記念住宅の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

記念住宅は、高知県高知市に本社を構える住宅メーカーです。

「住む人がいて家がある。あなたが主役の家づくり」をコンセプトに、高知の気候と風土に合った家づくりを行っています。

地元の気候になじんだ木材と、飽きのこない自然素材を使った「パッシブデザイン」を取り入れているのが特徴です。

基本的には自由設計ではありますが、豊富なパターンから選べる規格住宅「Terracy(テラシー)」も用意されており、お客様の幅広い要望に応えています。

そこで、この記事では記念住宅の評判、坪単価や特徴、耐震・耐火性などを幅広く紹介していきます。

実際に記念住宅で家を建てた人の口コミも交えながら紹介しますので「記念住宅って実際どうなの?色々知りたい!」という人は、是非参考にしてみてくださいね。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」と、LIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

(SUUMOは工務店、LIFULL HOME'Sはハウスメーカーの情報を中心に取り寄せられます。)

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきます。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できます。

ぜひ参考にしてみてください。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、ハウスメーカーランキングについて、詳しく解説をしていきます。

記念住宅で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

まず気になるのが、記念住宅の評判ですよね。

そこで実際に記念住宅で家を建てた人のリアルな評判や口コミを、いくつか紹介していきます。

記念住宅のリアルな悪い評判・口コミ

記念住宅の悪い評判・口コミはありませんでした。

記念住宅のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

モデルハウスの印象が良かったことと、友人が記念住宅で家を建てていることもあって、安心して記念住宅に決めました。外張り断熱のおかげで暖かく、エアコンの効きも良いですよ。

ライオン先生

設計のときには分からなかったのですが、実際に住んでみると生活動線が思っていた以上に良くて、快適に過ごすことができています。断熱性も高く、雪が降るくらい寒い日でもエアコンやホットカーペットが必要ないくらい暖かかったです。

ライオン先生

初めての家づくりなので色々と悩むこともありましたが、営業さんが親身に相談に乗ってくれました。また、大工さんは丁寧な仕事かつ現場目線でのアドバイスをしてくれて、とても満足できる家が完成しました。アフターサービスも丁寧なので、長く安心してお付き合いできそうです。

ライオン先生

3年くらい前に、旭グリーンヒルズのプラスワンリビングを一目見て気に入ったので、記念住宅で家を建てることを決めました。営業さんも相談しやすい方で、満足できる家に仕上がりましたよ。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

記念住宅の特徴を項目ごとに紹介!

ここからは、記念住宅の特徴について紹介していきます。

記念住宅の主な特徴は次の3つです。

  • 地元の気候と素材を活かした「パッシブデザイン」による家づくり
  • 坪単価48万円の規格住宅「Terracy」でコストを抑えた家づくり
  • アフター専任の担当者やOB会などの、充実したアフターフォロー

記念住宅では「性能だけでは家は長持ちしない」という考えのもと、高知の気候と素材を活かした「パッシブデザイン」による家づくりを行っています。

パッシブデザインは、暖冷房設備や装置等に依存せず、適切な断熱や日射調整(取得と遮蔽)、通風、蓄熱等、建物そのものの工夫によって、室内環境の快適性の向上を図る。夏期と冬期では取り組みが異なり、それぞれの季節に応じた建物の熱的性能が求められる。

参考URL:パッシブデザイン – Wikipedia

また、記念住宅は自由設計が基本ですが、坪単価48万円の規格住宅「Terracy(テラシー)」もラインナップされています。

適正かつ明確な価格設定のため、予算を抑えた家づくりが可能ですよ。

さらに「記念住宅の特徴をもっと知りたい!」という人のために、より具体的な特徴について項目ごとに紹介していきます。

価格帯・坪単価

記念住宅の規格住宅「Terracy(テラシー)」と「Terracy ZERO(テラシーゼロ)」は、以下の通り明確な坪単価が設定されています。

  • Terracy(テラシー):坪単価48万円
  • Terracy ZERO(テラシーゼロ):坪単価58万円

記念住宅の規格住宅では、このように明確な坪単価が提示されていることによって、家づくりの予算が立てやすくなっています。

なお、注文住宅の坪単価については残念ながら情報がありませんでした。

詳しく知りたい方は記念住宅までお問い合わせください。

デザイン性

記念住宅では、高知の気候と素材を活かした「パッシブデザイン」の家づくりが行われています。

地元の気候になじんだ木材や自然素材を取り入れることによって、いつまでも長く住める味わい深い家を実現しています。

また、記念住宅の家づくりは基本的に自由設計ですが、規格住宅プラン「Terracy(テラシー)」も用意されています。

規格住宅プラン「Terracy(テラシー)」の特徴

  • 坪単価48万円という明確な価格設定
  • モデルハウスと同様のハイグレードな標準装備
  • リビングから繋がる開放感あふれるバルコニー
  • 外装と内装の組み合わせで、計16通りのパターンからデザインを選択できる
  • ZEH(ゼロエネルギーハウス)にも対応

規格住宅プラン「Terracy(テラシー)」は、限られた予算内でデザイン性と品質を兼ね備えた家を建てたい人には特におすすめです。

また、長期優良住宅の認定基準をクリアした「Terracy ZERO(テラシーゼロ)」というプランもラインナップされていますよ。

※「Terracy ZERO」は坪単価58万円

耐震性

記念住宅の耐震性についてですが、過去の完成見学会の情報によると耐震等級は最高の「3」を実現しているようです。

ただし具体的な耐震や制震についての情報はなかったため、プランによって耐震等級が異なる場合もあります。

また、記念住宅では耐火性もしっかりと確保されています。

規格住宅プラン「Terracy」では、火災の延焼を防ぐ「省令準耐火構造」が採用されており、火災保険料の割引対象となります。

さらに標準装備として火災報知器も備わっていますよ。

断熱性・気密性

記念住宅では「アルミ樹脂複合サッシ」と「Low-E複合ガラス」を全ての部屋に採用しており、窓からの熱の出入りを軽減します。

アルミ樹脂複合サッシ

室内側に樹脂を、室外側にアルミを使用したサッシのこと。

アルミの強度と樹脂の熱伝導率の低さを兼ね備えたサッシを実現。

Low-E複合ガラス

太陽の日射熱をカットし、夏は涼しく冬は暖かい室内環境を実現。

冷暖房効率も良くなるので節電にも効果的。

紫外線も防ぐため、家具・カーペットなどの退色も抑えられる。

また断熱材には「アキレス断熱ボード」を使用し、高い断熱性を確保しています。

アキレス断熱ボード

断熱性の高い、硬質ウレタンフォームの断熱ボード。

耐熱性や気密性も高く、結露を防止する効果も。

保証・アフターサポート

記念住宅では、お客様が長く安心して快適に住むことができるようにアフターケアを大切にしています。

アフターケア専任の担当者が付き、何かあった場合でも迅速に対応してくれます。

そして2年に1回、施主OBの交流会を開催し、お客様同士のつながりや交流も大切にしています。

また、第三者機関(JIO)による有償の「アフターハウス点検」も取り入れており、長期優良住宅の定期点検やリフォームの事前点検などの際に利用することが可能です。

工期

記念住宅の工期についてですが、残念ながら情報がありませんでした。

一般的に地域密着型の工務店に注文住宅を依頼する場合、工期は約4〜5ヶ月と言われています。

ただあくまでも目安なので、工期は事前にしっかりと確認しておきましょう。

構造・工法

記念住宅では「木造軸組工法」が採用されています。

木造軸組工法とは日本に古くから伝わる伝統的な工法で、別名「在来工法」とも呼ばれています。

柱や梁といった軸組で建物を支える構造になっているのが特徴。

設計の自由度が高く、窓を大きくとれるなどのメリットがあるので、注文住宅に適した工法と言えるでしょう。

記念住宅をおすすめしたい人はこんな人!

記念住宅はこんな人におすすめです。

  • 高知県の気候と素材を活かした、快適に過ごせる家を建てたい人
  • 規格住宅プラン「Terracy(テラシー)」で予算を抑えた家づくりをしたい人
  • 充実したアフターフォローを受けたい人

記念住宅の家づくりは高知の気候を活かし、自然素材をふんだんに利用した「パッシブデザイン」を取り入れているのが特徴です。

そのため高知県で快適に過ごせる家を実現できますよ。

また、「できる限り予算を抑えた家づくりをしたいけど、デザインにもこだわりたい」という人にぴったりなのが、規格住宅プラン「Terracy(テラシー)」です。

坪単価48万円という明確かつ適正な価格が設定されているので、予算を立てやすくなっているのが嬉しいポイントでしょう。

外装と内装で計16通りのパターンが用意されているので、デザインを選ぶ楽しさも十分あります。

そして記念住宅は地元密着企業ということもあって、アフターフォローに力を入れています。

アフター専任の担当者による細やかなサポートによって、長く安心して住むことができるでしょう。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

記念住宅で注文住宅を建てる時の6つのステップ

ここからは、記念住宅で注文住宅を建てる時の6つのステップを紹介します。

記念住宅での家づくりを検討している方は、是非参考にしてみてくださいね。

1.記念住宅のモデルハウスや見学会に足を運ぶ

記念住宅の家づくりに興味を持ったら、まずは記念住宅の展示場や完成見学会に足を運んでみましょう。

  • RKC住まいるパーク展示場「kigara(きがら)」
  • 引き渡しまでの住宅で実施する「完成見学会」
  • 着工中の現場を見ることのできる「構造見学会」

展示場を見学したい場合は、公式ホームページから見学予約をしておくことでスムーズに案内してもらえますよ。

完成見学会や構造見学会については、公式ホームページの「イベント」にて開催のお知らせがあるので、定期的にチェックすることをおすすめします。

2.敷地調査・土地探し

すでに土地を持っている場合は、敷地調査を行います。

敷地の測量や周辺環境、土地の状態などをプロの目線でチェックしていきます。

なお、記念住宅では土地探しのサポートもしてくれるので「土地探しから始めたい」という方は、早めに相談しておくと良いでしょう。

3.建物プランの作成

ここからは、記念住宅とともに具体的な建物のプランを作成していきます。

家族のライフスタイル、希望する部屋の数や広さ、予算などのヒアリングが行われます。

ヒアリング内容をもとに初回プランの提案があるので、修正点や「ここはもっとこうしてほしい」という要望などがあれば伝えます。

修正点や要望をもとに、さらに打ち合わせを重ねて理想の間取りを作成していきます。

4.仕様の決定〜請負契約

詳細プランが決定したら、外壁や設備、壁紙、フローリングなどの色や仕様を決めていきます。

最終的に決定した仕様にて、見積もりや諸経費などの資金計画書の提案があります。

記念住宅からの最終的な提案や見積もり内容に承諾することで、本契約の締結に進みます。

内容をしっかりと確認して、不安なことや疑問点があれば必ず解消してから契約をしましょう。

契約の後は「建築確認用設計図面」を作成し、役所へ建築確認申請を行います。

5.地鎮祭〜地盤調査

工事を始める前に「地鎮祭」を行います。

地鎮祭とはその土地の守護神を鎮め、土地を利用することの許しを得る儀式のことで、工事の安全を祈願する意味合いもあります。

また、土地の地盤調査も行っていきます。

万一地盤が軟弱で沈下などの恐れがある場合は、地盤改良工事が必要になります。

6.基礎工事〜引き渡し

いよいよここから本格的な家づくりとして、基礎工事がスタートします。

基礎工事から引き渡しまでの流れは次の通りです。

  1. 基礎工事
  2. 上棟
  3. 中間検査
  4. 完成
  5. 自社検査
  6. 引き渡し

記念住宅ではアフターケア専任の担当者が付き、何か困ったことがあった場合でも迅速かつ細やかに対応してくれます。

また2年に1度OB会の開催もあるので、引き渡し後も安心して住み続けることができるでしょう。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

記念住宅の会社情報

ここで、記念住宅の会社情報について簡単にご紹介します。

記念住宅は「住む人がいて家がある。あなたが主役の家づくり」をコンセプトに、高知の気候や風土に合った家づくりを行っています。

自由設計の注文住宅や、規格住宅「Terracy(テラシー)」によってお客様の様々なニーズに対応。

さらに充実したアフターフォローによって、お客様との繋がりを大切にしています。

記念住宅の会社概要

記念住宅の会社概要は以下の通りです。

会社名:記念住宅株式会社

本社所在地:〒780-0912 高知県高知市八反町2-10-2

電話番号:088-871-6800

記念住宅が注文住宅に対応しているエリア

高知県

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

まとめ

記念住宅の評判、坪単価や特徴、耐震・耐火性などについて、幅広くお話しさせていただきました。

高知の気候と風土にあった家づくりをしている記念住宅。

自然素材を取り入れた家づくりや、規格住宅「Terracy(テラシー)」など、魅力的な提案をしている住宅メーカーです。

「高知県で一生住める家を建てたい」という人は、記念住宅での家づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

是非モデルハウスや見学会に足を運んで、記念住宅の家を体感してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /