手取り月収30万円の適正住宅ローンはいくら?限度額と理想的な返済比率・割合をシミュレーション

自分の年収がいくらなのか正確にわかるでしょうか。

おそらくわからないと答える方が多いと思います。

なぜなら、毎月振り込まれる手取り月収は多くの方が確認しますが、控除前の額面の月収は見ないからです。

しかし、金融機関で住宅ローンの審査は額面の年収を考慮するため、ハウスメーカーに行くと「年収はいくらですか?」と、聞かれることがほとんどです。

実際に審査をするときは、年収がわかる資料を用意する必要がありますが、審査前の段階ではまだ必要ありません。

年収がわからないときは、手取り月収から逆算して借入額を考えることができるからです。

今回は、手取り月収30万円の方の適正な住宅ローンの借入額について考えます。

  • 自分の手取りでいくらまで借入することができるのか
  • 自分にとって適正な返済額はいくら?

上記のような疑問を持っている人は、一緒に適正な住宅ローンの金額について考えていきましょう。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

手取り月収30万(額面37.5万円)で組める住宅ローンはいくら?(頭金なしの場合)

手取り月収が30万円の方が組むことができる住宅ローンの額を考えます。

今回のシミュレーションは適正な借入額ではなく、借入限度額のシミュレーションですので注意してください。

あた、頭金なしの場合ですので、借入額が建築総予算です。

まず初めに、手取り月収から概算の額面年収を算出しましょう。

一般的に、額面の月収は手取り月収の1.25倍と言われています。

すると、手取り月収30万円の方の額面の月収は37.5万円です。

すると、概算の年収は以下の通りです。

37.5万円×12ヵ月=年収450万円

ボーナスが支給される方は、450万円にボーナス分を加算した金額が概算年収です。

今回がボーナス分は考慮せずにシミュレーションします。

シミュレーションに使う金融機関はフラット35です。

条件

手取り 30万円
概算年収 450万円
金利 2.32%(※1)
返済期間 35年
返済方法 元利均等(※2)

※2 2020年9月現在の金利を適用しています。(融資9割超の場合の最大金利)

参考サイト⇒最新の金利情報|フラット35

※3 元利均等返済とは、毎月返済額が一定になるように、元金と利息の割合を調整している返済方法です。

借りられる住宅ローンの金額

手取りの月収30万円の方の借入限度額は3,772万円です。

参考サイト⇒年収から借入額を計算|フラット35

年収の約8.4倍の金額が借入可能です。

もちろん金融機関によって借入上限額は変わりますので注意してください。

マイホームを購入するためには、3,772万円以下に資金計画を抑える必要があります。

現段階で超えている方は、再度計画を練り直した方がいいでしょう。

予算がおさまっている方は、返せる金額かどうかを確認してください。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

3,772万円をフラット35で借入した場合、毎月の返済額はいくらになるのかを考えます。

条件

借入額 3,772万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒借入希望金額から返済額を計算|フラット35

シミュレーション結果

3,772万円借入した場合、毎月の返済額は約13.2万円です。

限度額まで借り入れると、手取り月収の内の44%は住宅ローンとして支払わなければなりません。

残りの約半分の給与で生活や貯蓄ができるでしょうか。

厳しいと感じた方は限度額まで借入をせずに、自分たちに合った返済額を選択して借入をしましょう。

理想的な住宅ローンの借入額をシミュレーション

では、手取り月収30万円の方の理想的な借入額はいくらなのでしょうか。

まずは、手取り月収を参考にして理想的な月々の返済額を算出します。

一般的に、手取り月収の約2割を住宅ローンの返済に充てることが理想的です。

手取り月収30万円×20%=6万円

理想的な月々の返済額は6万円ということがわかりました。

限度額まで借入したときの支払いの半分以下の金額です。

では、月々の返済額を6万円に設定すると、いくら借入できるのかシミュレーションしてみましょう。

条件

月々の支払額 6万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒毎月の返済額から借入可能金額を計算|フラット35

シミュレーション結果

月々6万円を支払う場合、1,724万円を借入することができます。

借入限度額と比べると2,048万円も借入額に差があります。

頭金なしなので1,724万円がそのまま建築総予算です。資金が足りない方は、頭金を貯めるなどの対策をしてください。

また、6万円以上の支払いをしても生活に余裕がありそうな方は、返済額の増加を検討してみてもいいでしょう。

住宅ローン控除はいくら戻ってくる?

住宅ローンを組むと、住宅ローン控除という制度が適用されます。

住宅ローン控除を簡単に説明すると、入居した翌年から10年間、一定の基準のもとで所得税や住民税の控除が受けられるという制度です。

一定の基準とは以下の3つのことです。

3つの中で1番低い金額がその年の控除額として適用されます。

  1. 40万円
  2. 年末残高等×1%
  3. 所得税+住民税(住民税の最大控除額13.65万円)

理想的な金額で借入をした場合、いくらの控除が受けられるのかシミュレーションしていきましょう。

条件

借入額 1,724万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等
入居月 2021年1月
扶養家族(配偶者、16歳未満の子は除く) 0人

参考サイト⇒住宅ローンの控除(減税)シミュレーション|イー・ローン

シミュレーション結果

シミュレーションでは、10年間で約153.3万円控除を受けられることがわかりました。

1年ごとの控除額も確認していきましょう。

1年目 169,100円
2年目 165,800円
3年目 162,400円
4年目 159,000円
5年目 155,400円
6年目 151,800円
7年目 148,100円
8年目 144,300円
9年目 140,400円
10年目 136,400円
合計 1,532,700円

10年間で150万円を超える金額が控除されます。

所得税・住民税の負担が減る分、固定資産税に支払いのために貯蓄するなど、計画的に控除を利用しましょう。

また、引き渡しの翌年に1度だけ確定申告が必要です。

申告を忘れると控除を受けることができませんので、確実に申告してください。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

手取り月収30万(額面37.5万円)で組める住宅ローンはいくら?(頭金1割ありの場合)

次に頭金があるケースについて考えます。頭金なしのときと同じく、検討する金融機関はフラット35です。

今回は頭金を1割以上支払うことができるので、フラット35の金利の優遇制度を活用できます。

頭金なしのときは2.32%で計算していましたが、頭金が1割以上あると金利が0.26%マイナスされた2.06%が適用されます。

条件は以下の通りです。

条件

手取り 30万円
概算年収 450万円
金利 2.06%
返済期間 35年
返済方法 元利均等

借りられる住宅ローンの金額

頭金を1割入れた場合、最大の借入可能金額は3,925万円です。

年収の約8.7倍の借り入れができました。

さらに、建築資金の1割を頭金として支払いますので、建築総予算は以下の通りです。

借入額3,925万円+頭金445万円=建築総予算4,370万円

頭金なしのときの建築総予算と比較すると、約600万円の差があります。

頭金を支払ったことが大きな要因ですが、借入額も153万円も増加しています。

頭金を貯めている方は、建築総予算1割を目標にして貯蓄をすると、お得に借入することができるでしょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では、3,925万円借入をしたときの月々の返済額を確認します。

条件

借入額 3,925万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

シミュレーション結果

毎月の支払額は13.2万円です。頭金なしの借入限度額と同じ返済額になりました。

フラット35は、審査基準となる返済負担率を年収によって定めているからです。

返済負担率とは、年収に占める住宅ローンの割合のことで、フラット35は以下の通りに設定しています。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30% 35%

参考サイト⇒【フラット35】ご利用条件|フラット35

手取り月収30万円の場合は返済負担率が35%で設定されています。

頭金を1割以上入れると金利が下がりますので、返済負担率を35%に戻すために借入額を増やしているという仕組みです。

結果的に、同じ返済額でも頭金を入れた方が、借入額が多くなって得をします。

なるべくなら頭金を貯めてからマイホームを購入しましょう。

ただし、他の金融機関では頭金による金利の増減がないケースも多いです。

希望する金融機関に事前に確認してください。

理想的な住宅ローンの借入額をシミュレーション(返済比率が手取りの20%)

頭金を1割入れたときの、理想的な住宅ローンの借入額もシミュレーションします。

今回も理想的な月々の返済額は、手取り月収30万円の2割分である6万円です。

条件

月々の支払額 6万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

シミュレーション結果

理想的な借入額は1,794万円という結果となりました。

頭金なしと比べてちょうど70万円の差です。

さらに建築総予算には頭金が足されます。

借入金額1,794万円+頭金206万円=建築総予算2,000万円

建築総予算は2,000万円に増えました。

多少、住宅の選択の幅が広がると思います。

まだ予算が足りない方は、頭金なしのときと同様に返済額の上乗せを検討していてもいいでしょう。

無理せず返済できる金額をしっかりと見極めて、返済額を決めてください。

住宅ローン控除はいくら戻ってくる?

頭金を1割支払った理想的な借入額の場合の、住宅ローン控除額も考えていきましょう。

条件は、頭金なしのケースから借入金額と金利のみを変更してあります。

条件

借入額 1,734万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等
入居月 2021年1月
扶養家族(配偶者、16歳未満の子は除く) 0人

シミュレーション結果

10年間の控除額は約158.7万円でした。1年ごとの控除額も確認してみましょう。

1年目 175,800円
2年目 172,200円
3年目 168,500円
4年目 164,800円
5年目 160,900円
6年目 157,000円
7年目 153,000円
8年目 148,900円
9年目 144,800円
10年目 140,500円
合計 1,586,400円

頭金なしの場合と比べて、控除額が5.4万円増えました。

借入額が増えた方が控除額が増加することがわかります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

年収450万(額面)の人が住宅ローンを組む際に考えるべき2つのポイント

額面年収が450万円の人が、住宅ローンを組む際に考えるべきポイントを2つお伝えします。

①無理のない返済額かどうかを考える

住宅ローンを検討するときは、借入額よりも返済額に着目して考えるようにしましょう。

マイホームの打合せが始まると、数千万円の資金計画が提示されるため、金銭感覚が鈍りがちです。

また、営業マンが当たり前のように借入限度額で資金を提案してくると、借入限度額の返済額を支払えると錯覚してしまいます。

確かに、限度額まで借入をしても手取り月収の約44%の返済負担率なので、頑張れば返済できるかもしれません。

しかし、余裕のある生活はできないはずです。

資金について迷いが出たときは、マイホームでどんな生活を送りたいかを考えてみましょう。

ローン返済に苦しむ生活よりも、多少マイホームのグレードを下げてでも家族で楽しく余裕のある暮らしを望む方が多いと思います。

余裕のある暮らしを送るために、返済額は手取り月収の20~25%、多くても手取り月収の30%以下に抑えられるような資金計画を組みましょう。

②世帯年収で考える

理想的な借入額では資金が足りない方は、頭金を貯めるという選択肢もありますが、世帯年収で考えてみてもいいでしょう。

例えば、年収450万円のご主人と年収100万円のパートの奥様がいるとします。

ご主人だけで借入をする予定でも、世帯年収で返済額を考えてみてください。

今回の例では、世帯年収は550万円です。すると世帯の手取り月収は約36.6万円です。

36.6万円の2割は約7.3万円なので、夫婦2人の月々の理想的な返済額は7.3万円ということがわかります。

ご主人だけの理想的な返済額より1万円以上の増加です。

あとは、シミュレーションに沿って借入額を算出してみましょう。

注意点は、世帯年収が今後も確実に得られるかという点です。

夫婦どちらかが転職や退職をして世帯年収が下がってしまっては、返済が苦しくなってしまいます。

将来性も考えつつ、夫婦の返済額を決めてください。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

手取り月収がわかれば、住宅ローンの借入額について様々なシミュレーションを行うことができます。

手取り月収30万円の方は、月々の返済額をなるべく6~9万円の間に抑えるように心がけましょう。

月々6~9万円とは、手取り月収の20~30%の割合の返済額です。

また、夫婦の世帯年収で返済額を考えたり、1割以上頭金を入れられるような計画を組み、賢く住宅ローンを借入してください。

無理のない金額で住宅ローンを組み、家族で楽しくマイホームで暮らしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み
\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み