宅地で防音する方法とは?かかる費用と対策方法12選を詳しく解説!

二世帯住宅はやめた方がいい?間取り以外での失敗例もご紹介!

近隣トラブルのほとんどは騒音が原因であることが多く、マンションにこだわらず戸建て同士でも起こりえます。特に木造建築は楽器の演奏音や生活音が漏れやすいので、防音パネルや防音マットなどで防音対策をしましょう。

マンションやアパートなどの工事が難しい住宅では、下に防音マットを敷くだけでも騒音トラブルの発生率が軽減されます。防音対策は新築を建てる際から施工をするのが確実ですが、建築費用が通常より多くかかってしまう場合がほとんどです。

そこで本記事ではわざわざリフォームをしなくても、自分で簡単に防音対策ができる方法をご紹介します。リフォームの際におすすめの業者も併せてご紹介するので、必要に応じて防音対策の相談もしてみてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させないために1番重要なことをお伝えします。

それは、1番最初にマイホーム建設予定に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これから30年、40年と生活をするマイホーム。絶対に失敗するわけにはいきません。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先に住宅展示場やイベントに足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、営業マンの勢いに流され契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。

はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、何百万円、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、しっかりと情報収集せずに住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証プライム上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

メーカーごとの強みや特徴が分かりますし、複数社で価格を競わせることで全く同じ品質の家でも400万.500万円と違いが出ることさえあります。

また、上場企業が厳しい審査をしているのも大きなメリットです。

審査に通った優良住宅メーカーのみ掲載が許されているので、悪質な会社に騙されたりしつこい悪質営業をされることもありません。

家を建てる前には1番最初にカタログを取り寄せてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービス→

また、より慎重に住宅メーカーを決めたい方には、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです。

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いもの。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

宅地では防音対策をした方が良い?

外部から聞こえる音が騒音だと感じるのは、人によって異なるのでハッキリと定義はできません。騒音には近所の話し声や楽器の演奏音などが挙げられることが多いですが、洗濯機やエアコンの稼働音にうるささを感じる人もいます。

家事をする時や楽器を演奏する際は、自分が気にならなくても周りがどう感じるかを考慮することが大切です。なお生活する際に望ましい音量は、昼間であれば55dB以下で夜間は45dBが目安と言われています。

分かりやすい例を挙げると50dBは換気扇の稼働音が気になる程度で、40dBは図書館レベルの静かさです。

騒音の種類について知ろう

騒音の種類について知ろう

防音対策の工事は簡単におこなえるプランもありますが、元々ある壁を壊さなければいけない場合があります。防音対策を検討している場合は、新築を立てる際から導入しておくことがおすすめです。

なお騒音には、大きく分けて3種類あります。

  1. 空気音(空気伝播音)
  2. 固体音(固体伝播音)
  3. 空気音と固体音が合わさった混合音

それぞれどんな特徴があるかをご紹介するので、騒音対策を検討している人は対策方法を身に付けましょう。

1.空気音(空気伝播音)

空気音は空気を通じて耳に入ってくる音を指しており、日常生活においては窓の外から入ってくる話し声や車のエンジン音が挙げられます。音源と自宅の距離がより近いほどうるささを感じやすく、逆に遠ければそこまで気にならないのが特徴です。

空気音が室内に入らないようにするには、ドアの隙間をできる限り狭くして空気が入ってこないようにしましょう。具体的にはドアを二重にしたり、エアコンの室外機のホース穴をしっかり塞いだりすれば防音性を高められます。

2.固体音(固体伝播音)

固体音は壁や地面を伝わって耳に入る音を指し、足音や隣家のピアノの音など物を振動させることで伝わります。マンションやアパートなどの集合住宅において、隣や上の階に住む人の足音が分かりやすい例です。

固体音タイプの騒音を防ぐには床や壁の振動を抑えることが必要で、防音フローリングやマットなどを敷けば衝撃が吸収されます。楽器やオーディオ機器対策として防音パネルを設置する方法もありますが、取り付け方によっては防音性が弱くなることがあるので業者によく相談しましょう。

3.空気音と固体音が合わさった混合音

混合音は空気音と固体音が合わさった音で、大型トラックが通る音や工事現場の音など空気中だけでなく地面を通って耳に伝わります。混合音の騒音対策をするには新築を立てる際から対策が必要で、最初から防音性の高い床やドアを取り付けると防音できる場合がほとんどです。

【場合別】戸建てで騒音が発生する原因とは?

【場合別】戸建てで騒音が発生する原因とは?

戸建てで騒音が発生する原因は、大きく分けて以下の2パターンがあります。

  • 室内で騒音となる原因
  • 外からの音で騒音となる原因

それぞれどんな特徴があるかをご紹介するので、騒音を防ぎたい人はぜひ参考にしてください。

室内で騒音となる原因

室内における騒音は家族の足音や生活音を指し主に自宅の材質や間取りなどの組み合わせが原因となります。騒音の原因が生活音となっている場合は、間取りを考える段階で対策が必要です。

例えば浴室やトイレは騒音が特に発生しやすいので、寝室やリビングの近くに配置しないようにしましょう。また新築の段階で子供部屋を設ける場合は、リビングの上に設置しなければ騒音が気にならなくなります。

構造に関しては骨組みに鉄筋コンクリートを採用すると、防音性が高くなりやすいです。

外からの音で騒音となる原因

外からの騒音が気になる原因は線路や商業施設から近い場合が多く、また隣家と距離が近いと生活音が気になってしまうことがあります。すでに建っている家の場合は遮音マットや防音カーテンでの対策が一般的ですが、窓ガラスを二重にするのも効果的です。

遮音マットは足音が響くのを防ぐ効果があり、防音カーテンは室外からの音を遮断するだけでなく室内からの音を漏らさない効果があります。また防音対策をしっかりさせたい場合は、建築やリフォームの際に防音効果が高いグラスウールやアルミなどの素材を使用しましょう。

新築戸建てでおすすめの騒音対策とは?4つの方法をご紹介!

新築戸建てでおすすめの騒音対策とは?4つの方法をご紹介!

防音性を高めるには専用のカーテンやマットを設置するのが手っ取り早いですが、新築の段階で防音性が高い間取りや構造を採用すると確実です。主に以下の項目に気を付けて新築を立てると、最初の段階で防音性が高い家に仕上がります。

  • 気密性と断熱性を高くする
  • 防音性の高い建築構造にする
  • 間取りに騒音を防ぐような工夫をする
  • 畳を活用して遮音性を高める

防音性を意識したい人は、後述する内容を意識しながら家を建ててもらいましょう。

気密性と断熱性を高くする

気密性と断熱性が元々高い住宅は、遮音性のある壁や吸収剤を採用していることが多いです。特に隣家と距離が近い住宅は騒音が気になる場合があるので、場所を考慮して気密性と断熱性が高い家を建てましょう。

住んでから近所の騒音に悩みたくないと考える人は、気密性と断熱性に優れた家を建てるのがおすすめです。気密性と断熱性を意識する場合は間取りや周りの環境だけでなく、新築に用いる材質にも意識しましょう。

防音性の高い建築構造にする

家の防音性は建築構造で決まることが多く、特に鉄筋コンクリートを採用している家は防音性が高くなりやすいです。木造建築で家を建てる場合は防音シートを敷いたり、音の出る家電や家具を隣家から遠ざけたりなどの工夫をしましょう。

自宅の一部を音楽スタジオにしたかったり、外部からの音を完全に遮断したかったりする場合は1つの部屋を丸ごと防音にするのがおすすめです。既存の部屋に防音加工をすることもできますが、リフォーム代が高額になってしまう場合があります。

間取りに騒音を防ぐような工夫をする

生活音が原因で騒音が発生する場合は、間取の段階で対策することができます。例えばリビングの上に子供部屋を設置すると足音が響いてしまうので、リビングと子供部屋はなるべく同じ階に設置しましょう。

浴室やトイレは隣家との距離が近い場所に設置しなければ、騒音トラブルに発展するリスクを減らすことができます。もちろん家の中でも騒音に悩まないようにするために、リビングや寝室とはなるべく離れた場所に設置するようにしましょう。

畳を活用して遮音性を高める

家を建てる際に和室を設ける人は多くいますが、その和室に使われる畳には防音の効果が期待できます。畳に利用されるイグサには吸音性があり、家庭内で出る騒音を軽減させてくれる場合がほとんどです。

騒音が発生しやすい場所をメインに対策するのも効果的で、特に壁や天井を二重構造にすれば室内外からの騒音を軽減できます。新築やリフォームの相談はLIFULL HOME’SとSUUMOがおすすめなので、理想の注文住宅を建てるために資料を請求してみてください。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

戸建ての騒音は防音リフォームでも対策できる!おすすめの方法を3つご紹介!

戸建ての騒音は防音リフォームでも対策できる!おすすめの方法を3つご紹介!

防音リフォームは室内から発生する音を外に漏らさないだけでなく、外からの音を室内に響かせないために大切なことです。家全体を防音リフォームすれば、完全に音から身を守れる家に生まれ変わらせられます。

ただし家全体に防音加工をすると高額な建築費用がかかるので、気になる箇所にだけリフォームするのがおすすめです。防音リフォームに関しては、以下の3ヶ所におこなう人が多くいます。

  • 壁の防音リフォーム
  • 床の防音リフォーム
  • 窓の防音リフォーム

部分的に防音リフォームをする場合は、リフォーム代が意外と安く済む場合が珍しくありません。防音リフォームを検討している人は、実際に取りかかる前に後述する内容を参考にしてください。

壁の防音リフォーム

壁の防音リフォームは壁に遮音シートを入れる手段が一般的で、室内外の騒音を簡単に遮断することができます。しかし壁を防音しても窓から音が漏れ出る可能性があるので、完全に防音するには窓の施工も必要です。

壁に防音加工には遮音と吸音の2種類があり、遮音は専用のシートを壁に貼ることで防音加工を施します。遮音に関しては、遮音パネルのほうがシートより厚くて丈夫なのでおすすめです。

吸音は名前通り音を吸収することを指しており、ロックウールやグラスウールなどの素材を使用します。これらに関しては防音だけでなく断熱性にも優れているので、快適に生活を送りたい人は吸音素材として検討してみましょう。

床の防音リフォーム

床の防音リフォームは一戸建てよりもマンションでおこなわれることが多く、防音効果が高い床材を敷くことで音や衝撃が軽減されます。一般的にはコルクやカーペットが防音効果が高いとされており、それらを敷くだけで簡単に騒音対策ができる場合がほとんどです。

その下に遮音マットを敷けば、下の階への騒音を軽減できます。上述したグラスウールは床の防音リフォームに用いることもでき、1番下に敷くことで音がしっかりと吸収されるのが特徴です。

窓の防音リフォーム

窓には上述のように遮音シートを貼れないので、既存の窓を防音性の高い窓に変えるのが手っ取り早いです。わざわざ窓を変えなくても内窓を付け加えることで、遮音性が高くなるだけでなく音漏れを防げる効果があります。

ただし防音ガラスの導入や窓の二重加工をすると費用が高くなってしまうので、音が少し気になる程度であれば遮音カーテンの設置がおすすめです。遮音カーテンは踏切の音や工事音は防げませんが、人の話し声程度であれば遮音することができます。

DIYでできる戸建ての防音対策5選をご紹介!家を建てた後でもできる!

DIYでできる戸建ての防音対策5選をご紹介!家を建てた後でもできる!

すでに建っている家に防音加工をする場合は、多くの費用がかかってしまいます。本格的に防音しなくても問題ない場合は、DIYで簡単に防音工事をするのがおすすめです。

業者に頼らず自分で騒音対策をする場合は、以下の方法であればDIY慣れしていなくても気軽に試せます。

  1. 家具の配置を変える
  2. 防音のためにシートを敷く
  3. 遮音カーテンを利用する
  4. ドアの隙間にテープを張る
  5. 防音パネルを壁に貼る

それぞれやり方をご紹介するので、室内の防音性を高めたい人はぜひ参考にしてくださいね。

1.家具の配置を変える

自宅から発する騒音は壁を伝って隣家に聞こえる構造なので、壁から響く音を抑えられたら騒音が軽減されます。例えばスピーカーやテレビなどの音を発する家電は、壁から50cm以上離せば音が漏れ出る心配がありません。

ただし音が出る家電を移動しにくい場合は、下に布や遮音マットなどを敷いて音が家の外に漏れ出ないようにしましょう。他には本棚やタンスなどの家具には遮音に効果があり、それぞれ中に荷物が入っていると遮音性がさらに高まります。

2.防音のためにシートを敷く

防音するには下に何かを敷けば、床を伝って音が響くのを防げます。例えばテレビやスピーカーのような音を発する家電は床から音が伝わりやすく、防音シートでなくても下に絨毯を敷けば対策できる場合がほとんどです。

床全体に防音加工を施す場合は、わざわざ工事をしなくてもカーペットを敷くだけで音を軽減できます。どうしてもという場合は防音ゴムを敷くのがおすすめですが、なるべく1人暮らし用のものでなく大きいサイズのものを選びましょう。

他には椅子の出し入れが騒音の原因になることがあり、脚にカバーを取り付ければ騒音を防止することができます。

3.遮音カーテンを利用する

外からの騒音を防ぎたい場合は遮音カーテンの使用がおすすめですが、わざわざ遮音カーテンを用意しなくても普通のカーテンで遮音効果があります。ただし遮音カーテンは生地が多重になっていたり特殊な織り方がされていたりするので、外から漏れる音をしっかりと吸音するのが特徴です。

ただし遮音カーテンを使用する際は窓の隙間をなるべくなくすことと、窓のサイズに合ったカーテンを使用しましょう。遮音カーテンは自宅で発する音を外に漏らさない効果もあるので、音の出る家電がある部屋や楽器を演奏する部屋に利用しましょう。

4.ドアの隙間にテープを張る

ドアや窓の隙間から外の音が漏れてくる場合は、隙間に防音テープを貼り付ければある程度の防音対策ができます。ドアや窓を閉める際に、少し力がかかるくらいの厚さのテープが防音効果が高いです。

防音テープは100均でも販売されているので、なるべく防音性が高いウレタン製のテープを使用しましょう。防音テープでの対策はドアや窓の隙間に貼るだけで、DIY初心者でも簡単に試せます。

ただしドアの隙間にホコリが付いていると上手く接着できないので、接着箇所はしっかりと綺麗にしてから施工をおこないましょう。両面テープの跡が残るのが気になる人は、あらかじめマスキングテープを貼っておけばテープ跡が残りません。

5.防音パネルを壁に貼る

防音ボードや防音パネルを設置する場合は、大きさや重さが材質ごとに異なるのでプロに施工してもらうのがおすすめです。ワンタッチ防音壁は初心者でも簡単に取り付けられ、メーカーに依頼すれば特注で自宅の窓に合ったサイズのものを作ってくれます。

軽い材質の防音パネルはDIY初心者でも取り付けられ、1枚ずつ壁に貼るだけで手軽に防音壁を作れるのが特徴です。ただし防音パネルを壁に貼る際に両面テープを使用する際は、テープ跡が残らないように下にマスキングテープを貼りましょう。

まとめ

まとめ

自宅に防音加工をする際はわざわざリフォームしなくても、カーペットやカーテンを設置するだけで簡単に防音対策がおこなえます。自分で防音対策をしたほうが安価で済み、小さな部屋であればDIY初心者であっても施工できる場合がほとんどです。

自分が近隣に迷惑をかけている恐れがあるので、周りとのトラブルを防ぐためにも任意で防音対策をおこないましょう。騒音トラブルを他人事にせず、新築の際から自分も心がけることで互いに快適な生活を送れます。

防音加工は自分で簡単におこなえる場合が多いので、防音したい場所に合わせて専用のカーテンやカーペットを設置しましょう。それでも防音効果に期待できなければ、専門の業者に頼んでリフォームしてもらうのがおすすめです。

新築やリフォームの相談、理想の注文住宅を建てるためにまずは以下のサイトから一括資料を請求してみてください。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /