飯田産業の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

飯田産業は「より良質で安価な住宅を供給して社会に貢献する」を経営理念にする飯田グループホールディングスのハウスメーカー。

東京を拠点として全国に施工エリアを展開し、土地探しからデザイン・施工までトータルサポートが可能です。

そこで今回は飯田産業の注文住宅について詳しくご紹介しましょう。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

飯田産業で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

飯田産業は年間4,800以上の戸建分譲住宅を供給するハウスメーカー。

そのノウハウを生かして注文住宅を最短49日で完成することが可能。

自社開発のI.D.S工法でデザイン性の高く、機能性に優れた住宅を実現してくれます。

ここでは飯田産業で実際に家を建てた人の意見をご紹介します。

パパ

え〜!49日で完成するの!?
そうなんじゃ!飯田産業は数多くの家を建ててきてるからな。早建てのノウハウがすごいんじゃ!

ライオン先生

ママ

やっぱり建売住宅と言ったら飯田産業ね!!

飯田産業のリアルな悪い評判・口コミ

満足の仕上がりなのですが、予算内に収めることばかりに集中したので、もう少し使い勝手を重視するべきだったと後悔しています。

担当者ともっと多くの箇所を検討すればよかったかなと思いました。

 

最初に営業担当だった人が、契約を急かしてくる感じだったので、担当を変えてもらいました。

2番目の方は私たち家族に寄り添ってくれたので、最後まで安心して任せられてよかったです。

パパ

売上のことを優先に考えている営業だとちょっとね・・・
そうだな。なのできちんと自分たちに合わないと思ったら担当を変えてもらうようにするべきじゃ

ライオン先生

飯田産業のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

理想は「人の集まる家」を作ることでした。

飯田産業のホームページを見て、叶えられると思い相談。

1階に配置しようとしていたリビングダイニングを、2階にすることで広々した空間ができたのは嬉しかったですね。

床・壁・天井も全て白、窓枠や家具を黒にしてシンプルモダンに。

料理以外の家事は1階に集約できて、動線もスムーズで快適です。

ライオン先生

主人が車椅子なのでストレスなく、また楽しめる家にしたいと飯田産業に依頼。

駐車スペースを広く、玄関ホールはターンが出来るようなスペースを確保。

壁や白、床は焦げ茶色にしてシックなイメージに。

リビングは窓を多くして陽射しがたっぷり入る明るい部屋になりました。

水周りは何度も使うため1センチレベルで調整してもらえて、本当に助かりました。

ライオン先生

家族の「欲しい」を全て叶えたくて、ハウスメーカーをチェック。

その中でも理想に近い施工例が飯田産業でした。

インナーガレージにして、書斎から眺められる窓を配置。

晩酌しながらゆったりと過ごせる時間が充実します。

内装は床も壁も白にして、1面だけ色を変えたクロスにして個性を出してもらいました。

収納を沢山作ってもらったので部屋もすっきり片付いて気持ちいいですね。

ライオン先生

子育てが一段落したのでマイホームを計画。

資料を集めて一番気に入ったのが飯田産業。

リビングダイニングは、オープンキッチンから一直線の動線にして家事を楽に。

子供達の様子がわかるので助かります。

壁をなるべくなくして収納を増やし、最低限の家具だけ置いてモデルルームのような雰囲気に。

調湿効果のある「エコカラット」を壁に採用してもらって快適に過ごしています。

ママ

すっきりと最低限の家具だけ置けばいいおうちって憧れるわぁ〜
そうだね!収納が多い家だと無駄に家具を増やさなくてもいいもんね

パパ

ライオン先生

飯田産業さんを選んだのは耐震性に優れている点でした。

延べ床面積が33坪だったので、どこまで部屋数が取れるか気になっていましたが5LDKの間取りになって感動。

ゆったりとリビングを取ることができ、折下げ天井やサッシを木目調にしておしゃれな雰囲気になりました。

家事動線のよい勝手口があり、ゴミを処理しやすいときれい好きな妻が喜んでいます。

ライオン先生

育ち盛りの3人の子供達をのびのび過ごして欲しいと思い、マイホームを建てることに。

家族の集まるリビングは1階に配置して、帰宅後必ず顔を合わせられる動線にしました。

キッチン、ランドリー、バスルームをつなげて効率よく家事ができるのがお気に入り。

広めのロフトをつくったので、収納兼子供の遊び場として重宝しています。

ライオン先生

飯田産業さんにはたくさんリクエストして、打ち合わせにはかなり時間をかけました。

とにかく明るい家にしたかったので、壁・床・天井も全て白で統一。

なるべく家具を置きたくなかったので収納を多めにしてすっきりと片付けられるようにお願いしました。

外観も内装と合わせてモノトーンにして、すっきりスタイリッシュに。

家事動線がよいので毎日のお掃除の楽々です。

ライオン先生

予算内で希望が叶うかどうか不安でした。

飯田産業に相談すると、コスト削減する箇所とお金をかけるべきエリアを教えてもらい、希望通りの金額で注文可能に。

とにかく陽射しがたっぷり入って、明るい室内にテンションが上がります。

窓やスリットなどを多く設けて、おしゃれな間接照明で癒される空間。

吹き抜けからロフトの開放感が素晴らしく、家族の会話も増えました。

ママ

色々要望はあるけど、やっぱりコストを抑えられるだけ抑えたいものね
そうだね。省ける部分とかを教えてもらえるといいよね!

パパ

ライオン先生

車が趣味なのでビルトインガレージが夢でした。

飯田産業の施工例に、希望のデザインがあってお願いすることに。

1階は趣味の部屋とガレージ、2階にリビングで家族が集まりやすい動線にしました。

回遊型のキッチンなので家事もしやすく、子供も積極的に手伝ってくれるように。

妻はピアノが趣味なので防音性のある部屋を作り、家族全員で楽しめる家になりました。

ライオン先生

かなり土地が狭く、かつ予算も限られていたので12社くらい回って相談。

その中でも飯田産業の家はデザイン性と耐震性に優れていて、しかも予算内に収まるのでお願いしました。

住んでみると狭さを感じることはないし、むしろこんなに広いんだと友達に言われるほど。

ナチュラルモダンな内装で、毎日カフェで寛いでいるような雰囲気がとても気に入っています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

飯田産業の特徴を項目ごとに紹介!

飯田産業は土地探しや予算のバランスもサポートしてくれるハウスメーカー。

ここでは飯田産業の特徴を項目ごとに詳しくご紹介します。

価格帯・坪単価

飯田産業の坪単価は34.5万円 ~ 51.5万円/坪で、ローコスト住宅を扱うミドルクラスのハウスメーカー。

本体価格を明確にするために、「価格シミュレーション」をホームページ上にご用意。

追加費用を後から請求せず総額表示して、「安心できる価格」を提示してくれます。

参照URL:飯田産業 価格シミュレーション

ライオン先生

後から追加請求ということがないから安心じゃな
そうですね!出来上がってから追加でかかったなんてことになったら大変ですもんね

ママ

デザイン性

飯田産業は自由な設計が可能な注文住宅を提供。

ここでは建築事例から、デザイン性についてご紹介します。

眺望を活かす高台の家

ロフトを設けた3階建ては窓を多く設置して、外の景色を楽しめる設計。

外観は白い壁とダークブラウンの壁は落ち着いた印象を演出。

リビングを1階にして家族のコミュニケーションを充実させる間取りに。

キッチン、洗面台、バスルームと水回りを集約して時短家事が可能。

2階とロフトは固定階段とハシゴでつながり、収納や子供の遊び場として重宝します。

空間をカスタマイズした住まい

外観は白い壁と赤茶の屋根で南欧風の雰囲気に。

玄関ポーチはタイル張りとアーチの壁が印象的。

玄関にはシューズインクロークを設けて、朝の支度をスムーズに。

階段下の空間とロフトにフリースペースを設け、趣味の部屋として使えます。

キッチンは独立型にして、作業をスムーズにできるデザイン。

シーリングライトや間接照明で、カフェ風のリビングがおしゃれです。

趣味と居住を融合した家

生活に特別な部屋を設け、趣味を充実させるプラン。

匂配天井を活かした2階の部屋はアトリエとして優雅に使えます。

キッチンは対面式を採用し、壁面収納にして日用品をストック。

玄関土間を広めに設け、クロークも大容量のスペースを確保してゲストをもてなす雰囲気に。

エントランスはテラコッタと鉄製の門扉でおしゃれに演出しています。

ママ

壁面収納かぁ〜すっきりお部屋も広く感じるし絶対良いわよね

プラスワンリビングの住まい

広いウッドデッキと、フルオープンのルーフバルコニーで部屋数を増やすアイディア。

天気のよい日は家族で障子やバーベキューが楽しめます。

広めのロフトは日差しと風通がよく、子供部屋としても使えて便利。

キッチン、リビング、ウッドデッキと繋がっているため開放感ある空間が楽しめます。

平屋の特徴

飯田産業の平屋プランはリビングを中心にして、各部屋を配置した設計。

3連の引き戸を採用し、バリアフリーで使い勝手のよさが抜群。

レールがないため、お掃除が楽なのもメリット。

キッチンと浴室が繋がっており、家事を一気に片付けられます。

間仕切りを少なくし壁面収納を施し、部屋を最大限に広く使えます。

耐震性

飯田産業の住宅は耐震等級3取得の「I.D.S−V型工法」を採用。

I.D.S−V型工法はオリジナル耐力壁パネルを用いて、耐力壁の強度を表す数値は最高強度壁倍率5.0を実現する工法。

強度の高い鉄筋コンクリート造りベタ基礎して、耐久性能を強化。

オリジナル金具のコーナープレート、Tロックで柱の接合部を固定して耐風性も抜群です。

ライオン先生

飯田産業の家はなんと言っても強い耐久性じゃ。断トツで安心できるぞ
やっぱり!噂でも聞きますが、さすが飯田産業ですね

パパ

しょう君

僕も強くなりたいー!

断熱性・気密性

飯田産業の住宅は断熱性能に優れた木を構造材として採用し、隙間の生じない躯体に仕上げることで高断熱・高気密を実現。

壁と床下に、耐水性の高いポリスチレンフォーム断熱材を採用。

また気密性に優れたペアガラスを標準採用にして、一年を通して快適な温度を保ちます。

保証・アフターサポート

飯田産業では10年の住宅保証をご用意しています。

引き渡し後は6ヶ月、2年目、5年目の無料点検とメンテナンスを実施。

またロングサポートを行うため、有償のメンテナンスともに最長30年間の保証システムを提供しています。

工期

飯田産業ではI.D.S工法を使うことにより、最短49日で完成することが可能です(屋根勾配の指定、地下室・屋上などの設置がない場合)。

工期が短ければ現場でのコスト削減や、仮住まいの家賃などを無駄な出費を抑えられるのがメリット。

構造・工法

飯田産業では自社オリジナルの「I.D.S工法」を行っています。

I.D.S工法とは自由設計に適している木造軸組工法に、合板パネル工法を合わせたハイブリッド工法。

自社開発の耐力壁パネル、Tロック固定金物を使用し、耐震性・耐力性に優れた住宅を実現します。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

飯田産業をおすすめしたい人はこんな人!

高機能なローコスト住宅が希望の人、デザイン性と耐久性に優れた家を建てたい人には飯田産業はぴったり。

土地探しから依頼することができ、施工期間は最短で49日のためコスト削減も可能です。

ママ

高性能、ローコストで言うことなしね!

飯田産業で注文住宅を建てる時の4つのステップ

飯田産業に注文住宅を依頼したいと考えた場合、どのような手順が必要なのでしょうか?

ここでは抑えておくべき4つのステップをご紹介します。

1. 予算の決定

第一に予算の決定を行いましょう。

自己資金、世帯年収、住宅ローン借入額、などを算出。

物件の購入の他に、引っ越し費用など諸経費を差し引いた金額が、購入可能な価格となります。

飯田産業では予算の算出と、理想に合わせた資金計画の提案が可能。

信頼性のある数字を確認するために、依頼することをおすすめします。

2. 土地の決定

次は土地の決定を行いましょう。

住宅ローン申請には土地の決定がマストなため、早めにスタートすることが大切。

ライフスタイルや家族構成、駅周辺の利便性、エリアの将来性、日当たりなどを考慮しましょう。

飯田産業では建築用地を豊富に確保しているため、土地探しの依頼も可能です。

3. 理想の家のイメージ&設計

土地まで確定したら住まいのイメージ作りを行いましょう。

広さ、間取り、日当たりなど現在の住まいのメリットデメリットを書き出すことが大切。

家族の成長や老後についても考慮するとよいでしょう。

飯田産業のホームページに施工例に希望と近いプランを探すのもアイディア。

「街並みモデルハウス」では住まいの近くの「いいだの家」を見学できるのでおすすめです。

4. 建築計画、請負契約

設計まで進んだら次は住宅完成までの日程や見積もり等を担当営業にお願いしましょう。

現金払いが必要ようとなる諸経費、支払い期日なども確認。

住宅保証・アフターケアの内容もチェックしましょう。

把握するべき資料が多いですが、疑問や不安な点はしっかりと解決することが大切です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

飯田産業の会社情報

飯田産業は年間4,800以上の戸建分譲住宅を供給するハウスメーカー。

注文住宅にもそのノウハウを生かし、デザイン性が高く「安心できる価格」の住まいを提供。

I.D.S−V型工法を用いて、工期は驚きの49日間のスピード仕上げを可能にしました。

飯田産業の会社概要

会社名 株式会社飯田産業
所在地 東京都武蔵野市境2丁目2-2
TEL 0422-36-8848
FAX 0422-50-3776

飯田産業が注文住宅に対応しているエリア

東北:宮城県、福島県

関東:東京都、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県

中部:静岡県、愛知県、奈良県

関西:兵庫県、大阪府、京都府

四国:愛媛県

九州:沖縄県

(一部地域を除きます。エリアは営業所・ショールーム等を参考に記載)

まとめ

飯田産業は資金計画や土地探しから、施工・リフォームまでトータルサポートが可能なハウスメーカー。

予算に応じて理想以上の住まいを提供してくれます。

あなたの理想のマイホームつくりを実現するため、飯田産業を候補に入れてみませんか?

うちハピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /