大熊工業の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

大熊工業は「家が、理想のリゾートになる。」をキャッチコピーに、注文住宅とリノベーションを展開するハウスメーカー。

お客さまが理想とするリゾートを生活空間へと実現するため、世界のリゾート地を訪れ、本物の素材・家具・ファブリックを入手。

1年間で手がける住宅の数を限定していねいに仕上げます。

そこで今回は大熊工業について詳しくご紹介しましょう。

大熊工業で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

大熊工業はリゾート感覚あふれる注文住宅を得意とするハウスメーカー。

海外研修を行い現地の素材にこだわる徹底ぶりです。

1年で作る棟数を限定し、ていねいな住まい作りを実施。

ここでは実際に大熊工業で家を建てた人のリアルの評判をご紹介します。

大熊工業のリアルな悪い評判・口コミ

デメリットは、海外から素材を輸入するため施工期間がかなり長くなったことですね。

引越しの準備などができなかったため、事前に理想の日付などを伝えるべきだったと反省しました。

ただその分満足のいく家になってよかったです。

 

家に合わせて家具やファブリックにもこだわり、かなり予算オーバーとなりました。

もう少し話し合って、コストを抑えればよかったかなと思います。

大熊工業のリアルな良い評判・口コミ

娘夫婦がスリランカに住んでいて、その雰囲気を住宅に反映させたいと夫婦で考えていました。

主人が土地の形状に合わせて間取りを作成するほどお気に入り。

大熊工業のスタッフがスリランカ研修をするなど、徹底的に住まいと向き合う姿勢にビックリ。

何度もイメージを伝えて根気強くサンプルを作ってくれました。

ぜひみなさんに見てほしいと思うほど、最高の家が完成しました。

 

住んでから1年になりますが、とても快適です。

天然石のヒタムモザイクを使用した壁、漆喰で仕上げた内装は理想通り。

中庭を作ってもらえたおかげで、寛ぎの時間が充実します。

家具は一点物の個性的なデザインを提案してくれました。

以前の家はいつも暗かったので、窓を大きく開け日差しをたっぷり取り込める設計に。

ストレスをまったく感じない家になりました。

 

インドネシアのリゾートが理想でした。

大熊工業にお願いして完成した家は「わぁ、すごい!」と思わず言いたくなるほど素晴らしい仕上がりに。

家が完成するまでチームとなって進む感じが楽しかったですね。

石材工場に訪れるなど現地での体験も貴重でした。

すべてがオンリーワンのデザインで、これ以上のものはないというほど素敵な家。

大熊工業に出会えてよかったです。

 

子供と共にインドネシアに行って、現地のリゾートを体験することから始まりました。

実際に使うクインの石を見学。

仲の良い家族なので、もっとコミュニケーションを増やしたいと仕切りのない住宅「0LDK」にすることにしました。

すべての部屋が見渡せ、飾り棚や本棚で仕切るだけの広々とした空間。

長男は「建築家になりたい」というほど、家づくりに感動したようです。

パパ

0LDKなんてすごいね!
しかも素敵な家が建てられたおかげで息子さんの将来の夢まで!

ママ

吉祥寺のハウスギャラリーで一目惚れして、お願いすることに。

家族以上に家族のことを考えてくれるという印象を大熊工業さんに持ちましたね。

孫の「お城が欲しい」と言った一言も、プランに盛り込んでくれました。

まるでヨーロッパの美術館のような仕上がり、アンティークの家具が溶け込むような内装。

家が完成した時はスタッフの方とお別れが淋しいと感じるほどでした。

 

本当の意味でフルオーダーの家を建てたくてハウスメーカーを探していました。

こだわったのはアメリカの「インダストリアル・ヴィンテージ」。

大熊工業の施工例を見て、きっと実現するとお願いしました。

10センチ単位で対応してくれ、無理難題にもいつも「面白そうですね」と快諾。

毎回出してくれるアイディアが素晴らしく、期待をはるかに超えた家が完成しました。

 

大熊工業のカジャデザイン現場見学会で、デザインの素晴らしさに触れ相談することに。

子供が敏感体質なので、自然素材や漆喰壁を使ったナチュラルな家をお願いしました。

実際できた家は庭が2つあり、家というよりリゾートホテルのような寛ぎ。

細長い土地を生かしたガレージや、開放感あふれるリビングなどを設計。

毎日「気持ちいいなぁ」と思わず言ってしまう家です。

 

5社ほど設計をお願いして、その中で大熊工業のカジャデザインを選びました。

選んだ理由は提案力もさることながら着地点が明確で安心感があったからです。

ヨーロッパをイメージした壁に、大開口の窓があるリビングがお気に入り。

近代美術館のような個性的な内装、存在感のある階段も理想通り。

妥協なく意見を言えるハウスメーカーに会えてラッキーでしたね。

ライオン先生

お客の要望に応えようという姿勢を見せてくれるハウスメーカーじゃと理想の家造りには安心じゃ
そうですね。各家庭それぞれ拘るポイントが違うし。

パパ

ママ

そうよね!できないとすぐに断るんじゃなくて考えて色んなアイディアを出してくれるようなハウスメーカーさんだと頼もしいわよね

こだわりたい点が多かったので、ハウスメーカー選びに苦労しました。

そんな時に知ったのがカジャデザイン。

アジアンリゾート風が希望だったので、施工例からお願いできると思いました。

キューブ型の白い壁にブロックの枠をつけた窓を設置した外観。

12mの壁面をギャラリースペースとして使えるのも魅力。

屋上はスカイツリーが眺められる最高の場所になりました。

 

カジャデザインのホームページを見て感動し、これから理想の家ができると依頼しました。

何よりも抽象的なイメージを具体的にするデザイン性と創造力が素晴らしい。

すでに持っていたテーブルの素材に合わせて、キッチンにチーク材を使うなどの気配りにも感動。

オーガニックでカジュアルなホテルのイメージに仕上がり、以前より家にいる時間が増えました。

大熊工業の特徴・メリットを項目ごとに紹介!

大熊工業は「想像を超える感動をもたらすこと。」を経営理念にオンリーワンの住まいを提供。

大熊工業の「カジャデザイン」の特徴やメリットについて項目ごとに詳しくご紹介します。

価格帯・坪単価

大熊工業の坪単価について正式な公開は掲載されていませんでした。

口コミなどからの計算によると坪単価は80.0万円 ~120.0万円/坪で、ハイクラスのハウスメーカーです。

デザイン性

大熊工業のカジャデザインは完全自由設計が可能なハウスメーカー。

ここでは施工例を元にデザイン性をご紹介します。

こだわりが形になった家

高級感あるリゾートをイメージした住宅。

壁のベースカラーは白いレンガや壁紙を使用、建具などをアクセントにして個性を引き出します。

ヴィンテージ感のあるブラウンのフローリング、高い吹き抜けのリビング。

中庭に面した壁を窓にして、日差しを取り込む設計。

スケルトンの階段を設置して窮屈さを排除した間取りになっています。

ライオン先生

海外リゾートが好きな人じゃとゆっくり寛げる家としてこのようなリゾートをイメージした家を建てる人も多いようじゃの

灯りに集う家

リゾート地の開放感をリビングに取り入れたプラン。

オリジナルの石材「ヒタム」を外壁に使用し、透け感が個性的な花ブロックを設置し照明を引き立たせます。

中庭につながる壁は大開口の窓を設置し、光を取り込む設計。

アイランドキッチンとカウンターを一体化させ、家族やゲストとの会話を楽しめるコーナーに。

木質ペレットを燃料とするストーブを設置し冬はエアコン要らずです。

趣味と遊ぶ家

屋上にウッドデッキを設置し、バーベキューを楽しめる場所に。

ガーデニングも楽しめ、居心地のよい空間を演出。

キッチン・バスルームなどの水回りはブラックとウォルナットの大人色。

使い勝手のよい収納を備えすっきりした印象。

中庭へつづくリビングは大開口の窓、床をベージュのタイルを採用。

美術館のような飾り棚を配置し、ゆとりの時間を過ごせます。

二つの中庭の家

細長い土地を活かすため二つの中庭を配置したプラン。

中庭に面した窓を広く多く設けることで各部屋を明るく、風通しのよい設計に。

道路側にはスタイリッシュなガレージとヒタムを取り入れたモダンな外観で印象的に。

壁・床・天井と白に近い自然の素材を使い、癒しの空間を演出しています。

ママ

土地の特徴を生かしたデザインなのね
やっぱり日当たりの良い明るい家がいいよね

パパ

平屋の特徴

大熊工業の平屋プランは切妻屋根が特徴的なモダンリゾートのデザイン。

プライバシーを守りつつ日差しを取り入れる、トップライト、天窓、開口窓を工夫しています。

夜でも室内は明るさを保つため天井は天然木、壁にクインストーンを採用。

リビングを中心として仕切りのない開放感のある空間を演出しています。

耐震性

大熊工業ではあらゆる建築条件下でも施工できるように、複数の工法を採用。

中でも地震に強い工法が「耐震構法SE構法」。

木造最強と言われるSE構法を採用することで、柱や壁が少なくても耐震性に優れた住宅が可能になります。

大熊工業では理想の設計図を基に耐震性を考慮した工法を打ち出します。

腐食に強い接合金物を用いて、耐久性にも優れた建物を実現。

建物をしっかりと支えるベタ基礎を行います。

150mm以上のコンクリート土台で建物を受け止め、安全・安心の住まいが完成。

断熱性・気密性

大熊工業では断熱材としてウレタンフォーム、グラスウール、セルロースファイバーを採用。

ウレタンフォームは、発泡吹き付けすることで隙間なく壁を覆って断熱層を作ります。

グラスウールは端材にも利用できるのでリサイクル性に富み、地球環境に優しい素材。

自然系断熱材のセルロースファイバーは、木質繊維のリサイクル材で調湿作用に優れ、結露を防いでくれるため建物を健康に保ちます。

保証・アフターサポート

大熊工業は住宅瑕疵担保責任保険に加入。

引渡し後、3ヶ月・1年・2年・5年・10年・20年までの無償点検を実施。

有償点検は最長30年まで可能です。

また24 時間365日緊急対応窓口も設けて緊急対応も可能。

ママ

24時間緊急対応できる窓口があるのはとても安心!
そうじゃな。何か起きても相談できないようなところより、このようにサポートしてくれるところが良いぞ

ライオン先生

工期

大熊工業の標準工期は5か月〜6か月を設定しています。

デザインや床面積により異なるので、コストなどを考慮し事前の確認を行いましょう。

工事中の見学も随時可能、毎週の工事進捗方向を送ってくれます。

構造・工法

大熊工業で扱うメインの構法は「耐震構法SE構法」を採用。

大空間や大開口を可能にし、12m以上の開口や30畳を超えるリビングなどを実現できます。

また設計やプランに合わせて木造、RC造にも対応可能。

またベタ基礎を行い、建物をしっかりと支えます。

大熊工業をおすすめしたい人はこんな人!

リゾート感覚あふれる注文住宅を手に入れたい人、オンリーワンのデザインにこだわりたい人には大熊工業はぴったりです。

モダンリゾート、アジアンリゾート、フレンチリゾートが代表的スタイルですが、好みに応じてオリジナルプランも可能。

大熊工業で注文住宅を建てる時の4つのステップ

こだわりの家を大熊工業に依頼する場合、どのような手順を踏めばよいか迷うもの。

ここでは注文住宅を建てる際に、抑えるべき4つのステップをご紹介します。

1. 予算の決定

第一に予算の決定を行いましょう。

設計を始めに決めても、予算と合わなければ無駄になってしまいます。

貯蓄額、世帯年収、住宅ローンの借入額から算出。

必要諸経費、引越し代金などを差し引いた数字を確認。

個人で計算するのは時間がかかるため、プロに依頼することをおすすめします。

2. 土地の決定

次は土地探しを行いましょう。

土地と建物の予算の割合を考慮する必要があるため、早めにスタートすることをおすすめします。

ライフプランや家族の成長、周辺環境や利便性についてもチェックしましょう。

大熊工業に相談して付き合いのある不動産会社を紹介してもらうのもアイディアです。

3. 理想の家のイメージ&設計

土地まで決まったら、理想のマイホームデザインを決めましょう。

インテリア雑誌やホームページの間取りなどをチェックし、イメージを伝えやすくするための準備を。

モデルハウスを見学し実物に触れることも大切。

大熊工業のスタッフによるヒヤリングを経て、イメージを具体化した設計が完成します。

4. 建築計画、請負契約

プランまで決定したら、施工完了までのスケジュールを確認しましょう。

見積もり概算などを依頼し、諸経費の支払い期日などもチェック。

引渡し後の保証・無料点検・リフォームについても確認しましょう。

一生のお付き合いとなるため、疑問点は解決しておくことが大切です。

大熊工業の会社情報

大熊工業は世界各国のリゾートを注文住宅に実現するハウスメーカー。

現地スタッフと連絡を取り、求められる建材を厳選する徹底ぶり。

お客さまの理想に合わせ、家具・照明・ファブリックに至るまでオンリーワンにこだわります。

大熊工業の会社概要

会社名 株式会社大熊工業
所在地 東京都西東京市保谷町6-21-6
TEL 042-469-5060
FAX 042-469-6001

大熊工業が注文住宅(カジャデザイン)に対応しているエリア

東京・神奈川・埼玉・千葉

(一部地域を除きます。設計・デザインは全国対応可能)

まとめ

大熊工業は海外直輸入品を取り扱い、理想の住まいをトータルサポートするハウスメーカー。

直営のインエリアショップも経営し、一点ものの家具を入手することも可能です。

本当の自由設計ができる大熊工業を候補に入れてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です