狭小地の土地活用方法5選を紹介!狭小地に住宅を建てる際の工夫などもあわせて解説!

狭小地の土地活用方法5選を紹介!狭小地に住宅を建てる際の工夫などもあわせて解説!

<記事の情報は、2022年11月30日時点のものです>

狭小地(きょうしょうち)は、読んで字のごとく、狭くて小さな土地のことです。

本記事では、狭小地の特徴や活用法、居住する際に注意すべきポイントなどを説明していきます。

狭小地を持っているが、遊んでおり、活用方法を知りたい
狭い土地でも、都市部に一戸建て住宅を建てて快適に過ごしたい

といった方に、役立つ情報が満載です。

狭小地を既にお持ちの方も、これから購入を検討されている方にも有益な記事内容となっております。どうか最後までお読みいただき、狭小地の有効活用や狭小地での快適な住宅設計にお役立てください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。

はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証プライム上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

メーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

また、上場企業が厳しい審査をしているのも大きなメリットです。

審査に通った優良住宅メーカーのみ掲載が許されているので、悪質な会社に騙されたりしつこい悪質営業をされることもありません。

家を建てる前には1番最初にカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービス→

また、より慎重に住宅メーカーを決めたい方には、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです。

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いもの。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

狭小地とは?どんな特徴があるの?

狭小地とは?どんな特徴があるの?

上でも説明したように、狭小地は狭い土地のことですが、厳密な定義はありません。しかし、通常は20坪以下または15坪以下の土地が狭小地と呼ばれます。

一般的に、土地は「広く・四角く、平たい」ほど利用しやすく、そのため資産価値も高くなる傾向があります。

その点、狭小地は狭いだけでなく、他の条件も不十分であることが少なくありません。また、土地の形状を変えるには、多大な費用がかかってしまいます。

狭小地は、利用しにくい、つまり使用目的が限られるため、資産価値は高くなりにくい場合が多いでしょう。これは現在所有している狭小地を売却したいという方にはマイナス要素になります。

反面、これから狭小地を取得する方にとっては、資産価値の低さが安く取得できるというプラス要素として働きます。

【具体例付き】狭小地の有効な土地活用法5選!

【具体例付き】狭小地の有効な土地活用法5選!

上記で説明したように、狭小地はその利用価値が低いため、基本的に売却には不向きであることが多いと考えられます。

売却しないのであれば、所有している狭小地を上手に活用するに越したことはありません。土地は所有しているだけでも固定資産税などの維持費がかかるため、遊ばせておくのはハッキリとマイナスなのです。

以下、狭小地の活用法を紹介していきます。ご所有の狭小地の形状や立地条件などをご勘案の上で、狭小地の活用を検討してみましょう。

1.住宅を建てる

せっかく土地があるのですから、自分が、または子や孫がそこに住むという可能性を考えてみましょう。

【事例】70歳を超え、無事に退職したAさんは、子どもたちの近くに住みたいと考えるようになりました。子どもは都市部に住んでいて、暮らしも便利になりそうです。そんなとき、狭いけれども条件の良い土地を見つけ、小さくとも快適な家を建てました。今では夫婦2人、子どもや孫とも頻繁に会える幸せな生活を送っています。
【解説】他人にとっては利用価値が低くても、あなたや親族にとっては大いに価値のある土地かも知れません。

  • 歳をとって移動が大変になってきたので都心部に住みたい
  • 子どもが独立したので、都心部の小さな家に住みたい
  • 子どもや孫に小さくても快適に住める家をプレゼントしたい

など、所有している狭小地を最大限に活かすプランの検討は、もちろん立地条件によりますが、最優先で行ってもいいと思います。

また、立地によっては賃貸用住居の建築も可能な場合があります。上記のような需要は、あなたにはなくとも、他の誰かにはあるかも知れないからです。

狭小地で快適な居住空間を実現するためには、最高の住宅設計プランが必要です。それにはまず、下記のサイトからハウスメーカーの情報を簡単に一括取得してみましょう。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

2.空き地のシェアをする

1日~数ヶ月単位で土地を貸し出し、賃料を得る方法です。1日~数日間のごく短期的なイベントであったり、数ヶ月やもっと長期にわたって行うことも考えられます。

【事例】Bさんは、学生など若い人たちが多く居住する地域に狭小地を所有していましたが、アパート建設には狭すぎる土地でした。そこで、フードトラックのマッチングサービスを介してホットドッグショップを招致したところ、これが大当たり。土地の有効活用だけでなく、学生やホットドッグショップともWinWinの結果となりました。
【解説】都市部ではよく見られる遊休地の利用法です。フードトラックの招致には、ガスや水道設備が必要な場合があるので、注意しましょう。

3.自販機などのサービス機を設置する

自販機などのサービス機を設置する

土地がかなり狭くても、自動販売機の1つや2つは設置できるでしょう。ジュースなどの自動販売機を設置することで、狭小地から収入を得ることが可能となります。

【事例】Cさんは、所有する狭小地の固定資産税に悩まされていました。税理士に相談したところ、土地の一部が大通りに面しているために税金が高くなっているとのこと。そこで、大手飲料メーカーに取り次いでもらい、大通りの部分に飲料の自動販売機を設置することに。すると、年間の取り分が6万円ほどとなり、固定資産税の負担を軽減することができました。
【解説】所有する土地に自販機を設置するスペースを提供する場合、契約にもよりますが通常は売上の2割程度が土地所有者の取り分となります。これは金額としてはそれほど多くなりません。したがって、できれば他の土地活用と併用するのが賢いやり方と考えられます。

4.駐車場経営をする

安直にみえて、意外に堅実なのが、駐車場経営です。駐車場経営には色んな形態があります。

【事例】Dさんの所有する土地は、狭く、形もいびつですが、都市部にあります。ここに目をつけたDさんは、駐車場経営を決心しました。結果、わずか数台のスペースながら、周辺よりもほんのちょっと安い価格の時間貸しで大きな収入を得ることができました。
【解説】街中のドライバーはいつでも、少しでも安い駐車場を探しています。狭小地で駐めにくくても、便利な場所にあれば十分な収益が期待できるでしょう。駐車場経営は、初期投資が少なく済むケースが多く、時間貸であれば短期的に運用することが容易なことも大きなメリットです。

5.土地だけを貸す

自分で運用方法を案出するのが面倒な場合には、土地の利用権だけを貸して、地代を取るのが楽なやり方です。

【事例】Eさんは、所有する狭小地をどうにか運用したいと思っていましたが、具体的なアイデアはありません。自分で運用して結果を出す自信も、アイデアを練る時間もありません。そこで、アイデアのある人に土地を貸し出すことにしました。結果、毎月定額の地代収入を得ることに成功しました。
【解説】土地活用は他人に任せて自分は土地代だけもらうという方法があります。これはこれまでに紹介してきた土地活用方法のほとんどに関して言えることです。こうした契約では、通常、地代が月額・年額などのように固定されているため、安定した収入が望めます。

反面、自分で土地を活用するのに較べ、収益が少なくなってしまうことは避けられないでしょう。

狭小住宅はおすすめ?狭小地に家を建てる3つのメリットをご紹介!

狭小住宅はおすすめ?狭小地に家を建てる3つのメリットをご紹介!

ここからは、狭小地に住宅(自分や親族が住む家)の建築をご検討の方に向けての説明となります。

狭小地に住宅を建てるとき、その住宅を「狭小住宅」といいます。なんとなくネガティブな呼び名ですが、言葉の印象に惑わされてはいけません。

なぜなら、狭小住宅には、それを選択すべき明確なメリットがあるからです。これから、その代表的なメリットを3つ紹介していきます。

  1. 土地代が安い分、他にお金をかけられる
  2. 家の面積が狭いので、手入れが楽
  3. 都市部でも利便性の高い暮らしが可能

なにより大切なのは、あなたを含めた家族や親族が快適にそして幸せに人生を送れる家を建てること。

土地が狭いというのは確かに、変えられない事実です。しかし、それだけで快適なマイホームをあきらめてしまう必要はありません。

では、狭小地に住宅を建てるメリットについて、以下詳しく見ていきましょう。

1.土地代が安い分、他にお金をかけられる

土地と家を同時に購入しようとする場合、土地代の占めるウェートは非常に大きいものとなる事があります。

したがって、資金的事情によっては、広い土地を買うよりも、家屋の安全性や機能性に費用をかけるという選択も考えられます。

また、新居を構えるときには、外装・内装や、間取り、水回りや調度品にもこだわりたいもの。土地代を安く抑えることで、これらにより多くのお金を投入することが可能となります。

2.家の面積が狭いので、手入れが楽

「家が狭い」というと、ネガティブな印象となりがちですが、これをポジティブに捉えることも大切です。

「コンパクトでシンプルな住居」をイメージしてみましょう。掃除やお手入れが簡単で、常に片付いている家です。

特に高齢の方などにとっては、お手入れや整理整頓・清掃が楽になり、たとえ狭くても、親族や客人を招きやすい住居となることでしょう。

3.都市部でも利便性の高い暮らしが可能

土地の価格は、特に都心部では高額です。しかし狭小地ならば、安く手に入れられる可能性があります。

少ない部屋数で十分な家族構成なら、便利な都市部に小さな家を建てるというプランも非常に魅力的に思えるでしょう。

都市部であれば、公共交通機関の利用がのぞめるため、ガレージなどのスペースが必要ありません。また、狭小地であっても、車両を格納するスペースを確保できる建築プランも数多く存在します。

狭小住宅は恥ずかしい?狭小地に家を建てる3つのデメリットをご紹介!

狭小住宅は恥ずかしい?狭小地に家を建てる3つのデメリットをご紹介!

「狭小住宅に住むことが恥ずかしい」と感じる方もおられるでしょう。そういう感情は、どこから湧き上がってくるのでしょうか?

そのほとんどが、「狭い・小さい・貧乏くさい」という印象ではないかと思います。

ですが、幸福な家は必ずしも、「広く・大きく・リッチである」必要はありません。

楽しく、健康的な生活を実現していれば、誰に恥じることはないのです。

ゆえに、狭小住宅であるからという理由だけで恥ずかしく感じる必要はありません。

ただし、狭小住宅には狭小住宅ならではのデメリットもあります。

  1. 居住空間が狭い
  2. 隣家との距離が近いので、騒音対策が必要
  3. 建築基準法による高さなどの制限がある

これから、これらのデメリットについて詳しく説明します。

デメリットをきちんと把握した上で狭小住宅を建築することで、「狭くても恥じる必要のない」家を建てるよう心掛けましょう。

1.居住空間が狭い

土地が狭いので、建てた家の居住空間も当然、狭くなります。

庭園や車庫などのスペースを取ることも困難となる場合が多いでしょう。

居住する家族が少なかったり、車を所有していないなど、スペースを必要としなければあまり問題はありません。

それでも極端に狭い部屋などは精神的に窮屈な感じを与え、快適さを損なう場合があるため注意が必要です。

資金的なゆとりがあれば、垂直方向に高い家屋を建築したり、地下にスペースを設けることで解決できる場合があります。

2.隣家との距離が近いので、騒音対策が必要

狭小地は、隣家との距離が接近していることが多く、相互の騒音に対する配慮が必要です。

騒音トラブルは、近隣住民との関係において非常に深刻な問題に発展する可能性があります。

特に一軒家を構えたばかりの家族は、マンションなどと違って近隣に与える騒音に無頓着な場合があるため注意が必要です。

大音量でテレビを観たり、音楽を楽しむ予定がある場合には、建築時に防音措置を施す必要があるでしょう。

また、建築工事の際にも騒音が発生します。着工前の段階で、近隣住民との関係をきちんと構築しておくことが大切です。

3.建築基準法による高さなどの制限がある

狭小地に住宅を建てるとき、垂直方向に積み上げれば(2階建て・3階建てなど)床面積を増やすことが可能です。

しかし、自分の土地だからといって好きなだけ高い建物を建てられる訳ではありません。隣接する道路や隣家の採光や通風を妨げないよう、配慮する必要があります。

法的にも、建築基準法などで建物の高さや形状に制限が設けられていますので、注意が必要です。

狭小地では特に、近隣の環境を確認し、ハウスメーカーなどの専門家とよく相談した上で住宅建築の計画に取り掛かるようにしましょう。

狭小地に注文住宅を建てる際のおすすめのハウスメーカー3選!

狭小地に注文住宅を建てる際のおすすめのハウスメーカー3選!狭小地に住宅を建てる際には、それに適したハウスメーカーを選ぶことが大切です。

ここでは、狭小地での住宅建築に対応しているオススメのハウスメーカーを3つ紹介します。

土地が狭いと、必然的に住宅設計の自由度が低くなりますが、だからこそハウスメーカーの特色や得意分野が重要となります。

それぞれの特徴をしっかりと理解して、ハウスメーカー選びにお役立てください。

1.三井ホーム

三井ホーム

(引用元:三井ホーム公式HP

三井ホームは、1974年の創業以来、時代のニーズに合わせて耐震性・耐火性を備えた木造住宅を追求してきたハウスメーカーです。

狭小地の住宅建築においても豊富な実績を持っています。

特に2008年に販売開始した「CRECER(クレセール)」は、小規模敷地に適した都市型の3階建てフリー設計住宅で、人気の商品です。

CRECERの特徴は、狭い間口の敷地でも多くのプランバリエーションが選択可能で、オプションの自由度も高く、もちろん堅牢性に優れていること。

都市部の雰囲気にマッチしつつ、風や光など、自然を体感できるデザイン性にも優れています。

2.ミサワホーム

ミサワホーム
(引用元:ミサワホーム公式HP

ミサワホームは、1967年創業と、長い歴史を持つハウスメーカーです。シンプルで飽きのこないデザインが人気で、グッドデザイン賞を多数受賞しています。

また、建築する家ごとに高品質の部材を工場生産する、完全別邸生産方式を採用し、資産価値の高い家屋建築を実現します。

狭小地の住宅商品も「URBAN MODEL3」など複数プランを用意しており、生活スタイルや建築資金に応じた選択が可能です。

狭小住宅の展示場も全国各地に展開しており、実際の狭小住宅建築を気軽に見学できることも魅力の一つとなります。

3.アキュラホーム

アキュラホーム(引用元:アキュラホーム公式HP

アキュラホームは、完全自由設計を特長とするハウスメーカー。一軒一軒を専門のデザイナーが担当して、生活スタイルや土地の広さに応じた最適な設計を提案してくれます。

1978年創業と長い歴史を誇り、実績も十分。それでいて、旧来の概念にとらわれない住宅建築を追求し続けています。

狭小住宅としては、堅牢性はもとより、開放感と自由な設計を重視した3階建ての「超空間の家」が代表的なプランです。

狭小地に住宅を建てるときには、色々なハウスメーカーの情報を取り寄せ、入念に比較検討することが重要。ぜひ、以下のリンクからハウスメーカーの資料を一括請求して情報収集をしてみましょう。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

狭小地に住宅を建てるなら取り入れたい!間取りのポイント3選をご紹介!

狭小地に住宅を建てるなら取り入れたい!間取りのポイント3選をご紹介!狭小住宅ではどうしても、フロアごとの床面積が小さくなります。だからこそ、狭小住宅で快適に生活するためには、間取りが何よりも重要です。

そこで、これからは、狭小住宅の間取りでぜひとも取り入れてほしいポイントを3つ紹介したいと思います。

  1. 生活導線に配慮した間取りを心掛ける
  2. 中庭や吹き抜けで開放感を演出する
  3. 地下などで収納スペースを作る

いずれも、快適な狭小住宅の建築に役立つアイデアとなっています。

以下の説明をよくお読みいただき、狭小住宅の計画を楽しんでいただければ幸いです。

1.生活導線に配慮した間取りを心掛ける

生活動線を考慮せずに、パズル的に部屋や設備を配置してしまうと、住みにくい家になってしまう事があるので注意が必要です。

どのような間取りが適しているかはそこで生活する人によって様々で、一概には言えません。ですが、例えばリビングルームが1階にあるのに手洗いは3階にしかないというような設計は一般的に暮らしにくくなりがちでしょう。

現在の、そして将来の生活スタイルや家族構成をイメージして、快適に生活できる間取りを工夫するよう心掛けましょう。

間取りに関しては、ハウスメーカーの担当者などとよく相談することも大切です。住宅建築の経験が豊富な担当者は、素人が見落としがちな間取り上の欠点などを指摘してくれますので、良い相談相手となります。

2.中庭や吹き抜けで開放感を演出する

狭小地では、大きな窓が設けられなかったり、窓があっても隣家と接近していて、十分な通風や採光が得られないことがあります。

こうした場合には、内側の工夫、つまり中庭や吹き抜けを設けることで風や光を取り入れる工夫が考えられます。

吹き抜けや中庭の設置は、狭小住宅で得られにくい開放感の演出にもつながり、ゆとりのある暮らしの手助けとなることでしょう。

3.地下などで収納スペースを作る

シンプルライフを心掛けていても、長く生活するとどうしても所持する物が増えてきます。

狭小住宅の計画段階では収納スペースを小さくしてしまいがちですが、将来を見据えてしっかりと確保することも必要です。

地下室やロフトなど、スペースを立体的に利用して収納スペースを設ける工夫を考えましょう。

また、普段は使わないけれども保管しておきたい物は、物置やレンタルのトランクルームなどに収納することも検討してみましょう。

まとめ

まとめ
狭小地にも、色んな活用方法があります。遊休地となっている狭小地をお持ちであればぜひ、本記事で紹介した活用方法を検討してみてください。

特に本記事では、狭小地に住宅を建築するプランについて詳しく説明してきました。

都市部での暮らしをお望みの方は、狭小地に一戸建てを建てるプランが有望であることをご理解いただけたのではないでしょうか。

狭小住宅も、生活スタイルに合わせた間取りなどの工夫によって十分に快適な生活空間となり得ます。本記事の情報を参考にして、狭小住宅の建築プランにお役立ていただければ幸いです。

理想の住宅をたてるために、下記サイトから一括資料請求して、どのハウスメーカーが自分にピッタリか慎重に選びましょう。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /