uspecの評判は悪い?実際の口コミからのマンション・戸建売買の有無まで徹底解説!

「今のマンション、高く売れるかな」「そろそろこの家を売って、その資金で新しく戸建てやマンションを購入したい」「おじいちゃんから土地をもらったんだけど、管理も大変だから売りたいな」このようなお悩みの方も多いのではないでしょうか?

土地・不動産の売買や賃貸物件を探すには不動産会社を選ぶ必要があります。

しかし、日本には不動産会社はたくさんあり、正直のところどこが良いのか迷ってしましますよね?

今回の記事では、有名な不動産売買サイト「uspec」についてご紹介していきます。

評判や口コミも合わせてご紹介していくので、ぜひ最後までお読みください。

また、2021年は不動産価格が高止まりしており、高値で売却できる良い市況が続いています。

今のタイミングを狙って不動産を売却しようと考えている人も多いと思うのですが、売却時に絶対にやってはいけないことを知っていますか?

それは、「1~2社程度の不動産会社にだけ、査定を依頼すること」

一般的な商品とは異なり、不動産には決まった価格がありません。査定を依頼した不動産会社によって500万円以上査定額が違うこともあります。

もしあなたが1~2社にだけ不動産査定を依頼して適正価格より低い査定額が提示された場合、本来売れるはずだった金額よりも数百万円安く売りに出してしまう可能性があります。

具体的な事例を挙げてみましょう。あなたが売却予定の不動産の本来の適正価格が「3,000万円」だったとします。

たまたま査定に出した2社の不動産会社の査定額が「2,700万円」と「2,650万円」だった場合、あなたはどう思うでしょう?

適正価格を知らないあなたは、

「なるほど。プロが言うのだから、2,700万円ほどが妥当なのだろう。」

と判断し、2,700万円前後で売りに出すでしょう。

本来であれば3,000万円でも売れた物件を、300万円も安い金額で手放してしまったわけです。高級な車が買えるほどの大金をドブに捨ててしまったわけですね。

「適正価格で売り出すことが大切なのはわかったけど、どうやって適正価格を調べることができるの?」

と疑問に思われますよね。不動産の適正価格を把握する方法は、ずばり「6社以上の不動産会社に査定を依頼すること」です。

1~2社では査定額が偏ってしまうリスクがありますが、6社以上に査定を依頼することで、査定額の偏りを避けて適正価格を把握しやすくなります。

昨今では、条件にあった不動産会社にまとめて見積もりを依頼できる「一括査定サイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

HOME4U(NTTデータグループ)

東証一部上場企業「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選された1,500社に査定を依頼できる。全国的に不動産会社と提携しているのでバランスがいい。

すまいValue(大手6社が運営)

東急リバブル、住友不動産、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介+、三菱地所ハウスネットなどの大手にまとめて査定を依頼できる唯一の一括査定サイト。都心部の不動産査定におすすめ。

イエウール(JASDAQ上場)

JASDAQスタンダード市場上場の「Speee」が運営。チャット形式で査定を依頼できるため、操作方法がかんたんでわかりやすいのが特徴。地方の不動産会社とも豊富に提携している。

当サイトのイチオシは「HOME4U」ですが、HOME4Uだけに査定を依頼すると、査定可能な会社が数社しか出てこない場合があります。

そのため、

といったように、エリアごとに2つの一括査定を併用してみてください。2社を活用することで、確実に適正価格を把握することができますよ。

どの一括査定サイトも上場企業が運営しているため安心ですし、厳選された不動産会社のみと提携しているので悪徳業者に依頼してしまうリスクを回避できます。

査定を依頼したからといって無理な営業などもなく完全に無料で利用できるので、不動産売却で数百万円損しないためにも、ぜひ活用してみて下さい。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

uspecってどんな会社?

uspecは株式会社ユースペックが2009年にサービスを開始した土地・マンション・戸建て売買専門の不動産ポータルサイトです。

オープン1ヵ月で会員数を500名以上に増やした事で有名です。

エリアとしては東京・神奈川全域、千葉・埼玉の一部と主に都心部にてエリアをカバーしています。

uspecの特徴は何と言っても、不動産仲介料が無料になるところでしょう。

一般的に不動産会社を介して売買をすると、仲介手数料というものが発生します。

基本的に物件価格の3.15%+6万円という相場になっています。5,000万円の物件なら160万円ほどが手数料となります。

これは大きな出費ですよね。

ではどのようにして無料にしているのかというと、物件の数を増やし、広告を極端に抑え、人員を適切に配置して経費を抑えることにより、仲介手数料を軽減しているようです。

uspecの評判・口コミはどう?

では、実際にuspecを利用した人の口コミを見ていきましょう。

ここでは良い評判と悪い評判、どちらもご紹介していきます。

ぜひ、ご参考ください。

uspecの良い評判・口コミ

とにかく仲介手数料が無料だったことで、諸経費を安く抑えられました。おかげで予定していた価格より多少高かった物件を買うことができました。
引用_某口コミサイト

不動産売買において手数料は馬鹿にならない高額な出費です。

できれば安く抑えたいですよね。

基本的には不動産会社ではどこでも手数料は取られるので、それが無料になるなんて魅力的です。

一度サイトをチェックしてみましょう。

大きな買い物で心配でしたが、uspecさんの専門家に無料相談できて安心して購入することができました。
引用_某口コミサイト

このようにお客さんとしては無料で相談ができ、適切な距離感でコミュニケーションをとってくれるのは非常に安心ですよね。

その人それぞれで安心できる範囲は変わります。

頻繁に連絡が欲しい人もいれば、必要最低限のメールで良い人もいます。

お客さんそれぞれの性格を把握し、適切にコミュニケーションを取ってくれる営業マンを選ぶようにしましょう。

自分に合わないと感じたら、早めに営業マンを変えてもらうようにしましょう。

uspecの悪い評判・口コミ

営業の対応が悪かったです。物件は自分で探せと言われました。何処もこんな感じでしょうか、、、
引用_某口コミサイト

不動産業界全体に言えることですが、担当者のコミュニケーション力や知識量でお客さんの安心感が全く変わってきます。

良い担当者さんは段取りもスムーズでしょう。

「自分に合わないな」と少しでも感じたときには、早めに担当者の変更を申し出るようにしましょう

営業の電話やダイレクトメールが届くのが煩わしい。
引用_不動産売却のしおり

無料の査定サイトには、登録することによって折返しの電話やダイレクトメールが届くことは普通にあります。

これは、無料で査定をしてもらう代償と考えたほうが良いでしょう。

しつこい電話やメールは最近では少なくなってきていると思いますが、あまりにも煩わしければ、営業電話やメールの有無は必要ない旨を相手に伝えるようにしましょう。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

uspecの特徴

それでは、以下でuspecの具体的な商品ラインナップや特徴を見ていきましょう。

uspecのマンション売買

uspecではマンションの売買実績が豊富です。

最近では新宿区のマンション、査定額1,080万円、売却額1,050万円。江戸川区のマンション査定額800万円、売却額800万円。千葉市のマンション3,000万円、売却額3,280万円など、査定額と売却額で大きな剥離もなく売買できています。

査定時に入力項目が多いとの声もありますが、そのぶん制度も高く信頼性が高いといえるでしょう

uspecの戸建て売買

基本的には新築・中古物件を取り扱っているので建売住宅の売買になります。

基本的にはマンションの売買が得意のようなので、戸建て住宅を希望している人は他の不動産会社のサイトも覗いてみましょう。

uspecのリフォーム

uspecではリフォームに関しても相談できます。

当然、リフォームをした上で売却となると価格に上乗せされていきます。

買い主にとってはきれいにリフォームされている方が買いたいと思いますよね。

しかしリフォームしたからといって必ず売れるというわけではなく、むしろ無駄なリフォーム費用を発生させてしまう場合もあります。

ある程度きれいならそのまま住んでもいいという人もいますしね。

そのあたりもまずは相談してみると良いでしょう。

uspecなら企画・リフォーム・販売まで行ってくれるので安心できますね。

uspecがおすすめの人

uspecがおすすめの人はズバリ「マンションまたは戸建て住宅を持っていて、できるだけスピーディに決済したい人」です。

uspecの口コミを調べていると、売却スピードや決済の早さに満足している声が多く見受けられます。

まずはサイトを眺めてみて、無料査定を行ってみるのがいいですね。

マンションを購入予定の人は、豊富な品ぞろえで無数に選ぶことができるので比較検討していきましょう。

まずはサイトで無料査定をしてもらいましょう。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

失敗しない不動産会社の選び方

1. 複数の不動産会社を比較する

どんな買物や取引にも言えることですが、複数の会社で見積りを取る事は非常に重要です。

不動産のような大きな金額が動くような取引は、誰しも失敗したくないものです。

まずはuspecのような不動産売買サイトで見積もりをとってみることをおすすめします。

どんな取引においても、「相場を知る=相見積もり」はとても重要な事です。

そこから数社を限定し、より高い金額を出してもらえるよう比較検討していきましょう。

比較検討することにより、また交渉材料にすることで、有利に取引を進めることができるでしょう。

2. 担当者とのコミュニケーションが適切にとれる会社を選ぶ

不動産会社を決定する際には担当者にがきちんとコミュニケーションを取れる人かを判断しましょう。

大手だからといって担当者の質が良いとは限りません。

実際に大手の不動産会社での担当者に対するクレームもいくつか見受けられます。

担当者の質は本当に大事です。担当者が微妙だとお客さんの安心度や満足度は大きく変わってきます。

連絡はこまめにくれるか、言葉遣いは気持ちのよいものか、など自分たちに合わせてくれるような担当者に対応してもらいたいですよね。

しかし現状ではどの会社にも態度の悪い担当者はいるものです。

もしそういった担当者に当たってしまった場合は、思い切って変えてもらうように申し出ましょう。

それが難しいなら、会社自体の変更も考慮したほうが良いですね。

それほどに不動産取引における担当者とのコミュニケーションはとても大事な事なのです。

3. アフターサービスが充実している会社を選ぶ

不動産会社を決定する前に、アフターサービスの有無は必ず確認しましょう。

不動産売買においてトラブルが多いのはむしろ売買決済が終わった後です。

特に多いのが「瑕疵担保責任問題」。

不動産売却後に、なんらかの不備が見つかり、売り主が責任を持って修繕費用を支払う義務のことです。

基本的には売買の際は、瑕疵担保特約がつくために、責任は免除となるケースが多いですが、そのあたりもきちんとアフターケアが充実しているのか確認するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまでuspecの評判や概要について解説してきました。

不動産売買専門サイトらしくマンションの売買実績は豊富で、マンションを所有していて売りたい人やこれから新たに買いたい人にとってはおすすめの不動産会社でなはないでしょうか。

近年、不動産購入を希望する世帯の貯蓄額が低下しているようです。

それに反して不動産購入者数は年々増加しています。

2009年の4月~6月のマンション成約件数は8,049件、中古戸建て住宅の成約件数は2,796件、新築戸建て住宅の成約件数は8.2%増の1,029件です。

新築物件・中古物件ともに購入者数は前年度を上回っています。

不動産購入者の低貯蓄化が進んでいるにも関わらず、購入者事態が増加している要因の一つとして、uspecのような手数料無料の不動産会社が台頭してきていることによるでしょう。

しかし手数料無料のサービスは今迄存在していなかったため、まだまだ利用者に知られていないという面もあります。

uspecのメインサービスとして、新築住宅や中古住宅、マンションなど自分が購入したいと思っている不動産物件が手数料無料で購入できるか否か、わずか60分で回答を得られる「スピード無料査定」があります。

本名や住所・電話番号などを入力しなくても会員登録をすることが可能で、そうした気軽さも支持される要因の一つとなっています。

不動産売買が初めての人で、自分の戸建て物件やマンションの相場が知りたい人はまずはサイトを覗いてみましょう。

不動産の売買には、大きな金額が動いたり、トラブルが起こると個人間で解決することが難しいような問題を起こすこともあります。

その際に味方になってくれるのが仲介してくれる不動産会社です。

不動産会社選びは大変ですが、必ず数社を比較しきちんと見極めていきましょう。

そうすることで本当に自分たちにあった不動産会社が見えてくるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\失敗しない不動産売却のために!/