不動産業者に頼むときは大手?地元?どちらがベスト?それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介

マンションを売却するには、不動産会社に仲介を依頼することが一般的です。

そして、どの不動産会社に仲介を依頼するかが大きな問題となります。

組織力のある大手不動産業者か、地元に精通している不動産業者か。

どちらも売却に有利な点もあれば弱点も持っています。

どのような視点で不動産業者を選ぶべきか、その問題について考えていきましょう。

また、2021年は不動産価格が高止まりしており、高値で売却できる良い市況が続いています。

今のタイミングを狙って不動産を売却しようと考えている人も多いと思うのですが、売却時に絶対にやってはいけないことを知っていますか?

それは、「1~2社程度の不動産会社にだけ、査定を依頼すること」

一般的な商品とは異なり、不動産には決まった価格がありません。査定を依頼した不動産会社によって500万円以上査定額が違うこともあります。

もしあなたが1~2社にだけ不動産査定を依頼して適正価格より低い査定額が提示された場合、本来売れるはずだった金額よりも数百万円安く売りに出してしまう可能性があります。

具体的な事例を挙げてみましょう。あなたが売却予定の不動産の本来の適正価格が「3,000万円」だったとします。

たまたま査定に出した2社の不動産会社の査定額が「2,700万円」と「2,650万円」だった場合、あなたはどう思うでしょう?

適正価格を知らないあなたは、

「なるほど。プロが言うのだから、2,700万円ほどが妥当なのだろう。」

と判断し、2,700万円前後で売りに出すでしょう。

本来であれば3,000万円でも売れた物件を、300万円も安い金額で手放してしまったわけです。高級な車が買えるほどの大金をドブに捨ててしまったわけですね。

「適正価格で売り出すことが大切なのはわかったけど、どうやって適正価格を調べることができるの?」

と疑問に思われますよね。不動産の適正価格を把握する方法は、ずばり「6社以上の不動産会社に査定を依頼すること」です。

1~2社では査定額が偏ってしまうリスクがありますが、6社以上に査定を依頼することで、査定額の偏りを避けて適正価格を把握しやすくなります。

昨今では、条件にあった不動産会社にまとめて見積もりを依頼できる「一括査定サイト」が増えていますが、中でもおすすめなのが大手が運営する下記の3サイトです。

HOME4U(NTTデータグループ)

東証一部上場企業「NTTデータグループ」が運営。全国で厳選された1,500社に査定を依頼できる。全国的に不動産会社と提携しているのでバランスがいい。

すまいValue(大手6社が運営)

東急リバブル、住友不動産、三井のリハウス、小田急不動産、野村の仲介+、三菱地所ハウスネットなどの大手にまとめて査定を依頼できる唯一の一括査定サイト。都心部の不動産査定におすすめ。

イエウール(JASDAQ上場)

JASDAQスタンダード市場上場の「Speee」が運営。チャット形式で査定を依頼できるため、操作方法がかんたんでわかりやすいのが特徴。地方の不動産会社とも豊富に提携している。

当サイトのイチオシは「HOME4U」ですが、HOME4Uだけに査定を依頼すると、査定可能な会社が数社しか出てこない場合があります。

そのため、

といったように、エリアごとに2つの一括査定を併用してみてください。2社を活用することで、確実に適正価格を把握することができますよ。

どの一括査定サイトも上場企業が運営しているため安心ですし、厳選された不動産会社のみと提携しているので悪徳業者に依頼してしまうリスクを回避できます。

査定を依頼したからといって無理な営業などもなく完全に無料で利用できるので、不動産売却で数百万円損しないためにも、ぜひ活用してみて下さい。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

大手と地元の不動産会社はどっちが良い?

不動産を売却しようとする時にまず最初におこなうことは不動産会社選びです。

いざ不動産会社を選ぼうと思うと、よく聞く大手の不動産会社、町でおなじみの不動産会社と様々な会社を思い浮かべることになります。

売却の成功の鍵を握るのは不動産会社選び

自分の家を売却するときに成功の鍵を握るポイントはいくつかあります。

その中で一番の鍵となるポイントは、不動産会社選びです。

不動産会社は当然ながら不動産売買のプロであり、この選択を誤ると売却も失敗します。

例えば一戸建ての自宅を売却しようとしたときに、マンション売買に強い不動産会社に依頼しても思うように売れません。

自分の家を売却するために適した不動産会社を選択する必要があります。

大手不動産会社と地元不動産会社では特色が違う

大手と地元の不動産会社では、その特色が違います。

大手は広範囲エリアに複数の店舗を持つため、たくさんの顧客情報を持っており、販売力・宣伝力が強いことが強みです。

一方、地元の不動産会社はそのエリアの情報に精通しており、顧客一人一人のニーズに応じた柔軟な対応力が魅力です。

それぞれメリットとデメリットがあるため、その特徴をよく理解した上で選択することが大切です。

大手不動産業者5つの特徴とメリット・デメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手不動産業者のCMはテレビ、インターネットなどのあらゆる媒体で毎日のように流れています。

10億円を超えるような資本金や1兆円以上の売上も大手不動産業者ならではものです。

大手不動産業者の特徴について詳しく解説していきます。

組織力に優れる大手不動産業者の特徴についてみていきましょう。

1.情報量、顧客数が多い

まずは圧倒的な情報量です。

大手不動産業者は全国の主な都市に支店網を張り巡らせています。

物件情報の蓄積は相当なものです。

さらに大手不動産業者同士は物件情報の融通も行っていることから、中小の不動産業者と比べて情報量は卓越しています。

それに加えて顧客も多数です。

聞いたこともない会社に依頼するよりも、名前の知っている不動産業者に依頼した方が安心と考える方も多いでしょう。

こうした理由もあり、有名な不動産業者ほど顧客が多くなるのです。

2.宣伝力、売却力が高い

大手不動産業者のコマーシャルや広告は、テレビコマーシャル、ネット広告から駅の看板、折り込みチラシまで見ない日はありません。

これは知名度を上げることで安心感と信頼性を高めているのです。

高額な資産であるマンションの売却を任せるのに、聞いたことのない不動産業者では不安に感じる人もいます。

こうした人たちを取り込むためにも多額の広告宣伝費をかけているのです。

3.サービスが充実

大手不動産業者はサービスも充実しています。

営業所にはキッズスペースや子ども向けDVDも完備。

ノベルティも多くあります。

こうしたサービスだけでなく、豊富な情報力を駆使した価格査定書なども多彩です。

多くの顧客からの要望を反映したり顧客満足度を高める努力を行った結果、大手不動産業者のサービスはあらゆる面で徹底しています。

4.マンションの売却・販売元は強い

大手不動産業者は自分の会社やグループでマンションを建設、そのマンションを自ら販売しているケースも多くあります。

自社や自社グループで建設や販売をしているならそのマンションに関する情報は豊富です。

自社マンションへの引き合いを知っている場合もあります。

このようにマンションの販売元である場合には、自身が販売したマンションには強みがあるのです。

欲しいマンションのシリーズや場所が決まっていれば、そのマンションの販売元に問い合わせることもよく行われています。

5.営業店舗が遠方の場合も

メリットが多い一方で注意点もあります。

大手不動産業者は全国の支店網を持っているものの、地方の小都市まで網羅しているわけではありません。

せいぜい県庁所在地や地方の主要都市までです。

売却しようとしているマンションがこれらの支店や営業所から遠いと、なかなか売却も難しくなります。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

地元不動産業者4つの特徴とメリット・デメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の不動産業者は文字通り地元に密着して活動している不動産業者です。

資本力や情報量は大手不動産業者ほどではありませんが、独自のネットワークを駆使して営業を続けています。

地元不動産業者に考えられる主な特徴は次の4点です。

順に詳しく説明します。

1.地元に精通している

地元での情報が地元不動産業者の生命線です。

このため、大手不動産業者が入ってこないような地元商工会や商店街といった会合などにも顔を出す場合もあります。

こうした場所で地元での顔つなぎと情報収集をしているのです。

昔ながらの付き合い方もしながら、これらの情報を営業に活かしています。

2.柔軟性は高い

大手不動産業者は大きな組織で仕事をしているため、融通が利かない面もあります。

これとは対照的に、地元不動産業者は組織が小さいことから段取りにも柔軟性が生まれるのです。

例えば、決裁にしても大手不動産業者は多くの部署に回すことから時間がかかります。

地元不動産業者はこうした点でもうまく調整してくれることがあるのです。

3.売却の力量にばらつきがある

地元不動産業者とひとくちに言っても、地元では大きな不動産業者から一人で営業している零細業者までさまざまです。

当然その能力にはばらつきがあります。

大手不動産業者のように社員教育が行き届いている業者もあれば、教育をしていない業者もあるのです。

このため、書類の作成能力や情報収集能力は業者により違いが発生しています。

4.認知度が低い

地元不動産業者は大手不動産業者と比べると認知度は高くありません。

地元では知る人ぞ知る不動産業者というのはあるものの、全国的な知名度では大手不動産業者に軍配が上がります。

買主も売主もあまり知らない不動産業者に仕事を任せるのは不安です。

認知度の低さが地元不動産業者にとってハンデキャップになっている場合もあります。

大手業者か地元業者か?住まいタイプ別に見た最適な依頼先

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報量と宣伝力の大手不動産業者。

それに対して地元不動産業者の武器は地元に精通ししていることです。

こうしたことを踏まえ、場所ごとに大手不動産業者と地元不動産業者のどちらが有利なのかを考えてみます。

新興住宅地や新規に開発された団地の売却

新興住宅地には、マンションだけでなく戸建住宅やアパートも建ち並んでいます。

こうした大規模な新興住宅地には多くの不動産業者が介在するもの。

そのため大規模開発地では大手不動産業者がやや有利です。

開発段階から大手不動産業者が絡んでいる場合もあるからです。

また、マンション以外の住宅も開発している可能性もあります。

こうした点から、より早い段階から関係が持てる大手不動産業者に軍配があがります。

旧来の住宅地の売却

旧来の市街地に開発されるマンションは、高さ制限や容積率制限にもかかることから小規模なものが多くなります。

場所にもよりますが、マンションの建設や販売も大手不動産業者よりも中小のデベロッパーが行っていることも多いのです。

小規模なマンションは、より地元に精通している地元不動産業者が有利になります。

売り出し情報や価格水準を的確に把握することもできるからです。

東京23区内や大都市の都心部の売却

東京23区内や大都市の中心部では大規模なマンションも開発されています。

こうした場所は大手不動産業者の独壇場です。

マンションも大規模になるほど、大手不動産業者やその関連会社が関係してきます。

港区に建ち並ぶ巨大なタワーマンションが好例です。

あのほとんどは名の知れた大手不動産業者が手掛けています。

都心部は大手不動産業者の主戦場なのです。

郊外、地方都市の売却

都心部とは反対の、少し利便性が劣るような郊外や地方都市にあるようなマンションは地元不動産業者のほうが強くなります。

大手不動産業者の営業拠点からは遠方です。

また、こうしたマンションは価格も安くなります。

最悪の場合、仲介を引き受けてくれないことも。

大手不動産業者がやりたがらない立地は地元不動産業者が強くなるのです。

築年数が古い住宅の売却

築年数が古い物件の場合は、地元の不動産業者のほうがおすすめです。

築年数が古い住宅の場合は、あまり利益が出ないため大手はあまり取扱いたがりません。

地元の不動産業者であれば、ニーズに合った顧客を探してきてくれる可能性も高くなります。

地域の特性を活かして柔軟に対応してくれます。

人気物件の売却

最新設備がそろっている、立地が良い、ブランド力があるような人気物件の場合は、大手不動産業者が有利です。

このような物件は熱心な営業活動をせずとも顧客が集まるため、業者にとってはより高い利益を得ることができます。

たくさんの顧客を抱えている大手不動産業者に任せることで、たくさんの買主候補があらわれやすいのです。

人気物件を探している購買層は、主に30代~40代です。

この世代はインターネットを通じて物件を探すことが主流ですから大手不動産業者に流れやすいという事情もあります。

不動産業者を選ぶときに一番重要なポイント4つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手不動産業者、地元不動産業者ともに一長一短あることが分かりました。

しかし、一概に「大手だから」「地元だから」という理由だけで不動産業者を選ぶことは少々早計です。

大手不動産業者だから必ずマンションを売ってくれるわけではありません。

地元ならでの営業力でマンションを仲介してくれることもあります。

ここで検討するのは依頼する不動産業者を決定するための条件についてです。

不動産業者の規模ではなく、その能力で選ぶことが一番大切です。

不動産業者の選択の決め手は以下の4点です。

それぞれ見ていきましょう。

1.遠方でないこと

マンションがその不動産業者の営業所から離れていると、仕事がやりにくくなります。

現地での調査や内覧の立ち合いをするたびに営業所から担当者が出向くことになり、時間と手間がかかるからです。

南北に長い、東西に長い都道府県もあります。

こうした場所では同じ都道府県でも地域性が異なるものです。

あまりに遠方な営業拠点しかない不動産業者は敬遠すべきでしょう。

2.専門性があること

マンションは戸建住宅と同じ居住用不動産です。

とはいえ、その法律関係や必要となる諸経費等は戸建て住宅とは大きく異なります。

このことを熟知していないと取引上の思わぬ落とし穴に陥ることも。

宅建士の資格を持っていなくても不動産会社で働くことは可能なため、宅建士ではない人が担当者になることもあります。

中には資格よりも経験重視を謳う業者もあります。

しかし、多くの不動産業者を比較する中で資格は客観的な視点ではかれる唯一の物差しとなりますし、専門性を有しているという証にもなります。

専門性を有しない不動産業者に依頼すると思わぬ時間や手間がかかってしまうこともあります。

また、経験がモノを言う不動産業界では業者免許の更新回数でも評価されます。

不動産業者には業者番号があり、都道府県名の後のカッコ書きは免許の更新回数です。

例えば東京都(3)00000であれば、3回目の更新をしたことを表しています。

これはひとつの目安ですが、経験が豊富なことに越したことはありません。

4.最初の売却依頼は複数の業者に頼んでもよい

多くの人は信頼できる不動産業者を知りません。

今はネットで不動産業者を探すこともできます。

探すことはできても、信頼できる不動産業者を選ぶことは難しいことです。

最初は少々面倒でも、複数の不動産業者に査定や仲介を依頼してもよいでしょう。

しばらくしてから少数の不動産業者に任せればよいのです。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

まとめ

このように見てみると、大手不動産業者と地元不動産業者ではきちんと住み分けができていることがわかります。

都心部や大型物件では大手不動産業者が、郊外や小規模マンションでは地元不動産業者がそれぞれ得意なのです。

これから売却を考える場合、どちらに依頼すべきかの重要な指針となります。

また不動産業者を選ぶときに一番大切なことは、大手・地元に関わらず自分に合った信頼できる業者を選ぶことができるかどうか、という点です。

自分のマンションの利便性や立地を理解し、適切な不動産業者に依頼するようにしましょう。

HOME4Uで無料一括査定(全国OK)⇒

イエウールで無料一括査定(地方の人向け)⇒

すまいValueで無料一括査定(都心部の人向け)⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\失敗しない不動産売却のために!/
HOME4Uで売却価格を一括査定!