栃木県でおすすめのローコスト住宅メーカー8選【2022年版】1,000万円台で家を建てるならここ!

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

栃木県でコストパフォーマンスの良いローコスト住宅を建築したいと考えている方向けに、人気ローコストメーカーと特徴や評判について調べました。

価格面だけでなく、優れた性能とデザインを両立した人気のある住宅メーカーをまとめましたので、栃木県でマイホームの建築を考えているのであれば是非参考にしてください。

あわせてローコスト住宅を購入するときのポイントについても解説していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のLIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきますよ。

また、より多くの住宅メーカーカタログが欲しいというあなたには、同じく東証一部上場のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめ!

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。

HOME'Sではハウスメーカーのカタログを、SUUMOでは工務店のカタログを中心に集めることができますよ。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できますよ。

ぜひマイホームの第一歩としてカタログ請求をしてみてくださいね!

【おすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【プラスα】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

もくじ

栃木県で家を建てるときの費用相場

栃木県でのローコスト住宅メーカーを紹介する前に、まずは栃木県で家を建てようとするといくら位かかるのかを知っておきましょう。

下記のデータは、フラット35の利用者を対象にした調査のデータです。

栃木県で土地付きの注文住宅を建てた人の建築費用と土地費用を、全国平均と比較したものです。

栃木県で家を建てる費用相場

建築費用は、全国平均が2,961万円であるのに対して栃木県は3,116万円とわずかに高い結果となっています。

一方土地費用は、全国平均が1,436万円なのに対して栃木県が822万円と非常に低いことが分かります。

土地代が安い分、建物にコストをかける人が多いと推測できます。

では、次に栃木県内の地価がどれくらいなのかを見てみましょう。

2021年の栃木県の地価平均は3万9,233円、坪単価平均は12万9,233円です。

特に地価の高いエリアTOP5が下記の地域です。

地域 地価平均 坪単価平均
宇都宮市 7万5,097円 24万8,255円
下野市 5万2,490円 17万3,520円
小山市 4万6,322円 15万3,133円
野木町 3万5,620円 11万7,752円
上三川町 3万866円 10万2,038円

県の中心部である宇都宮市を中心に市街地エリアで地価、坪単価が高くなっていることが分かります。

ローコスト住宅を望む人の中にはこうした地価の高いエリアに家を希望していて、できるだけ建物にコストをかけたくないと思う人もいると考えられます。

こうした事情を背景にローコスト住宅は人気を高めているのです。

参考:2020年度フラット35利用者調査|住宅金融支援機構

参考:栃木県の土地価格相場・公示地価・基準地価マップ・坪単価ランキング

栃木県でおすすめの1,000万円以下で建てられるローコスト住宅メーカー5選

まずは1,000万円以下という非常に安い値段で家づくりを行っているメーカーをまとめました。

  1. 夢家(足利市)
  2. ホーデリーホーム(栃木市)
  3. アイダ設計(宇都宮市)
  4. ジャストハウス(伊勢崎市)
  5. ユートリエホーム(栃木市)

それぞれ詳しく紹介していきましょう。

1.夢家(足利市)

夢家では、オーナーが「マイホームを建てること」を人生の目標にするのでなく、生活に負担をかけない価格で家を建て、家賃と同等の支払い負担で返済にゆとりのある暮らしができることを目標とした家づくりをしています。

手頃な価格で品質の良い住宅を手に入れれば、家族の生活はより充実したものになるでしょう。

1,000万円以下で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円以下で建築が可能な商品を紹介します。

2LDKプランの価格・特徴まとめ

835万円〜建築できる3人家族にお勧めの2LDKの平屋プラン。

その外観はモダンテイスト・北欧テイスト・北米テイスト・南欧テイストが用意されており、500万円の土地を購入すれば35年ローンで毎月の返済額が4万円台で済むのです。

夢家で家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

いつも笑顔で対応していただけたのが夢家の印象です。

無理なお願いをしても対応してくれ、本当に頼りになりました。

アフターサポートもしっかりしているので、これからの暮らしも安心して過ごせると思いますね。

ライオン先生

家づくりにこだわりが多かったからか、打ち合わせは毎回難航しましたが、誠実に向き合っていただけたと思っています。

色々な箇所にこだわっただけあり、細かな部分までお気に入りの住まいを手に入れることができました。

会社名 株式会社スタイリッシュハウス(夢家プロジェクト事業部)
本社所在地 栃木県足利市葉鹿町2-30-16
代表者 佐藤 秀雄
設立 平成16年1月9日
資本金 2,000万円
業務内容 新築、増改築、リフォーム、不動産

2.ホーデリーホーム(栃木市)

ローコストの平屋住宅を専門として取り扱っているホリデーホーム。

圧倒的な開放感と無駄のないシンプルな生活ができる平屋では毎月のランニングコストを抑えた暮らしが実現するのです。

ホーデリーホームでは、コストを抑えながらも高級感のあるインテリアを形にしています。

1,000万円以下で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円以下で建築が可能な商品を紹介します。

1LDKプランの価格・特徴まとめ

一番コンパクトな間取である1LDKは10.5坪550万円〜。

洋室とリビングのみのシンプルな間取りでは両方の部屋に大きな南向きの窓を施工することが可能です。

ホーデリーホーム会社情報

会社名 株式会社木の花ホーム
本社所在地 栃木県栃木市西方町金井323-1
設立 1992年11月24日
資本金 5,000万円
支店一覧 ・栃木モデル

栃木県栃木市小平町11-26

・宇都宮モデル

栃木県宇都宮市砥上町1651-3

・栃木常設ショールーム

栃木県栃木市西方町金井323-1

・宇都宮常設ショールーム

栃木県宇都宮市西川田本町1丁目6-3

【おすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【プラスα】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

3.アイダ設計(宇都宮市)

「良い家は高い」という常識を変えることを目標としているアイダ設計では、数多くの住宅を建築して得た高い技術と経験を駆使して、手頃な価格でいて品質の良い住宅を建築しています。

「一人でも多くの家族に幸せで満足の行く住まいを」という信念通り、多くの家族に充実した暮らしを届けているのです。

1,000万円以下で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円以下で建築が可能な商品を紹介します。

888万円の家の価格・特徴まとめ

自由設計の28坪4LDKの住まいが888万円〜建築することができます。

手頃な価格でありながら食洗機やタンクレストイレなど非常にレベルの高い設備を標準装備としており、多くのオーナーに人気のプランです。

エコハウスの価格・特徴まとめ

980万円〜建築可能な太陽光発電付きのオール電化住宅エコハウス。

自宅で発電し、その電力を使用することで10年間で約100万円相当の光熱費を節約することもできる地球だけでなく家計にも優しい住宅です。

アイダ設計で家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

土地探しからお願いしましたが、希望通り便利な立地を探してもらえました。

また、住まいのデザインはリビングに折り上げ天井を施工したので、期待通り天井の高いホテルのようなリビングを実現することができました。

広い玄関もお気に入りで、全体的にゆとりのある住宅になったと思います。

ライオン先生

打ち合わせの時にはいつもこちらが希望した以上のプランを用意してくれるので毎回打ち合わせがとても楽しみでした。

提案力が高く、私達家族の求めているものを理解し、プラスαで工夫された間取りを考えてくれたと感じています。

収納もたっぷりあり、家事動線にも恵まれている住まいです。

アイダ設計の会社情報

会社名 株式会社アイダ設計
本社所在地 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
代表者 會田 貞光
設立 昭和56年1月6日
資本金 2億1,632万円
業務内容 不動産業、建築業、建築設計、土地造成、プレカット加工、損害保険代理業、その他
支店一覧 ・宇都宮モデル店

栃木県宇都宮市御幸ヶ原町136-167

・栃木店

栃木県栃木市国府町129-2

・那須塩原モデル店

栃木県那須塩原市西原町9-20

・小山モデル店

栃木県小山市大字雨ヶ谷新田71-25

・真岡モデル店

栃木県真岡市大谷新町1-1

4.ジャスティハウス(伊勢崎市)

多くの住宅メーカーでは「よく売れる家」をつくっていますがジャスティハウスは違います。

家を売り物として扱わず、人の想いを叶える箱だと考えているのです。

そして、7タイプの広さ・好みの間取り・4つのスタイル・3つのカラーを順番に選択していくことでオーダーメイドの理想の住まいを低価格で実現することを成功しました。

ジャスティハウスの住まいではオリジナリティに溢れた生活ができるでしょう。

1,000万円以下で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円以下で建築が可能な商品を紹介します。

24坪タイプの価格・特徴まとめ

952万円(税込)〜建築可能な24坪タイプはコンパクトながらもシンプルな家事動線を整えた機能的な間取が実現できるプランです。

LDKをワンフロアに広くとり、2階には各部屋に収納を備えた3つの寝室があり機能的です。

ジャスティハウスで家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

家事動線とキッチンの使いやすさにこだわった住まいを建築しました。

キッチンと洗面台の間にパントリーを設けたので食品庫として使用したり掃除道具や消耗品をしまったりするのにとても使いやすいです。

規格型の注文住宅でもこんなに自由度が高いとは思っていなかったですね。

ライオン先生

選べる壁紙が豊富だったので、すべての部屋のテイストを変えて楽しみました。

木目のような壁紙のリビング・タイル目のような壁紙のキッチン・子供部屋はパステルカラーで可愛らしくまとめ、トイレも独特の雰囲気に仕上がりましたね。

まるでテーマパークにいるような楽しい家が形にできました。

ジャスティハウスの会社情報

会社名 View Design建築設計事務所(ビューデザイン建築設計事務所)
本社所在地 群馬県伊勢崎市連取町1979-3
代表者 落合 聡士
業務内容 不動産コンサルティング、不動産売買及び仲介、不動産買取・販売、注文住宅請負、建売分譲住宅販売、建築、リフォーム、リノベーション、宅地開発分譲、外構工事、太陽光発電システムの施工・販売
支店一覧 ・宇都宮東店

栃木県宇都宮市松本町1125番地9

・小山店

栃木県小山市駅南町1丁目26番3号

5.ユートリエホーム(栃木市)

ユートリエホームは栃木県でのローコスト住宅No.1を目指す住宅メーカー。

家づくりを「モノ売り」ではなく、お客様への真心を試す場として一棟一棟に感動してもらう家づくりを行っています。

豊富な商品プランでファミリー層から大きな支持を受け、2022年1月には平屋と2階建てのいいとこどりをした1.5階建てプランも展開しています。

1,000万円以下で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円以下で建築が可能な商品を紹介します。

1LDKプランの価格・特徴まとめ

768万円(税込)~から建てられる1LDKはシンプルな暮らしを望む方にピッタリのプラン。

付帯工事165万円をプラスしてもトータルで1,000万円以下におさまります。

ユートリエホームで家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

担当の方々のチームワークが素晴らしく、皆さんとても優しい方々でした。

営業の方のアイディアと監督のアドバイス、現場の方の手際のよさでローコストなのに理想の家を建てる事ができました。

ライオン先生

マイホームは無理かなと思っていましたが、見学会で信頼できるスタッフの方に出会えマイホームを建てる事ができました。

打ち合わせ中も親切にしていただき、嫌な顔せずこどもの相手もしていただけたので安心して話し合いを行うことができました。

新居で第二子の赤ちゃんを迎えられるように、計画も急ピッチに進めて頂きとても感謝しています。

ユートリエホームの会社概要

会社名 株式会社木の花ホーム ユートリエ事業部
本社所在地 栃木県栃木市西方町本城62‐3
代表者 早乙女 正
業務内容 木造注文住宅・規格住宅の設計・施工・販売

リフォーム/宅地分譲/不動産仲介

支店 宇都宮店:宇都宮市西川田本町1丁目6‐3

【おすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【プラスα】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

栃木県でおすすめの1,000万円台で建てられるローコスト住宅メーカー3選

次に、栃木県で1,000万円台で住宅を建築可能なローコスト住宅メーカーをまとめました。

どれもローコスト住宅とは思えない品質を持った住宅ばかりですので、是非ご覧ください。

  1. 薄井工務店(宇都宮市)
  2. サイエンスホーム(下野市)
  3. 住まい館(那須鳥山市)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.薄井工務店(宇都宮市)

「気づかい=想い」と「木づかい=技術」を大切にしている薄井工務店ではオーナーと一緒に木の素材を最大限に活かした家づくりを行っています。

十人十色というように、それぞれのマイホームの夢の形を実現させているのです。

その家でオーナーは、とことんこだわった良質な素材に囲まれた生活ができるでしょう。

1,000万円台で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円台で建築が可能な商品を紹介します。

半平屋の家の価格・特徴まとめ

リビングに吹上天井と階段を採用して大空間を実現し、1.5階に寝室や個室も用意できる平屋とも2階建てとも言えない独特な間取です。

大きな吹き抜けに大きな窓を施工するため、とても開放的な空間となるのです。

価格はハイブリットW断熱工法:1,770万円・標準仕様1,700万円となります。

平屋の家の価格・特徴まとめ

コンパクトながらも大容量の収納を設け平屋はハイブリットW断熱工法:1,470万円・標準仕様1,420万円となります。

家事動線も最短距離で計算されているので家事をスムーズに進めることができるでしょう。

薄井工務店で家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

素材へのこだわりが感じられ、木をふんだんに使った住まいを建築しました。

特に浴室は檜貼り。

檜の香りに包まれながら一日の疲れを癒やすことができます。

また、ベランダの横に室内ベランダも設けましたので雨の日でも洗濯物干し場に困ることはありません。

使い勝手の良さはもちろん暮らしやすさを詰め込んだ住まいになりました。

ライオン先生

リビングの天井には梁を配置し、収納にもなるベンチを造作してもらいました。

おかげでごちゃごちゃしがちなリビングを常に整理でき、あまり生活感を出さずに住む空間にすることができましたね。

中庭を見ながら上り下りのできるリビング階段もお気に入りで、朝日をたっぷりと室内に取り込むことができるし人の目も気になりません。

薄井工務店の会社情報

会社名 株式会社薄井工務店
本社所在地 栃木県宇都宮市下砥上町1190-3
代表者 薄井 寿男
設立 1946年4月

2.サイエンスホーム(下野市)

檜のぬくもりに包まれた住宅を手頃な価格で建築しているサイエンスホーム。

「家づくりは幸せづくり」というモットーのもとでオーナーの家づくりをサポートしています。

日本の伝統的な工法である「真壁づくり」がその特徴であり、木に囲まれた生活では良質な木材を「見て」「触って」「感じる」ことができる住宅を建築しています。

サイエンスホームの住宅では心から癒やされる空間で生活を送ることができるでしょう。

1,000万円台で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円台で建築が可能な商品を紹介します。

総ひのきの平屋の価格・特徴まとめ

平屋建ては強い構造を保持しながら老後も安心して暮らすことのできるデザイン。

サイエンスホームでは真壁づくりで無垢材おい国産ひのきを使用した住まいを1,200万円〜建築しています。

外張り断熱なので廊下・トイレ・収納まで家中を快適な温度に保つことができ、一台のエアコンを稼働すれば全室の温度をコントロールすることも可能。

光熱費も大幅に削減可能な住まいです。

総ひのきの2階建ての価格・特徴まとめ

総ひのきの平屋と同様に高い断熱性があり、良質なひのきを使用した真壁づくりの住宅は1,000万円台。

デザインは4つのコンセプトが用意されています。

明るい色の木材を使用した優しいイメージに仕上がるナチュラル。

ダークカラーに赤みがかかった木材を使用し、洗練された空間を実現するウォールナット。

古い歴史を感じられる風味のある木材を使用したアンティーク。

オリジナルデザインであるハラデザイン。

コンセプトによって室内の雰囲気は大きく変わります。

サイエンスホームで家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

観葉植物が趣味なので、グリーンが似合う古民家風の住まいにしました。

ダークウォールナットのぬくもりが心地よく、どの部屋も趣のある雰囲気を味わうことができます。

サイエンスホームと出会えたおかげで、普段の暮らしが特別なものになったような幸せな毎日を送れるようになりました。

ライオン先生

真壁づくりに一目惚れして、サイエンスホームでの建築を決めました。

アンティークな雰囲気を壊したくないと思い、以前から憧れていた「生活感のない暮らし」を実現したいと想い、たくさん収納を設けて室内が常にすっきりとできるようにしました。

キッチンもリビングから丸見えにならずに料理のしやすい配慮をしてもらい、モデルルームのような住宅になりました。

サイエンスホームの会社情報

会社名 栃木アシストホーム株式会社
本社所在地 栃木県下野市薬師寺2785-2
代表者 金子 幸男
設立 平成24年8月22日
業務内容 建築、大工、左官、とび、土工、石、屋根、れんが、ブロック、鋼構造、鉄筋、板金、ガラス、塗装、防水、内装仕上、熱絶縁、建具、解体工事業
支店一覧 ・桜木町店

栃木県宇都宮市吉野1-10-17-B

【おすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【プラスα】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

3.住まい館(那須鳥山市)

高気密・高断熱で安心のコミコミ価格の住宅を建築している住まい館では明確な価格提示をしています。

諸経費を含む実際に支払う金額の総額をオーナーが把握できるように、地盤調査から本体工事、部屋の照明まで細かな費用を全て含んだ金額の表示をしているのです。

そのため、住まい館であればオーナーは予算オーバーの心配をすることなく価格に納得した家づくりを行うことができるでしょう。

1,000万円台で建てられる商品ラインナップを紹介

ここでは1,000万円台で建築が可能な商品を紹介します。

ZEPTO(ゼプト)の価格・特徴まとめ

シンプルモダンな外観に22.25坪という面積で狭小地にも対応している都市型コンパクト住宅ゼプトは1,229万円〜となります。

工夫を凝らした無駄のない間取で用意された空間を無駄なく使用することができるでしょう。

EXY(エクシィ)の価格・特徴まとめ

コミコミ価格30.80坪で1,590万円〜の建築が可能な子育て世代のベストセラー商品エクシィは3LDKと和室を基本プランとしています。

自由設計注文住宅だから室内はもちろん外観のテイストも自由に変更できる手頃な価格の人気商品なのです。

ECOLOGIA(エコロジア)の価格・特徴まとめ

洗練されたデザインが印象的なプランであるエコロジアは雨の日でも洗濯物に困らないサンスペースが2階に用意されていて1,938万円〜建築することができます。

暮らしやすさと価格のバランスが取れたプランです。

住まい館で家を立てた人の評判・口コミ

ライオン先生

知人の紹介で住まい館を知りました。

家づくりの知識が全くなく、たくさんの質問をしてしまいましたが、いつも丁寧に答えてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

断熱性の高い住まいなので、暮らしてみてその素晴らしさを再確認しています。

家族が体調を崩すことがほとんどなくなり、光熱費もアパートに暮らしていた頃の半分になりましたね。

ライオン先生

住まい自体も素晴らしいのですが、アフターサービスが親身で感動しました。

東日本大震災後も大変な時期なのに翌日に駆けつけてくれ、住まいの状態を確認してもらえました。

損傷箇所はありませんでしたが、その対応が忘れられません。

もしまた家を建築することがあっても住まい館を選択すると決めています。

住まい館の会社情報

会社名 株式会社住まい館
本社所在地 栃木県那須鳥山市旭1-21-10
代表者 神谷 健二
設立 昭和45年4月

【おすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【プラスα】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

栃木県でローコスト住宅を建てるときに知っておきたい3つのポイント

ここまで栃木県でおすすめのローコスト住宅をご紹介してきました。

では最後に、栃木県でローコスト住宅を購入するときに知っておくべきポイントを3点ご紹介します。

  1. ローコスト住宅が安い理由
  2. 気候・風土に「ちょうど良い」品質の家か確認
  3. 価格にどこまで含まれるかを確認

低コストが魅力のローコスト住宅ですが、気を付けるべきポイントもあります。

せっかくのマイホーム、納得の買い物にするために是非押さえておきましょう。

1.ローコスト住宅が安い理由

「ローコスト住宅はなぜこんなに安くできるのか?」

多くの人が思う疑問でしょう。

これには、下記のような企業努力が理由として挙げられます。

  • 大々的な広告・宣伝を行わない
  • 資材の大量一括購入
  • 規格住宅、工場のプレカットなどで工程・人件費節約

ローコスト住宅では徹底的な経費削減が行われています。

大手ハウスメーカーで見られるような大々的な広告費をうたない、規格住宅をメインにすることで決まった資材を一括購入してコストカット、工期も短縮できるので人件費の節約にもつながるなどの努力をおこなっています。

その他に、住宅設備にハイグレードなものは使用しない、シンプルな設計にするといったことなども挙げられます。

そのため、ハイクラスの住宅と比較すれば「物足りない」「シンプルすぎる」「設備のグレードがいまひとつ」といった不満はどうしてもあるかもしれません。

しかし、一昔前に言われていた「安かろう悪かろう」ということはなく、もちろんローコスト住宅だから欠陥住宅が多いということもありません。

各社とも品質には力を入れており、そもそも国が定める建築基準も厳しくなっているためその点は安心して良いでしょう。

2.気候・風土に「ちょうど良い」品質の家か確認

耐震性や断熱性は家にとって重要な品質の一つで、品質が高いに越したことはありません。

しかし限られた予算の中ですべての品質を最高等級にしようとすると、やはりコストは跳ね上がってしまうものです。

そこで考えたいのが品質の「ちょうど良さ」です。

例えば、あまり雪が降らない地域に降雪対応の家は不要かもしれません。

そこまで寒さが厳しくない地域に、北海道基準の断熱性を誇る家も′過剰’かもしれません。

家の品質が重要なのは「安全・快適に暮らせる」ようにするためです。

家を建てようとする場所の気候・風土に沿った、過不足のない丁度良い家というのが理想的な住まいです。

オーバースペックの家はその分のコストを他のことに回せる可能性もあるため、予算と相談しながら品質を見極める必要があります。

3.価格にどこまで含まれるかを確認

ローコスト住宅最大の魅力である価格にも注意しましょう。

提示されている金額に含まれるもの、含まれないものを確認する必要があります。

多くの場合、表示された価格は純粋な本体建築価格のみを表しています。

そうなると、その他に付帯工事費やオプション費用などがかかるため、トータルでいくらになるのかという点は常に意識したいポイントです。

安いと思っていたのに、オプションで必要な設備を追加していったら結局普通の家と変わらない価格になってしまったというケースはよく聞かれるパターンです。

「最終的にいくら支払うのか」をよく確認しましょう。

まとめ

栃木県でローコスト住宅を建築している住宅メーカーを中心に紹介させていただきました。

1,000万円以下で建築可能な住宅も多く、価格だけでなく高品質でデザイン性能にも優れた住宅ばかりでしたね!

まずは気になるメーカーのモデルルームや完成見学会に行き、実際の品質とデザインを確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /