐震等級など安心して住める条件は満たしています。

とにかくマイホームを手に入れたいという方にとっては、好条件なハウスメーカーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です