マンション購入の体験談~リブネスで家を購入したRさんのケース

マンションの購入体験談シリーズです。

今回の記事では、「リブネスでマンションを購入したRさんのケース」を紹介します。

ぜひ参考にして下さい。

大阪府でリブネスでマンションを購入した理由・決め手

子どもが2人保育園に入園し、夫婦二人の仕事も安定してきたため、住宅購入

親から常々、家を持つことが立派なんだと言われていたのもあるかもしれません。

最初はすぐに購入!と意気込んでいたわけではありませんが、とりあえず物件を見に行ってみようとなったんです。

しかし良くも悪くも物件を見に行ってしまったが最後、それから毎週物件をまわり、その中から購入するところを決めてしまいました。

子供の保育園位置を考慮し、エリアを決定

苦労してようやく入れた保育園だったので、既に通わせている大阪市住之江区の保育園から通える距離の物件を検討していました。

始めに問合せをした仲介会社で決定

一度だけ別の会社を通して物件を見に行きましたが、担当者が変わるといろいろ一から説明しなくてはならないので、初めにお世話になった方のところで決めました。

マンションを購入しようと考えたきっかけ

最初は一軒家にするか?

マンションにするか?さえ決まっていませんでした。

しかし中古で購入することだけは決めてました。

新築だと、住んでしまった時点で一気に価値が下がりますからね。

始めは一軒家を回っていたのですが、中古一軒家で予算(2000万前後)となると、とてもいいところがなかったのです。

三階建てだったり、壁の汚れが目立っていたり・・・。

なんとなくしっくりくるところがありませんでした。

そしてマンションを見てみると、とても素敵でした。

当然ですがエレベーター付き・中も綺麗にリノベーションされてあるところも多く、小さい子がいる我が家にとって、バリアフリーが充実しているマンションはとても魅力的に見えました。

マンションを購入する際にまず取り組んだこと

スーモなどのサイトで、手頃の物件をリサーチ

なにから手をつけていいのかわからなかったのですが、とりあえずネットでいい物件がないか調べました。

始めは一軒家で探していたのですが、住之江区の中古一軒家の外観ではあまりいいところがなかった記憶です。

ですがその中から手頃なお値段で、外観もそれなりな物件を見つけたので、ひとまずそこの問合せ先に連絡を入れました。

マンションを購入しようと思い立ってから引き渡しまでにかかった期間

住宅を探し始めてから、約2~3か月でどのマンションにするかが決まりました。

その後ローンの審査、ローン契約、各種保険に加入、売買契約、ハウスクリーニング、と順序を経て、引き渡しとなりました。

住宅を探し始めてから引き渡しまでトータルすると、5カ月弱だったと思います。

マンションを購入する際にかかった費用とその内訳

おおよそ購入する際にかかった費用

物件価格:1980万

仲介手数料:720000円

売買契約印紙税:10000円

ローン契約印紙税:21000円

融資手数料:31600円

信用金庫生命保険:70000円

火災保険料:14000円

適合証明書:50000円

登録免許税:100000円

司法書士報酬:110000円

維持費用等:330000円

ホームクリーニング:30000円

家具・家電など:500000円

合計:1986600円

引っ越し費用は0円

引っ越し自体はもともと住んでいた家から近かったのもあり、勤めている会社のトラックを借りて、荷物を運びました。

そのため引っ越し業者に頼む費用は使わずに済みました。

しかし上記の額をトータルすると200万弱はかかりますので、頭金なしと考えても結構な痛手です。

マンションを購入する際にやっておいてよかったこと

すぐ決めずに何件が物件をまわる

何件も見ると最初に見た物件を忘れてしまうという人もいると思いますが、私達の場合はすぐ決めていたら一軒家になってしまっていたので、マンションも見に行ってみて正解でした。

主人は毎週回るのはしんどい、という人なので、最初に見た一軒家のときに、「ここでいいじゃん」と言っていました。

でもたかだか1~2件見ただけでは納得できません。

一生で一番高い買い物なので、ある程度はしっかりみておいてよかったと思います。

主人も今では、マンションでよかったと言ってくれています。

ハウスクリーニング

選んだマンションの部屋は、フローリングなどはキレイだったものの、ところどころ壁に汚れやシミのようなものがあったので、そこは気になりました。

だからと言って壁を全て張り替えるとなると何十万もかかってしまうので、私たちは格安のハウスクリーニングでお願いしました。

できあがりは満足です。

一室和室があり、そこの襖の壁の汚れだけは落ちなかったものの、洋室は見事に綺麗に。

一部穴が開いてたところもありましたが、それも修復して十分でした。

それでたったの2万円しかかかりませんでしたので、変にリフォームしなくてよかったと思っています。

マンションを購入する際にやっておけばよかったこと

ハザードマップを見て今一度再検討

購入したマンション周辺は、川がすぐそばにあります。

南海トラフ自身が起こった際は、最大5メートルの津波がくると想定されています。

もちろんある程度は承知の上で購入に踏み切ったのですが、後々心配になってきました。

南海トラフが来なくとも、様々な水害が予想されるので、もう少しそのあたりを考慮できなかったのかなと、後悔してしまいます。

4人家族で3LDK

予算の問題もあり3LDKでいいと思っていたのですが、子どもが今度大きくなるにつれてモノが増えていくので、そうすると収納スペースがやや狭いように感じます。

幸いにも私たち夫婦はこれといった趣味もなく、私物は少ないのでまだましなのですが、それでも今後子供二人にそれぞれ部屋を与えるとなると、4LDKとまでいかなくとももう少し収納スペースのことも考えておけばよかったと思います。

これからマンションを購入する方へのアドバイス

住宅を買うこともリスク

賃貸で家賃を支払うだけは、自分のものにならないから損だと思っている人もいるかと思いますが、家を購入することで様々なリスクが生じます。

例えば家族が予定外に増えてしまったり、まさかの離婚をしてしまったり・・・

そういったときに、賃貸なら易々と住む場所を変えることができますが、持ち家の場合はそうするのも難しいですよね。

かかる費用は物件価格だけじゃない

また私もそうなんですが、物件価格にだけ目がいってしまいがちな人も多いと思います。

売り手の不動産会社の方のいうことだけを鵜呑みにするのはNGです。

彼らは購入してくれることで自分の利益にしていますから、購入することのデメリットなんて教えてくれることは少ないからです。

35年ローンでどれだけの利子がかかるか、上記で挙げた諸経費云々もしっかり頭に入れておくべきです。

新築のメリットってあるの?

一軒家でもマンションでも共通していえることですが、新築を欲しがる人はやたら多いですよね。

そもそも新築の価格というのは、モデルルームやCMなどの広告費も上乗せされいる状態で販売されています。

ですので、住んだ瞬間から価値が一気に下がるのです。

これを聞いただけで、新築を購入するって大損だと思いませんか。

まとめ

とはいえマイホームの購入は、誰もが一度は憧れるのではないでしょうか。

素敵な家を持つために、頑張ってお金をためている方もいらっしゃる方もいますよね。

住宅購入は勢いもありますが、理想の住まいをゲットするために、お金のこと・家庭の今後の事情のことを考えて、後悔しない住まいをじっくり時間をかけて選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です