石井工務店の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

石井工務店は「女性が考えた女性のための家」というコンセプトをかかげ、福島県内を中心に高性能でセンスの良い住宅建築を手がける人気ホームメーカー。

この記事では、そんな石井工務店の住まいの特長や、実際の良い口コミ・悪い口コミなどを紹介していきます。

現在マイホーム建築を検討中で、どこにしようか決めかねている方は、特に必見です。

ぜひ参考にしてくださいね。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

石井工務店で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

最新設備やデザインが豊富なバリエーションから選べる、業界初の「フリーチョイス」が高評価を得ていますが、実際のところ、どんな家になるのでしょうか。

ネット上に公開されている口コミを見ていきましょう。

石井工務店のリアルな悪い評判・口コミ

今もロフトのつくりに後悔している。当初の設計によると壁が斜めになるとのことだったが、出来上がってみると大人が立てるぐらいの広さがある。広々としている上に高さがあるため危なくて子供達をゆっくり遊ばせることができない。そうなるのであれば、初めからよく検討して安全性を確認したかった。

30歳になるまでに家を建てるつもりで展示会に行き、営業スタッフに声をかけると年収を聞かれた。初めて会ったのに、まずお金の話をされ、自分の収入では自由設計の家は建てられないからと、一番安いプランを紹介された。人によって取り方もいろいろだが、このホームメーカーは自分には合わないと思った。営業スタッフの態度はとても悪かった。

地震があったが、小さな置物が倒れたぐらいで家には大きな影響はなく、地震の揺れもあまり感じなかった。地震後のアフターサービスの訪問はなく、たまたま電話をしたときに聞かされた。引き渡しから2年たったが、いまだにお願いしているメンテナンスも行われていない。

石井工務店のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

去年の夏から住み始めた。夫婦でいろいろなメーカーをまわった結果、石井工務店に決めた。自分達が求めていた家の広さと価格が合ったことと、営業担当者の丁寧な対応、家の性能の良さなどが決め手となった。大工さんも一生懸命細かな作業をしていて、現場も外履き・中履きを履き替えるなどの配慮がされ、きれいだった。大工さんにたずねたところ、石井工務店ではお客様の大切な家を汚さないように施工中から徹底しているとのこと。実際に住み始めてみて大きな問題はないが、ちょっとしたことにも迅速に対応してもらえてとても満足している。高気密性・高断熱性については、売りにしている通り、寒い冬でも暖房をあまり使わなくても暖かく過ごせる。乾燥しているので加湿器を使用しているが、窓に結露ができることもない。特に高給でもない普通のサラリーマンだが、住宅ローンは3社にかけあったところ、全ての銀行の審査が通った。石井工務店にしてとても良かった。現在検討中の方は一度石井工務店のショールームへ足を運んでみて欲しい。

ライオン先生

担当営業者が施工中の現場に確認に行く時は、毎回電話をして教えてくれた。自分の都合が合えば同行したが、都合が合わないときは写真をメールで送ってくれて、最後まで安心して任せることができた。石井工務店の方針ではこれが普通らしい。今の段階で不満は一切なく、石井工務店にして良かったと夫婦ともに満足。特にエアコンを24時間つけているのに光熱費が安くて驚いている。

ライオン先生

テレビやラジオなどのコマーシャルで石井工務店を知り、興味があったので展示場に出向いた。女性目線で設計された間取りは細かな気配りができている上に使い勝手がよく、妻も気に入っていた。女性スタッフが打ち合わせに対応してくれて、自分達の希望や将来の夢、生活スタイルなどを細かく聞き、プランを提案してくれた。価格は予定より少し高くなったが、自分の要望通りのプランのため納得の価格。

ライオン先生

新築してから3年経った。アフターサービスが良くないと聞くこともあるが、一度もそのような経験がない。建築中も直して欲しいところは言えばすぐに対応してくれたし、引き渡し後に階段のすべり止めが剥がれた時にも、営業担当に連絡後2日で修理に来てくれた。この間はキッチンに不具合がでて営業担当者に連絡したら、次の日にはメーカーが調べに来るという迅速な対応だった。自分の営業担当者は、特に何もなくても3~4ヶ月に1度は不都合がないかと連絡をくれ、とても親切。

ライオン先生

実家は玄関前に階段があったため、家族に顔を合わせることなく2階の自室に行くことができた。自室にはテレビがあったため、小さな頃から食事以外は自室にこもっていた。そんな経験から自分の子供にはそのような生活をさせたくないと思い、階段をリビングに配置。リビング横には間仕切り可能な洋室があり、いつも扉を開放して子供達の遊び部屋にしている。キッチンにいながら子供達の遊んでいる姿を見ている時間が大好きだ。

ライオン先生

広めのリビングを作るために必要な柱が階段前にあるため、両脇にも飾り柱をつけたところが気に入っている。1階のトイレは落ち着いた壁紙と手洗い場が好評で、ゲストも使用することを考え、都内デパートのトイレをイメージした。

ライオン先生

細かな部分も女性設計士さんがアドバイスをくれた。妻の漠然とした要望でも、代わりのプランを提案してくれた。他のホームメーカーだと追加仕様で金額もどんどん増えていってしまうが、石井工務店は最初から坪単価に含まれている中で、自分の好みのもの選ぶだけ。一番驚いたのは家の基礎。使用する木材の量と構造を調べれば、その良さは一目瞭然。とりわけ震災後に家を建てるのだから、今までのような建築をするホームメーカーには頼めない。

ライオン先生

夏は涼しく冬は暖かいというのは本当で、住んでいて不満はない。基礎断熱を施している工務店が少なかったが、石井工務店の家は基礎断熱がしっかりしていて気密性もとても高いので、ここにして良かった。太陽光発電なしのオール電化住宅に3人暮らしをしているが、平日不在で夏は12万、冬は2万ほどと、光熱費も安くすんでいる。家にいるときは半そで短パンで過ごしている。

ライオン先生

石井工務店の家に住み始めて3年。いろいろな評価があるが、自分は全く問題ない。疑問や直して欲しい箇所を伝えればすぐに対応してくれるし、担当者は定期的に連絡もくれる。冬は暖かく夏は涼しくて、とても素敵なホームメーカー。店舗によって違いがあるようだが、自分がお願いした展示場の方はみんな親切で、子供にも良くしてくれる素敵なスタッフだった。一生の買い物だから後悔しないよういくらでも変更して大丈夫です、と嫌な顔一つせず、最後まで無理なお願いやたくさんの変更に対応してもらった。

ライオン先生

これまでいくつかホームメーカーの見学に行ったが、何となく入った展示場が石井工務店で、スタッフの対応や家の構造、選べるバリエーションの多さに感動した。高い気密性・断熱性、基礎ベタの構造、しっかりとした太い各柱なども納得のいくものだった。注文住宅の魅力であるフリーチョイスシステムについても丁寧にアドバイスをしてくれて、家が建つまでの間、何回も自分の納得の行くまで親切に対応してくれた結果、満足の行く家になった。石井工務店はおすすめ。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

石井工務店の特徴を項目ごとに紹介!

良い口コミが多く寄せられていますが、実際にどのような特徴があるのでしょうか。

石井工務店住宅の詳細について項目ごとに見ていきましょう。

価格帯・坪単価

価格帯や坪単価については、石井工務店のホームページ上に記載はされていません。

しかしいろいろなサイトから集めた情報によると、坪単価50万円以上で展示場仕様と同等グレードの家が建てられるようです。

基本設計のままであれば、坪単価40万円台で高性能の家を建てることができますが、広さや選ぶプラン、追加オプションなどによっては坪単価が70万円台になることも。

平均的な広さである延床40坪弱の住まいの場合、目安としての価格帯は2,300~2,700万円、坪単価は50~70万円ぐらいと考えておくと良いでしょう。

デザイン性

機能的で快適な室内設備やお洒落な内装はもちろん、個性あふれる外装はシンプル、ナチュラル、和風モダンなど、バリエーションも豊か。

商品ラインアップは6種類あり、優れたデザイン性で話題を呼んでいます。

プレジデントホーム

オプション料金なしで最新設備が好きに選べる「フリーチョイスシステム」が人気。

高性能の設備の数々がクオリティーの高い快適な暮らしを実現させる、次世代省エネ住宅です。

家事動線が考慮された間取り、開放的な吹き抜け、充実の収納など、好みの外観や間取りによってさらに14種類ものプランが用意されています。

プレジデントホームスタイル

プレジデントホーム内で選んだプランの、外観のみをこだわりのスタイルに変更できるプラン。

和モダンな「ジャパネスク」、シンプルモダンな「シンプル」、南ヨーロッパ風「ユーロ」の3種類から選択可能です。

ニューコンセプトハウス

自由設計の間取りが可能なため、自分のライフスタイルに合わせた理想の住まいを実現させることができます。

和風、ブリティッシュスタイル、ビクトリア朝、ログハウス風、南国リゾートヴィラ風など、外観はどれもスタイリッシュ。

曲線を活かした個性的なタイプやモダンな平屋タイプなど、23タイプから選べます。

ライフコンセプトシリーズ

積雪対策のある家、ペットと暮らせる家、採光性の高い家、スキップフロアの家、介護がしやすい家など、家族構成やライフスタイルに合わせた間取りが特徴のシリーズ。

暮らし方に合わせた機能や間取りで、より快適な暮らしができます。

クラフトハウス

基本のボックスタイプ住宅に、パズルのように組み合わせてオリジナルの間取りが設計できるプラン。

外観はシンプルながらも個性的。自分で考える間取りだからこそ、家族全員が笑顔になる満足のマイホームに仕上がります。

やだいくのいえ

耐久性の高い高品質の瓦が標準仕様となっている、和風住宅。伝統的な日本家屋を重んじながら、室内は現代のライススタイルに合わせた機能的なつくりになっています。

5種類の重厚感あるプランから選択できます。

耐震性

石井工務店住宅には地震による家の倒壊を防ぐため、さまざまな工夫が施されています。

東日本大震災でも優れた強度を発揮したベタ基礎をもとに、さらに太い鉄筋採用と間隔も狭めた施工で、震度7にも負けない頑丈な基礎を実現。

建物が住宅基礎からずれることのないよう、特殊なアンカーボルトや通しボルトで資材もしっかり固定しています。

また、地震の揺れによる窓枠の変形を防ぐために、太さ12㎝の横架材を採用。

建材には耐震性はもちろん、耐久性にも優れた最高等級を使用しています。

基礎だけでなく、細かな部分にも配慮し、大地震がおきても家族の命を守ることができる頑丈な家づくりに励んでいるホームメーカーです。

断熱性・気密性

ほとんどの住宅の断熱材にはグラスウール10Kが採用される中、石井工務店ではより密度の高い「高性能グラスウール24K」を標準採用。

室内の温度が外気に影響されないだけでなく、不燃性・耐久性にも優れています。

天井には高断熱の「セルローズファイバー」を使用し、隙間のない施工を可能にしたことで断熱効果もさらにアップ。

セルローズファイバーの木質繊維が温度だけでなく湿度の調節も行うため、いつでも快適な室内を保つことが可能になりました。

万が一火事になっても、中まで燃えることがなく、有毒ガスが出ることもありません。

このように高品質の断熱材を隙間なく入れることで高い気密性も維持し、エアコンだけにたよらない省エネ住宅を提供しています。

保証・アフターサポート

石井工務店では、引き渡し後も安心して暮らせるように保証やアフターサポートもあります。

基礎構造・柱・屋根・床などの構造躯体部分に対して、引き渡し後10年の間に欠点が見つかった場合、修繕費用などが補償されます。

また、引き渡しから半年後、1年後、2年後の計3回の定期点検を実施。

点検のタイミングでなくても、メンテナンスの依頼があれば迅速に対応します。

工期

工期について具体的な記載がありませんが、高断熱・高気密というハイグレード住宅という点と、一般的な工務店の工期を考慮すると、石井工務店住宅の工期は4~5ヶ月が目安と言えます。

その時の受注数が多ければ着工まで少し時間がかかることもありますし、天候、プラン内容、広さなどの影響で施工に時間がかかることもあります。

正確な工期については、直接営業スタッフに問い合わせをしましょう。

構造・工法

スーパーワイドベタ基礎工法

地震の多い日本では、耐震強度の高い住宅が求められます。

石井工務店では、頑丈な基礎をつくるためにベタ基礎を採用。

鉄筋とコンクリートを併用して、床を支える「束」や、基礎のコーナー補強である「コーナーハンチ」を施し、より高い耐震性を実現させました。

スーパーマス組工法

木材を碁盤の目のように組み合わせて面で支える工法は、耐震性をさらに向上させる工夫の一つです。

マス組の上には構造用合板を入れ、フローリング材の下には遮音材も施されているため、遮音性にも優れています。

貫イゲタ工法

壁の耐力を上げるために採用されているのが、貫イゲタ工法。

はしご状に組んだ木材を壁内に組み込むことで、大型地震にも負けない強固な壁を実現。

他の耐震工法とともに住まいを地震から守ります。

現代差鴨居式工法

釘を使用せずに太柱に背の高い部材を差し込むことで、より高い強度が得られる差鴨居式工法は、昔から神社やお寺などの建築法として用いられています。

この伝統工法に現代工法をあわせ、地震の揺れにも動じない強い枠組みを実現。

歪みも生じさせずに高い断熱性・気密性も維持します。

基礎断熱工法

夏は涼しく冬は暖かい鍾乳洞に着目して考案された断熱工法。

ベタ基礎に発砲ウレタンをしっかり吹き付け、床下内に外気が入り込むのを防ぎます。

これにより床下の温度も常に安定した状態になるため、冷気や熱気が室内に影響することもありません。

高性能樹脂サッシ・トリプルガラス

冷気や熱気は窓などの開口部から室内に入り込むことが多いため、アルミの1000分の1の熱伝導率の樹脂サッシを採用。

さらに3枚ガラスを組み合わせた高断熱構造ガラスの中空層には、優れた断熱効果を持つ「アルゴンガス」を封入し、室内側・室外側のガラスには高遮熱性のLow-Eガラスを使用しています。

これらの工夫により、通常のガラス窓に比べて断熱性能が7倍以上も上がりました。

24時間換気システム

2003年以降の新築建物には24時間換気システムの設置が義務づけられていますが、排気のみを行う換気システムが多いのが現状です。

しかし石井工務店の換気システムは、熱交換型。

取り込んだ外気を室内温度にしてから循環させ、汚れた空気は外気温に近づけて排出します。

その結果、常にきれいな空気が室内に循環し、室温も快適に保たれている状態に。

冷暖房費の削減にもつながる経済的で健康的な換気システムです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

石井工務店をおすすめしたい人はこんな人!

石井工務店の住宅は商品ラインアップが豊富でどれも個性的でおしゃれ。

他とは違うスタイリッシュな家に住みたい人や、間取りを自由にカスタマイズしたいという人におすすめです。

またローコスト住宅にはない高機能・高性能の家を求めている人にも最適で、最新設備の中で快適な暮らしが実現できます。

さらに、優れた換気システムや高い断熱性・気密性を誇る石井工務店住宅は、省エネ住宅でもあるため、光熱費を抑えて貯金を増やしたいという人にも喜ばれるホームメーカーです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

石井工務店で注文住宅を建てる時の15のステップ

① 申込み

どのようなマイホームを希望しているのか、どんな立地が良いのかなど、聞き取りを行います。

土地が決まっている場合は敷地調査も実施します。

② プランの決定

どのプランにするのかを決め、間取りや電気、フリーチョイスの内容など、詳細も決めていきます。

③ 色決め

好みのデザインや色を選びます。

これが契約前の最期の打ち合わせとなりますので、疑問点などはしっかり質問しておきましょう。

④ 契約・地盤調査

納得の行くプランが出来上がったら契約となります。

その後建築予定地の地盤調査を行います。

⑤内装と照明の確認

最終的な設計を確認し、内装や照明についても決めていきます。

どのような流れで建築が進んでいくのかが把握できる、工程表も渡されます。

⑥ 着工前の最終確認

プラン内容・見積もりなどの最終確認を行います。

次のステップで工事が始まりますので、不明な点や疑問点がありましたら、この時点で営業担当者にたずねましょう。

⑦ 着工

いよいよマイホームの着工です。

⑧ 基礎工事

震災にも負けない強固な基礎をつくっていきます。

⑨ 上棟

構造体が出来上がると上棟です。

上棟式も行います。

⑩ 立ち合い検査

施主が現場に同行し、断熱立ち合いを行います。

この時、電気コンセントの確認もします。

⑪ 社内木工工事完了検査 

構造主体に不具合などがないか、くまなく検査を行います。

⑫ 施主立ち合い検査

施主立ち合いのもと、さらに検査を行います。

気になる点は遠慮なく指摘してください。

⑬ 社内完了検査

設備・内装工事も進め、完了後検査を行います。

⑭ 施主完了検査

外観・内装すべての工事が完了後、施主に確認をしてもらいます。

自分の希望通りの内装になっているか、ドアや窓の立て付けは大丈夫かなど、細かな部分も確認しましょう。

⑮ 引き渡し

全て問題がなければ引き渡しとなります。

住宅瑕疵担保責任保険を含めた重要証書や書類も渡されますので、無くさないようしっかり管理しましょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

石井工務店の会社情報

お洒落で高性能な住宅建築を手がける石井工務店は、どのようなホームメーカーなのでしょうか。

会社情報を簡単に見ていきましょう。

石井工務店の会社概要

会社名 株式会社石井工務店
本社所在地 福島県郡山市田村町守山字三ノ丸33
電話番号 024-955-3447
設立 昭和60年2月25日 法人登録
代表者 代表取締役  石井一男
資本金 9,491万円
展示場 郡山南展示場

郡山市安積町荒井字石樋23-1「総合住宅展示場 ハウジング夢通り」内

郡山北展示場

郡山市八山田2丁目19 郡山北総合住宅公園内

福島展示場

福島市飯坂町平野字三角田9-7 「福島テレビ総合住宅展示場ハウジングプラザ福島」内

白河展示場

白河市高山西167-4「福島テレビ 総合住宅展示場 ハウジングプラザ白河」内

いわき展示場

いわき市鹿島町飯田字八合22 「福島テレビ総合住宅展示場 ハウジングプラザいわき」内

宇都宮展示場

宇都宮市陽東6-2-2 「TBSハウジング宇都宮ベルモール」内

小山展示場

小山市中久喜2丁目1-23 小山住宅公園内

宇都宮インターパーク展示場

河内郡上三川町大字磯岡600番「TBSハウジング宇都宮インターパーク」内

宇都宮西展示場

宇都宮市細谷町753−3 CRTハウジング宇都宮総合住宅展示場西会場内

佐野展示場

佐野市越名町2040-3 CRTハウジング佐野総合住宅展示場内

石井工務店が注文住宅に対応しているエリア

福島県郡山市をメインとした県内全土と、栃木県エリアが対応可能です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

大切なマイホーム建築は、長く住む家だからこそ妥協はしたくありませんが、できれば価格はリーズナブルに抑えたいものです。

高機能・高品質・ハイセンスの3拍子そろった石井工務店の住まいは、まさに理想。

ぜひ家事・育児のしやすい間取りの省エネ住宅で、快適な暮らしを実感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /