2,000万円の住宅ローンの返済総額は?400万でも借りられる?月々の返済額をシミュレーション!

「2,000万円の住宅ローンは少ない?」

「住宅ローンを安心して無理なく返済していく方法はあるの?」

2,000万円の住宅ローンだからといって油断してはいけません!!

2,000万円が少ない額だと思い込み、住宅ローンを返済できずに住宅を手放した人もいます。

この記事では、住宅ローンの返済を無理なくしていくにあたり、給付金の制度や万が一返済ができなくなった時のための対処法を解説していきます。

解説したことを行うことで、住宅ローンの仕組みを知ることができ、住宅ローン返済への不安を解消し余裕をもった返済スケジュールがイメージできるようになります。

年収400万円で2,000万円の住宅ローンは可能?

年収400万円で借り入れできる住宅ローンの借り入れ上限額は3,129万円になりますので、借り入れ上限額から、2,000万円の住宅ローンの借り入れは可能だといえます。

今の時代に2,000万円で購入できる新築は地方にしかありませんが、中古住宅またはリノベーション物件であれば2,000万円で購入できる住宅の選択肢に入ります。

流行としては中古住宅を購入し、自分の好きなようにリノベーションしていくタイプと、中古住宅ですがリノベーション工事済みで外観の古さは残りますが内装は新築同様というタイプが人気を集めています。

2,000万円の住宅ローンは月々いくら返済?返済期間でシミュレーション!

2,000万円の住宅ローンを借り入れする際に、一番気になるところは月々の返済額です。

住宅ローンの月々の返済額によって生活水準や家計に影響が出てくるため、物件探しをする前にシミュレーションしておくといいでしょう。

早見表での計算方法や月利(月々の金利)を算出して出す方法や、金融電卓や無料アプリなどで簡単に計算できますが、それも面倒だという人にはSUUMOの住宅ローンシミュレーションというのがありますのでそちらの利用をおすすめします。

https://suumo.jp/edit/simulator/

SUUMO住宅ローンシュミレーションへ

それでは、実際に2,000万円の住宅ローンを金利1.35%で期間35年で組んだ際の返済額をシミュレーションしてみましょう。

返済期間30年の場合の月々の返済額は?

ここでは住宅ローンの返済期間が30年ということは、月にすると360ヶ月になります。

借り入れ金額2,000万円で返済期間が360ヶ月、年利が1.35%ですと月々の住宅ローン返済額は67,593円となり、返済額合計は24,333,726円となります。

住宅ローンの利息額

2,000万円借り入れした際の住宅ローン返済額合計が24,333,726円ですから、単純に返済額合計から借り入れする2,000万円を引き算すると利息額は4,333,726円となります。

返済期間25年の場合の月々の返済額は?

返済期間30年の場合と同様に返済期間の25年を月にすると300ヶ月になります。

同様に、借り入れ金額2,000万円で返済期間が300ヶ月(年月のみ変更)、年利が1.35%ですと月々の住宅ローン返済額は78,585円となり、返済額合計は23,575,626円となります。

住宅ローンの利息額

こちらは、2,000万円借入れした際の住宅ローン返済額合計が23,575,626円ですから、返済額合計から借入れする2,000万円を引き算すると利息額は3,575,626円となります。

返済期間が5年短くなるだけで100万円近くの住宅ローン返済額を減額できます。

そのかわり、月々の返済額は1万円ほど増額されます。

返済期間20年の場合の月々の返済額は?

借り入れ金額2,000万円で返済期間が240ヶ月、年利が1.35%の場合、月々の住宅ローン返済額は95,135円となり、返済額合計は22,832,532円となります。

住宅ローンの利息額

前述までと同様に、2,000万円借入れした際の住宅ローン返済額合計が22,832,532円ですから、返済額合計から借り入れする2,000万円を引き算すると利息額は2,832,532円となります。

ここまでの住宅ローンのシュミレーションでおわかり頂けたように、返済期間を短くすると月々の返済額が増額され、返済額合計は減額される一方で返済期間を長くすると月々の返済額が減額され、返済額合計が増加するということが住宅ローンの仕組みとなります。

住宅ローンを無理なく返済していく2つのコツ!

住宅ローンを無理なく家計に負担をかけずに返済していくコツは2つあり、ひとつは「住宅ローン控除」でお金を戻し、もうひとつは「住まい給付金」でお金をもらう方法です。

住宅ローンを組むにあたり、もらえるお金があることを知っておくことで想定していた住宅ローンの返済額への負担を始めのうちから軽減できるメリットが出てきます。

家計の収入に追加される臨時収入を現金でもつことで余裕も出ますし、築年数が経つことによる住宅の修繕に必要な修繕費用へあてることも可能となります。

住宅ローン控除ってなに?2,000万円借り入れている場合

住宅ローン控除というワードはよく聞くと思いますが、住宅ローン控除について詳細を理解している人は多くはありません。

マイホーム購入者にいわれる「節税」というのがこの住宅ローン控除のことで、住宅ローンを組んで住宅を購入した人には、購入した年から10年または13年の期間は年末12月の時点で借り入れ額が残っている住宅ローンの1%を上限として確定申告または年末調整で還付されるといった制度になります。

但し、住宅ローンの残債の1%が上限として還付される規定ですがその上限に付随する金額というのが所得税になりますので、1年間で支払っている所得税を上限に、さらに還付金として返還される金額が年末12ヶ月時点の住宅ローンの残債ということを覚えておいてください。

具体的には年収500万円の人が年末時点で住宅ローンの残債が2,000万円ある場合、年収500万円ですと年間の所得税は25万円前後支払っていますが、住宅ローンの残債は2,000万円のため還付される金額は20万円が上限ということになります。

この場合、住宅ローン控除を最大値でうけるために必要なのは年末12月時点での住宅ローンの残債が2,500万円以上ある必要が出てくるということです。

とはいえ、20万円の還付はありがたい金額かと思いますので修繕積立金や万が一のために住宅ローンの返済用として保管しておくことでリスクヘッジができるというわけです。

住宅ローン控除の申請方法

住宅ローン控除を受けるには「年末残高証明書」が必要になりますので、企業に勤めている人は、住宅購入の初年度は必ず確定申告で申請して2年目以降は会社に年末調整と同様に手続きをしてもらいましょう。

住まい給付金ってなに?どういう人が対象?

住まい給付金とは、消費税引き上げによる住宅購入者の負担を緩和するために創設された制度で、最大で50万円が住宅ローン利用での住宅購入者へ給付されるお金になります。

対象者については残念ながら全員が対象ではなく、収入などが基準となります。

①不動産登記上の持分を保有している人

②取得した住宅への居住が住民票で確認できる人

③収入が一定以下の人

④住宅ローンで住宅を購入した人

上記が基準になりますが、③の収入が一定以下の人というのは年収775万円以下の住宅購入者が対象となります。(消費税が8%だった時は年収510万円以下の人が目安でした)

また、住まい給付金の制度は消費税の引き上げによる負担減が目的で創設された制度になるため、令和3年12月までに引き渡されて入居が完了した住宅までの期間が対象となります。

住宅ローン控除と住まい給付金を合わせると大きな金額になりますので、住宅購入の初年度から余裕をもてるメリットがある以上は申請しておきたい制度になります。

2,000万円の住宅ローン返済で苦しくなった時の2つの対処法!!

万が一住宅ローンの返済が苦しい、返済ができなくなったなどの事態が起きた場合はすぐに対処することが一番の対策です。

生活していくうえでリスクがあるとすれば、失業や病気などが住宅ローンの返済へ大きな影響が出る可能性が高い理由ですが、住宅ローンを返済していくにあたり延滞や滞納というのはリスクが大きくあります。

住宅ローンを延滞や滞納することで金利の優遇が受けられなくなったり最悪の場合は競売にかけられて住居を失うというところまで行きます。

では万が一、住宅ローンの返済が苦しくなった場合どうするべきか説明していきましょう。

住宅ローンの返済で苦しくなったら相談する!

第一に相談することですが、相談先は住宅ローンを借り入れしている金融機関になりますので、間違っても先に弁護士への相談やカードローンの利用などの選択肢を考えないでください。

金融機関は厳しいイメージが強い印象があると思いますが、お金を貸している以上は利息も含めて全額きちんと返済してくれた方がいいのです。

一方で滞納が続いたとしても住宅ローンの契約者の代理で保証会社から全額一括で支払われるため、貸している金融機関からすれば損はないので関係ない!!などの意見も聞くことはあります。

お金を貸している以上、関係ないということはありませんし多少なりとも保証会社への手数料が発生しますから、それを防ぐために親身に相談を受け入れて返済スケジュールの見直しなどを考えてくれますので、返済による苦しさは解消される可能性が大いにあります。

但し、住宅ローンの延滞や滞納の実績が出てしまうと手遅れになる可能性がありますので、延滞や滞納する前に支払いが厳しそうだと思った時点で相談することをおすすめします。

住宅ローンの返済で苦しくなったら借り換えを検討する!

住宅ローン返済が苦しい時のもうひとつの対処法は、借り換えです。

住宅ローンは借り換えが可能な商品のため、より低い金利への借り換えや柔軟な返済スケジュールが可能な金融機関への借り換えも可能となります。

現状借り入れしている住宅ローンと比較をして、借り換えることで返済が可能になるのであれば検討することをおすすめします。

まとめ

2,000万円の住宅ローンを組んだ時の月々の返済シミュレーションや返済期間の影響による特徴やもらえるお金について解説してきました。

住宅ローンというのは大きな金額の商品ですから予想していなかったことも起こりますし、起こったことに対してどう対処していくのかが重要なポイントになります。

給付金などのもらえるお金はもれなく申請し、万が一の場合のリスクヘッジができる人ほど余裕をもった有意義な生活を送れることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です