手取り月収40万円の適正住宅ローンはいくら?限度額と理想的な返済比率・割合をシミュレーション

<記事の情報は、2022年5月1日時点のものです>

手取りで毎月40万円受け取っている方は、住宅ローンを最大でいくら借入できて、毎月いくら返済していくことが適正なのでしょうか。

最大でいくらの住宅ローンを借入できるのかという借入限度額は知っていても、自分にとって適正な返済額までは知らない方も多いです。

そして、適正な返済額がわからないまま住宅ローンを借入してしまう方も多くいます。

その結果、以前よりも生活の質が下がってしまったり、返済が厳しくなってしまうのです。

今回は、住宅ローンの借入限度額と自分にとって適正な借入額についてお伝えします。

手取りの給与が分かっている方は、ぜひ一緒にシミュレーションしていきましょう。

また、解説に入る前にこれからマイホームを計画しているあなたに向けて、家づくりを失敗させないための1番重要なことを伝えさせて下さい。

それは、マイホーム建設予定の地域に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これ、多くの人がよく考えずに済ませがちですが、実は土地探しや資金計画よりも優先度の高いプロセスなのです。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきますよ。

また、より多くの住宅メーカーカタログが欲しいというあなたには、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです!

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いですよ。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

手取り40万円ってどんな生活?

手取り40万円は、額面の金額にすると50万円程度、年収にして600万円~750万円程度になります。

日本の給与所得者の平均給与は411万円、男性に限っても545万円が平均なので、平均より高い水準の給与所得者ということになります。

そんな手取り40万円の家庭は、どんな家計になっているのでしょうか?

子供がいる3人家族を想定すると、住居費以外の内訳は下記のような例となります。

食費 7万円
光熱費・水道代 2万円
保険費 2万円
通信費 1.5万円
洋服代 1万円
教育費・学資保険 2.5万円
お小遣い 3万円
雑費 2万円
交通費 1万円
貯蓄 5万円
合計 27万円

地域により光熱費がさらに高くなったり、交通費、お小遣いなど家庭によって大きく変わる要素もありますが、平均的にはトータル27万円程度が必要となります。

手取り40万円で支出が27万円ということは、残りが13万円。

この金額が住宅ローンに充てられる金額として、一つの目安となります。

家の予算をもっと上げたい場合は、家計を見直し他の項目を節約する必要があります。

反対に家以外の項目でお金をかけたい場合、たとえば子供の教育資金にもっとお金をかけたいなどの希望があれば、その分住居費用を抑える必要が出てきます。

ではここからは、手取り40万円では一体いくらの住宅ローンが借りられるのか?その疑問から見ていきましょう。

参考:平成30年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

参考:家計調査 家計収支編 二人以上の世帯 年報 年次 2017年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

手取り月収40万(額面50万円)で組める住宅ローンはいくら?(頭金なしの場合)

では、手取りの月収が40万円の方が、最大で組むことができる住宅ローンの借入額について考えていきましょう。

ここでは年収600万円として計算していきます。

今回は頭金はなしの場合です。

また、全期間固定金利のフラット35という金融機関の金利を適用します。

条件は以下の通りです。

条件

手取り 40万円
概算年収 600万円
金利 2.32%(※1)
返済期間 35年
返済方法 元利均等(※2)

※2 2020年10月現在の金利を適用しています。(融資9割超の場合の最大金利)

参考:最新の金利情報|フラット35

※3 元利均等返済とは、毎月返済額が一定になるように、元金と利息の割合を調整している返済方法です。

借りられる住宅ローンの金額

手取りの月収40万円の方の借入限度額は、5,029万円という結果になりました。

参考:年収から借入額を計算|フラット35

年収が600万円を超えている方は、フラット35で5,000万円以上の借入が可能です。

さらに、毎月の給与の他にボーナスも支給されている方は、年収に加算されるため借入限度額はさらに上がります。

今回は頭金がない場合ですので、建築総予算も5,029万円です。

現在計画しているマイホームの金額が、5,000万円を超えている方は、オーバーローンの可能性があります。

もう一度、資金計画を立て直した方が良いでしょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では、5,029万円をフラット35で借入した場合、毎月の返済額はいくらになるのか見ていきます。

条件

借入額 5,029万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒借入希望金額から返済額を計算|フラット35

シミュレーション結果

5,029万円借入した時の毎月の返済額は17.5万円です。

現在の収支を考えたときに、問題なく支払いができそうであれば限度額までの借入を検討してみてもいいでしょう。

しかし、支払いが厳しそうだなと感じた方は、限度額まで借入することはやめましょう。

また、現在は支払えると思っても、子供の養育費や車の買い替えで数年後に大きな出費がかさむことも考えられます。

将来的な収支も見据えた上で、借入額を決定してください。

理想的な住宅ローンの借入額をシミュレーション

では、自分にとって適正な借入額はいくらなのでしょうか。

適正な借入額を考えるときには、手取り月収の額から理想的な返済額を先に算出します。

理想的な月々の返済額は、手取り月収の2割程度と言われています。

  • 手取り月収40万円×20%=月々の返済額8万円

条件

月々の支払額 8万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考:毎月の返済額から借入可能金額を計算|フラット35

シミュレーション結果

上記条件でシミュレーションをすると、借入可能金額は2,299万円でした。

月々の返済額が半分以下になった分、借入額も半分以下になってしまいました。

中古住宅や建売住宅ならば検討できると思いますが、新築マンションや注文住宅では資金が足りない方が多いと思います。

月々8万円の支払いに余裕がある方は、毎月の返済額を少し増やしてみてもいいでしょう。

また、安定してボーナスが支給されている方は、ボーナス払いをするという選択肢もあります。

自分に合った方法で資金を増やしましょう。

住宅ローン控除はいくら戻ってくる?

住宅ローンを組むと、住宅ローン控除という制度が適用されます。

住宅ローン控除を簡単に説明すると、入居した翌年から10年間、一定の基準のもとで所得税や住民税の控除が受けられるという制度です。

一定の基準とは以下の3つのことです。

3つの中で1番低い金額がその年の控除額として適用されます。

  1. 40万円
  2. 年末残高等×1%
  3. 所得税+住民税(住民税の最大控除額13.65万円)

理想的な金額で借入をした場合、いくらの控除が受けられるのかシミュレーションしていきましょう。

条件

借入額 2,299万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等
入居月 2021年1月
扶養家族(配偶者、16歳未満の子は除く) 0人

参考:住宅ローンの控除(減税)シミュレーション|イー・ローン

シミュレーション結果

シミュレーションでは、10年間で約204.4万円控除を受けられるという結果になりました。

1年ごとの控除額も確認します。

1年目 225,500円
2年目 221,100円
3年目 216,600円
4年目 212,000円
5年目 207,300円
6年目 202,400円
7年目 197,500円
8年目 192,400円
9年目 187,200円
10年目 181,900円
合計 2,043,900円

毎年最低でも18万円以上の控除を受けることができます。

月平均にしても1.5万円以上の控除になりますので、忘れずに利用するようにしましょう。

入居した翌年に1回だけ確定申告が必要です。

その後は年末調整で手続きされます。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

手取り月収40万(額面50万円)で組める住宅ローンはいくら?(頭金1割ありの場合)

次に頭金がある場合について考えてみましょう。

フラット35では、建築資金の1割以上を頭金で支払うと、金利の優遇を受けられるというメリットがあります。

頭金なしのときの金利は2.32%でしたが、優遇を受けると0.26%マイナスされた2.06%が適用されます。

頭金を支払おうと考えている方は、建築資金の1割分を目標にして貯蓄してみてください。

条件

手取り 40万円
概算年収 600万円
金利 2.06%
返済期間 35年
返済方法 元利均等

借りられる住宅ローンの金額

頭金を1割入れた場合の借入限度額は5,234万円です。

頭金なしの場合と比べて、約200万円上がりました。

さらに、建築資金の1割を頭金として支払うため、建築総予算は以下の通りです。

  • 借入額5,234万円+頭金586万円=建築総予算5,820万円

頭金まで含めるとかなりの予算アップにつながります。

しかし、頭金を建築資金の1割分も支払えないという方もいると思います。

親から援助を受けることができる場合は、贈与税の非課税枠内で贈与を受けてもいいでしょう。

また、建築予算を下げることで、頭金の金額を下げることもできます。

支払うことができる頭金に合わせて、建築予算を決めることも1つの方法です。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では、5,234万円借入をしたときの月々の返済額を確認していきましょう。

条件

借入額 5,234万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

シミュレーション結果

5,234万円借入したときの、毎月の支払額は17.5万円でした。

頭金なしの借入限度額の返済と、まったく同じ返済額になりました。

理由を確認してみましょう。

フラット35は、審査基準となる返済負担率を年収によって定めています。

返済負担率とは、年収に占める住宅ローンの割合のことで、フラット35は以下の通りに設定しています。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30% 35%

参考:【フラット35】ご利用条件|フラット35

手取り月収40万円の方の年収は約600万円なので、返済負担率は35%で計算されます。

年収が600万円であれば、借入額や金利の条件が違っても、返済額は35%の17.5万円になるように調整されているのです。

頭金なしの場合は、金利が高いので借入額が少なくなっていました。

対して、頭金を支払う場合は金利が下がった分、借入額を上げて調整されていたのです。

いずれにせよ大切なことは、自分にとって17.5万円という支払いが適切かということです。

オーバーローンを組んでしまうと、後から借入額を変更することはできません。

完済するまで毎月苦しい思いをして、返済しなければならないのです。

満足いくマイホームを建てることも大切ですが、住んでからの生活を考えて借入額を決めましょう。

理想的な住宅ローンの借入額をシミュレーション(返済比率が手取りの20%)

頭金を1割入れたときの、理想的な住宅ローンの借入額についても考えます。

頭金なしの場合と同じで、理想的な月々の返済額は8万円です。

優遇後の金利に変更してシミュレーションします。

条件

月々の支払額 8万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

シミュレーション結果

理想的な借入額は2,392万円という結果となりました。

頭金なしの場合と比べると、93万円借入額が増加しました。

さらに頭金を足した額が建築総予算です。

借入金額2,392万円+頭金268万円=建築総予算2,660万円

頭金なしの場合と比べると、同じ支払額でも建築総予算を大幅に増やすことができました。

まだ資金が足りない方は、返済額を増やすか頭金を貯めるなどの対策を取りましょう。

住宅ローン控除はいくら戻ってくる?

頭金を1割支払った理想的な借入額の場合の、住宅ローン控除額も考えていきましょう。

条件は、頭金なしの場合から借入金額と金利のみ変更してあります。

条件

借入額 2,392万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等
入居月 2021年1月
扶養家族(配偶者、16歳未満の子は除く) 0人

シミュレーション結果

シミュレーションの結果、10年間で約201.6万円の控除を受けることができることがわかりました。

1年ごとの控除額も確認してみましょう。

1年目 234,400円
2年目 229,600円
3年目 224,700円
4年目 219,700円
5年目 214,600円
6年目 209,400円
7年目 204,000円
8年目 198,600円
9年目 193,000円
10年目 187,300円
合計 2,115,300円

借入額が上がると、住宅ローン控除の控除額も上がりました。

借入額が多い方が得をする仕組みになっています。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

年収600万(額面)の人が住宅ローンを組む際に考えるべき2つのポイント

額面年収が600万円の人が、住宅ローンを組む際に考えるべきポイントを2つお伝えします。

1.建物の質を考える

額面の年収が600万円あれば、最大で5,000万円以上の借入ができることがわかりました。

限度額まで借入はしないとしても、ある程度の予算は確保できます。

そして建築予算が増えると、マイホームの選択肢も広がります。

建物のどこにお金をかけようか迷ったときは、建物の質に着目してみてください。

建物の質とは、目に見えない所に金をかけるということです。

例えば、以下のような部分です。

  • 建物の構造体
  • 全館空調などの空気環境を良くするもの
  • メンテナンスがかかりにくいもの

それぞれ説明していきます。

建物の構造体

耐震性能の高い建物や、質の良い木材を使っている建物を選ぶことで、長い間安心して暮らすことができます。

全館空調などの空気環境を良くするもの

室内の空気は目に見えませんが、身体に大きな影響をもたらしています。

1年中きれいで快適な空気環境の家に住むことで、寿命が延びたり長い間健康で過ごすことができると言われています。

メンテナンスがかかりにくいもの

外壁や屋根などのメンテナンスがかかりにくいものを選ぶことで、初期費用はかかっても将来的に得をすることがあります。

最初の内はメリットが分かりにくいため、お得感は感じにくいですが、長い目でみると大きなメリットをもたらすものです。

上記のような、建物の質が高くなる箇所にお金をかけることをおすすめします。

2.手取り月収の2~3割で返済額を設定する

理想的な返済額は手取り月収の2割くらいとお伝えしました。

しかし、予算が足りない方は手取り月収の3割を上限として返済額を検討してみましょう。

手取り月収40万円の方の返済負担率に対する返済額、借入額は以下の通りです。

毎月の返済額 借入可能額(頭金なし) 借入可能額(頭金1割)
手取り月収の2割 8万円 2,299万円 2,392万円
手取り月収の2.5割 10万円 2,874万円 2,990万円
手取り月収の3割 12万円 3,449万円 3,589万円

手取り月収の2割分を返済に充てた場合と、3割分を返済に充てた場合だと、借入額に1,000万円以上の差が出ることがわかります。

2.5割に増やしただけでも借入額は500万円以上変わりますので、大きな差です。

もちろん返済額も数万単位で増加しているため、無理な返済額なら借入してはいけません。

自分にとって適正な返済額や返済負担率を考えた上で、資金を組みましょう。

借入限度額近くまで借り入れしたい場合に考える2つのこと

手取りの月収が40万円の方は、借入限度額まで借入をすれば5,000万円以上借入できることがわかりました。

対して、理想的な返済額で住宅ローンを組むと、借入額は2,300万円前後です。

借入限度額近くまで借入をしたいときは次の2点を考えましょう。

  • 返済できる根拠があるのか
  • お金をかける価値のある建物か

返済できる根拠があるのか

限度額まで借入をして、返済できる根拠があるのかを考えてください。

例えば、夫婦共働きで世帯収入が多かったり、現在の家賃分と変わらないなどの理由があれば、限度額までの借入を検討してもいいでしょう。

しかし、何となく返済できそうという根拠のない決断であれば、限度額まで借入しない方がいいです。

お金をかける価値のある建物か

自分が欲しい建物は、本当に価格に見合った価値のある建物かを見極めましょう。

面白半分で作った間取りでは、住んでから生活しにくい可能性があります。

また、新発売と言われて興味を持った商品でも、本当に自分が欲しい建物とは違うこともあります。

検討している建物に無駄な支払いをしていないか、冷静に判断して購入を決めましょう。

理想は手取り月収の2割の返済ですが、なかなか難しい方もいると思います。

自分に無理のない範囲の返済で理想な建物を購入できるよう、慎重にマイホーム計画を進めてください。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

まとめ

手取り40万円での住宅ローンの組み方について解説してきました。

手取り40万円というのはちょうど役職に就く30代~40代に多く、少し生活に余裕が出てくる金額です。

また同時に、結婚して子供が生まれるなど支出も増える年代でもあります。

この手取り40万円はこのバランスが非常に難しい層で、将来的な計画も含めて考えなくてはいけないため悩む人が多いのです。

ぜひ、住宅購入という大きな買い物をきっかけとして自分達のライフプランを見直し、どんな暮らし方をしたいのかを考える良い機会にして欲しいなと思います。

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /