近年人気があるネット銀行の住宅ローンについて|特徴・おすすめのタイプ・ランキングを解説

住宅ローンを選ぶときにネット銀行を選択肢に入れている人も増えてきています。

普段からネット銀行を使っている方は、対面での手続きがないことに抵抗がなく、むしろ楽と感じる方も多いです。

さらに金利も低いことから、近年はネット銀行に注目が集まっています。

しかし、ネット銀行を検討するときに次のような不安もあるのではないでしょうか。

・全部自分で手続きできるかな

・私にネット銀行の住宅ローンは向いているのかな

・支店のある銀行と審査の違いはあるのかな

今回はネット銀行の住宅ローンの特徴や向いている人、ランキングなどを紹介します。

ネット銀行を考えている方は必見です。

住宅ローンを扱うネット銀行とは

ネット銀行とは、インターネット専業銀行の略です。

営業に必要な最低数の店舗だけを構え、基本的にはインターネットを介してお客様と取引をします。

通常の銀行で住宅ローンを借りる時とは違う4つのこと

通常の銀行とネット銀行との違いを4つお伝えします。

まず初めに、ネット銀行の他に住宅ローンを扱う金融機関は下記の4つです。

・メガバンク

・都市銀行

・地方銀行

・住宅ローン専門金融機関

ネット銀行以外の金融機関はどれも各エリアに支店があり、住宅ローンの申込や契約は対面の上、書面で行うことが一般的です。

ネット銀行と他の金融機関との違いは4点あります。

手続き方法

ネット銀行:インターネット上

他の4つの金融機関:書面

ネット銀行は、申込から借入までインターネット上で行うことができます。

インターネット環境が整っていればパソコンで手続きができてしまうので、自宅内で完結させることも可能です。

他の4つの金融機関は、書面でのやり取りが基本です。

事前審査の段階では、web申込ができる金融機関も出てきましたが、本審査や金消契約はいまだに書面で交わされます。

また、担当者が同席する対面式で取引が行われるケースがほとんどです。

保証料

ネット銀行、住宅ローン専門金融機関:保証料なし

他の3つの金融機関:保証料あり

ネット銀行と住宅ローン専門金融機関がメインで扱うフラット35は、保証料がかからない場合が多いです。

対して、残りの3つの金融機関では保証料がかかります。

一括で支払うか、金利に上乗せをするか選ぶことが可能です。

保証料の面では、ネット銀行や住宅ローン専門金融機関を選んだ方がお得に住宅ローンを借りることができます。

金利

ネット銀行:低い

住宅ローン専門金融機関:高い

他の3つの金融機関:中間

ネット銀行は金利が低いことが特徴の1つです。

対して住宅ローン専門金融機関は、全期間固定金利のフラット35を取り扱っているので、金利が高いです。

他の3つの金融機関は、銀行によって金利の差はありますが、ネット銀行よりも金利は高くなる傾向があります。

手数料

ネット銀行:高い

住宅ローン専門金融機関:中間

他の3つの金融機関:低い

住宅ローンを契約するときにはどの金融機関も事務手数料を支払う必要があります。

ネット銀行は、借入金額の2.2%を手数料として支払う場合が多いです。

メガバンク・都市銀行・地方銀行は、定額で事務手数料が定められている場合が多く、ネット銀行よりも少額の傾向にあります。

住宅ローン専門金融機関は、定額制と定率制を選ぶことができ、どちらを選ぶかによって金利が変動します。

手数料のことを考えた場合は、他の3つの金融機関を選んだ方がお得です。

ネット銀行で住宅ローンを借りるメリット・デメリット

ネット銀行で住宅ローンを借りる場合のメリットとデメリットをお伝えします。

ネット銀行で住宅ローンを借りる3つのメリット

ネット銀行で住宅ローンを借りるメリットは3つです。

インターネット上で完結できる

他の金融機関との大きな違いは、手続き全てがインターネット上で完結できるという点です。

インターネット上であれば、自宅や職場からいつでもアクセスができるので、スピーディーに手続きを終わらせることができます。

対して、支店に出向かなければ手続きができない金融機関は、担当者とスケジュールを合わせたり、支店までの移動に時間がかかるなどのタイムロスが大きいです。

仕事の休みが不定休の方や、支店で手続きできる時間帯に行けない方にとってネット銀行は非常にメリットが大きいでしょう。

金利が低い

ネット銀行はなんといっても金利が低いです。

私自身、初めてネット銀行の金利を見たときはとても驚きました。

後ほど、ネット銀行の低金利ランキングでもお伝えしますが、変動金利では0.5%を切っているネット銀行がたくさんあります。

自分が住んでいるエリアの都市銀行・地方銀行と金利を比べると差は歴然です。

独自のサービスがある

ネット銀行は、本業が金融業ではない企業が住宅ローンを扱っている場合があります。

例えば、auじぶん銀行や楽天銀行などは、本業が金融業ではありません。

しかし、さまざまな事業に手を伸ばしているからこそ、他の事業と絡めてサービスや特典をつけることができています。

auじぶん銀行では、じぶん電気の契約でさらに金利が引き下げられたり、auのスマホを使うことで毎月キャッシュバックを受けることができます。

また、楽天銀行ではATMの手数料無料回数が優遇されたり、住宅ローンを契約したときに楽天カードの請求金額からキャッシュバックがあります。

ネット銀行で住宅ローンを借りる5つのデメリット

ネット銀行で住宅ローンを借りる場合のデメリットは5つです。

自分で全て手続きをしなければならない

ネット銀行の場合は手続きを自分で完結しなければなりません。

申込や契約のときに何か疑問点があっても、すぐに解決できず不安なまま審査を提出しなければならないこともあります。

対して、支店で対応してくれる金融機関では、担当者が目の前にいるので何かわからないことがあればすぐに確認して解消することが可能です。

また、常に書類のチェックをしながら手続きを進めてくれますので、再提出や修正を何度もする可能性も低くなります。

事前審査の精度が低い

ネット銀行は他の金融機関と比べて、事前審査の精度が低いです。

ネット銀行は審査件数も多いので、事前審査では数値で比較できるようなわかりやすい項目をメインで審査します。

ある一定の数値を超えている方へは承認、数値に満たなかった方は否認のように、機械で自動判別する項目もあり、他の金融機関と比べて精度が低いです。

本審査が厳しい

ネット銀行の本審査は事前審査とは違い、本審査は審査が厳しい傾向にあります。

事前審査が通っても本審査で否認されるケースも多いです。

ネット銀行を検討する方は、事前審査が通っているからと安心せずに、本審査が落ちたときの場合もしっかり考えておきましょう。

ネット銀行以外にも事前審査を通しておくと、万が一のために備えておくことができます。

レスポンスが遅い場合がある

ネット銀行はインターネット上での対応になるので、レスポンスが遅い場合があります。

担当者のレスポンスが遅いと、住宅会社の方からお願いされていたスケジュール通りに動けずトラブルになるケースも多いです。

また、人の顔が見えない分、自分の伝えたい内容がうまく伝わらなかったり、相手の対応にイライラしてしまうこともあります。

普段から、インターネット上でのやり取りをあまりしない方は、ネット銀行はおすすめしません。

イレギュラーな対応は難しい

ネット銀行の審査はイレギュラーな事例での対応をあまり得意としていません。

なぜなら、ネット銀行は基本的に提出された書類だけを確認して審査するからです。

対面の審査では、不安や疑問点について審査を出す前に担当者に相談することができます。

また、銀行員もイレギュラーな事例を踏まえて審査会社へ依頼をかけるので、同じ事例でも審査が承認になる可能性が高いです。

複雑な土地に建てる方や、現在や過去のローンで気になることがあるようならネット銀行は避けた方がいいでしょう。

【低金利】ネット銀行住宅ローンランキング(※記事執筆時点)

ネット銀行の住宅ローンの中で、低金利な銀行BEST5を紹介します。

金融機関名 金利 金利タイプ
第1位 ジャパンネット銀行 0.399% 変動金利
第2位 auじぶん銀行 0.41% 変動金利
第3位 住信SBIネット銀行 0.41% 変動金利
第4位 ソニー銀行 0.457% 変動金利
第5位 楽天銀行 0.52% 変動金利

全て変動金利がランクインしました。各金融機関の適用条件や特徴をお伝えします。

第1位 ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は数あるネット銀行の中でも唯一0.3%台で住宅ローンを借りることができる金融機関でした。

適用条件と注意点をお伝えします。

・事務手数料は借入金額の2.2%(税込)を支払うこと

・途中で固定金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.4%

・固定金利終了後に再度変動金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.9%

特に難しい条件もなく引き下げ幅も大きいので、審査が通ればかなりお得に住宅ローンを組むことができます。

第2位 auじぶん銀行

auじぶん銀行は変動金利でも、金利の低さが目立ちました。適用条件と注意点は以下の2点です。

・事務手数料は借入金額の2.2%(税込)を支払うこと

・途中で固定金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.0%

・固定金利終了後に再度変動金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.931%

変動も固定も低金利なので、auのスマホ利用者にはかなりメリットの大きい銀行です。

また、auが事業として行っているじぶん電気に加入すればさらに金利が-0.3%になるので、金利が0.38%になり1位のジャパンネット銀行よりも低くなります。

第3位 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行とは、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが出資して創設したネット銀行です。

価格ドットコムの住宅ローン人気ランキングでは1位に輝きました。

金利適用の条件と注意点をお伝えします。

・対面での相談・申し込みが条件(ネットで行った場合、保障内容が充実する代わりに変動金利0.457%)

・事務手数料は借入金額の2.2%(税込)を支払うこと

・途中で固定金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.38%

・固定金利終了後に再度変動金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.55%

ネット銀行ですが、対面で手続きを行った方が金利が優遇されるという、珍しいケースの金融機関です。

第4位 ソニー銀行

ソニー銀行も低金利を実現しています。

適用条件は、引き下げ幅以外10年固定金利の場合と同じです。

・借入金額が建物請負価格または購入価格の90%以内であること

・自己資金が10%以上の場合は、引き下げ幅を0.05%拡大する

・事務手数料は借入金額の2.2%(税込)を支払うこと

・途中で固定金利へ変更する場合の引き下げ幅は-0.9%

・固定金利終了後に再度変動金利へ変更する場合の引き下げ幅は-1.3%

他の金融機関と比べると、金利タイプ変更時の金利引き下げ幅は少ないです。

第5位 楽天銀行

楽天銀行は楽天市場などのネットショッピングを始め、多くの事業を手掛けているIT企業です。

適用条件や注意点をお伝えします。

・2020年7月9までに申し込みをして、2021年6月30日までに借入した場合のみ適用

・事務手数料は借入金額の2.2%(税込)を支払うこと

・定額型の事務手数料を選択した場合、手数料は11万円(税込)だが金利が0.2%上乗せになる

・全期間で0.3%~1.85%の引き下げ幅

他プランへ切り替えたときの引き下げ幅が最大・最小の差が大きいので、ずっと借入当時の変動金利で返済した方がお得になる可能性もあります。

【借り換え】ネット銀行住宅ローンランキング(※記事執筆時点)

ネット銀行の住宅ローンの借り換えについてのランキングもお伝えします。

借り換えの住宅ローンを扱う低金利な金融機関を比較しました。

金融機関名 区分 金利 金利タイプ
第1位 ジャパンネット銀行 ネット銀行 0.399% 変動金利
第2位 auじぶん銀行 ネット銀行 0.41% 変動金利
第3位 住信SBIネット銀行 ネット銀行 0.428% 変動金利
第4位 イオン銀行 ネット銀行 0.47% 変動金利
第5位 ソニー銀行 ネット銀行 0.507% 変動金利

借り換えの場合も、低金利は全て変動金利という結果となりました。

また、イオン銀行とソニー銀行の順位が入れ替わっただけで、ランクインした顔ぶれは同じです。

各金融機関の適用要件や注意点は変動金利ランキングをご覧ください。

ネット銀行の住宅ローンがおすすめな人3選

ネット銀行の住宅ローンがおすすめな方を3つのタイプに分けてお伝えします。

普段からネット銀行を利用している

普段からネット銀行を利用している方は、ネット銀行の住宅ローンもストレスなく手続きを進めることができる可能性が高いです。

また、すでにネット銀行を利用していると特典を受けることができたり、新たに口座開設する必要がないというメリットもあります。

収入や他のローンの心配がない

ネット銀行の住宅ローンの審査は、イレギュラーな事例は対応しにくく審査も厳しい傾向にあるため、収入や他のローンの心配がない方におすすめです。

収入が安定していたり他ローンの借入がない場合は、すんなりと審査が進みます。

反対に転職したばかりだったり、他のローンの残債が少しだけ残っている場合などは、対面で担当者と相談した上で審査を提出した方がいいでしょう。

低金利を重視して金融機関を決めたい

とにかく低金利がいい!と思っている方は、ネット銀行を必ず候補に入れましょう、ランキングでもお伝えした通り、ネット銀行はとにかく金利が安いです。

金利が安いほど返済する金額は少なくて済みますので、月々の支払い負担も減ります。

自分の住んでいるエリアの都市銀行や地方銀行の金利を確認して、ネット銀行よりも金利が低い金融機関がなければ、ネット銀行の事前審査に進みましょう。

まとめ

近年注目されているネット銀行についてお伝えしました。

近年では、ネット銀行でも対面で相談できたり、電話で丁寧に説明をしてくれるネット銀行も増えてきています。

しかし、通常の銀行と比べるとまだまだデメリットは多いようです。

低金利とインターネット上での手続きで完結できることが、ネット銀行の住宅ローンの最大のメリットです。

魅力を感じる方はまずは1度事前審査を出してみましょう。

また、ネット銀行を検討するときは、保険としてネット銀行以外の審査も必ず進めておきましょう。

時代に沿った住宅ローンを扱っているネット銀行を利用して、お得にローンの返済をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です