住宅購入の際に便利な間取り作成アプリとは?選び方とおすすめの間取りアプリ10選を徹底解説

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

みなさんは間取り作成アプリと言うものをご存じでしょうか?
間取り作成アプリとは、その名の通り間取り作成やシミュレーションが出来るアプリのことです。

新築住宅の間取り作成からリフォームした後の部屋のレイアウトや家具のシミュレーション、引越し時の家具・家電の配置確認など何かと重宝するのが間取り作成アプリです。
今回はそんな間取り作成アプリをテーマに解説します。

間取り作成アプリの選び方や実際のおすすめアプリ、間取りを作成するときの注意点についてもご紹介します。

これから家づくりをする人や新居に引越しをする人など間取りの作成やシミュレーションをする必要がある人は是非参考にしてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」と、LIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

(SUUMOは工務店、LIFULL HOME'Sはハウスメーカーの情報を中心に取り寄せられます。)

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきます。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できます。

ぜひ参考にしてみてください。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、ハウスメーカーランキングについて、詳しく解説をしていきます。

間取り作成アプリって?

一口に間取り作成アプリと言っても作りたいものによって必要となるアプリの種類は様々です。
まずは、自分が何を目的として間取りを作る必要があるのかを明確にする必要があります。

例えば、間取り作成の目的には以下のようなものが考えられます。

  • 注文住宅をハウスメーカーに相談する前に事前に理想の間取りをイメージしたい。
  • 部屋のリフォームをしたいけど、事前に家具やインテリアのレイアウトを確認したい。
  • 引越しをする際に新居の広さに応じた家具・家電の大きさや配置を把握したい。
  • 建築会社の業務で必要。3DCADを使った図面やパースの作成に役立てたい。

間取りを作成、シミュレーションできるアプリは沢山ありますが、まずは、上記のような目的に応じて使うツールを選ぶと言うことを覚えておきましょう。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

事前にチェック!間取り作成アプリの選び方

それでは、間取りアプリの選び方について解説します。
目的によって、選ぶアプリの種類も異なる、と言うことは、人によって選ぶべきアプリも違いますので、ここで確認しましょう。

選ぶアプリを間違うと目的のものが作れないと言うことにも繋がりかねない為、そうならない為にもここでの内容を是非参考にしてください。

有料、無料の確認

アプリには、有料のものと無料のものがある為、利用前に確認しましょう。

課金制のアプリもあり、課金することでより便利な機能を使えるようになるものもあります。
課金をして機能が増えたとしても、課金した分の機能については、期間制限がある場合もありますので、費用対効果で選ぶと良いでしょう。

対応ОSの確認

アプリによって、対応しているОSがある為、アプリの対応ОSは事前に必ずチェックしましょう。
スマートフォンでアプリを利用する場合には、iOS版のみ対応、Android版のみ対応の間取り作成アプリがあります。

自分が良いと思ったアプリが自分のスマートフォンに対応していなかったと言うこともある為、しっかりと確認した上でアプリをダウンロードしましょう。

3D対応しているか?

間取り図面と言えば、平面図と言うイメージを持っている人が多いかも知れませんが、今では3Dの間取り図を作成できるアプリもあります。

3D表示の間取りを作成できれば、部屋の中をよりリアルに体感することが出来ます。
例えば、「平面図で見ると余裕があるのに、実際に家具を配置してみると高さがある分、圧迫感があり、部屋が窮屈に感じる」と言うことも3Dなら事前に把握することが出来ます。

特にリフォーム後に家具やインテリアを思い切って入れ替えたいと言う場合にとても便利ですのでおすすめです。

その他、「3Dは必須」、「知らなかったけど3Dを使ってみたい」、と言う人は3D対応しているアプリかどうか事前に確認しましょう。

アプリ内の家具やインテリアと実際に自分が持っている物でサイズなどに違いがないか?

盲点になる人が多いですが、海外のアプリなどを使うとアプリ内の家具やインテリアが実際に配置する家具やインテリアとサイズ感など合わないケースがあります。
海外アプリでも家具などのバリエーションが豊富な物もありますが、自分の部屋と配置する家具などの物と照らし合わせて不向きなアプリを選ばないように注意しましょう。

カメラを使って図面を取り込めるアプリかどうか?

新築住宅で家具やインテリアのレイアウトを考える際など、紙ベースで図面がある場合には、図面をスマートフォンのカメラで取り込むことが出来るアプリが便利です。
アプリの機能で図面を作っていく際、カメラで撮った間取り図を下書きにしますが、下書きがある場合とない場合では、作る手間が全く違います。

単なる部屋の模様替えなど図面がない場合では、必要ない機能ですが、図面がある場合には、アプリを利用する前に確認した方が良いでしょう。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

おすすめアプリ10選

ここでは、間取り作成でおすすめのアプリを10個厳選してご紹介します。
先ほど解説したアプリの選び方を参考に自分の目的に合ったアプリを見つけて下さい。

Home Design 3D

  • 対応ОS:iOS , Android
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:あり

自宅の間取りやインテリア配置のシミュレーションに適しており、引越しなどの準備に適したアプリです。
3D映像を使って部屋を見ることが出来る為、イメージがしやすい点が高ポイント。

その他、家具のバリエーションが豊富であり、再現性が高い点も便利です。

Planner 5D インテリアデザイン

  • 対応ОS:iOS , Android
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:あり

3Dを使ったリアルな間取り作りが出来る3DCGアプリです。
VRモードを使うと完成イメージを360度眺めることが出来、よりリアルに空間やデザインを確認することが可能です。
使い方も既成の部屋に家具を配置していくだけととても簡単です。

はじめから作るのが面倒という人はサンプル品を自分なりに作り替えることも出来、汎用性の高いとても便利なアプリです。

再現間取りメーカー

  • 対応ОS:iOS , Android
  • 3D対応:不可
  • アプリ内課金:なし

家具や文字入力が自由で住みたい家の間取り図を気軽に作成できる、ユーザーに嬉しい無料のアプリです。
3D対応はしていませんが、アプリ内で使える家具や記号は400種類以上、自由度の高いカスタマイズを楽しむことが出来ます。

実用性も高いアプリですが、何よりゲームをするような感覚で楽しみながら出来ますので、間取り作成アプリを使ったことがない人にもおすすめです。

Live Home 3D – Interior Design

  • 対応ОS:iOS
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:なし

平面図と3Dモデルを組み合わせたゼロからの間取り作りが可能です。
2階建て建物までシミュレーションすることが出来、照明器具から出る光の加減まで詳細な確認が可能となります。

アプリのグレードを高めたPro版を利用すると、360°のパノラマ動画を見ることも出来ます。
実用性が高く、便利なアプリですが、無料で利用できる点も嬉しいポイントです。

magicplan

  • 対応ОS:iOS , Android
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:あり

部屋の間取り図面が手元になく、部屋の中の寸法が分からないときにとても重宝するのがこのアプリです。
部屋の中をカメラで撮影するだけでアプリが自動的にスキャンし、間取り図を作成してくれます。
3D対応もしており、後々の間取りの微調整や家具の配置も自由で出来、レイアウトをじっくり検討することが出来ます。

なんと、作成した図面で概算の予算も出すことが出来、理想の間取りを検討しながらコストの計算も出来るとても便利なアプリです。

ルームプランナー

  • 対応ОS:iOS , Android
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:あり

日本で大人気の家具メーカー「ニトリ」と「IKEA」のカタログと連動していて実際の商品でレイアウトを作ることでリアルな間取りを再現出来るのがこのアプリです。
3D対応もしており、実際に販売している家具を3Dイメージに投影できる為、この二つの家具メーカーが好きという人は、家具の購入にも役立ちます。

設計のプロが作ったイメージもありますので、参考にしながらのシミュレーションも可能です。

Floor Plan Creator

  • 対応ОS:Android
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:あり

すべて英語表記であり、はじめは戸惑うかも知れませんが、シンプルに役立つ機能が盛り込まれた非常に便利なアプリです。
3D対応もしており、画面が見やすい為、家具を置くスペースの有無など細部までしっかり確認することが出来ます。

複数にわたるフロアの確認が出来るため、家全体の間取りを確認、シミュレーションしたいときにも最適です。
シンプルに作られたアプリですので、英語表記でもあまり不便には感じないでしょう。

間取りー図

  • 対応ОS:Android
  • 3D対応:不可
  • アプリ内課金:あり

モノクロのようなシンプルな図面が特徴のアプリですが、その分無駄がなく操作に迷うことがない為、その気になればすぐに間取りを作ることが出来ます。
図面に対して家具を配置することも出来ますので、イメージもわき易く、模様替えのシミュレーションにも適しています。

無料版でもデータを作成し、保存できますが、SVC出力などは有料版がおすすめです。

間取り図を描く

  • 対応ОS:Android
  • 3D対応:不可
  • アプリ内課金:なし

各部屋の寸法が表示される為、部屋のサイズ感がイメージし易くとても便利なのがこのアプリです。
部屋の寸法を把握できることで、その部屋に合った家具の購入、逆に持っている自分の家具に適した部屋を探す際にも役立ちます。

細かい家具や観葉植物のようなインテリアも把握できるので、好みの部屋づくりに最適です。

3Dフロアプラン

  • 対応ОS:Android
  • 3D対応:可
  • アプリ内課金:あり

3D対応しているだけではなく画像も綺麗で間取りをリアルにイメージすることが出来るアプリです。
フロアや家具など、すべて3Dで表示することが出来、違う角度から間取りを確認することで家具やインテリアの配置もしっかり把握できます。

間取りを気に入った際には、画像をダウンロードすることが出来る為、更に便利です。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

間取りを決めるときにはここに注意!ポイント3つ

間取り作成アプリはゲーム感覚で楽しめるものも多く、ついつい興味本位で色々な間取りを試してみたくなりますが、やみくもに作っていても役に立たず時間の無駄になってしまいます。

ここでは、間取りを決めるときの注意点について解説します。

自分が実現したい間取りを作ってみる

間取り作成の際は、まず本当に自分が実現したい間取りを作ってみることを心がけましょう。
自分が実現したい間取りをアプリ上で作る中でも、実際にその間取りを再現するときに、再現可能なものと再現不可能なものに気づくことが出来ます。

また、「あれをやったらこれは出来なくなる」、「あの家具を置いたらこの家具を置けなくなる」など自分の中で優先順位を付けなくてはいけないことも出てきます。

無意味な作業をせずに、ことを前に進めるためにまずは、自分が作りたい間取りを再現してみましょう。

ここだけは譲れない「こだわりの場所」を選ぶ

あれもやりたい、これもやりたいでは、物理的に無理な部分が必ず出てきます。
間取りを決める時は、自分の中で譲れないポイントについても選んでおきましょう。

優先順位を付けることで、間取りを決める中で何かを諦めなければならないポイントが出てきた時に迷うことなく判断することが出来ます。

こだわりポイントは人によって様々ですので、自分がここだけは譲れない点については、事前に決めておきましょう。

困ったらプロに相談!

間取りを決める際に困った際には、まずプロに相談しましょう。
このとき間取りについてあまり詳しくない知人に聞いても根拠のない個人的な意見をもらうだけで問題は解決しません。

プロに相談することで客観的に再現性があるのか、無いのかも含めた意見や具体的な解決策をもらうことが出来ます。

確実に問題が解決するとは限りませんが、少なくとも解決に近づける為のヒントをもらえる可能性は高いので、困ったらまずはプロに相談することをおすすめします。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

まとめ

今回は、間取り作成アプリをテーマにアプリの選び方や具体的におすすめアプリの紹介もしてきました。
間取り相談アプリは、無料のものも多く、気軽に間取りをイメージ出来る為、とても便利で面白いツールです。
間取り相談アプリを利用することで自分の理想とする間取りに近づけることはもちろん、間取りについての知見も深まります。

今回紹介した内容を参考に是非、どれかアプリかをダウンロードして試してみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /