40坪の間取り成功例10選!おしゃれ家にするポイントをご紹介

「40坪の家はどのくらいの広さ?」
「40坪の間取りの成功例が見たい」
「おしゃれな家にしたい」

40坪の家は一般的な一戸建てよりやや広めといわれています。マイホーム購入を検討している人、これから間取りを考える人は、部屋数や価格について気になるのではないでしょうか。

人気のアイランドキッチンや中庭もつくれる40坪の家ですが、実際に住んでみて後悔しないために生活導線などのポイントを抑えておくことが大切です。

そこでこの記事では、自分たちの理想の家に近づける以下の内容を紹介します。

  • 40坪の具体的な広さと価格相場
  • 間取り成功例
  • 取り入れたいおしゃれな間取り
  • 間取りを決めるときのポイント

ぜひ参考にして、間取り設計に取り入れてみてください。

延べ床面積40坪の家の間取りはどれくらい?

実際に間取りを見てもらう前に40坪の家について詳しく知っていきましょう。具体的にイメージできるように、ここでは以下の3つの内容を紹介します。

  1. 適した世帯人数
  2. 必要な土地の広さ
  3. 価格相場や固定資産税

順番に解説していきます。

1.適した世帯人数

40坪の家に適した人数は大人4〜6人です。国土交通省の「住生活基本計画における居住面積水準」を目安にしており、一般型戸建住宅で4人が豊かな生活を送るための水準は125㎡必要と記載されています。

1坪が約3.30578㎡なので「40坪=約132㎡」は大人4〜6人が余裕を持って生活できる広さです。子供が小さいうちはさらにゆとりのある広さを感じられるでしょう。

2.必要な土地の広さ

必要な土地の広さを知るには、以下の数字を調べて算出します。

  • 建ぺい率:土地にどのサイズを建設して良いか
  • 容積率:何階まで建てられるか

建ぺい率と容積率は都道府県の「都市計画」に基づいているので、各市区町村のホームページから地域ごとの上限を確認しましょう。

例えば、一戸建てが多い地域でよくある「建ぺい率50%・容積率100%」で40坪(132㎡)の家を建てる場合は以下の結果です。

階数 延床面積の内訳 必要な敷地面積
平屋 1階40坪 80坪
2階建て 1階25坪+2階15坪 50坪
3階建て 1階20坪+2階10坪+3階10坪 40坪

2階以上も同じ坪数にする場合は、階数が増えるほど必要な土地は増えていきます。

3.価格相場や固定資産税について

住宅金融支援機構の「2021年度フラット35利用者調査」では、注文住宅の平均延床面積が約123.8㎡、価格は約3572万円という結果です。

これに当てはめると40坪の家は全国平均で3,802万円と計算できます。しかし、地域やハウスメーカーによって価格は大幅に変わるので、重要なのは自分の予算内で設計していくことです。

また、固定資産税は全員が同じわけでなく、以下の4つを基準に算出されます。

  • 保有資産
  • 構造、広さ
  • 各自治体の税率
  • 地価

地価は地域によって変動し、周辺の土地開発などで急に高騰することがあるので注意が必要です。

延べ床面積40坪の新築間取り成功例10選

ここからは、実際に成功例の間取りをみていきましょう。さまざまなライフスタイルに合わせた間取りを10例紹介しているので、お気に入りの間取りを見つけてみてください。

  1. いつもの暮らしをレジャーに変える平屋
  2. 吹き抜けの広いリビングがある家
  3. リゾート×和モダンな5LDKの家
  4. 縦長の変形地をメリットにした家
  5. 素材にこだわった、上質な二階建て40坪の間取り例
  6. 狭い土地でかなえた重厚感のある家
  7. 左右に長い敷地を生かした長方形の家
  8. 車2台以上分のビルトインガレージ付きの家
  9. 7人家族が仲良く暮らす二世帯住宅
  10. 家の広さが際立つ個性的なデザイン

順番に見ていきましょう。

1.いつもの暮らしをレジャーに変える平屋40坪の間取り例

引用:毎日とびっきりの開放感。いつもの暮らしをレジャーに変えてくれる家

玄関のすぐ横に、間取りから廊下を排除したLDKが広がります。吹き抜けの開放感が印象的な平屋です。

中央にはウッドデッキを置き、BBQができるなど愛犬を含めた家族全員が楽しめる空間に。また、無垢の木をふんだんに使っているのも大きなポイントで、木質感の心地よさが快適な暮らしに寄り添っています。

「大らかな空間で、家族が楽しく一緒にいられるように」と思い描いていたオーナーのイメージ通りの空間になった間取りです。

2.吹き抜けの広いリビングがある40坪の間取り例

1階

2階

引用:【2000万円台/40坪台/間取り有】吹抜けリビングに架かる、橋のような回廊。開放的な空間と、遊び心のある家

ダイニング・キッチンから洗面室、浴室まで直線の家事動線があり、家事をまとめてこなせる機能性があります。水回りの動線を長めに確保することで、洗面室と脱衣室を分けて設けることが可能に。朝の支度が効率的かつプライバシーに考慮した空間が実現しています。

リビングから2階につながる鉄骨階段は、ギャラリーのようなおしゃれなデザインです。

3.リゾート×和モダンな5LDK40坪の間取り例

引用:【2000万円台|平屋|間取り有】居酒屋風ダイニングキッチンで家飲み。リゾート×和モダンなかっこいい平屋

人目を気にせずアウトドアリビング感覚で過ごせる「中庭」や、平屋とは思えない高天井のリビングが特徴的です。無垢の木など自然素材の豊かな質感を中心に、シンプルな洗面台やインテリアを取り入れた「和モダン」なデザインでまとめられています。

キッチンのまわりをぐるりと囲んだ、まるで居酒屋のようなダイニングテーブルは、家族全員が楽しめる場所になっています。

4.縦長の変形地をメリットにした40坪の家の間取り例

1階

2階

引用:【3000万円台/40坪台/間取り有】変形地をメリットに。屋上のあるインダストリアルな店舗併用住宅

縦長の変形地にとらわれず、敷地の広さを活かせないか熟慮して、屋上や収納スペースを設けています。店舗併用住宅なのでプライバシーを確保するため2階にLDKがあります。

アイランドキッチンからの動線を直線で並べ、パントリーや納戸などの豊富な収納もあるので、家事もスムーズにこなせるでしょう。

柔軟に間取りを設計して考えることで、欠点もメリットに変えていけます。

5.素材にこだわった、上質な二階建て40坪の間取り例

1階

2階

​​

引用:【2000万円台/134.34平米/間取り図有】キッチンや階段も素材にこだわった上質感が際立つスタイリッシュな家

キッチンの隣には家事室を設置し、回遊動線で暮らしやすい間取りになっています。シューズクロークや大容量のウォークインクローゼットなどの収納をつくり、生活感の出ない上質な住まいです。

外観も洗練された印象で、庭は人工芝を敷き子どもの遊び場所にぴったり。春夏には自宅の庭でBBQなども楽しめます。

セラミック製のキッチンやスケルトンの階段など素材にこだわったスタイリッシュな住まいです。

6.狭い土地でかなえた重厚感のある家の40坪台間取り例

1階

2階

3階

引用:【延床43.2坪/土地28.3坪/札幌市/狭小】狭小地で叶えた、重厚感のある3階建てのガレージハウス

敷地が狭いながらも、3階建てにして設備と収納を充実させた住まいです。1階はビルトインガレージ、2階は無垢材をふんだんに使用したLDKで、家族それぞれの居室は3階にあります。キッチンの背面収納に引き戸がついているので、来客時に隠せるのがうれしいポイントです。

無垢材の温もりを活かしつつ落ち着いた色味でまとめた内装と、室内の雰囲気に合わせたモダンな外観で、全体的に重厚感のある印象になっています。

7.左右に長い敷地を生かした長方形の40坪の間取り例

引用:【間取図有|2000-2499万円|4LDK|スキップフロア】自然光が家中に行きわたる、明るく開放的な平屋

左右に長い敷地を生かして長方形の平屋にした、どの部屋の窓からも光が入る明るい住まいです。

アメリカ西海岸のリゾートハウスを意識しており、壁は木片チップ入りの白い紙クロスで統一。赤茶系の床やアンティークブルーで塗られた扉がアクセントになっています。

はやりの4畳ほどのスキップフロアも間取りの特徴。パソコン作業や子どもの勉強スペースにもぴったりな集中力の高まる貴重なスペースです。

8.車2台以上分のビルトインガレージ付き40坪の間取り例

1階

2階

3階

引用:【2000万円台/約20坪/スキップフロア】頑強なテクノストラクチャー工法で叶える、2つのビルトインガレージ

車2〜3台を確保したいとのオーナーの要望で2つのビルトインガレージをかなえた住まいです。1.5階、2.5階を設け、空間を無駄なく利用しています。2階のLDKはカフェ風で、黒い壁紙が引き立っています。

設計士との綿密な打ち合わせで理想の家になったそうです。リクエストを親身に聞いてくれる住宅会社選びも重要であると分かる事例です。

9.7人家族が仲良く暮らす二世帯住宅40坪の間取り例

1階

2階

ロフト

引用:【磐田市|2000万円台|二世帯|間取図あり】7人家族が仲良く暮らす木の家。自然素材×全館空調で年中快適

和気あいあいと家族が暮らせる二世帯の家は、自然素材に包まれて優しさのある空間です。リビングには小上がりの畳コーナーがあり、下部収納付きの畳コーナーは、ダイニングカウンターの腰掛も兼ねています。水回りなどは全て共有なので家事動線も意識しており、家族が多い分ロフトで収納力を高めています。

2階の子供部屋は将来的に間仕切って2部屋にすることも。この先の家族構成もしっかりと考えられています。

10.家の広さが際立つ個性的な40坪の間取り例

引用:【本体価格3050万円/約40坪/平屋】高性能だから叶う 既成概念に捕らわれない自由な発想でデザインされたモダンな平屋

思わず目を奪われる個性的な間取り。オーナーの理想の暮らし方を重視し、既成概念に縛らない自由な発想で設計しています。全体的に大きな窓に囲まれているので、開放的で広さを感じる住まいです。

自由な設計であるものの、大容量のシューズクロークを設けるなどの工夫も。利便性の高い間取りを取り入れることで、暮らしやすさを実現しています。

延べ床面積40坪の家に取り入れたいおしゃれな間取り5選

新築住宅の成功例を見ていると、取り入れてみたい間取りがいくつか見つかります。ここでは、おしゃれな家に共通する間取りを5つピックアップし詳しく紹介します。

  1. 吹き抜け
  2. リビング階段
  3. スキップフロア
  4. アイランドキッチン
  5. 中庭
  6. リビングにつながる和室

既存の間取りにプラスしてイメージするなど、ぜひ参考にしてみてください。

1.吹き抜け

おしゃれな家でよく見かける代表的な間取りは「吹き抜け」です。

取り入れる場所としてはリビングが多いですが、帰宅時や来客時に高級感をイメージ付けられる玄関も良いでしょう。開放的な空間を演出するだけではなく、吹き抜けに合わせて照明器具や壁面など、特に上部に目を向けると1つひとつこだわれる部分が見つかります。

しかし、高い部分の掃除がしにくかったり空調が聞きにくかったりとメンテナンスの面では少し不便さがあるので、考慮して設計してみてください。

2.リビング階段

リビングにデザイン性のある階段があると目をひきます。ただ単に上り下りの用途として設置するのではなく、らせん状にしたりスケルトンにすることで「オブジェ」のような役割を果たすため若い世代に人気です。

吹き抜けとの相性も抜群で、2階以上の家なら手軽におしゃれさを演出できるでしょう。

階段がリビングにあることで廊下を必要としないので、空間を最大限に活かせるメリットも。狭い土地に家を建てる人にもおすすめな間取りです。

3.スキップフロア

スキップフロアを1つの空間としてデザインするとおしゃれさが出ます。スキップフロアとは、下階と上階をつなぐ部分を指し、階段の踊り場や1.5階を活用したスペースです。子供の遊び場やワークスペースにもなり、部屋数を増やすことなくちょっとした空間を作ることができます。

スキップフロアをリビングと同じデザインや色使いで統一すると、空間全体がよりおしゃれになるでしょう。本棚を置くなど使用用途に合わせてデザインすると、メリハリがでるのでぜひ試してみてください。

4.アイランドキッチン

アイランドキッチンを囲んだホームパーティーのイメージがあり、憧れる人がいるかと思います。「アイランド」という名の通り、島のように壁から離れて独立していることから「アイランドキッチン」と呼ばれています。

部屋の主役にもなるアイランドキッチンは「見せるキッチン」として空間を演出できます。おしゃれな調理器具やインテリアを飾るなど、リビングとともにコーディネートを楽しめるでしょう。

5.中庭

中庭を中心に間取りを考えデザインすると、ほかの住宅にはないおしゃれな家ができます。デザインの幅も広く、旅館のような和風な雰囲気や、ウッドデッキに囲まれたBBQができるアクティブな中庭など、自分好みにつくることが可能です。

ハンモックやシンボルツリーを置いたり、ライトアップしたりと中庭をとことんおしゃれにして楽しんでみてください。

6.リビングにつながる和室

日本人になじみの深い和室を一部屋とするのではなく、リビングと一体化させて「セカンドリビング」として取り入れる間取りです。「和モダン」として雰囲気を出したり、さまざまなカラーの畳からリビングの配色とそろえておしゃれさを出したりできます。

子供の遊び場や来客時など多目的なシーンで活用できる間取りなので、ライフスタイルに合わせて、取り入れてみるのも良いでしょう。

延べ床面積40坪の間取りを決めるときの4つのポイント

おしゃれな間取りをいくつか紹介しました。自分の家づくりにも取り入れられそうな間取りが見つかったのではないでしょうか。最後に、間取りを決めるときのポイントを4つ紹介します。

  1. 生活導線を考える
  2. プライバシーを気にする
  3. 冷暖房などの空調設備をチェックする
  4. 複数の住宅会社から見積もりを取る

しっかりとポイントを押さえて、後悔をなくしていきましょう!

1.生活導線を考える

40坪に家族で住む場合、生活導線はしっかりチェックしておきたいポイントです。「40坪なら広いから余裕がある」と思ってしまいがちですが、朝の支度をする時間は洗面所や脱衣所が混み合います。家事の便利さで水回りをまとめるだけでなく、生活導線を考えると洗面所と脱衣所を分けた方がいいケースもあるのです。

家族全員の動きを書き出してみると新しく気づける部分もあるので、ぜひ試してみてください。

2.プライバシーを気にする

隣家からの視線や、来客時に隠したい部分はどこかチェックしておきましょう。

40坪の広さがあるとアイランドキッチンや中庭を設ける世帯もあるでしょう。アイランドキッチンは、よく目立ち、来客の目に入るのですぐに片付けられる収納があると便利です。

また中庭でゆっくりくつろぐには隣家からの目線が入らない作りにする必要があります。収納やアイデアを活かし、いつでも安心して過ごせる家づくりを目指しましょう。

3.冷暖房などの空調設備をチェックする

40坪の広い家では、冷暖房などの空調が部屋全体に行き届くかを考慮しましょう。吹き抜けの間取りの場合などは特に、部屋の畳数だけで空調を判断すると上へ快適な空気が流れてしまうことがあります。

光熱費もかさんでしまうので、シーリングファンを設置したり全館空調にしたりと対策を考えていきましょう。

4.複数の住宅会社から見積もりを取る

ハウスメーカーによって価格や仕様がさまざまです。夢のマイホームはこだわりが多くあるので、複数の会社に見積もりを依頼し入念な比較検討をおすすめします。予算と、こだわりたいことの優先順位を明確に持って相談しましょう。

家づくりは本体価格だけでなく、住宅ローンの諸費用など多方面で出費があります。その他の諸費用も調べて焦ることのないよう計画的に進めてみてください。

まとめ

40坪の間取りは一般的な住宅よりやや広く、大人4人が住んでも余裕のある暮らしができます。おしゃれな家になるアイランドキッチンや吹き抜けなども採用できるでしょう。広さにともなって、住宅全体に空調が行き届かないなどの失敗も考えられるので、間取り設計の段階で考慮することが大切です。

 

※令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /