手取り月収42万円の適正住宅ローンはいくら?限度額と理想的な返済比率・割合をシミュレーション

住宅ローンを借入するときに次のような不安はないでしょうか。

  • 自分の今の給料だといくらの住宅ローンを借入できるのだろう
  • 自分の給料に合った返済額っていくらなの?

銀行の審査をするときには、額面の年収を元に借入額を算出します。

しかし、借り手側としては、手取りの月収を元に返済について考えた方がわかりやすいと思います。

そこで今回は、手取り月収が42万円の方にスポットを当てて、手取り月収から住宅ローンの借入や返済についてお伝えしていきます。

住宅ローンの審査をする前に、自分にとって適正な借入額・返済額を考えていきましょう。

本文に入る前に、住宅を購入する際に最も大切なポイントについて、お話しておきます。

建売住宅を『購入する』上で一番大切ことは、無駄な費用をできるだけ削ること。

注文住宅を『建てる』上で大切なことは、ハウスメーカーの情報収集をしっかり行うことです。

建売住宅の場合は、すでに完成形の建物を実際に見た上で購入できるので、あとはどれだけ安く目当ての物件を購入できるかが重要になります。

建物自体の金額を大きく下げることはできませんが、大きく出費を下げられる余地があるのが不動産会社の『仲介手数料』です。

一般的に物件価格の3%+6万円の手数料がかかるため、仲介手数料だけで100万円以上の出費になることも珍しくありません。

仲介手数料をできるだけ抑えたいと感じる人は、一都三県の約7割の新築一戸建てを「仲介手数料0円」で紹介できる弊社のサービス「うちハピ」を活用してみてください。

『仲介手数料無料だったらサービスが悪いのでは?』と感じる人もいるかと思いますが、宅建士&ファイナンシャルプランナーの有資格者だけで構成された担当者が対応します。

気になる物件があれば、まずはLINEともだち追加か匿名で使えるシミュレーターを利用してみて下さい。

うちハピの公式サイトはこちら⇒

また、注文住宅の場合は0から自分達の理想の家を建てていくため、パートナーとなる「ハウスメーカー選び」が最も重要です。

事前にしっかりと情報を収集せず、安易にハウスメーカーを決めてしまったことで、一生後悔しているような人も少なくありません。

とはいえ全国には数多くのハウスメーカーが存在し、すべての会社の情報を調べて比較するのは不可能です。

そこで活用して欲しいサービスが、東証一部上場の株式会社LIFULLが運営する「カタログ一括請求サービス」。

家を建てる予定のエリアと、自分が希望する住宅の条件や予算を選択するだけで、条件にあった住宅メーカーからまとめてカタログを取り寄せられます。

無料かつ手間をかけずに条件にあったハウスメーカーを比較検討できるので、注文住宅を建てる予定の人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME’Sの公式サイトはこちら⇒

それではここから、記事本文に入っていきましょう。

手取り月収42万(額面52.5万円)で組める住宅ローンはいくら?(頭金なしの場合)

まずは手取りの月収42万円の方が借入できる、住宅ローンの限度額を確認します。

今回のケースは頭金の支払いはなく、住宅ローンで建築費すべてをまかなうことを想定しています。

借入限度額をシミュレーションするためには、額面の年収が必要です。

しかし、手取り月収の金額から逆算して、概算年収は算出することができます。

一般的に額面月収は手取り月収の1.25倍と言われていますので、下記の計算式で年収を算出してみましょう。

手取り月収42万円×1.25倍×12ヵ月=概算年収630万円

手取り月収42万円の方の年収を630万円と想定して、様々なシミュレーションを行います。

ただし、ボーナス支給がある方はボーナス分をプラスして、概算年収の金額を算出してください。

では、以下を条件として、手取り月収42万円の方の借入限度額をシミュレーションしていきましょう。

今回はフラット35金利を適用しています。

気になる金融機関や金利タイプがある方は、金利を変更してシミュレーションしてみてください。

条件

手取り 42万円
概算年収 630万円
金利 2.32%(※1)
返済期間 35年
返済方法 元利均等(※2)

※2 2020年10月現在の金利を適用しています。(融資9割超の場合の最大金利)

参考サイト⇒最新の金利情報|フラット35

※3 元利均等返済とは、毎月返済額が一定になるように、元金と利息の割合を調整している返済方法です。

借りられる住宅ローンの金額

手取りの月収25万円の方の借入限度額は、5,281万円という結果になりました。

参考サイト⇒年収から借入額を計算|フラット35

今回は頭金なしのため、5,281万円がそのまま建築総予算です。

資金計画が限度額以下の方は、借入の面では問題ありません。

返済できるかを考えていきましょう。

しかし、現在の資金計画が限度額を超えている方は、もう1度検討し直した方が良いでしょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

では、5,281万円をフラット35で借入した場合の、毎月の返済額をシミュレーションしていきましょう。

条件

借入額 5,281万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒借入希望金額から返済額を計算|フラット35

シミュレーション結果

5,281万円借入した時の毎月の返済額は18.4万円でした。

借入限度額まで借入したいと感じた方も、返済額を見ると迷いが出てきたのではないでしょうか。

手取り月収が42万円なので、給与の約44%が住宅ローンとして支出されてしまいます。

生活していくためには、食費や光熱費、養育費など様々な支出があります。

各支出の割合を考えたときに、住宅ローンの18.4万円という金額は妥当なのか冷静に判断しましょう。

返済が難しいと感じた方は、資金計画を下げることを検討してください。

理想的な住宅ローンの借入額をシミュレーション

次に理想的な住宅ローンの借入額はいくらなのか考えます。

先ほどまでと同じ条件で、手取りの月収42万円の方の概算年収は630万円、頭金なしの場合です。

理想的な借入額をシミュレーションするために、先に理想的な月々の支払い金額を考える必要があります。

住宅ローンの理想的な支払いは、手取り月収の約20%に設定することが一般的です。

手取り月収42万円×20%=8.4万円

手取り月収42万円の人であれば月々8.4万円の支払いが理想的ということがわかります。

では月々8.4万円の支払いの場合、借入額はいくらになるでしょうか。

条件

月々の支払額 8.4万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

参考サイト⇒毎月の返済額から借入可能金額を計算|フラット35

シミュレーション結果

上記の条件の場合、借入可能金額は2,414万円でした。

理想的な借入額では資金が足りないと感じた方も多いでしょう。

しかし、必ずしも理想の借入額まで金額を抑えなければいけないわけではありません。

理想的な借入額を目安として、自分たちが返済していける借入額を検討してください。

住宅ローン控除はいくら戻ってくる?

住宅ローンを組むと、住宅ローン控除という制度が適用されます。

住宅ローン控除を簡単に説明すると、入居した翌年から10年間、一定の基準のもとで所得税や住民税の控除が受けられるという制度です。

一定の基準とは以下の3つのことです。

3つの中で1番低い金額がその年の控除額として適用されます。

  1. 40万円
  2. 年末残高等×1%
  3. 所得税+住民税(住民税の最大控除額13.65万円)

理想的な金額で借入をした場合、いくらの控除が受けられるのでしょうか。

控除額をシミュレーションします。

条件

借入額 2,414万円
金利 2.32%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等
入居月 2021年1月
扶養家族(配偶者、16歳未満の子は除く) 0人

参考サイト⇒住宅ローンの控除(減税)シミュレーション|イー・ローン

シミュレーション結果

シミュレーションでは、10年間で約214.7万円控除を受けられるという結果になりました。

1年ごとの控除額も確認します。

1年目 236,800円
2年目 232,200円
3年目 227,500円
4年目 222,600円
5年目 217,600円
6年目 212,600円
7年目 207,400円
8年目 202,000円
9年目 196,600円
10年目 191,000円
合計 2,146,300円

毎年19万円以上の控除を受けることができるという結果でした。

ただし、税額などの変動により控除額が変化しますので、あくまでシミュレーション値として参考にしてください。

一都三県で新築戸建てを買うなら仲介手数料無料の「うちハピ」⇒

注文住宅を建てるなら無料で一括資料請求ができる「LIFULL HOME’S」⇒

手取り月収42万(額面52.5万円)で組める住宅ローンはいくら?(頭金1割ありの場合)

次に頭金を支払ったと仮定して、住宅ローンの借入限度額を算出します。

基本的な条件は頭金なしの場合と同じです。

しかし、フラット35では建築総額の1割以上の頭金を支払うと、金利の優遇を受けることができます。

先ほどまで2.32%でしたが、優遇後の金利は2.06%です。

しかし、今回の優遇はフラット35で借入する場合に適用されるルールです。

他の金融機関では金利が変わらないケースもあるため、希望する金融機関に確認してください。

条件

手取り 42万円
概算年収 630万円
金利 2.06%
返済期間 35年
返済方法 元利均等

借りられる住宅ローンの金額

頭金を1割入れた場合、最大の借入可能金額は5,495万円でした。

頭金なしの場合の借入額と比べて、借入額は214万円の増加です。

また、建築資金の1割を頭金として支払っているため、建築総予算はさらに上がります。

借入額5,495万円+頭金615万円=建築総予算6,110万円

頭金まで含めると6,000万円を超える予算を確保することができます。

購入できる住宅の選択肢がかなり広がりますね。

フラット35で借入したいと考えている方は、頭金の金額にも着目しておきましょう。

毎月の返済額を計算してシミュレーション

5,495万円の借入をすると、毎月の返済額はいくらになるのかを計算します。

頭金なしのときと比べて、借入額は214万円上がりましたが、適用金利は0.26%下がりました。

返済額にはどのように影響するのか確認してみましょう。

条件

借入額 5,495万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

シミュレーション結果

シミュレーションの結果、5,495万円を金利2.06%で借入をすると、毎月の返済額は約18.4万円でした。

5,281万円を2.32%で借入をした頭金なしの返済額と同じです。

フラット35は審査基準となる返済負担率を年収によって定めているため、借入額や金利が違っても返済額は同じになるのです。

返済負担率とは、年収に占める住宅ローンの割合のことで、フラット35は以下の通りに設定しています。

年収 400万円未満 400万円以上
返済負担率 30% 35%

参考サイト⇒【フラット35】ご利用条件|フラット35

手取り月収42万円の方の場合、概算年収は630万円です。

上記の表を確認すると、返済負担率は35%で審査されていることがわかります。

年収と返済負担率がわかると、以下の計算式から月々の返済の限度額を算出可能です。

年収630万円÷12ヵ月×35%=18.375万円(約18.4万円)

月々の返済を18.4万円にするために、金利が高いときは借入額を下げ、金利が低いときは借入額を上げて調整しているのです。

いずれにせよ、18.4万円という返済額が適切な金額かを判断して借り入れるようにしましょう。

また、頭金を支払ってお得に借入することをおすすめします。

理想的な住宅ローンの借入額をシミュレーション(返済比率が手取りの20%)

頭金を1割入れたときの、理想的な住宅ローンの借入額もシミュレーションします。

頭金なしの場合と同じで、住宅ローンの返済の比率は手取りの20%と設定します。

手取り月収が42万円の方の場合は8.4万円です。

金利は頭金1割以上ありの場合に適用される2.06%を適用しています。

条件

月々の支払額 8.4円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等

シミュレーション結果

理想的な借入額は2,512万円という結果となりました。

頭金なしの場合と比べると、98万円も借入額が上がっています。

さらに、今回は1割分の頭金を支払うことができますので、建築総予算は以下の通りです。

借入金額2,512万円+頭金288万円=建築総予算2,800万円

頭金なしのときと比べて、388万円も予算が上がりました。

頭金の支払いも限度額のときと比べて、現実的になったと感じる方も多いでしょう。

まだ資金が足りない方は、手取り月収の20%ではなく、25%や30%で検討してみてください。

住宅ローン控除はいくら戻ってくる?

頭金を1割支払った理想的な借入額の場合の、住宅ローン控除額もシミュレーションします。

条件は、頭金なしの場合から借入金額と金利のみ変更してあります。

条件

借入額 2,512万円
金利 2.06%
返済期間 35年(420回)
返済方法 元利均等
入居月 2021年1月
扶養家族(配偶者、16歳未満の子は除く) 0人

シミュレーション結果

シミュレーションの結果、10年間で約222.2万円の控除を受けることができることがわかりました。

1年ごとの控除額も確認してみましょう。

1年目 246,200円
2年目 241,100円
3年目 236,000円
4年目 230,700円
5年目 225,300円
6年目 219,900円
7年目 214,300円
8年目 208,500円
9年目 202,700円
10年目 196,700円
合計 2,221,400円

頭金なしの場合と比べて控除額が増えました。

ローンの残高に合わせて年々控除額は減っていますが、10年間で220万円を超える額が控除されます。

一都三県で新築戸建てを買うなら仲介手数料無料の「うちハピ」⇒

注文住宅を建てるなら無料で一括資料請求ができる「LIFULL HOME’S」⇒

年収630万(額面)の人が住宅ローンを組む際に考えるべき2つのポイント

額面年収が630万円の人が、住宅ローンを組む際に考えるべきポイントを2つお伝えします。

①ボーナス返済を検討する

630万円の年収の他に年2回ボーナスが支給されている方は、ボーナス返済を選択してもいいでしょう。

ボーナス返済とは、年に2回のボーナス月だけ、毎月の返済とは別に一定の金額を返済する方法です。

毎月の返済額と同じにする必要はなく、自分のボーナスの金額を考慮して返済額を決めることができます。

毎月の返済は理想的な返済額の8.4万円のままですが、ボーナス払いをすることで借入額を増やすことができます。

ボーナス払いなしの借入額 ボーナス払い1回5万円した場合の借入額(年間10万円支払い) ボーナス払い1回10万円した場合の借入額(年間10万円支払い)
頭金なし(金利2.32%) 2,414万円 約2,660万円 約2,900万円
頭金あり(金利2.06%) 2,512万円 約2,770万円 約3,020万円

1回のボーナスで月々の返済とは別に5万円支払うと、借入額は約250万円上がります。

また、1回につき10万円ボーナス払いをすると、約500万円多く借入が可能です。

安定してボーナスが受け取れる方や、毎月の給与でしっかり貯蓄ができそうな方は、ぜひ検討してみてください。

②借り入れるタイミングを検討する

この記事を読んでいるあなたは、いつマイホームを購入して住宅ローンを借入ようと考えているでしょうか。

ハウスメーカーの営業マンに建て時を聞くと、なるべく早いようがいいと言われます。

あながち間違いではありませんが、フラット35で借入するときは頭金を貯めた方が得をする可能性もあります。

例えば、2,800万円の資金計画の建物を購入しようと決めたとします。

頭金がないまま、すぐに建てようと考えたときの返済額は以下の通りです。

建築費 2,800万円
頭金 0円
借入額 2,800万円
金利 2.32%
月々の返済額 約9.8万円
35年の総返済額 4,092万円

対して、2,800万円の1割分を頭金として支払った場合の返済額は以下の通りです。

建築費 2,800万円
頭金 280円
借入額 2,520万円
金利 2.06%
月々の返済額 約9.4万円
35年の総返済額 3,932万円

月々の差は4,000円ですが、トータルの返済額は160万円も無駄なお金になります。

家賃8万円のアパートに1年間住んでいたとしても、家賃は96万円しかかかりません。

結果、1年建築時期を遅らせて建てた方がシミュレーション上は得になります。

ただし、貯蓄する期間や金利の上昇のリスクを考えると、頭金がなくても早く建てた方がいい場合もあります。

自分の貯蓄や金利の動向などを考え、冷静に判断しましょう。

一都三県で新築戸建てを買うなら仲介手数料無料の「うちハピ」⇒

注文住宅を建てるなら無料で一括資料請求ができる「LIFULL HOME’S」⇒

まとめ

自分にとって適正な返済額は違います。

しかし、一般的には手取り月収の2割分を住宅ローンの返済に充てることが理想的と言われています。

手取り月収の42万円の方であれば月々8.4万円です。

今回はフラット35でシミュレーションしましたが、他の金利の金融機関であれは、同じ返済額でも借入額は変わります。

ぜひ自分にメリットのある金融機関で、無理のない借入をしてマイホームを購入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み
\知らないと損する!仲介手数料0円で新築一戸建て/
100万円以上お得に買う仕組み