【話題沸騰中】マイホームアプリ「myhm(マイホム)」の口コミ・評判とは?機能や使い方、料金も解説!※旧マイホームアプリ「knot」

「簡単に住宅メーカーを探したい・・・。」

「住宅の図面や取扱説明書といった書類管理もアプリ上で行いたい・・・。」

特にこれからマイホームを建てようと考えている人の中で、上のような疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。もしかしたらあなたもその中の1人では?

住宅探しから書類、メンテナンス管理までできる夢のようなサービスがあれば、マイホーム建設もさらに楽しくなりますよね!

そんなあなたに向けてこの記事では、住宅会社探し~管理までをスムーズに、そして便利に行えるサービス「myhm(マイホム)」をご紹介していきます。

なんとZOZOTOWN創設者としても知られる前澤友作さんも出資しているとあって、現在話題沸騰中なんです。

「myhm(マイホム)」の評判や機能、使い方もあわせて概要を解説していくので、「これから家づくりを始めたい」「マイホームの面倒な管理をなくしたい」と思っている方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!

それでは本文に行ってみましょう!

※【補足】2021年5月12日付で、サービス名が『マイホームアプリ「knot」』から『マイホームアプリ「myhm(マイホム)」』に変更されました。

マイホーム管理アプリ「myhm(マイホム)」とは?

それではまず初めに「myhm(マイホム)」の概要について解説していきますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

「myhm(マイホム)」の3つのサービス概要と機能

「myhm(マイホム)」には、マイホームを建てようと考えている「オーナー」が利用できる2つのサービスと、住宅メーカー・住宅会社が利用できる1つのサービスがあります。

マイホームを建てようと考えている「オーナー」が利用 myhm(マイホム)⇒アプリ

myhm meets⇒サイト

住宅メーカー・住宅会社が利用 myhm(マイホム) for Business⇒アプリ

それぞれ見ていきましょう。

サービス①:マイホーム管理アプリ「myhm(マイホム)」

こちらはマイホームの「オーナー」が利用できるアプリです。

冒頭でも紹介した通り、マイホームの管理をアプリ一つで行うことができます。

主な機能は以下の3つ。

  • 担当者とのコミュニケーションがアプリを通して行える
  • 施工の図面や住宅の取り扱い説明書、住宅会社・ハウスメーカーに関する情報をまとめて管理できる
  • 工事中の写真や引き渡し後のメンテナンスといった「マイホームの足跡」をタイムラインで振り返ることができる

担当者と毎回電話で話をするのが面倒だったり、そもそも人と会話をするのが苦手だったりする人は、チャット機能で担当者と気軽に相談することができます。また、書類の管理はもちろん、マイホームができていく様子を随時タイムラインで振り返ることができるのも嬉しいポイント。

またmyhm(マイホム) コンシェルジュというサービスも無料で利用できます。

チャット機能を通してmyhm(マイホム) コンシェルジュに話しかけるだけで、アプリの使い方の説明はもちろんのこと、「火災保険加入サポート」「住所変更手続き」「住宅ローン借り換えサポート」「貸したい・売りたいサポート」といったサービスを受けることができるんです。

とにかく簡単にスムーズに管理・やり取りを行いたい!困ったことがあればいつでも相談できるプラットフォームが欲しい!という方にはおすすめのアプリです。

サービス②:myhm(マイホム) for Business

myhm(マイホム) for Businessは、住宅の建設を行う「住宅会社・住宅メーカー」が利用できるアプリです。

顧客とのコミュニケーションを円滑に行えるほか、物件管理、案件管理といったサービスを利用できます。

2021年5月12日時点での導入実績数は800社以上。内訳は以下の通り。

  • 北海道:26社
  • 東北:73社
  • 関東:128社
  • 甲信越:58社
  • 東海:144社
  • 北陸:23社
  • 近畿:141社
  • 中国:56社
  • 四国:39社
  • 九州・沖縄:114社

1人で何名ものお客さんの管理をしなければいけない住宅会社。

しかしmyhm(マイホム) for Businessを利用することで、契約がどの程度まで進んでいるのかをアプリ一つで確認できるのが大きな魅力です。

顧客側だけでなく、住宅会社側にも大きなメリットがあるんですね!

サービス③:myhm meets

myhm meetsはマイホームを建てようとしている「オーナー」が利用できるサービスです。

一言で説明すると、「あなたにピッタリ合った住宅会社を探してくれるマッチングサービス」です。

住宅会社にはもちろん『得意・不得意』があります。例えば輸入住宅を得意とする会社もあれば、平屋やローコスト住宅を得意としている会社も。

そのような会社特有の『得意・不得意』とあなたの希望条件をマッチングしてくれるサービスがmyhm meets。

インターネットがあれば簡単に自宅で住宅会社を探し出すことができ、時間もかかりません。

そして最大のメリットが、myhm meetsでマッチングする住宅会社はmyhm(マイホム) アプリを導入している会社だということ!

自分にぴったりの住宅会社を見つけた後、引き続きmyhm(マイホム) アプリで管理ができるのは便利で嬉しいポイントですね。

myhm meetsの使い方は後ほど詳しく解説します。

「myhm(マイホム)」の口コミ・評判はどう?

さてここまでmyhm(マイホム) のサービス概要を解説してきましたが、実際のところ利用者はどのような口コミを持っているのでしょうか?

サイトやSNSで口コミを調査した結果をいくつが紹介していきたいと思います。

「myhm(マイホム)」利用者(住宅オーナー)の口コミ・評判をチェック!

忙しい中でも簡単におすすめの住宅メーカーを探し出してくれて助かった。いろいろな提案を聞き、マイホームの具体的なイメージをつかむことができました。ただやはりネット上ですべて決めてしまうよりも、まず初めは実際に住宅会社に足を運んでお話を聞いてみるのも大切だと思います。
賃貸からマイホーム(一戸建て)を考えていた時にmyhm meetsに出会いました。紹介を受けた会社は、私の希望条件をきちんと汲んでくれて、理想的なマイホーム仕上がったと思います。
こだわりが強い私たち夫婦でしたが、myhm meetsで紹介を受けた会社は真摯に向き合ってくれて、結果的に望んでいたマイホームとなりました。非常に満足しています。
myhm(マイホム)でマイホームを建てようとしたけれど、導入している住宅会社が少なくて残念だった。
私はできれば大手の住宅会社に依頼したかったけれど、myhm(マイホム)を導入している会社は知名度が高くない会社が多かったので断念しました。大手の住宅会社がmyhm(マイホム)を導入していたら利用してもよかったかも!
私が現在マイホームを依頼している会社ではmyhm(マイホム)は利用できないみたい・・・。残念。

利用者の口コミとしては、理想的な住宅会社を見つけ出せた人もいれば、導入している会社の少なさから、満足に利用できなかったという声も。

しかしmyhm(マイホム)には、導入店でない住宅会社に対して、「導入リクエスト」を匿名で送ることも可能です。もしも現在依頼中の会社に対して「myhm(マイホム)を導入してほしい」というリクエストを送信したいときは、myhm(マイホム)公式サイトのリクエストフォームをぜひ活用してみてくださいね!

「myhm(マイホム)」利用者(住宅会社)の口コミ・評判をチェック!

社内の情報共有に加え、お客様との情報管理、報告がアプリ上で一括でできるのがすごく楽。以前のように時間もかからず、また報告忘れ等のミスも減りました。効率性が上がり、ミスが減るという大きなメリットがありますね。
建設の段階や書類・情報など、myhm上に残すだけで社内の誰とでも情報共有ができるのでとても便利です。
以前は双方に「既読」が付いてしまうチャットツールでお客様とのやり取りを行っていました。すると、「既読」をつけた瞬間に早く回答しなければ!というプレッシャーに追われることがしばしば。しかしmyhmならば、お客様がこちらに送ってくれるメッセージには既読が付かないので気楽にコミュニケーションすることができています。

社内の情報共有の面で一躍買っていることが口コミからわかってきました。不在のスタッフがいる際にも、myhm上で顧客情報を確認できるため、ミスが大幅に減ったという声も見つけることができました。

住宅会社側にとっても使いがってのいいサービスなんですね。

「myhm(マイホム)」の利用方法・使い方

さてそれではここからはmyhm(マイホム)のそれぞれのサービスの使い方について解説していきます。

マイホームアプリ「myhm(マイホム)」の利用方法・使い方

まずはマイホームアプリ「myhm(マイホム)」の利用方法です。

STEP.1
アプリのダインロード
STEP.2
myhm導入会社から招待をしてもらい、ログイン
STEP.3
後は画面に従って、チャット、図面管理、書類管理などに目を通すだけ!
注意

1点注意点があります。

myhmアプリは、マイホーム建設を依頼する住宅会社からの招待がないとログインができないようになっているようです。

筆者もログインを試しましたが、ログイン画面上に以下のような文言が↓

⇒『本アプリはmyhm導入住宅会社からのアカウント招待後にログイン可能となります。』

つまり、本当に住宅会社に依頼をして、マイホームの建築に取り掛からないと利用すらできないということになります。

マイホームアプリ「myhm(マイホム)」の公式サイトはこちら⇒

myhm(マイホム) for Businessの利用方法・使い方

こちらは住宅会社用のアプリです。

住宅メーカーでないと利用はできないため、筆者からは使い方等を説明することはできません。

詳しくは公式サイトも参照にしてくださいね。

myhm meetsの利用方法・使い方

そして最後にmyhm meetsの利用方法を解説します。

こちらは「家づくりに関してなんとなく話を聞いてみたい」という方でも利用できるサービスです。

利用方法はこちら↓

STEP.1
myhm meetsのサイトから、「家づくりをはじめる」というボタンをクリック
STEP.2
条件、希望等を入力
STEP.3
入力した内容に沿って、マイホムコンシェルジュからおすすめ住宅メーカーの情報が届く
STEP.4
住宅メーカーを比較検討し、プランの提案等をしてもらう
STEP.5
気になった住宅メーカーと契約
STEP.6
myhm(マイホム)を導入して楽ちん管理・・・

自宅から短時間で入力ができるため、忙しい方でも時間を見つけて簡単に情報を得ることができますね。

「myhm(マイホム)」の利用料金|無料?有料?

さてこれまで説明してきたmyhm(マイホム)のサービスですが、一番気になるのが、利用料金ではないでしょうか。

結論から説明すると、「myhm(マイホム) for Business」は有料ですが、それ以外の2つは無料です。

myhm(マイホム)

myhm meets

無料
myhm(マイホム) for Business 有料

つまり、住宅を建てようとしている「顧客側」は一切料金を払わずに利用することができます。

myhm(マイホム) for Businessの料金表

補足として、myhm(マイホム) for Businessの料金を載せておきます。

ライト ベーシック ビジネス プレミアム
28,000円/月(税抜) 48,000円/月(税抜) 80,000円/月(税抜) 要相談
スタッフID:4 スタッフID:15 スタッフID:30 スタッフID:31以上

スタッフIDの数によって料金が異なるようです。

ライトプランの場合、地域密着型の小規模企業、プレミアムプランになると日本有数の工務店企業におすすめとなります。

「myhm(マイホム)」のメリットとデメリット -どんな人におすすめ?-

それでは最後にmyhm(マイホム)がおすすめな人の特徴やメリット、デメリットを解説していきます。

「myhm(マイホム)」のメリット3つ

myhm(マイホム)のメリットは主に3つあります。

それがこちら。

  • 面倒な書類の管理などをアプリ一つで行える
  • 担当者とのコミュニケーションもアプリ上でできるのでスムーズ
  • 企業にとっては情報共有のミス等を防げ、お客様の満足度を上げられる

まず顧客側にとってのメリットとして、面倒な書類や工程の管理をアプリ上で行うことができることがあげられます。特にマイホームの建設はほとんどの人が一生に一回の経験ですし、何に気をつけていいのかわからないのが本音だと思います。気が付けば大切な書類がかさばって、何を見返していいのかわからないという状況にもなりかねません。しかしmyhm(マイホム)を利用することで、重要事項を含め説明書などもアプリ上で管理できるので、見落とし等もなくすことができます。

また企業側にとっても、お客様との情報共有という面で大きなメリットになるでしょう。アプリに情報を残せば、必然的にお客様とも共有できるシステムなので、「大切な情報を渡すのを忘れていた」という事態を防ぐことができます。

「myhm(マイホム)」のデメリット1つ

それではmyhm(マイホム)のデメリットは何でしょうか。

myhm(マイホム)のデメリットは以下の1つがかんがえられます。

  • myhm(マイホム)を導入している住宅会社が少ない

もしあなたが「大手にマイホームを依頼したい」と考えている場合、myhm(マイホム)のサービスは利用できないことが多いでしょう。

それは、導入している会社の数自体がまだ少ない(大手の会社で導入しているところが少ない)からです。

しかしながら規模が小さい会社だから質が低いというわけではありません。もしかすると、地域密着型の小さい会社に、あなたの希望を満たしてくれるところがある可能性も大いにあります。したがって、大手の会社探しと並行してmyhm(マイホム)を利用してみるのも一つの手段かもしれません。

「myhm(マイホム)」の運営会社概要

myhm(マイホム)の会社概要は以下の通りです。

社名 株式会社マイホム / myhm, inc.
設立 2021年2月5日
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス19階
東京オフィス 〒104-0041 東京都中央区新富2丁目4−5 ニュー新富ビル3階
事業内容 工務店様向けの「myhm(マイホム) for Business」事業及び、ハウスオーナー様向けの「マイホームアプリ myhm(マイホム)」事業の企画・開発・運営・販売
公式サイト https://myhm.co.jp/

まとめ

今回の記事では、マイホームを建設するにあたって非常に便利で効率のいいサービス「myhm(マイホム)」について解説してきました。

myhm(マイホム)はこれからマイホームを建てたいオーナー、そして作業効率化&ミスを少なくしたい企業側にもメリットの多いサービス。

アプリ上で一括管理ができるので、情報の共有がとても簡単にできますし、コミュニケーションもスムーズに。

気になる方はぜひ公式サイトも参考にしてみてくださいね。

この記事があなたのマイホームづくりのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /