【注文住宅】間取りのシミュレーションが可能なおすすめアプリ・ソフト15戦を一挙紹介!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

家づくりの楽しみの一つと言えば、間取り作り。

とは言え、間取り作りは難しい面も多く、後悔したくないと言う気持ちから楽しい反面、悩みが多いのもまた事実です。
そこで、失敗しない理想の間取りづくりに役立つのが、間取り作成が出来るアプリやソフトなどの間取りシミュレーションツールです。

「プロにお願いする前に自分で間取りのシミュレーションがしたい」、「だいたいの間取りの想定をしたいけど、お金はかけたくない」、そのような人におすすめのツールです。

間取り作成アプリ・ソフトを使うことで、コストを抑えてまるで自分の家を想定したかのように間取りをシミュレーションすることが出来ます。
間取り作成アプリやソフトは、新築家づくりの時だけではなく、自宅のリフォーム、リノベーション、引越し、模様替えの際にも役立てることが出来ます。

そこで今回は、間取り作りを簡単にしてくれる、役立つおすすめアプリ・ソフトについてご紹介します。
間取り作りを検討している人は、是非読んで自分のお気に入りのツールを見つけて欲しいと思います。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」と、LIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

(SUUMOは工務店、LIFULL HOME'Sはハウスメーカーの情報を中心に取り寄せられます。)

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきます。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できます。

ぜひ参考にしてみてください。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、ハウスメーカーランキングについて、詳しく解説をしていきます。

意外と難しい?家づくりにおける間取り設計

「間取りなんて自分の好きなようにすればいいんじゃないの?」と思う人もいるかも知れませんが、間取り作りは意外と思い通りにならない面も多く、難しいものです。
事前の間取りシミュレーションが必要になるケースと言うのは、様々あります。
新築の注文住宅を作るとき、リフォーム、リノベーションをする時、単なる部屋の模様替えをするとき、新居に引越しをするとき、それぞれで必要な間取り作りが違います。
例えば、注文住宅の間取り作りは、1からすべて間取りを決めることが出来ますので、逆に言うとすべてに選択が必要になる為、面白い反面、時間がかかり大変です。
変わって、家のリフォーム、リノベーションをする際は、注文住宅と違って、家の躯体部分などはすでに出来ていますので、それに合わせた間取り作りをする必要があります。
リフォーム、リノベーションの際は、選択肢は少ない分、新築住宅のケースに比べて迷うことは少ないですが、逆に現況に適した間取りにする必要があり、専門性を伴います。
模様替えや、引越しの際には、部屋のサイズや間取りに合わせた家具やインテリアのレイアウトを考える必要があります。
このように、間取り作りと一口に言っても、実際に自分が行う間取り作りによって考えることもやることも変わってきます。
間取りをシミュレーションする為のアプリやソフトを選ぶ際にもこの目的によって、選ぶべきアプリ、ソフトが変わってきます。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

間取りシミュレーションが出来るアプリ・ソフトを使うメリット

間取りシミュレーションが出来るアプリ、ソフトはたくさんありますが、使う前に自分の中でメリットをはっきりさせておきましょう。
アプリやソフトを使うメリットを理解しておくことで、「アプリやソフトで一体何が出来るのか?」、「利用して実現する目的は何か」等、ツールを使うことの目的を理解することが出来、それにより自分が行うことや考えに適したアプリを選択できます。
ここでは、間取りシミュレーションツールを使うメリットについて解説します。

簡単に自分の間取りを形に出来る

やはり一番のメリットはこれでしょう。
一般的に間取り図を作るとなると、建築士をはじめとした専門家に依頼するのが基本です。
ただ、状況によっては、専門家に依頼する前に自分で大枠のイメージはつかんでおきたいと言う人もいるでしょう。
間取りシミュレーションツールを使えば、専門家に依頼するまでもなく、ゲーム感覚で簡単に色々な間取りの形を試すことが出来ます。
仮にアプリ上でシミュレーションした間取りが実現できない間取りであったとしても問題なし、むしろプラスです。
色々と試していくうちに自分の中で方向性が固まっていくため、その後の間取り作りがスムーズで、且つ自分の理想に近づけたものになる可能性が飛躍的に上がります。
間取りシミュレーションツールを利用することで、自分のやりたい間取りをどんどん形にして最終的に理想となる間取りを実現しましょう。

専門家に相談する際にイメージを伝えやすい

これもとても大きなメリットです。
自分で大体のイメージはあるけど、それを伝える為の資料なしで専門家に相談しても、イメージを分かり易く伝えることが出来ず、時間と労力の無駄遣いになってしまうかも知れません。
また、具体的なイメージ無しで専門家から間取り図を提案されたとしても、自分の理想とかけ離れたものである可能性は、言うまでもなく高くなります。
そうなると、またイメージを伝える作業に逆戻りするか、納得いかないまま提案された図面のまま進めていくしかなくなります。
はじめに、自分でシミュレーションしてイメージを資料として作っていくことで、目で見て専門家に伝えることが出来る為、資料がないケースと比べてスタート地点がかなり違ってきます。

複数の間取りを候補として作成できる

シミュレーションした上で、作成する間取りは何も一つである必要はありません。
複数の間取りを候補として作っておいて、専門家へ相談する、家族へ相談するのもとても効率的で効果的な方法です。
例えば、専門家へ相談する際、複数の中から「これは実現できるけど、これは建物の構造上できない」と選別してもらうことが出来ます。
候補がいくつかあった方が、家族への相談もしやすく、色々と話し合うのも楽しい時間になります。
専門家に複数候補をもらうのは、その分時間もコストもかかりますので、予め自分でシミュレーションしてコストを抑えて作成出来るのは、アプリやソフトを使う魅力です。

圧倒的にコストが安い

アプリやソフトの中には、無料のものも多く、専門家に依頼する場合と比べて、圧倒的にコストを抑えることが出来ます。
仮に有料ツールであったとしても課金制になっていることが多い為、必要な分だけのコストで抑えることが出来ます。
コストを抑えて、間取り作りのイメージができ、且つ自分の知識にもなる為、いろいろな面でかなりコスパが良いと考えてよいでしょう。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

間取りシミュレーションにおすすめのアプリ・ソフト15選

ここでは、間取りシミュレーションでおすすめしたいアプリ・ソフトを合計15選ご紹介します。
アプリやソフトはこれだけというわけではなく、他にもまだまだ存在しますが、より使いやすく便利なものをご紹介します。
是非、参考にしてください。

間取りシミュレーションにおすすめ、アプリ型7選

まず、おすすめアプリ7選の紹介です。
アプリについては、対応しているОS3D対応の有無有料・無料のいずれかについても確認しましょう。

再現間取りメーカー

  • 対応ОS:iOS、Android
  • 3D:無
  • 料金:無料

400種類以上の家具や文字を使った自由な間取りシミュレーションが簡単にできる初心者には嬉しい無料アプリです。

家具や文字の種類が多い分、自由なカスタマイズが可能でゲーム感覚で色々な間取り作りが出来ます。
3D対応はしていませんが、バリエーション豊かな間取りを簡単に楽しく作ることが出来ますので、間取りシミュレーションのアプリを使ったことがない人にもおすすめです。

Planner 5D インテリアデザイン

  • 対応ОS:iOS、Android
  • 3D:無
  • 料金:有料(アプリ内課金)

3D対応が可能でCGを使った本格的でリアルな間取りシミュレーションが出来るのがこのアプリ。
本格的でありながら使い方はとても簡単、既成の部屋に家具を配置していくだけの簡単且つシンプルな方法でシミュレーションが出来ます。

VRモードを使って完成イメージをグルっと360度確認することも可能である為、よりイメージがしやすくなります。

既成の部屋を取り込むのが面倒という人はサンプルの部屋を自分でカスタムすることも出来ますので、汎用性も高い優秀なアプリです。

Home Design 3D

  • 対応ОS:iOS、Android
  • 3D:無
  • 料金:有料(アプリ内課金)

家具のバリエーションが豊富で、実際の間取りとの再現性が高いことに加え、3D映像にも対応しているのがこのアプリです。

3D対応と家具などのアイテムバリエーションの豊富さにより、よりリアルでイメージし易いシミュレーションが可能です。

マイホームの間取り作りやインテリアのレイアウト、引越しの事前準備には特に最適なアプリです。

magicplan

  • 対応ОS:iOS、Android
  • 3D:有
  • 料金:有料(アプリ内課金)

このアプリは、スキャン機能がついており、部屋の角や端に合わせてカメラ撮影するとアプリで自動スキャンされ、間取り図が作成されます。
手元に部屋の間取り図面がない際にはとても便利なアプリです。

3Dにも対応している為、後で間取りや家具の配置を自由に微調整することが出来ます。
作成した間取り図面で概算の予算まで算出することが出来、コスト管理まで行うことが出来る賢くて便利なアプリです。

ルームプランナー

  • 対応ОS:iOS、Android
  • 3D:有
  • 料金:有料(アプリ内課金)

みんな大好き2大家具メーカー「ニトリ」と「IKEA」の家具をそのまま間取りシミュレーションに取り入れたのがこのアプリです。
アプリが「ニトリ」と「IKEA」のカタログと連動しており、実際の商品をレイアウトすることで間取り設計が出来ます。

言うまでもなく、この2大ブランドでいつも家具を買う人は、引越しや模様替えで間取りシミュレーションをするのであれば、このアプリだけですべて完成します。
家具の購入に役立つ点も嬉しいですね。

プロが作った間取りイメージもありますので、参考にしながらシミュレーションすることも可能です。

間取り図を描く

  • 対応ОS:Android
  • 3D:無
  • 料金:無料

部屋の寸法がアプリ内で確認でき、部屋の寸法に合わせた家具のレイアウトを考える際などよりリアルなイメージが出来るのがこのアプリです。
部屋の寸法が分かることで、家具の購入にも役立ちますので、新しい家に引っ越すケースでは全般的に使える便利アプリです。

細かい家具から観葉植物のようなインテリアまで配置することが出来ますので、理想の間取り作りがきっと見つかるでしょう。

3D対応はしていませんが、無料で利用できるので、とりあえず気軽に間取りをイメージしたいときにもぴったりです。

間取りー図

  • 対応ОS:Android
  • 3D:無
  • 料金:有料(アプリ内課金)

モノクロのようなシンプルな図面が特徴で、操作に迷うことがない為、無駄がなく、その気になればすぐに間取りを作ることが出来ます。

どこか質素に感じるアプリですが、家具の配置も出来、レイアウトのイメージも出来る為、部屋の模様替えの簡単なシミュレーションに適しています。
無料版でもデータの作成、保存ができますが、SVC出力などをする際には有料版がおすすめです。

間取りシミュレーションにおすすめソフト8選

ここでは、間取りシミュレーションにおすすめのソフトについてご紹介します。
間取りシミュレーションソフトは、パソコンでダウンローンすることで利用することが出来ます
基本的には、すべて無料で使えるソフトをご紹介しますが、機能を追加することで有料になる場合もありますので、利用時には注意してください。

ソフトには、WindowsとMacで利用できないものもありますので、そちらの記載も合わせて確認してください。

Sweet Home 3D

  • 対応PC:Windows、Mac
  • 3D:有

2Dで作成した平面の間取り図面の上に好きな家具を配置し、3Dグラフィックにより立体的且つリアルにイメージ、シミュレーションすることが出来ます。
家具は、リビング、キッチン、寝室、バスルーム等、カテゴリ別に分類されていますので、自由に追加することが出来ます。

使い方は、ソフトでダウンロードすることも出来ますが、ブラウザ上でそのまま開いて利用することも出来ます。

せっけい倶楽部

  • 対応PC:Windows
  • 3D:有

せっけい倶楽部の良いところは、何といっても操作が簡単なところです。
まず、操作のマニュアルがしっかりしている為、はじめて操作する人でも迷うことなく進めることが出来ます。
操作自体も、壁や窓、柱、ドアなど部屋の中のパーツをパズルのように並べていくだけというシンプルなものです。
各パーツや素材の種類も豊富であり、3D対応もしている為、自分の部屋と照らし合わせたときに再現性が高く、非常にイメージしやすい間取り作りが出来ます。

無料のフリーソフトの中では、最も高機能なソフトと言われるほど、機能的であり多くの人に利用されています。

e-house版せっけい倶楽部

  • 対応PC:Windows
  • 3D:有

用意されたアイテムをマウスで動かすだけで間取りが作れる簡単ソフトがこちら。
1,000種類を超える豊富なデータから内装と外装を選択し、間取りをデザインします。
3Dを使った立体表示にも対応していますので、よりリアルなシミュレーションが可能です。

イエスマイハウス

  • 対応PC:Windows
  • 3D:有

方眼(マス目)がある為、部屋のサイズ感、寸法が分かり易く、家具やインテリアのレイアウトをシミュレーションする際に便利なソフトです。
クリックボタン一つで用意に3Dの立体モデルが表示でき、珍しい機能としては風水診断機能まで付いています。

部屋を考える際に風水を気にする人は、引っ越す部屋が決まっていれば、このソフトで確認することが出来ます。

マイホームクラウド

  • 対応PC:Mac、Windows
  • 3D:有

ネット環境につながっていれば、Mac、Windowsなどパソコンだけではなく、スマホやiPadでも利用できるのがこのソフト。
間取りのサンプルデータは、1,000を超える数があり、家具や設備等のアイテムも豊富ですべて無料で利用出来ます。

操作についてもとても簡単であり、間取りのサンプルや家具などのアイテム、3Dと2Dの画面切り替えなど基本的な機能がブラウザ上で使えます。

Excel DE 間取り図

  • 対応PC:エクセルが使えるPC
  • 3D:無

皆さんご存じ、様々な表計算が出来るオフィスワークには欠かせない存在、エクセルを使った間取り作成ソフトです。
使い方はとても簡単、素材やパーツがそろっている為、ドラッグで配置するだけで間取りを作ることが出来ます。

印刷するにも便利であり、JPEGファイルの印刷も可能です。

DreamPlan ホームデザインソフト

  • 対応PC:Mac、Windows
  • 3D:有

屋内の間取りだけではなく、外構や庭のデザインまで出来る優れものがこのアプリです。
3Dにも対応しており、様々な角度から間取りをチェックすることが出来ます。

家具などのアイテム、床や壁等のデザインをカスタムできるので、デザイン好きの人にはたまらないアプリでしょう。
図面トレース機能を利用すれば、簡単に家全体の図面を作成できます。

FingerPlan

  • 対応PC:Windows、iPad
  • 3D:有

パソコンだけではなくiPadを使って手軽に間取りシミュレーションが出来るのがこのアプリです。
間取りにテンプレートがある為、知識がないはじめて間取りを作る人でもすぐに間取り作りが出来ます。
家具や設備などのアイテムも豊富にあり、3D対応もしている為、色々なシミュレーションを試すことが出来ます。
色の変換も自由に出来る為、カラー提案をするのも短時間で簡単に出来ます。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

最終的に形が出来たら専門的なプロに相談

間取りシミュレーションのアプリ、ソフトを使えば気軽に間取りのシミュレーションが出来ると共に、様々なバリエーションの間取りを試して楽しむことも出来ます。

ただ、アプリやソフトを使ったシミュレーションがそのまま実際の間取りに再現できるかと言うとまた別の話です。
自分の理想とする間取りがアプリ上で出来たとしても、建物の素材や構造上再現が出来ない、コストが合わないなどの理由で実現できない場合もあります。

よって、最終的には、間取りのプロである専門家に相談するのが一番です。

専門家に相談すれば、自分がシミュレーションした間取りを客観的に見て具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。
もちろん、専門家によっては自分と相性が悪い場合もありますが、その場合には、アドバイザーを変更して、自分に寄り添って考えてくれる専門家に相談しましょう。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

まとめ

今回は、間取り作りを簡単にしてくれる間取りシミュレーションアプリ・ソフトについて紹介、解説をしました。
お気に入りのツールは見つかりましたでしょうか?
アプリやソフトを使った間取りシミュレーションは、専門家に依頼する前段階として自分の理想のイメージをつかむためにとても有効な手段です。

アプリやソフトによって機能は様々ですので、自分のやりたいシミュレーションが出来るものを見つけて理想の間取りに近づける良いツールにしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /