りゅうせき建設の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

住まいづくりは、どんな住まいを作りたいのかを決めるところから始まります。

木造、鉄筋コンクリート、工法、素材、デザイン、価格などいろいろなハウスメーカーのホームページを見ながら、理想とするマイホームについて家族で考えましょう。

ある程度まとまったら、理想のマイホームを建ててくれるハウスメーカーを探します。

ハウスメーカーによって、特徴が違いますし、強みも違うので、自分たちにあったハウスメーカーを選ぶのが大切。

ここでは、沖縄県で注文住宅づくりを考えている方のために、沖縄の工務店「りゅうせき建設」について詳しく紹介します。

沖縄特有の気候・風土を生かしながらの「暮らし」を提案しているりゅうせき建設。

りゅうせき建設の特徴、価格、デザイン、そして実際に建てた人の口コミを紹介していますので、参考にしてください。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

りゅうせき建設で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

ハウスメーカー選びで一番気になるのは、営業の対応はどうだったか、実際に住んでみてどうなのかというリアルな口コミです。

りゅうせき建設で実際に住まいを建てた方の口コミを、良い面と悪い面、両方まとめました。

りゅうせき建設のリアルな悪い評判・口コミ

建てるまでは特に問題もなくスムーズに進み、完成した住まいもとても住み心地が良く、問題はありません。建ってからのアフターサービスは期待外れでした。大手の会社なので、アフターサービスもしっかりやってくれると思いましたが、点検は最初だけしか来てくれなくて、催促してやっと来てくれる感じです。年に1度の点検なので、きちんと来て欲しいなと思います。

営業の方との相性が合いませんでした。住まいはとても素晴らしく、ここで作りたいなぁと思っていたのですが、営業の方の上からの感じと、すぐに返事をしてくれないところに不安を感じて、お願いするのをやめました。迅速な対応がないと不安に思いますし、これからずっと関わり合いになるのに、信頼関係が築けないと感じました。

質問しても、すぐに返信が返ってこなくて、催促してやっと答えてくれる感じでした。すぐに返事が欲しいときにもそのペースだったのでいらいらしましたし、とても不安になりました。できた住まいはとてもいいと思うのですが、営業の方の対応でなんだか住まいづくりの満足感がありません。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

りゅうせき建設のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

いつかマイホームは絶対建てたいと思っていたので、結婚をする前から、展示場や見学会は積極的にいっていました。最初は全くの素人で何もわからなかったのですが、見学に行っているうちに、工法や素材、耐久性などがわかるようになり、過ごしやすさ、快適さ、どれだけ耐久性があるのかなどをチェックするようになりました。どの工法にもメリットデメリットがありますが、選ぶときに大切なのは自分の理想の住まいづくりにあっているのは、どれなのかということ。特に、鉄筋コンクリート造、木造、鉄骨造を選ぶのは、最初の一歩としてとても大切。沖縄は夏が暑く、台風が多いという土地柄がありますので、その土地柄にあった住まいづくりを行おうと思っていました。いろいろ見学した中で一番いいなぁと思ったのが、りゅうせき建設のRC+。鉄筋コンクリートの住まいは、気密性、耐久性、耐震性、耐火性など性能が高く素晴らしいのですが、コンクリートの特性上、暑さをため込んで室内が暑くて過ごしにくいというデメリットがあります。気温が暑い時期に、夜まで室内が暑いのでは眠れないですし、光熱費もかかります。りゅうせき建設のRC+はこのデメリットをなくした素晴らしい性能で、断熱性、遮熱性能が高く、夏も涼しく快適に過ごすことができるのです。台風の多い沖縄で、木造よりコンクリート造の住まいの方が断然いいですし、しかも涼しく過ごせるなんて最高ですね。間取りの自由度も高く、広い間取りが可能なのも気に入りました。住んでみると、本当に夏も冬も快適に過ごせる断熱性の高さを感じます。強い台風の時も、地震でも家にいるのが一番安全です。

ライオン先生

夫婦とも趣味が多くて、家に人が集まることが多いので、人がたくさん集まっても快適で、お客様が気持ち良く集まることができる環境にしたいと思っていました。りゅうせき建設を選んだのは、コンクリートで耐久性が高く、台風や地震に強いこと、広い間取りが可能なところ、高い天井の開放感のある住まいが建てたかったことで選びました。リビングは開放感がある吹き抜けと大解放で、広い空間を作りました。りゅうせき建設の建てる住まいは頑丈なだけではなく、断熱性能調湿性能が高いので、どの季節も快適、そして安全に過ごすことができます。そこに大きなテーブルを置いて、お客さんが集まってもくつろげる空間にしました。広い間取りにすると、耐久性が心配になるのですが。木造ではないですし耐久性が高いので安心ですね。木造住宅と比べると、建てるときのコストは高くなるかもしれないですが、光熱費、メンテナンス費などランニングコストが安くなるので、結果的にはこちらの方がお得なのではないでしょうか。もし、売却することになったとしてもRC+は価値が下がることがないので安心。住み始めてから、夏も冬も過ごしやすい家だなぁと感動しています。前のマンションは同じコンクリート造でも、夏の暑さがこもって、夜になっても室内が暑く眠れないほどだったのです。今の家は、夏も涼しくて夜はもちろん熟睡できますし、光熱費が圧倒的に安く済んでいます。今凝っているのは、庭づくりで、ウッドデッキから自然を楽しめる家にしたいと思っています。

ライオン先生

マイホームを建てるときは、地元のハウスメーカーにお願いしたいと思っていました。沖縄は気候も風土も独特なものがあるので、地元の会社ならそれを考えた住まいづくりをしてくれると思ったからです。りゅうせき建設は昔から地元にある建設会社で、住宅の施工以外にも様々な事業をやっている会社なので、安心感があります。最初に相談しに行った時も、沖縄の風土に合わせた住まいづくりを行っているといってくれたので、信頼して任せることができました。我が家は、両親と一緒に住む二世帯住宅を建てたかったのですが、お互いの意見が合わなくてとても苦労していました。りゅうせき建設の場合は、様々なスタイルの二世帯住宅の提案をしてくれて、私たちだけではなく、両親の話もよく聞いてくれて、お互いの要望を叶えようと一生懸命やってくれて嬉しかったですね。両親も、とても満足するプランを考えてくれて、お互いのプライバシーを守り、お互いの趣味を反映することができました。これもすべてりゅうせき建設のスタッフの方が、一生懸命やってくれたからですし、私たちにぴったりのプランを出してくれて満足。以前は喧嘩もよくしていたのですが、新しい二世帯住宅に住むようになって以前よりコミュニケーションをよくとるようになり、仲が良くなった気がします。

ライオン先生

沖縄では有名なハウスメーカーで、マイホームの建設だけではなく、アパートやマンション、ホテルなど大きな建物の施工も行っている実績ある工務店のりゅうせき建設。住まいを建てるときに、安心ができるマイホームが欲しかったので、りゅうせき建設にお願いすることにしました。いろいろ調べたときに営業マンによって対応が違うという口コミを見つけて、少し心配になりましたが、私たちの担当の営業の方は、とても丁寧な対応で安心しました。デザインはシンプルで機能的なものが好きだったので、りゅうせき建設が作っている住まいのデザインはとてもいいと思いますね。個性的で奇抜なスタイルは好みませんので、こういうデザインが好きです。一番いいなぁと思ったのは、やはり性能です。快適に住むことができる性能がそろっていて、コンクリートの住まいのデメリットもなく、断熱性も気密性も高いのが気に入りました。子供はまだ小さいので、個室は今のところ考えていないのですが、もう少し大きくなったら考えなければいけません。その場合でも、りゅうせき建設の住まいは個室を作り、間取りの自由度が高いので、将来的にもすごく助かります。私たちの場合は土地の購入からやらなければいけなかったのですが、りゅうせき建設では土地購入から一括でサポートしてくれるのでとても助かりました。大手の会社なので完成まですごくスムーズで、工期も他のハウスメーカーより早いのではないでしょうか。建ててからのアフターサービスもいいですし、りゅうせき建設にお願いしてよかったです。

ライオン先生

りゅうせき建設のRC+の住まいでマイホームを建築しました。鉄筋コンクリート造は沖縄県の風土にすごくよくあった建て方だと思います。まず、台風や地震に強い耐久性が大きなメリット。以前の木造の住まいは、大きな台風が近づくたびに大丈夫かなぁととても心配に思ったのですが、今度のマイホームは特に気にせず安心して台風でも過ごすことができています。耐久性が高いので、資産価値がそれほど下がらないのも大きなメリットですよね。後は家事に強いのも大きなメリットで、保険料が前よりもかなり安くなりました。断熱性能と調湿性能が高いので、住んでいてとにかく快適に過ごすことができます。冬の寒い時期は当然温かいですし、夏の蒸し暑いときも、家の中は爽やか。特に湿度が高い沖縄では、この爽やかに過ごすことができるというのが本当に快適。部屋の空気がきれいに保てていますし、家の中がいつも快適です。私たちは、エコキュートと太陽光発電を導入しましたので、住まいのランニングコストが抑えられているのが大きなメリット。子供がまだ小さくて、手がかかり、これからはかなりお金がかかるようになります。家のローンもありますので、普段の光熱費などのコストが安く済むのは本当に良かったと考えています。太陽光発電は、オプションでの取り付けでしたが長い目で見て導入することができてよかったと思います。親身になって相談にのってくれて、的確なアドバイスをくれた営業の方に感謝です。

ライオン先生

りゅうせき建設に決めたのは、親の代でもお世話になっていましたし、担当の方がとても丁寧に対応してくれたのと信頼することができたから。住まいづくりは、建てるまでではなくて建ててからもお世話になることが多いので、信頼できる営業の方でないと、建てようとは思いませんでした。その点、今の担当の方は、とても話しやすく何でも相談することができ、応えも迅速に出してくれます。さらに、私たちの要望や質問に対して、いいことばかりを言うのではなく、リスクもしっかり伝えてくれたのが、信頼につながりました。私たちはEs=Lifeの住まいをお願いしました。間取りをある程度自由にできて、将来変更する可能性もあるのでぴったりでした。また、屋上には太陽光発電と屋根面緑化を考えていたので、その相談にものってくれたのが良かったです。太陽後発電は最初悩みましたが、りゅうせき建設は特に太陽光発電について詳しくて、ここなら安心できると思いお願いしました。建ててからのコストを大幅に抑えることができているので、導入してよかったと思います。

ライオン先生

鉄筋コンクリートのクールでモダンなデザインが気に入って、りゅうせき建設さんにお願いしました。コンクリートの住まいは少し冷たく感じますが、耐久性も高いですし、昔からこういうデザインにあこがれていたので、夢がかなった感じがします。間取りやデザイン、素材選び、カラー選びなどいろいろ悩むことも多かったですが。とても分かりやすい提案をしてくれたので心強かったですし、住まいづくりがとても楽しく感じました。間取りは、あまり仕切りを設けることなく広い間取り空間を作り、家族がコミュニケーションとりやすくしました。子供もまだ小さいということがあったので、こういう間取りにしましたが、子供が大きくなったらまた多少間取りを変えようと思っています。りゅうせき建設の住まいは、間取りの変化にも対応してくれるのでありがたいですね。前はマンションだったので、子供たちもゆっくり遊ばせる空間もなく、いつも静かにして、と怒っていました。今の家に移ってからは、気密性、遮音性の高い住まいなので、子供にうるさく言うこともなくのびのびと暮らしていると思います。エアコンにあまり頼らずに生活できるようになって、光熱費が大きく下がりました。

ライオン先生

りゅうせき建設に決めたのは、ハウジング事業だけではなく、環境創エネ事業なども行っている、知識が豊富なハウスメーカーだと思ったからです。後は大手のハウスメーカーのように全国区ではないので、沖縄の住まいに特化した住まいづくりを行っていると思ったからです。実際に話を聞いてみるとその通りで、台風対策、そして暑さや湿度の対策がある住まいを作っている会社だと思いました。コンクリート造の住まいは、台風や地震に強くて安心。まずは、危険を感じることなく住めるというのは一番大事だと思います。りゅうせき建設の住まいはZEH住宅の認定を受けることができ、創エネ、省エネにも優れた住まいづくりを行っていることも良かったですね。快適に夏を過ごすことができて、光熱費も抑えられています。マイホームは建てるときにお金がかかりますが、建ててからだとマンションに住むよりもコストが安くなっています。デザインもおしゃれでとっても機能的、使いやすい間取り、片づけやすい収納など暮らしやすく、効率的に家事ができますね。子育てもしやすい住まいで、子供が小学校に入る前にマイホームを手に入れることができてよかったと実感しています。

ライオン先生

友達が、りゅうせき建設で二世帯住宅を作りそれを見に行ったときにとてもいいなぁと思ったので、私たちも相談に行きました。友達に二世帯住宅は、玄関だけは一緒ですがあとは全部熱の住まいで、それがお互いのプライベートに干渉しない形ですごくよかったです。今までは二世帯住宅というと、全部一緒で、家族がずっと朝から晩まで一緒にいるという息が詰まるものを想像していましたが、今は全然違うんですね。りゅうせき建設に相談したときに、3つのタイプの提案ができるといわれ、玄関も別にすることができるといわれました。わたしは看護師なので夜勤も多く、生活時間帯が義両親の生活時間帯と大きく違います。それもあって、できれば全部を分離した完全分離型を提案しました。義両親も私たちを気遣って、それがいいといってくれたので、完全分離型に決定。営業の方は、お互いの世帯の要望が通るように、わかりやすくメリットを説明してくれて助かりました。私たち家族には、完全に分離したほうがお互いにメリットが多かったと思いますね。気になったのが、お互いの生活音が聞こえないかということでしたが、特に聞こえることもなく、遮音性が高い建物で安心しました。玄関、リビング、お風呂、キッチン全部別で、お互いにあまり鑑賞することなく生活していますが、何かあった時にすぐに頼ることができるという安心感があります。両親も、この暮らし方が気に入っているみたいで、以前よりもご飯を食べる機会も増え、仲が良くなった気がします。沢山相談にのってくれて、満足がいく住まいづくりができました。

ライオン先生

共働きで子育て世帯、これからもっと教育費がかかることを考えると、妻もフルタイムで働きに出たいという思いと、マイホームが早く欲しいことなど、いろいろ考えて、二世帯住宅を思い切って建てることにしました。二世帯住宅はずっと子供の代まで住んでいきたいので、長く安全に住むことができ、費用を抑えた住まいづくりを希望。色々なハウスメーカーに相談し、様々なモデルハウスを見学、一番丁寧に話を聞いてくれて、実績も多かったりゅうせき建設にお願いすることにしました。間取りは玄関が同じで、後の生活空間を別にするタイプ。私たちは別に一緒でもいいかなぁと考えていたのですが、親世帯が別にしたいといったので、分離型にしました。デザインも、私たちは特にこだわりがなく、家事がしやすい間取りがいいなぁという程度でした。親世帯は、デザインは和風が良くて、畳の部屋も作りたい、高齢者に優しい設計にしたいとこだわりが多かったみたいで、設計士の方も親の話に耳を傾けることが多かったのではないでしょうか。私たちも、親も納得の住まいづくりができて大満足。収納も多いですし、動線は家事がしやすいように考えられていて、動きやすくて大満足です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

りゅうせき建設の特徴を項目ごとに紹介!

りゅうせき建設では、どのような住まいを作っているのか、特徴を項目に分けて紹介しています。

価格帯・坪単価

ホームページに記載がありませんでしたが、坪単価50万円~60万円という口コミがありました。

デザイン性

りゅうせき建設の住まいは、自由なデザインが可能です。

お客様のニーズや好みに合わせて好きなデザインを施工する実欲があります。

また、頑強な作りの住まいを生かして、大空間のリビング、吹き抜け、地下も可能。

地下にホームシアターや、ワインセラーを作っているお客様もいます。

りゅうせき建設の商品ラインナップは3つあり、ひとつは夏でも涼しいコンクリート造の住まいのRC+、設計の自由度が高いEs=Life、二世帯住宅のデメリットをなくして快適に暮らせる二世帯住宅の3つです。

二世帯住宅では完全分離、玄関のみ共有、完全共有の3つのタイプがあり、お客様の要望に合わせて間取りや共有分を返納する住まいづくりを行っています。

耐震性

鉄筋コンクリート造の特徴の一つが、耐震性が高いこと。

単位面積当たりの比重が重くて頑丈なのが鉄筋コンクリート増の特徴ですが、RC+はその中でも壁式構造を採用。

壁式構造によって高い耐震性が確保されています。

過去の地震でもその効果は実証されています。

断熱性・気密性

りゅうせき建設の住まいは、RC建築構造に断熱性能、調湿性能、省エネ性能をプラスして快適な住まいを実現しました。

コンクリート造の住まいは太陽熱を蓄熱する性質がありますので、夏の暑さが強い沖縄の風土には合っていないと思われていました。

りゅうせき建設のRC+は鉄筋コンクリートの耐久性と頑丈さはそのままに、断熱と調湿性能をアップさせました。

RC+の断熱について詳しく説明します。

発泡ウレタン吹付断熱

RC+の住まいはコンクリート造のため気密性の高さがメリット。

この気密性の高さを生かして内側にウレタン吹付タイプの断熱材を施しました。

シックハウスの原因とされる化学物質は使用していないので、安心して快適な断熱性が可能です。

遮熱塗装

沖縄県の気候の特性はやはり暑い日差し。

この暑い日差しを直接受ける屋根は特に傷みやすいのですし、家の中が暑くなる原因。

りゅうせき建設では、屋根に遮熱塗料を塗ることで、熱エネルギーの吸収が軽減。尾根材の温度上昇が抑えられているので、室内の温度上層も和らぐメリットがあります。

Low-e複層ガラス

建物内で熱が一番外に出やすく、外の空気が入りやすいのが窓。

RC+ではLow-eガラスを採用することで、太陽の日射熱をカットしています。

また、複層ガラスにすることで断熱効果もアップさせます。

アルミ樹脂複合窓

外側はアルミ、内側は樹脂で構成されているアルミ樹脂複合窓を設置。

断熱性、結露抑制の効果を発揮します。

雨や風に強い特性も沖縄の風土に合っていますね。

保証・アフターサポート

りゅうせき建設では、住んだ後から本当のサービスが始まるとして、アフターサービスや保証を充実させています。

カスタマーサービス部門を設立し、アフターメンテナンス、定期巡回点検、時間の経過とともに必要になるリフォーム工事も全力でサポート。

引き渡した後も、安心のサービスが受けられるように、24時間アフターサービスの受付を行っていますので安心ですね。

工期

4か月~6か月

構造・工法

RC+の住まいは鉄筋工クリート造の壁式構造を採用しています。

鉄筋とコンクリートの組み合わせは耐久性が高く、法定耐用年数は47年。

これは木造建築の22年にしてはかなり長く、資産価値が高いメリットがあります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

りゅうせき建設をおすすめしたい人はこんな人!

特徴や強みがわかったところで、どんな人におすすめしたいか、どんな人がりゅうせき建設の住まいづくりにあっているのかを紹介します。

沖縄の気候風土に合わせた住まいづくりを行いたい方

沖縄の気候というと、夏の暑さ、そして台風が多い土地ということ。

コンクリート造の住まいは、日差しの熱をため込んでしまい、室内が暑くなるというデメリットがあったのですが、りゅうせき建設のRC+では、このデメリットを克服。

RC建築以構造のメリットはそのまま、断熱性、調湿性、省エネ性能をプラスすることで、沖縄の気候と風土に合った快適な住まいづくりを可能としました。

長く安心して、快適に暮らすことができる住まいを提案しています。

二世帯住宅を希望する方

二世帯住宅を希望する方にも、りゅうせき建設の住まいづくりはおすすめです。

二世帯住宅はそれぞれの世帯の希望に合ったスタイルをプランしなければいけない、難しさがありますよね。

二世帯のデメリットというと、収納スペースが少ない、自分の時間を作ることができない、他の世帯の生活音が気になる、高齢者の配慮など様々あります。

りゅうせき建設では、このデメリットを解消するアイデアを設備マストリーが標準装備。

それぞれの過程にあった3つのスタイルを提案することで、デメリットのない二世帯住宅を施工しています。

ライフスタイルに合わせた住まいの変更を行いたい方

Es=Lifeの住まいは、ライフスタイルの変化、お子様の成長に合わせて間取りを変更することが可能な住まいです。

子供が小さいうちは、大空間でのびのび子育てしたい、子供が大きくなったら個室を作ってあげたい、子供が成長したときは趣味の部屋にしたいなど、ライフスタイルの変化や子供の成長によって、間取りは変えていきたいですよね。

RC住宅ならではの自由度の高い住まいが可能となります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

りゅうせき建設で注文住宅を建てる時の13のステップ

注文住宅を初めて作る人にとって、どんな流れで進んでいくのか気になりますよね。

注文住宅が完成するまでの流れを簡単にまとめました。

① 相談開始

お客様の要望を伺います。住まいの特徴や、疑問点など相談してください。

② 資金計画

お客様の資金計画にあったプランをご提案。予算に不安がある方は相談してください。

③ 敷地調査

敷地にあったプラン作りのために敷地調査を行います。

法的制約条件、水回り、駐車場の位置など土地の性格を見ていきます。

④ プランの検討

お客様の要望、土地の条件を考えながらプランを提案。

⑤ プラン・見積提示

プランと予算にあった見積もりを提示します。

⑥ 契約

プラン内容、見積内容すべての内容に納得がいきましたら、契約を締結します。

⑦ 資金借り入れ手続き

ローンの手続きを行います。

⑧ 確認申請前打ち合わせ

確認申請前の打ち合わせを行います。

⑨ 住宅設備仕様決め

キッチン、バスルーム、洗面台など、細かな設備、仕様を決定していきます。

⑩ 着工前打ち合わせ

着工前には社内で綿密な打ち合わせが行われます。

⑪ 着工

工事を始める前に地鎮祭が行われ、いよいよ着工です。

⑫ 引き渡し

社内検査、お客様検査で不具合がないことを確認し、引き渡しとなります。

⑬ アフターフォロー

定期点検で建物の資産価値を維持。末永く快適に暮らすためのサポートを行います。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

りゅうせき建設の会社情報

りゅうせき建設の基本的な会社情報を紹介します。

りゅうせき建設の会社概要

会社名 株式会社りゅうせき建設
本店 〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4-20-1

TEL:098-878-3388 (代表)

FAX:098-876-8202

環境事業部 てぃーだ 〒904-2212 うるま市字赤野865

TEL:098-973-3278

FAX:098-973-3281

設立 1973年2月
資本金 100,000,000円
代表取締役社長 安慶名 健
事業内容 住宅、マンション、ホテル、給油所などの設計、施工監理及びコンサルティング、並びに不動産の売買、仲介管理、赤土流出防止施工

りゅうせき建設が注文住宅に対応しているエリア

沖縄県

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

沖縄県のりゅうせき建設の特徴と強みについて詳しく紹介しました。

りゅうせき建設はハウジング事業以外にも多くの事業展開をしている大きな会社で、信頼できるハウスメーカーです。

高温多湿で台風が多い沖縄県の気候に合った安心の住まいづくりを行っています。

りゅうせき建設の住まいづくりが気になる方は、一度ホームページで施工事例を見て、資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /