住む人に優しい「健康住宅」とは?プロ目線でメリット・デメリット、基礎知識を解説!

昨今では「健康住宅」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。

また自然素材住宅や天然素材住宅という言葉も良く使われています。

健康住宅と自然素材住宅、天然素材住宅とでは何が違うのでしょうか。

「健康住宅」とは、一般的に住む人が健康で快適に暮らせるように配慮された住宅のことと解釈されていますが、具体的にどんな住宅を指すものなのか正しく理解している方はそう多くはないと思います。

そこで本記事では健康住宅の特徴やメリット、一般住宅との違いなどを詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

いま注目の「健康住宅」とは?

実は「健康住宅」に明確な定義はありません。

一般的には人体に有害なホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物や有機リン系の化学物質などを含まない建材や接着剤、塗料を使用して建てられた住宅のことを「健康住宅」といいます。

したがって、健康住宅と自然素材住宅、天然素材住宅は通常同じ意味で使われています。

住む人の健康を考えて作られた家

住宅がそこに住む人の健康に悪影響を及ぼす要因には、以下のようなものがあると考えられています。

  • 化学物質を使用した建材や接着剤、塗料等による空気汚染
  • 室内の急激な温度差によるヒートショック、血圧変動
  • 結露によるカビやダニの発生に起因するアレルギー症状
  • 室内が暑いことによる熱中症
  • 室内の段差や手摺がないことによる転倒や転落事故

このような、住む人の健康や身体機能に悪影響を与える要因を排除することを目的に建てられる住宅が「健康住宅」です。

健康は住まいで左右される

住まいは人が一日の大半を過ごす場所です。

住まいが安全な素材で作られていると健康な生活を送ることができる反面で、住まいの中にアレルギーの要因や大きな温度差、転倒の危険性などがあると健康面で大きなリスクになります。

したがって、住む人の健康と住環境には密接な関係があるといえます。

また、住まいの中に精神的なストレスを与えるものがあっても快適に暮らしていくことができません。

人が健康的に暮らしていくためには、住まいの断熱性、気密性、遮熱性、換気などの住環境を整えると共に、バリアフリー性や耐震性、防音性、経済性、精神的な安心なども不可欠です。

体に優しい木材を使用

供給量が多くて容易に入手できる輸入木材や集成材は価格が安いため住宅には幅広く使用されています。

その一方でこうした資材には有害物質を含む防腐剤や接着剤が使用されていることもあるため、シックハウス症候群のリスクが高くなります。

シックハウス症候群とは、住宅の建材や内装材などに含まれる有害物質が人体に影響を及ぼし、頭痛や目、のどの痛みなどの病気を引き起こす症状のことです。

また人によっては体内でアレルギー反応を引き起こし、かゆみや湿疹といったアレルギー症状が出ることがあります。

一方、国産の無垢材には健康被害の原因となるホルムアルデヒドは含まれていません。

また無垢材には調湿機能があるため結露やカビなどの発生を抑制する効果があり、ハウスダスト対策にも有効です。

したがって輸入木材や集成材と比較して、健康被害を引き起こすリスクが低いといえます。

健康住宅ではこのような体に優しい木材を使用されていることが一般的な住宅との違いのひとつになります。

耐久性や耐震性を備えている

地震や台風、豪雪などの自然災害に強いことは住む人の安全性が高くなると共に、精神的なストレスの軽減にもつながります。

また耐久性が高く住まいが長持ちすることによって、将来的に建て替えなど環境にも負荷をかけにくいため、環境にも優しい住宅といえます。

快適な温湿度を保つ住宅工法を採用

健康住宅では、高い断熱性能と気密性能を保持するための住宅工法が採用されます。

そのため各部屋の室温を快適に保ち、温度の急激な変化に伴って発生するヒートショックが軽減されます。

「健康住宅」の3つのメリットとは?

健康住宅には様々なメリットがありますが、ここでは代表的なメリットを3つご紹介します。

1.リラックス効果が得られる

健康住宅では有害な化学物質の使用を避けるために、天然の素材が多く使用されます。

そのため空気汚染が少なく、木の香りに包まれてリラックス効果が得られるメリットがあります。

さらに木材や漆喰、珪藻土などの天然の素材は調湿性、断熱性にも優れているので快適な住環境を得ることができます。

2.長年住み続けることができる

健康住宅では断熱性・気密性を向上させて夏や冬でも室内の環境を適温に保ち、一年中快適に暮らせるように設計されます。

また断熱性を高めることで結露が発生しにくくなり、木造住宅では最大の劣化の原因になる水分の発生を防ぎます。

したがって健康住宅は延命がしやすく、耐久性が向上するため長く住み続けることが可能になります。

3.無添加だから孫の代まで安心

有害な化学物質の使用を極力避ける健康住宅は、無添加なので健康的な暮らしを送れます。

さらに建物にとって天敵である結露の発生を抑えて耐震性能を高めることで、孫の代まで安心して暮らせる住まいづくりが実現できます。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

「健康住宅」の評判は?

色々なメリットのある健康住宅ですが、実際に住んでいる人の評判はどうなのでしょうか。

ここでは、健康住宅に関する評判・口コミをご紹介します。

  • 夏涼しく冬あたたかいため、光熱費が抑えられてよい
  • いつも窓ガラスの水滴を拭くのが日課だったが、今では結露ができないのでカビも生えず快適
  • 周囲が畑で土埃がひどいが、家の中はいつもきれいな空気で満たされている
  • ほこりがたまりにくいので掃除が楽
  • メンテナンスが簡単
  • 家の中では花粉症であることを忘れるくらい快適
  • 風邪をひかなくなり病院通いが減った
  • 腰痛、肩こり、アレルギーが改善された
  • 天然の木のぬくもりでリラックスでき、早く家に帰りたくなった

健康住宅のメリットを存分に受けられている口コミが多く見られました。

家の中が快適であることは、それだけで安心感やストレスの軽減に繋がります。

「健康住宅」を作るための3つの素材

健康住宅には化学物質を極力使用せず、天然素材を用いることが多くあります。

なぜ化学物質は避けた方が良いのでしょうか?

化学物質を避けた方が良い理由とは?

近年の住宅の高気密・高断熱化は、省エネルギーの観点から不可欠なものになっていますが、同時に有害物質を室内に閉じ込めることになり、シックハウス症候群をはじめとして様々な健康被害を引き起こす要因にもなっています。

これを避けるためには、人体に有害な化学物質で室内の空気を汚染させないことが最も近道になります。

ホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれたものや防虫・防ダニなどの薬剤をできるだけ使わないようにして、室内の空気を汚染させないことが大切なのです。

それでは「健康住宅」にはどのような素材が使われているのでしょうか。

そしてそれらは一般的な住宅で使われているものとどんな違いがあるのでしょうか。

詳しく解説します。

➀木材

健康住宅の構造材には、有害物質を含んだ防腐剤が使用されていない、国産の無垢材が使われています。

またフローリング材にも有害物質を含まない無垢材が使用されるので、アトピーや喘息などのアレルギー症状を引き起こすリスクが少なくなります。

一方一般的な住宅では、薄い板を接着剤で貼り合わせた合板フローリングや集成材の構造材が使われています。

接着剤には人体に有害な化学物質が含まれているため、空気汚染の原因になりシックハウスやアレルギー症状を引き起こす恐れがあります。

➁壁・天井

一般住宅で壁や天井に多く使用されるビニールクロスには、塩化ビニルモノマーという発がん性が疑われる分子が含まれていて、健康被害の恐れがあるばかりでなく、カビが生えやすいという欠点があります。

一方、健康住宅の内装材には無垢の木材やシックイ、珪藻土、和紙、布クロスなどの自然素材から作るものが使用されるので、健康被害を受ける可能性が極めて低くなります。

➂塗料・ワックス

有機溶剤や化学物質が含まれた塗料、ワックスなども健康被害の原因になります。

健康住宅では、石油(化学物質)を含まない天然成分だけから作られた自然塗料やワックスが使用されています。

また通常の塗料やワックスは、塗装面に塗膜を作るので木の呼吸を止めてしまいますが、自然塗料は木に浸透するため、木本来の調湿機能が損なわれてしまうこともありません。

ただし中には化学物質を含んでいるのに自然塗料と称して販売されているものもあるので、成分表示がきちんと明示されているかどうかの確認が必要です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

「健康住宅」に必要な5つのポイント

「健康住宅」では具体的にどのような点がポイントとなるのでしょうか。

この章では、健康住宅を建てる際に必要な5つのポイントについてご紹介します。

1.天然無垢材の使用

人にとって欠かすことができないのが呼吸です。

空気が汚染されているかどうかは、健康な暮らしを送る上で非常に重要な問題になります。

したがって素材による空気汚染は絶対に避けたいものです。

そこでまずこだわりたいのが住宅の素材です。

構造材や下地材、天井、壁、床などの仕上げ材は人体に大きな影響を与えるので、木材はできる限り天然の無垢材を使用するようにしましょう。

2.自然素材の塗り壁

壁の仕上げ材には調湿効果と消臭効果が高い自然素材の塗り壁が最適です。

最も代表的なものに珪藻土があります。

珪藻土とは植物性のプランクトンの化石が堆積してできた地層から掘り出した土のことで、多孔質なため壁に塗ると調湿効果を発揮します。

ただし珪藻土はそれ自体で塗ることができないので、接着させるための接着剤が必要になります。

接着剤に化学物質が含まれていることが良くあるので、成分の確認が必要です。

3.結露を防ぐ木材・塗料の使用

湿気は木造住宅にとって大敵です。

結露を放置しておくと断熱材や建物の構造躯体にカビや腐食が発生してしまい、建物の耐久性の低下につながるだけでなく、アレルギー症状を引き起こす原因になります。

結露を防ぐ木材や調湿性・防カビ効果が高い塗料などで結露防止対策をとっておくと良いでしょう。

4.ヒートショックのリスク軽減

家庭内で入浴中に死亡する人は全国で毎年19,000人(交通事故の約5倍)に達するといわれ、その原因のほとんどが急激な温度差によるヒートショックです。

暖房で暖められた部屋と、冷たい脱衣室や浴室との温度差を解消するために最も有効な手段となるのが住宅の高気密・高断熱化になります。

健康住宅では住宅の高気密・高断熱化を行い、ヒートショックリスクを軽減することが必要になります。

参考:入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究|厚生労働科学研究成果データベース MHLW GRANTS SYSTEM

5.換気

換気は健康住宅における重要課題のひとつです。

高気密・高断熱の住宅においては換気能力の低下が懸念され、空気の質が悪くなりがちです。

ホルムアルデヒドなどの化学物質やカビ・ダニの発生を抑えることが大切ですが、シックハウス対策のほかに、人が呼吸するときに出る二酸化炭素の排出、においや煙、水蒸気などの排出、結露防止のための湿気の排出など、建築基準法で定められている換気量だけでは不十分な場合が多々あります。

健康住宅では十分な換気計画を行うことが重要になります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

「健康住宅」の秘訣! フロアコーティンングとは?

近年流行りのフロアコーティング。

フロアコーティングとは、床材の上に専用のコーティング剤を塗布して床を保護する目的で行われます。

床を長期間綺麗な状態に保ち掃除が楽になるメリットがありますが、シックハウス症候群や喘息などを引き起こす原因になる揮発性有機化合物(VOC)による健康被害が気になる方も多いと思います。

フロアコーティングに用いられる塗料は国土交通省の定める認定検査においてF☆☆☆☆等級を獲得しており、ホルムアルデヒドの放散量は基準値以下もしくは検出できないという国のお墨付きを得ているので、一応安心といえます。

(しかしVOCを含まないということではなく、あくまでも放散量が国の定める基準値以下ということなので注意が必要です。)

したがってアレルギーなどの症状がない方であれば、シックハウス症候群や喘息などを発症する可能性は極めて低いといえます。

基本的には乳幼児やペットが舐めても問題ありません。

またフロアコーティングを施すことで、転倒防止や埃が舞いあがるのを防ぐ効果が期待できます。

では実際にフロアコーティングはどのように利用されるのでしょうか。

メリットから具体的に見ていきましょう。

フロアコーティングの4つのメリット

フロアコーティングを施すことは、どんなメリットがあるのでしょうか。

4つのメリットをご紹介します。

1.床の質をランクアップ

フロアコーティングを施工することで、生活していく中で生じる傷や汚れ、摩擦などから大切な床材を守ります。

その結果新築時のきれいな状態が長持ちして掃除が楽になるので、床の質がランクアップするメリットがあります。

2.滑りにくくなる

フロアコーティングを施工すると、グリップ性(滑りにくさ)が向上します。

小さな子供やペット、特に室内犬を飼育する家庭においては、走り回っても滑りにくくなるフロアコーティングはメリットになります。

また高齢者がいる家庭にとっても、歩行時の関節負担の緩和や転倒の防止に効果を発揮します。

ただしコーティングの種類によって「滑りにくさ」に違いが出ます。

UVコーティングが最も滑りにくく、ガラスコーティングは滑りにくさの点で他のコーティングよりも劣るので注意が必要です。

3.劣化を抑えられる

フロアコーティングは表面に被膜を形成するので、床材をキズや汚れから保護するだけでなく、風合いを長く維持して経年劣化を抑える効果が期待できます。

4.埃が舞いにくくなる

フロアコーティングを施工した床は、静電気効果で埃が目立ちにくくなります。

室内で犬や猫を飼っている場合など、ペットの毛が舞いにくくなるのでオススメです。

またフロアコーティングによってフローリングの溝に埃がたまりにくくなるのもメリットです。

フロアコーティングの4つの種類

フロアコーティングには種類があり、それぞれ特徴があります。

それぞれの特徴をご紹介します。

UVコーティング

光沢が強く高級感がある仕上がりになります。

耐久性、保護機能が最も高く、ペットや子供などに対する安全性が非常に高いのがメリットです。

耐用年数は20年以上あるといわれる一方で、施工には専用の照射機が必要になるため価格が高いことと、光沢感が部屋の雰囲気に合わないことがある点がデメリットになります。

シリコンコーティング

アクリル樹脂にシリコン樹脂を混ぜたコーティング剤を使用し、硬度や耐薬品性などの基本的な性能が高いのが特徴です。

そのためコーティングの中では最もトータルバランスに優れているとされます。

適度なツヤがあり比較的安全性が高いのですが、耐用年数は5~10年程度です。

ガラスコーティング

実際にガラス質の被膜が形成される訳ではなく、表面硬度が高い薄膜のシリコン被膜を形成し、傷に強いコーティングです。

他のフロアコーティングと比べて非常に塗膜が薄くて光沢が低いため、元のフローリングと施工後の風合いが大きく変わらないことと、キズやムラが目立ちにくいことがメリットです。

フロアコーティングの中では最も新しく、市場に多く出回るようになったのはここ10年足らずのため、長期間経過後にどのような不具合が生じるのかがわからないという不安があるのがデメリットです。

耐用年数は10年程度ですが、非常に強いショックを与えるとひび割れすることがあります。

ウレタンコーティング

20年以上前から存在する最もポピュラーなコーティングで、摩擦に対して強いのがメリットです。

ツヤが控えめで他のコーティングと比較して低コストですが、耐用年数が8~10年程度と短く、薬品に対してやや弱いのがデメリットになります。

一般的に他のコーティングと比較して性能面で劣ります。

安全性がより高い水性のウレタンコーティングもありますが、耐用年数は3~5年程度です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

「健康住宅」の坪単価はいくら?

自然素材を使った健康住宅は坪単価が高いと思ってあきらめている方も多いと思います。

しかし近年では住宅の高気密・高断熱化やバリアフリー化は当たり前なので、価格に差が出るのは構造材や内装材を自然素材にする分の差額費用だけです。

また自然素材の中でも安価な素材を採用することで、価格上昇を抑えることができます。

たとえば無垢のフローリングであれば、多少節の多いものや木目が不揃いのものを使用することで、費用を抑えることが可能です。

見た目が多少悪くなっても、健康住宅としての機能面では問題ありません。

さらに注文住宅であれば、自然素材でコストが上がった分の費用をキッチンやシステムバスなどの住宅設備機器のグレードを下げることによって調整することもできるでしょう。

全ての要望を満たそうとすれば建築コストが跳ね上がるばかりですが、本当に必要なものにお金をかけてその他のものに関しては必要最低限のものにすると割り切れば、坪単価50~60万円の予算で健康住宅を建てることは十分に可能です。

【Q&A】「健康住宅アドバイザー」ってどんな仕事?

Q:健康住宅アドバイザーってどんな資格で、どのようなことを行っているのですか?

A:健康住宅アドバイザーとは、日本健康住宅協会が実施する試験に合格後に所定の登録手続きを行った住宅の衛生環境、維持管理に関する調査・診断・施工の技術者です。

居住環境の中の健康阻害要因を適切に診断し、適切な対処方法のアドバイスを行います。

まとめ

近年では健康志向が深く根付いてきたこともあって、住宅にも無添加の天然素材を求める方が少なくありません。

家族全員が長く快適に暮らすことができると共に、愛犬・愛猫にも優しい健康住宅の需要は今後益々高まっていくと思われます。

しかし健康住宅には特に定義があるわけではないので、名ばかりの健康住宅も存在しています。

健康住宅に関する正しい知識を身に付け、住まいに居ながらにして健康への効果が実感できる家を手に入れて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /