明治住建の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

明治住建は、高い技術力で災害に強い家を建てることができるハウスメーカーです。

兵庫県で施工を行う明治住建は、パナソニックビルダーズグループの加盟店です。

そのため、パナソニックの技術力と地元ビルダーならではの対応力で、納得のいく家づくりを行う事ができます。

また、リフォーム事業も行っているため、建てた後も長いお付き合いをすることができますよ。

それでは、明治住建の家の評判や詳しい特徴を、分かりやすく紹介します。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

明治住建で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

家を建てるとき、ハウスメーカーの口コミを参考にする方も多いのではないでしょうか?

実際に家を建てた方の口コミは、良い事も悪い事も、非常に参考になりますよね。

ここでは、明治住建のリアルな評判を紹介していきます。

明治住建のリアルな悪い評判・口コミ

それでは最初に、明治住建の悪い口コミを紹介します。

営業の方と一緒に間取りを決めるのですが、あっと驚くような提案はないので、個性的な家を建てたい方には向いていません。私は、普通に良い家を建てました。契約後に放置されることなく、連絡や対応はすぐにしてくれるので、明治住建にしてよかったと感じています。

営業担当の方は、とても丁寧に対応してくれて、予算に合わせた提案をしてくれました。ただ、ZEH仕様にすると400万ほど価格が上がってしまう為、大手ハウスメーカーと変わらない価格になってしまいます。

このような口コミがありました。

明治住建に対してのひどく悪い口コミは、ありませんでした。

大手ハウスメーカーは、価格が高い分、高い住宅性能や良い設備が標準仕様となっています。

ですが、明治住建の場合は、必要な性能をオプションとして追加していくため、住宅性能を高めるとそれなりに高額になります。

明治住建で家を建てるなら、必要とする性能と予算のバランスを上手にとることができれば、最高な家を建てることができますよ。

明治住建のリアルな良い評判・口コミ

明治住建のいい口コミはネット上にたくさんありましたので、一部を紹介します。

ライオン先生

予算も少ない中で、若い女性の設計士さんは上手くまとめてくれました。良いと思う事だけではなく、あまりおすすめできない事もはっきりと優しく丁寧に言ってくれました。

ライオン先生

家づくりに携わったスタッフの方はみんないい人ばかりで、子供もすごく懐いていました。安心してお任せすることができたので、良い家を建てることができました。明治住建で建てた家は、とても快適です。

ライオン先生

担当してくれた営業さんは、若い方でしたがとても親身になって話を聞いてくれました。土地探しからお願いしていたので、何度も気に入る所が見つかるまで探してもらいましたが、嫌な顔一つせず一生懸命探してもらう事ができました。予算内で収まるよう工夫してくれ、最終的に納得のいく家を建てることができました。明治住建さんは、自信をもっておすすめしたいハウスメーカーです。

ライオン先生

大手ハウスメーカーは、気密性など性能は良いけど高すぎるし、ローコスト住宅まではランクを落としたくありませんでした。明治住建のテクノストラクチャー仕様の建物は付帯工事込みで坪単価50万円ほどとちょうどいい納得の価格だったので明治住建に決めました。建物の仕様や価格のバランスが一番私にはちょうどいいハウスメーカーでした。

ライオン先生

明治さんは、デザイン力や耐震性が抜群で、スタッフの方の対応もとても良かったです。色々なハウスメーカーと比べても明治住建が一番だと感じます。

ライオン先生

10社以上のハウスメーカーを回りましたが、明治住建は一番コスパが良かったです。最終的な決め手は、営業担当者の人柄がよかったからです。コーディネーターさんもとてもいい方でした。

ライオン先生

モデルハウスは標準仕様でとても分かりやすかったです。営業担当の方も、親身になって対応してくれました。そのおかげで良い家を建てることができました。実際に住んでみても満足のいく良い家です。

このような口コミがありました。

明治住建で家を建てた方は、家の価格や性能、スタッフの人柄など全てにおいて大満足の家づくりができたようです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

明治住建の特徴を項目ごとに紹介!

明治住建は、パナソニックの独自工法を採用し、丈夫な家を建てることができるので人気があります。

丈夫な明治住建の家は、間取りの自由度や価格、その他の性能はどうなのでしょうか?

それでは、明治住建の家の特徴を、細かく項目ごとに紹介します。

価格帯・坪単価

夢のマイホーム、皆さんの予算はどれくらいでしょうか?

家を建てる際、最初に気になることは、そのハウスメーカーの平均価格ですよね。

インターネットで、坪単価を調べる方も多いのではないでしょうか。

明治住建では、坪単価39.5万円~55万円ほどで家を建てることが出来ます。

一応、公式サイトでは、坪単価39.5万円よりとなっていますが、その価格で家を建てる方はほとんどいません。

実際には、50万円~55万円ほどで家を建てた方が多いようです。

口コミでもあったように、明治住建の家の価格は、大手ハウスメーカーほど高くなく、ローコスト住宅ほど安くない価格ですね。

デザイン性

夢のマイホームを建てるなら、デザインにもこだわりたいですよね。

明治住建で採用している、テクノストラクチャー工法なら、自由度の高い間取りやデザインの家を建てることができます。

柱のない大空間や、吹き抜けなどの高天井、ビルトインガレージやスキップフロアなども、明治住建なら可能です。

自由設計の商品「TSUMUGiE-つむぎえ-」は、4つのライフスタイル・7つの外観・8つのインテリアスタイルを選ぶことで、誰でも、我が家らしいスタイルの家をつくりだすことができます。

また、テクノストラクチャー工法は、梁に沿って自在に間仕切り壁を移動できるフリーウォールシステムとなっているため、家族の成長に合わせ、間取りを自由にかえることができるんですよ。

明治住建なら、部材の強さを活かしたダイナミックかつ自由度の高い設計で、家族みんなの希望を実現することができます。

耐震性

大きな地震や、大きな台風などの災害にも負けない家を建てるには、家の耐震性がとても重要です。

明治住建では、地震に負けない強く丈夫な家を建てることができます。

強い部材「テクノビーム」

明治住建では、家の梁に、木を鉄で補強したパナソニック独自の「テクノビーム」という部材を使用しています。

木の良さと、鉄の強さを組み合わせたハイブリッド梁で、家全体の強度を高めています。

構造計算

明治住建では、一邸一邸構造計算を行います。

厳しい基準を設け、綿密な構造計算を行うため、バランスの取れた災害の強い家を建てることができます。

構造計算の結果については、パナソニックから保証書が発行されます。

耐震等級3

耐震等級とは、その家がどのくらいの地震に耐えられるかを示したものです。

等級は3段階に分けられ、数字が大きいほど地震に強い家となります。

最高等級は「耐震等級3」で、消防署や警察署など防災の拠点となる建物に採用される基準です。

明治住建なら、しっかりと構造計算を行った耐震等級3の家を建てることができますよ。

ドリフトピン接合

柱と梁を接合する際、明治住建ではドリフトピン接合を採用しています。

ドリフトピン接合は、柱の断面欠損が少なく、強固に結合することができるため、耐震性に優れた方法です。

一般的な金具で接合した場合と比べ、3倍の強度を誇ります。

実証された耐震性能

耐震実験で、テクノストラクチャーの実物大の家に、震度7の揺れを5回加えても、損傷や変形はありませんでした。

また、これまでに起こった大地震でも、テクノストラクチャーの家は、全壊や半壊などの被害はありません。

明治住建の家なら、大きな地震が起きてもその後の暮らしを守ってもらう事ができますよ。

断熱性・気密性

家を建てるなら、夏は涼しく冬は暖かい快適な家を建てたいですよね。

快適な家を建てるには、断熱性と気密性はとても大切です。

断熱性と気密性を高めると、年中快適な家となり、冷暖房の使用も最小限となるので、省エネにもつながります。

暮らしにベストな断熱

明治住建では、予算と希望に合わせて断熱性と気密性を決めていきます。

断熱性能を高めると、価格は上がってしまいますが、その後の冷暖房費などのランニングコストを抑えることができます。

断熱性をケチってしまうと、外気の影響をもろに受けてしまいます。

断熱性が低いと……

  • 夏は暑く冬は寒い家です。
  • 家の中の温度差が大きくなるので、ヒートショックの恐れがあります。
  • 結露が発生しやすく、カビなどが発生しやすい環境になります。
  • 冷暖房を常に使用することになるので、光熱費がかさみます。

断熱材などは、建ててから変更する場合、大掛かりな工事が必要となります。

なので、断熱性能は、新築時に予算・ランニングコスト・家族の健康もふまえて、よく考えて決めるようにしましょう。

ZEHにも対応

ZEHとは、家の断熱性気密性を高め、省エネ機器を導入することで、エネルギー消費量を減らし、太陽光発電などでエネルギーをつくることによって「年間のエネルギー消費量プラスマイナスゼロを目指した家」のことです。

ZEH住宅は、高気密高断熱なので年中快適で、光熱費も抑えることができるので、人にもお財布にも優しい家です。

家全体の温度が一定になるため、ヒートショックのリスクが軽減され、カビやダニの抑制にも効果的です。

さらに、ZEH住宅は、国が推奨しているため、補助金もでるんですよ。

保証・アフターサポート

夢のマイホーム、長く快適に暮らすためには、引き渡し後の保証やアフターサポートがとても大切です。

明治住建の家は、無料の定期点検やアフターサポートが充実しているため、長く安心して暮らすことができますよ。

定期点検

明治住建では、引き渡し後3ヶ月目・1年目・2年目・5年目・10年目に無料で定期点検を行います。

保証

引き渡し後10年間は、構造部分に欠陥があれば無償で修理してもらう事ができます。

アフターサポート

引き渡し後は、住まいの困りごとをサポートしてくれる「リビングベル」というサービスがついてきます。

水廻りや鍵、ガラスなどの緊急トラブルに24時間365日いつでも対応してもらう事ができます。

他にも、メンテナンスの相談や日常の困りごとなど、住まいに関することであればサポートしてもらう事ができます。

困ったことや不安な事があった時に相談できるところがあるというのは、非常に安心できるサービスですよね。

工期

夢のマイホーム、どれくらいの工事期間で完成するのか気になりませんか?

明治住建のテクノストラクチャーで建てる家は、4ヶ月~5ヶ月ほどの工期で完成します。

ですが、工期は、家の大きさやデザインによって、大幅に変わるので参考程度にとどめておいてください。

契約時に、着工日や完成予定日などを確認しておくと安心です。

構造・工法

家の間取りや空間の自由度、耐震性などは、家の構造や工法によって変わります。

明治住建では、テクノストラクチャー工法で家を建てることができます。

テクノストラクチャー工法は、パナソニックが独自で開発した木の弱点を鉄の強さで補強した部材「テクノビーム」を使った工法です。

木は、丈夫で長持ちする素材ですが、横向きの力には弱い特性があります。

そのため、木を柱として使う場合は問題ありませんが、横向きで使う梁は強度が不足する恐れがありました。

そこで、梁にテクノビームを使う事で、たわみによる歪みや変形などを抑えることができ、耐久性に優れた家を建てることができるのです。

木造軸組工法の弱点とされていた耐震性を、梁や接合部を強化することにより、安全性を確保した木造住宅です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

明治住建をおすすめしたい人はこんな人!

ハウスメーカー選びは、家づくりを行うにあたって一番重要です。

家族全員の夢を託すので、絶対失敗したくないですよね。

今回紹介した明治住建は、このような方々におすすめです。

耐震性に優れた災害に強い家を建てたい方

明治住建のテクノストラクチャーの家は、とても耐震性に優れています。

耐震等級3+構造計算を行ってつくり上げるので、災害に非常に強い家を建てることができます。

さらに、制震ダンパーをつけると、大きな揺れを小さく抑えることもできるので、家の中のものも守ることができますよ。

家を建てるなら、地震に強い家を建てたいという方におすすめです。

ちょうどいい価格のいい家を建てたい方

明治住建の家は、ローコスト住宅ほど安くなく、大手メーカーほど高い価格ではありません。

大手メーカーほど手厚いサポートやブランド力はありませんが、大手メーカー並みの性能をもった家を建てることはできます。

ブランドにこだわらず、良い家を手ごろな価格で建てたい方におすすめです。

大空間・大開口の開放的な家を建てたい方

明治住建のテクノストラクチャーの家は、梁が強いので、柱のない大空間や高天井が可能です。

大きな吹き抜けや、大きな窓で家を明るく開放的にすることもできます。

一邸一邸、構造計算を行うので、強度を保ちながら自由に空間をつくり上げることができますよ。

木造住宅では難しかった、丈夫で大空間の開放的な家を建てたい方におすすめです。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

明治住建で注文住宅を建てるときの3つのステップ

家づくりは、ほとんどの方が一生に一度の経験です。

後悔なく家づくりを進めていけるよう、明治住建で家を建てる際の流れを紹介します。

STEP1 相談から契約

見学

最初は、展示場やイベントに参加してみましょう。

相談

見学した家が気に入ったら、家づくりやお金について、分からない事や知りたいことを相談してみましょう。

敷地調査

最適なプランを提案してもらう為、土地を調査してもらいます。

土地がない場合は、土地探しの相談をします。

提案

敷地調査の報告や、予算やプランについての提案をしてもらいます。

打ち合わせ

間取りなどのプランや仕様や設備を決めていきます。

資金計画も行いローンの事前審査を申し込みます。

仮契約

プランや仕様、予算やスケジュールなど納得がいけば、仮契約を交わします。

STEP2 着工前準備

地盤調査

地盤の強度に問題がないか調査します。

必要に応じて、地盤改良工事を行います。

詳細打ち合わせ

家の細かい仕様や、色などの打ち合わせを行います。

構造計算

家の安全性をしっかりと確認します。

本契約

最終見積もり、構造計算の結果報告を行い、納得の上で本契約を締結します。

確認申請

市区町村の役所に建築確認申請書を提出します。

着工前打ち合わせ

図面や仕様などの最終確認をし、図面や工事の工程表を受け取ります。

着工前に、近隣住民への挨拶を済ませておきましょう。

STEP3 着工から引渡し

地鎮祭

地縄張りをし、工事の安全を祈願するため地鎮祭を行います。

着工

基礎工事からスタートします。

上棟

家の骨組みが出来上がり、家の形がはっきりします。

希望により上棟式を行います。

構造検査

完成後は見えなくなってしまう家の構造部分をしっかりと検査します。

竣工検査

建物が完成。

完成した建物や外構に不具合がないかを検査します。

引き渡し

竣工検査に問題がなければ、引き渡しとなります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

明治住建の会社情報

最後に、明治住建の会社概要や対応エリアについて紹介します。

明治住建の会社概要

会社名 株式会社 明治住建
本社所在地 兵庫県加古川市平岡町新在家3丁目288-10
代表者名 代表取締役 田中伸祐
設立 昭和52年11月

明治住建が注文住宅に対応しているエリア

兵庫県

まとめ

明治住建は、パナソニックのテクノストラクチャー工法を採用し、耐震性や耐久性に優れた家を建てることができます。

施工範囲が兵庫県内のみなので、修理や点検などの際にも早い対応をしてくれることも魅力ですよね。

兵庫県で、地震に強い家を建てたい方や、開放的な家を建てたい方に明治住建の家はとてもおすすめです。

気になった方は、一度明治住建の見学会に参加してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /