工房信州の家の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

注文住宅を建てるときに一番悩むのが、ハウスメーカー選びではないでしょうか。

ハウスメーカーによって建てる家の特徴やデザイン、価格が違いますし、メーカーの強みも違います。

どこのハウスメーカーも特色があり、そこから自分たちに一番適したハウスメーカーを選ぶのが大切。

大手のハウスメーカーだから安心ということではなく、自分たちの理想の住まいを実現してくれるメーカーを選びましょう。

長野県で注文住宅を検討している方におすすめしたいのが、「工房信州の家」という地域密着のハウスメーカー。

ここでは、工房信州の家の住まいづくりの価格、性能、デザインなどのメーカーの強9実や特徴をわかりやすく紹介。

さらに、実際に工房信州の家で住まいづくりを行った人のリアルな口コミを紹介します。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

工房信州の家で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

ホームページや住宅情報サイトにも出てこない知りたい情報を得るには、実際に住まいを建てた人の口コミは参考になります。

ここでは、悪い評判、良い評判両方の角度の口コミを集めました。

口コミは、人によって感じ方の違いや考えの違いがありますので、参考程度にお考え下さい。

工房信州の家のリアルな悪い評判・口コミ

質が良い分価格はかなり高額で、大手ハウスメーカーの上位レベルと変わらない金額。高くつくけれど、納得のいく品質と思う方には向いています。薪ストーブは管理がたいへんで手間がかかり、思った以上に光熱費がかかります。総じて、住んでからもコストがかかる印象です。

雰囲気やデザイン、品質はすごくいいと思いますが、それだけに価格がかなり高いです。その分しっかりとしたつくり、性能なので、納得のいくつくりではあります。アフターメンテナンスもしっかりしていますし、ランニングコストを考えると、メンテナンス費用が掛かる他のメーカーよりもいいかな。考え方によると思いますが、もう少し値引きをして欲しかったです。

自然素材を使用するのはとてもいいですが、無垢材のメンテナンスはかかりますので覚悟は必要。また無垢材は柔らかくて肌触りがいい分、傷がつきやすく、我が家も1年でかなり傷だらけになってショックを受けています。珪藻土の壁も汚れやすいので、定期的に手入れが必要。薪ストーブもメンテが大変で手間がかかります。その辺をすべて覚悟できるのであればおすすめです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

工房信州の家のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

住んでみてすごく驚くことばかりで、性能の高さにびっくりすると思います。特にエアパスの断熱性にはびっくり。薪ストーブのみで長野の冬を快適に過ごせるなんて信じられません。光熱費もさほどかからず、朝ストーブをたくことで一日中暖かさがありますし、吹き抜けの部屋もとても暖かく、換気はエアパスを開放するだけ。結露もなく快適な空気環境です。また、夏はエアパスを開放するだけで、たまった暑さを抜きますので我が家はエアコンをほとんど使わずに夏を乗り切りました。薪ストーブは、すごく落ち着きますしリラックスできるのがいいですね。多少手間がかかりますが、住んでいて大事に暮らしているという気持ちになりますし、家に対する愛着が増しますね。確かに他のハウスメーカーに比べると、安いとは言えないですが、それだけの品質がありますし、私たち家族は大満足のマイホームです。工房信州の家のスタッフは、私たちの要望を一生懸命叶えてくれて、建てた後も定期的に訪問してくれ、家のお手入れ方法などもアドバイスくれます。

ライオン先生

自分たちのマイホームを大事にしたい人、住んでからも愛着のある住まいを希望する人に向いているハウスメーカーです。自然素材をふんだんに使用して、家族の健康にもいいですよね。無垢材の温かみのある肌触り、柔らかさはとても快適で、子供たちも裸足で歩くのが気持ちいいみたい。その分、傷つきやすい木材なので手入れが必要。木の住まいは経年で、色の変化があり趣が出てくる楽しみがありますよね。薪ストーブも手間がかかる面があるのですが、それでもあの暖かさと雰囲気はとてもいいです。厳選された国産の木で作る住まいは、ほっとしますしリラックスしますよね。展示場のモデルハウスに行ったときから、この木の魅力に取りつかれて、工房信州の家以外には作る気がしませんでした。工房信州の家に住むようになってからは、家族がリビングに自然と集まっていろいろな話をするようになり、コミュニケーションがとりやすい家だなと思います。一年中快適に過ごすことができますし、冬の寒さを感じることなく冬を越せたのは驚きでした。

ライオン先生

仕事で信州に引っ越すことになった時は、冬の厳しい寒さと雪に驚きました。この信州の気候と風土に合わせたマイルームを作ろうとなった時に、自然と全国にある大手のハウスメーカーよりも、地域密着のハウスメーカーのほうがいいだろうと思いました。工房信州の家に決めたのは、やはり展示場で見た実際の住まいがとても気に入ったから。こんないえだったら、子供たちも楽しくのんびりと過ごすことができると思ったのです。そして一番気に入ったのは、やはり薪ストーブ。これこそ信州らしい家の象徴のように感じ、絶対に取り入れたいと思いました。都会から来た人にとっては、薪ストーブは憧れですよね。要望を伝えることで、メーカーの人は、私たちにぴったりのプランを提案してくれて、ほとんど修正もなく決定。自然の光や風を取り入れる設計は、自然が豊かな信州だからこその設計プランだと思います。天井が高く、広い間取りは開放感があって、子供たちものびのびしています。エアパスソーラー工法も信州の気候に合った工法だと思います。冬は床暖房を入れているように、足元も家全体が暖かくて、子供たちは半そでで過ごせるほどなのはびっくり。ホームページには家の手入れ方法が掲載されていますし、訪問するスタッフの方からもアドバイスがあります。長く大事に、手入れをしながら住んでいきたい自慢のマイホームです。

ライオン先生

親が体を壊して入院したのがきっかけで、一緒に住むための二世帯住宅を考え始めました。家族が健康で過ごすためにも、自然素材をふんだんに使用した家、そして性能も高く長く快適に住むことができる家を探していました。工房信州の家は展示場で見たのがきっかけで、気になり、他の展示場も見学。私たち夫婦だけではなく、両親も気に入ってくれたのでお願いすることにしました。モデルハウスの素敵な内装、外観だけではなく、スタッフの方の丁寧な対応、そしてわかりやすい説明も決め手となりました。本当に知識が豊富で、自社の商品のメリットとデメリットまできちんと説明してくれたのが良かったですね。2世帯住宅は両方の世帯の意見を取り入れなければいけないので、設計士の方も大変ですよね。特にデザインの問題があり、私たちは北欧風のデザインが良かったですし、両親も和風を希望。そこで両方の世帯の希望を取り入れたプランを作っていただき、とても感謝しています。おお互いの世帯が我慢することなく、自由に設計してくれましたので、大満足。木の住まいの良さを感じる家ですし、断熱性も高く、家の中の温度が一定なのでヒートショックの心配もありません。安心して健康に、快適に住むことができる住まいで、家族全員が満足しています。

ライオン先生

土地の場所が少し小高い所にあり、設計するときに南信州の街を一望できる大きな窓を作ってくれたのが良かったです。とても開放的な空間で、家族だけではなく友達を呼ぶことも多いので評判が良くて、とても嬉しいですね。プランニングするときも私たち家族の動きやすいように、そして様々な要望を聞いて間取りを作っていただきました。土間に、薪ストーブなど、日本の古き良い時代のアイテムを入れることで、雰囲気がある住まいになって理想的。家族で話し合ってデザインや間取りを考えるのは、楽しくてマイホームを作っているということを時間できる作業ですね。何回かやり直しをしてもらって、迷惑をかけましたが、おかげさまで納得のいく住まいができたと思っています。毎日家でアウトドアしているような感覚で、子供たちと楽しんでいます。素敵な住まいを提案してくれて、感謝しかありません。

ライオン先生

もともとは東京で暮らしていましたが、定年を機に田舎でのんびり暮らしたいということもあり、信州にマイホームを構えることにしました。山が好きで、自然を感じられる住まいがいいということで、少し高台の土地を購入。ハウスメーカーをどこにするかは、本当に悩みましたね。やはり自然素材を使ってマイホームを作りたかったですし、性能も大切。特に信州の厳しい寒さに備えるために、断熱性能が高い住まいづくりをしてくれるところが良かったです。大手のハウスメーカーも考えましたが、信州に住まいを建てるならば信州のことがよくわかっているハウスメーカーがいいと思い、工房信州の家さんにお願いしました。展示場のモデルハウスが理想的でしたし、土間や薪ストーブなど素敵なアイデアを出してくれて、住んでみたいと思わせるプランでした。一番の自慢は、広くて大きな窓から信州を一望できるパノラマビュー。開放感のある吹き抜けのリビングに、薪ストーブを置いてとても雰囲気があります。夫婦でゆったりと過ごすことができますし、たまに子供たちも孫を連れて遊びに来て、のびのび楽しんでいるのを見ると、信州に引っ越してきて本当に良かったなぁと実感します。

ライオン先生

住まいづくりが成功するかどうかを決めるのは、ハウスメーカーによると思います。自分たちにあったハウスメーカーを探すのが一番大切で、それが一番難しい。何件ものハウスメーカーを回り、展示場にも行き、いくつものモデルハウスを見学。その中で一番しっくり来たのが、工房信州の家でしたね。妻も気に入って、こんな家に住みたいと家族全員が一致。自然環境を生かした家づくり、自然素材をふんだんに使用しそれを見せるインテリア。土地探しからサポートしてくれて、私たちの好みぴったりの提案をしてくれました。木の住まいは和風の家というイメージがありますが、工房信州の家のプランは和風過ぎずに現代的なデザインも取り入れたプラン。和モダンというのでしょうか?とてもおしゃれで、素朴なところも感じ、間取りが広くとられているのが開放感があって気持ちがいいですね。薪ストーブも取り入れたいアイテムだったので、とても嬉しいですし、インテリアにもマッチしています。収納は見せる収納を隠したい収納と二つに分け、収納計画はかなり相談しました。小物などにも凝っていましたので、それを飾る棚など、家具類も一緒にコーディネートしていただき、トータルでマッチした住まいになったと思います。全てにおいてサポートしていただき、工房信州の家を選んで本当に良かったです。

ライオン先生

いくつかのハウスメーカーのモデルハウスを見学しましたが、どこもピンと来なくて同じような印象でした。もっと信州の自然を感じる住まいに住みたいなぁと思っていたときに出会ったのが、工房信州の家。信州にあった住まいづくりを行っていて、自然をうまく取り入れた開放的な家。今まで見てきた住まいは、なんだか閉ざされた印象でしたので、この開放感が私たちにあっていると思いお願いしました。完成見学会にも参加させていただきましたが、部屋の空気感がまるで違いますよね。案内してくれたスタッフの雰囲気も暖かく、とても丁寧で好印象でした。住まいづくりはもっと後でいいかなぁと思っていたのですが、工房信州の家の住まいを見て、一気に「建てよう!」という気持ちが大きくなってきました。間取りと動線に一番こだわりましたね、家事がスムーズにしやすいので妻も喜んでいます。工房信州の家の特徴である、土間と薪ストーブですが、我が家はあえて入れませんでした。それでも自然素材の温かみを感じるとても素晴らし住まいになりました。

ライオン先生

年齢のこともあって、建て替えるなら平屋がいいなと思って、昔からお世話になっている工房信州の家さんに相談しました。展示場を見て開放的な木の住まいの良さを感じ、契約することにしました。話をよく聞いてくれましたし、地元のハウスメーカーということで安心感がありましたね。できれば平屋の住まいがいいと思っていたのですが、工房信州の家さんの提案で2階のボリュームを小さくして、屋根裏のような感覚の2階を設計してもらいました。片流れの屋根の外観はシャープでとてもかっこよく、デザイン的にも気に入っています。2階には子供部屋の1室だけで、後は吹き抜けにしてゆったりとしたリビングに薪ストーブを置き、開放的な空間にしました。断熱性能が高いので、間取りが広くて吹き抜けがあっても部屋はすぐに温まり、効果が持続しています。木のぬくもりもあって、床暖房を入れていないのに、足元が温まるのが嬉しいですね。信州は冬の寒さが厳しいですが、部屋の中はとても暖かくすごく快適です。あまりエアコンを使わなくなって、光熱費も抑えられているのが嬉しいですね。木の住まいなので、キッチンのアイテムもそれに合うものを選ぶようになりました。機能的にも優れていて、掃除もしやすくきれいさを保つことができるキッチンも気に入っています。

ライオン先生

マイホームにはかなりこだわりがあって、大手のハウスメーカーの画一的な住まいではなく、自分たちだけの暖かなマイホームを作りたいと思っていました。自然素材をたくさん使った工房信州の家は、まさに私たちの理想の住まいを実現してくれると思い相談しました。木の匂いが他のモデルルームとは違って、本物を感じることができたからです。ヴィンテージのアイテムが好きで、時がたつごとに趣を感じる、深みが増す、そんな住まいになったと思います。キッチンのタイル、フローリングの無垢の木、薪ストーブ、インテリアなど本当に私たちのこだわりが詰まった家。スタッフの方には何度もプランを出してもらいかなり迷惑をかけました。打ち合わせの時間も納得がいくまでかけてくれて、おかげさまで後悔のない満足のいくマイホームを建てることができ感謝しています。建ててからもメンテナンスやお手入れ方法のアドバイス、定期訪問など気にかけていただいていますし、工房信州の家にお願いして本当に良かったです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

工房信州の家の特徴を項目ごとに紹介!

工房信州の家はどんな住まいづくりをしているのでしょうか。

工房信州の家の性能、デザイン、坪単価など項目ごとにまとめました。

価格帯・坪単価

工房信州の家の坪単価は、公式ページに記載はないですが、受託情報サイトによると60万円~80万円と、おおての高級住宅とあまり変わらない坪単価です。

デザイン性

工房信州の家は自然素材をふんだんに使用したデザインです。日本は地域ごとに気候と風土に特徴があり、土地柄にあったデザインにすることが大切。

信州という地域に密着したハウスメーカーだからこそ、信州にしかできないデザインを可能にしました。

通風や日照が取れるように配慮したデザイン、周囲に溶け込みながらも存在感があり、自然を取り込む役目を果たすデザイン。

信州の四季を快適に過ごすための、デザインコードを定めることで、信州にあった提案をしています。

例えば、信州の美しい山並みと調和する切妻・大屋根のデザインは、ダイナミックで印象的な外観を形成。

外壁には、落ち着きがあって温かみを感じるカラーを選択し、一部に板張りを採用することでメリハリとデザイン性をアップ。

信州の気候と風土に特化した住まいづくりを行います。

耐震性

工房信州の家が建てる注文住宅は、すべて長期優良住宅です。

耐震等級は最高等級の3で、建築基準法レベルの1.5倍の強度の住まい。

工房信州の家が地震に強いわけは3つの理由があります。

頑丈な基礎

地震に強い家を作るには、まずは基礎が大事。

工房信州の家では細かな間隔で起訴配筋を組んで、全面をコンクリートで覆う頑丈なスクラブ基礎を採用しています。

地震が起きたときに、基礎全体が一体となり振動することで、建物の損傷を抑える効果があります。

軸組構造+耐力パネル

工房信州の家では、全棟にエアパスソーラー工法を採用。

エアパスソーラー工法とは、壁の中に通気層を設けて太陽熱お自然の風を利用します。

通気性を高めるだけではなく、地震に対しても効果的な工法。

建材には、粘り強い長野県産のムク材を使い、梁と柱を組み合わせて作ります。

壁には、耐力壁をつくり外張りします。

昔からの伝統的な工法の木造軸組工法と壁面強度の耐力壁を合わせることで、建物が地震の揺れに耐えて変形するのを防ぐ、地震に強い仕組みです。

48項目におよぶ厳しい検査

48項目に及ぶ厳しい検査を実施することで、計算された強さを確保する施工を行っています。

断熱性・気密性

工房信州の家は、夏は涼しく冬は暖かいエアパスソーラー工法の住まいです。

断熱材とエアバスソーラー工法を組み合わせることで、1年中快適に過ごすことができる住まいを実現しました。

壁の中に2つの空気層を設けて、太陽熱と風を活用。

冬は太陽熱で温められた空気が循環して、室内の温度差を少なくし冷える足元もしっかり温めます。

外壁と断熱材の間に空気層を作ることで、無理なく自然に快適な空気を作ります。

保証・アフターサポート

住まいを引き渡した後から、お客様との本当のお付き合いが始まると考えているので、点検だけではなく訪問も定期的に行っています。

定期訪問

引き渡し、1か月訪問、2か月訪問、6か月訪問の実施。

建物の不具合の確認を実施、状況に合わせて修正の手配。

お手入れ方法、薪ストーブの使い方などの住まいのアドバイスを行います。

定期点検

1年目、2年目、5年目、10年目と定期的な点検を実施します。

項目ごとに担当者が点検、点検場所は細かく決められていて、不具合があった場合修繕の手配、またはその場で修繕を行っています。

工期

相談から着工まで約4か月、着工から引き渡しまで約5か月。

構造・工法

快適な空気を作るエアパスソーラー工法で作られる、工房信州の家。

エアパスソーラー工法は3つの工法特性を併せ持った、理想的な住まいです。

パッシブソーラーハウス

太陽熱と風、地熱などの自然のエネルギーを利用して建物の空気を快適な状態にしますので、エアコンに頼らない暮らしが可能。

新・外断熱工法

基礎と壁、屋根を断熱材ですっぽりと包み込む断熱方法。

魔法瓶のように一度温まると快適な温度が維持されます。

壁体内通気工法

壁の体内に通気層、内壁空洞を設けて、エアパスダンパーで空気に一定の流れを作っています。

夏は厚さを排熱することで、暑さを軽減、冬は暖かい空気を流すことで自然に家の中全体を温めます。

また構造は昔ながらの在来軸組構造を採用。

在来軸組構造とエアパスソーラー工法の組み合わせで、耐久性があり地震にも強い住まいを作ります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

工房信州の家をおすすめしたい人はこんな人!

工房信州の家の住まいづくりの特徴をまとめてわかったうえで、どんなひとにおすすめのハウスメーカーなのか、おすすめの人をまとめます。

信州の風土にあった住まいづくりがしたい方

大量生産大量消費の家づくりではなく、家には愛着を持って大切に暮らしたい、そして信州にあった住まいづくりを行いたい、それが工房信州の家の想い。

信州の風土に合った、信州の木で住まいを作り、大切な住まいづくりをしたいという方にピッタリです。

家族が健康で暮らせる住まいを作りたい方

自然素材を使用して健康に暮らせる家を作りたいという方にも、安心の住まいづくりを提供します。

化学物質の影響のない自然素材で住まいを作ることで、シックハウスとは無縁の家を提案。

自然素材の家では調湿効果、保温効果がありますので、湿気た空気を最適にし、ダニやカビの繁殖を抑えるので健康的に住むことができます。

県産の無垢材、珪藻土の壁、漆喰、和紙、塗料など自然素材で作り上げる住まいを作っています。

土間や薪ストーブを取り入れたい

工房信州の家の象徴的な空間が土間、そして薪ストーブです。

開放的な空間を可能と士、信州の豊かな自然を享受しながら楽しむ生活スペース土間。

デザイン的にも素晴らしく、グッドデザイン賞を受賞しています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

工房信州の家で注文住宅を建てる時の10のステップ

実際に、注文住宅を建てる時の流れを紹介します。

①出会いと相談

展示場で実際に建てられた家を見学し、気に入ったら住まいづくりがスタート。

お客様の要望、こだわり、夢などをヒアリングします。

②敷地調査・報告

敷地調査はプランニングをするうえでもとても大切。法的規制必要手続きなどもありますが、日照や風向き、土地の形のよってプランも異なります。

調査した結果の報告を行い、お客様の希望、心配事なども相談にのっています。

③資金計画・ゾーニングプラン

無理のない資金計画を提案。土地を生かす建物の配置、間取りの配置最高、風通りなどのゾーニングプランを提案します。

④完成・構造現場 入居宅の案内

図面で見てわかりづらいことでも、実際の現場を見学することで見えてきます。

工事の過程、完成現場を見学し、実際に住んでいる方の話も参考になります。

⑤基本プランの提案

土地に合わせて、そしてお客様の要望に合わせて、お客様だけの間取りを提案。

家族のライフスタイルなども取り入れた提案を行っています。

⑥見積もりの提出・契約

資金計画、基本プランが決まったところで見積もりを提出。

プランと見積もりに納得出来たら契約です。

契約が終了したらさらに細かいインテリアなどの打ち合わせも実施します。専属のインテリアコーディネーターが提案してくれます。

⑦最終図面確認・本契約

最終的な図面を提案しますので、納得がいくまで確認してください。

その後に住まいの詳細、予算の決定、本契約となります。

⑧着工

工事の打ち合わせ、最終確認を行い、工事スタッフとの顔合わせ、着工式も行います。

工事の間は一週間に一度の進捗状況の報告があります。

着工から色々な検査が始まり、登記や金融機関の手続きもあります。

⑨竣工・引き渡し

工事が無事に完了し、建ても物の引き渡しが行われます。

点検と同時に手直しも実施。気になる部分は遠慮なく指摘してください。

⑩アフターフォロー

建て終わった後も、定期的に点検、訪問を行います。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

工房信州の家の会社情報

工房信州の家の基本的な会社情報、担当しているエリアをまとめました。

工房信州の家の会社概要

会社名 株式会社 フォレストコーポレーション
住所 〒396-0027 伊那市ますみケ丘7352-1
電話番号 0265-72-2088
設立 昭和35年5月
代表取締役 小澤 仁
従業員数 126名
事業内容 建築工事・土木工事の請負、不動産取引業務、建築設計監理業務、建築企画コンサルティング業務

工房信州の家が注文住宅に対応しているエリア

長野県全域

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

工房信州の家の特徴や口コミなどをわかりやすくまとめました。

大手のハウスメーカーの決まった企画の住まいにはできない、地元信州の気候と風土に合った住まいづくりを行っているハウスメーカーです。

信州に密着した住まいづくりは、自然素材の木を使用し、エアパスソーラー工法で冬の寒さも快適に乗り切る、まさに信州にぴったりの住まいづくり。

まずは、実際の建物を見学して、工房信州の家の住まいづくりを体感してください。

うちハピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /