MBCハウスの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

注文住宅は、ハウスメーカーによってもとらえ方が違いますが、規格住宅といったコンセプトというベースがあって、そこから間取りやデザインをお客様の要望に合わせて考えていく住まい、一から自由に間取りやデザインをプランニングする住まいがあります。

どちらもそれぞれメリットがあり、両方を取り扱っているハウスメーカーもあります。

注文住宅を作るときに、大切なのが自分たちにあったハウルメーカーを選ぶこと。

ハウスメーカーは全国に支店をもって、施工エリアを広げている大手のメーカー。

地元限定の施工エリアで、その地域に密着した住まいづくり、気候や風土に合った注文住宅を作っているハウスメーカーがあります。

鹿児島県にあるハウスメーカー「MBCハウス」も、鹿児島県の気候に合わせたパッシブデザインを提案している、地元密着のハウスメーカー。

ここでは、MBCハウスの住まいづくりの特徴、性能、坪単価、アフターサービスなど詳しく調べましたので、ハウスメーカー選びの参考にしてください。

また解説に入る前に、「家づくりを失敗させない為に1番重要なこと」をお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに3、4社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

カタログ集めでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会えるでしょう。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

MBCハウスで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MBCハウスはどんな特徴があるのかを知るためには、口コミを参考にするのもおすすめです。

実際にMBCハウスで注文住宅を建てた方のリアルな声を聴くことができます。

MBCハウスのリアルな悪い評判・口コミ

標準仕様でもクオリティが高いと思いますが、いくつか選べるといいなぁと思いました。屋根材が1種類のみとか少ないので、他の材料を使いたい場合はオプション価格になって、高くなります。グレードアップしたい箇所が何か所か合って、オプションにしたら考えていた予算よりもかなり高くなってしまいました。

あまりカラーが強くないハウスメーカーだと思いました。自分たちのこだわりを持っていると、希望通りの住まいを建ててくれると思います。これといった特徴が見当たらなくて、私たちは無難な家になりました。もう少しデザインとかこだわればよかったなぁと、今更ながら思いました。

MBCハウスのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

持ち家が古く隙間風がひどく、特に冬の寒さが耐えられない状態だったので、新しく立て直しをしようと思い、ハウスメーカーを探していました。ハウスメーカーの候補は5~6社あったので、比較検討して決めたのが、MBCハウスです。鹿児島での長い実績、鹿児島の気候と風土に合わせた住まい、そして営業担当の方がとても親身になって対応してくれたので、お願いすることにしました。要望はやっぱり冬が暖かくて住みやすい住まいです。MBCハウスさんの考える住まいは、断熱性、気密性が高くて、自然を住まいに取り入れるパッシブデザイン。この二つの組み合わせで、1年を通して快適で住みやすい住まいが完成。実際に住んでみると、今までの家との違いを大きく感じます。エアコンをあまり使わなくても快適な温度ですし、光熱費が安くなりました。

ライオン先生

マイホームを建てようと思ったのは、子供が生まれたのがきっかけで、せっかくなら自分たちだけのオリジナルの住まいを作りたいと思い、注文住宅にしようと考えました。MBCハウスさんは、鹿児島のメーカーで鹿児島の気候にあった住まいづくりをしていて、実績も多いので決定。モデルハウスの吹き抜けの開放的なデザインもすごくよかったですね。デザインもこだわり、素材、外観、内装、インテリアなど私たちだけのマイホームになったと思います。マイホームは性能も素晴らしく、外の音が聞こえない遮音性の高さ、冬でも寒さをあまり感じず、家の中でリラックスすることができています。夏も、外がものすごく熱いときにも、家の中に入るとひんやりとするのがいいですね。換気システムも搭載したので、部屋の中の空気がとてもクリーンで助かっています。

ライオン先生

土地探しから始めたのですが、結果的には土地探しも、住まいもMBCハウスさんにお願いしました。条件にあった土地を持っていたのがMBCハウスの関連会社のMBC不動産。そこで、いろいろ話を聞いて、モデルハウスを見学して、建物もMBCさんにお願いしようということになりました。打合せもとてもスムーズに行うことができましたし、モデルハウスを見たときにこんな家にしたかったので、建てるときはあのモデルハウスのようにしたいと、要望がしやすかったですね。仕事が忙しくて、なかなか時間が取れなかった私たちに、打ち合わせの回数を少なくしてくれて、でも限られた時間の中でかなり濃密な打ち合わせができたのではないでしょうか。納得のいく住まいづくりができたのは、MBCハウスさんのおかげです。

ライオン先生

おすすめされたパッシブデザインは、最初説明されてもその効果をあまりわかることができなかったのですが、実際に住んでみるととても過ごしやすい温度なので効果を実感。夏は暑い日差しを遮り、冬は暖かい日差しを取り込む、風通しの良さ。住んでみると自然を取り込むのがすごく快適なのがわかりますし、エアコンの効果も上がります。断熱性能、気密性能も高いと思いますが、プラスパッシブデザインを行うことで、これほど快適な住まいになるのですね。デザインもナチュラルな自然素材を使って、とても落ち着きます。間取りや動線、収納もいろいろアドバイスをいただいて、効率的に家事ができる動線、そしてあるべきところに適した大きさの収納があることが嬉しいです。マイホームに暮らして1年経ちましたが、こうすればよかったという不満がほとんどないのがすごいですね。

ライオン先生

MBCハウスで二世帯住宅を建てました。もともといつかは二世帯住宅にしたいと思っていたので、モデルハウスをいろいろ見学していたのですが、価格、デザイン、性能などすべてのバランスが良かったのがMBCハウスさんでした。後は、営業担当の対応が良かったので、相談しやすかったのも決めた理由の一つ。以前の家は隙間風がひどくて、冬は寒くてしょうがなかったので、断熱性が高くて部屋の温度がどこの部屋でも変わらない住まいを希望。今の家はもちろん隙間風などなくとても快適、エアコンの風が苦手なので、エアコンに頼らない生活というのはいいですね。すごく快適に過ごすことができています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

MBCハウスの特徴を項目ごとに紹介!

MBCハウスの特徴は、いろいろな項目を知って、バランスを見ることが大切。

自分たちにあったハウスメーカーなのか知るためにも、項目ごとに特徴をまとめました。

価格帯・坪単価

坪単価:50万円前後

33坪1,650万円

デザイン性

MBCハウスは自由設計の住まいづくりを行っていますので、お客様の好み、要望のデザインを建てることができます。

また、自然を取り込んで、自然のエネルギーと共生するパッシブデザインの住まいを提案しているMBCハウス。

窓日の光を取り込んだ暖かい日差しを感じる冬の季節と、夏の強い日差しを遮る窓の設計。

風とおしを考えた吹き抜けなど、住まいの外観デザインだけではなく、効率的に自然を取り込むデザインを提案しています。

耐震性

近年は日本のどこにいても地震の心配があり、それは鹿児島でも同じ、気になる地震が増えてきました。

MBCハウスでは、地震に強い住まいを耐震+制振だと考えて、住まいづくりを行っています。

耐震部分では、耐震等級が最高ランクの3を標準で取得。

制振性については、住宅用制震ダンパー「MAMORY(マモリー)」を標準採用。

特殊なゴムの力で、地震の揺れを吸収し低減する効果があります。

地震による揺れを89%抑えて構造体が倒壊するのを防ぎ、何度も起こる余震にも対応。

ゴムは60年間劣化がほとんどなく、交換のメンテナンスも不要です。

断熱性・気密性

高気密・高断熱の住まいは、快適な住まいを作ります。

それはわかっていますが、気密性、断熱性は目に見えないものなので、ハウスメーカーによって比較することが難しいと思う方も多いですよね。

そこで、気密性、断熱性を比較するのに有効なのがC値とUA値です。

C値は、隙間面積をあらわし、UA値は外皮平均熱貫流率をあらわします。

MBCハウスのUA値は0.46、これは国内で最も厳しい基準の北海道の基準値もクリアしています。

C値は、0.5以下に設定し、これも快適な住まいと言われている1.0以下よりもさらに厳しい基準です。

この断熱性、気密性の高さプラス、パッシブデザインという快適な住まいを、実現しています。

エアコンを使わなくても快適な温度をキープする住まいです。

保証・アフターサポート

地元のメーカーならではのフットワークの軽さ、手厚いアフターサービスを実施しています。

6か月、1年、2年、5年、10年と5回の無償点検を実施。

アフターメンテナンスは、加須多くの建築現場を経験したプロが実施します。

最大20年間にわたる住まいの保証も用意しています。

また、住まいのお手入れ方法、トラブルなどがありましたら相談してください。

迅速に対応しています。

工期

4か月~5か月

※建物の大きさや建築条件によっても変わります。

構造・工法

木造軸組工法

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

MBCハウスをおすすめしたい人はこんな人!

特徴やリアルな口コミを見て、MBCハウスがどんなハウスメーカーなのかがわかってきましたね。

ハウスメーカー選びは自分たちにあった会社を選ぶのが大切。

MBCハウスはどんな人に合っているのか、おすすめしたい人を紹介します。

鹿児島の地域にあった住まいを建てたい方

MBCハウスは、鹿児島で40年以上4,000組を超える家族の住まいづくりを行ってきたハウスメーカーです。

住まいづくりの一番の特徴は、鹿児島の式に寄り添う住まい。

断熱性、気密性を上げるだけではなく鹿児島の自然を取り込んだ住まいづくりを行っています。

同じ鹿児島県であっても、鹿児島市、霧島市では太陽のあたる方向、風の通りが全く違います。

そして、同じ市内であっても異なりますので、しっかり地盤調査を行い、専用のシミュレーションソフトを使用して快適な暮らしを実現させます。

住まいの空気環境にこだわりたい方

MBCハウスでは独自のハイブリッド換気システム「澄麗」を採用しています。

高性能フィルターを採用して、外のきれいな空気を取り込み、循環させる装置。

24時間全熱交換型換気システムにより、外の空気を適度な温度にして家の中に取り込み、快適な室温と快適な空気を両立させています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

MBCハウスで注文住宅を建てる時の13のステップ

MBCハウスで注文住宅を作るためには、何から始めるのか、どんな流れなのかを具体的に紹介します。

①資金計画

マイホームを建てると決めたときに、どんな家にするのかをイメージ。

そして資金計画についても家族で話し合って決めます。

ハウスメーカーでは、資金計画について相談にのってくれますし、勉強会を開いているところも多いので、どれくらいの資金がかかるのかなど相談するといいでしょう。

②モデルハウス見学

住まいのイメージが固まったら、夢のマイホームを実現してくれるところはどこか、ハウスメーカーを決めます。

ハウスメーカーがどんな住まいづくりをするのかを知るには実際に建てたモデルハウスを見るのが一番わかります。

モデルハウスの見学をして、ハウスメーカーが自分にあっているのか、営業の対応を見て決めましょう。

③ヒアリング

ハウスメーカーを決めたならどんな住まいがいいのか、要望、夢を担当の方に聞いてもらいます。

お客様に適したプランを書くためにも、できるだけ細かい部分も伝えておきましょう。

④敷地調査

土地探しから行う場合には、MBCハウスでも探してくれます。

マイホームが建つ土地の調査を行います。

土地の広さや高低差、そして敷地の特徴、法令規制などの確認、日差しのあたり方、風通しなど土地の癖もチェックします。

また、周辺環境、隣家の状況も確認して、窓の設計などの参考にします。

⑤プラン提案

敷地調査の結果、そしてお客様の要望を盛り込んで、ファーストプランを提案します。

もちろんこのプランで決まりではなく、ここからいろいろ修正などをしてプランを固めていきます。

⑥見積もり

プランがだいたい固まったところで、見積もりの提案を行います。

⑦契約

プランと見積もりの内容をしっかりと確認し、納得がいきましたら契約となります。

⑧地鎮祭

地鎮祭は、これから家を建てる土地の神様に、工事が安全に行われ無事に終わるようにお願いします。

⑨着工

いよいよ着工、基礎工事から始めます。

⑩上棟

柱、梁の骨組みが完成して、屋根を作ったら

⑪竣工

完成したら検査を行います。

図面にそって法令規則通りに作られているのかをチェック。

最終的にはお客様立ち合いのもとで、不具合がないかなどのチェックを行います。

⑫引渡

鍵の引き渡しは行われ、お客様に新居が引き渡しされます。

⑬アフターサービス

住まいは建てて終わりではありません。

住んでからふぁハウスメーカーとの本当のお付き合いの始まり。

アフターサービスを行い長く快適に住むマイホームをサポートします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

MBCハウスの会社情報

MBCハウスの基本的な会社情報、対応エリアを紹介します。

MBCハウスの会社概要

会社名:MBC開発株式会社 建設事業本部

本社事務所:〒892-8563 鹿児島市樋之口町1番1号MBC開発ビル7階

TEL:099-226-7777

FAX:099-227-1465

設立:1969年10月7日

代表取締役:陶山 賢治

資本金:2億円

事業内容:

MBCハウス(住宅部門)

└戸建住宅の設計・施工・アフターサービス

MBCビルド(建設部門)

└遊休地の土地活用のご提案

└ビル・マンション・店舗等の設計・施工・アフターサービス

└RC住宅の設計・施工・アフターサービス

MBCリフォーム(リフォーム部門)

└リフォーム業務全般

MBCハウスが注文住宅に対応しているエリア

鹿児島県

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

まとめ

鹿児島の気候に合わせた住まいづくり、自然を取り入れたパッシブデザインが特徴のMBCハウスについて特徴や性能など詳しく紹介しました。

MBCハウスでは、注文住宅の設計施工から、リフォーム、マンションの建築など、鹿児島県の住生活をトータルでサポートしている地元では有名な会社です。

災害に強い何世代にもわたって暮らせる耐久性、お手頃な値段、健康的で快適な暮らしにこだわり、鹿児島に適した住まいづくりを行ってきました。

特に太陽と上手に付き合った住まいの設計は、安心して快適に暮らすことができる住まいを提供していましたね。

MBCハウスの住まいに興味がある方は、資料請求、モデルハウス見学に行って体感してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /