三光不動産の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

マイホーム建築の際にまず悩むのがホームメーカー選び。

長く住まう大切なマイホームだからこそ、確かな品質・技術・サービスのそろったホームメーカーにお願いしたいと誰もが考えます。

三光不動産は、東北の気候に合わせた高品質・高機能の住宅を手掛け、その住宅の素晴らしさは「住み続けるほどに満足度が上がる」と高評価を得るほど。

一体どんな住宅なのか、三光不動産住宅の特長や実際の口コミなどを紹介します。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それははじめにお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに1、2社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

ちなみにカタログ集めは、一社一社調べて取り寄せるのではなくHOMESの一括カタログ請求が便利で簡単ですし、安心して使えます。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

三光不動産で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

三光不動産住宅を知る方法の一つは、実際に家を建てた人の評価を確認すること。

ネット上で公開されている高評価と低評価をまとめたものを見ていきましょう。

三光不動産のリアルな悪い評判・口コミ

さまざまなサイトを調べたところ、三光不動産の悪い口コミは見当たりませんでした。1つ、良い口コミの中に施主の反省点として「洗面所をもう少し広くし、窓を増やしたほうが良かった」という、間取りに関して述べている部分がありました。しかしこれは三光不動産の落ち度ではなく、完成後に施主が変更したいと感じたことなので、悪い口コミというわけではありません。

三光不動産のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

子供が生まれるまでに住んでいた狭いアパートからの引っ越しを検討。今住んでいるエリアの友人宅を訪ねた時にこのエリアが気に入った。三光のことは知らなかったが通りがかりに社屋を見かけて気になったので立ち寄ると希望の土地があった。夫はアメリカンテイスト、妻はオーガニックが希望で何社か展示場を見て回った上、二人の希望を持ち合わせていた三光不動産に決めた。モデルハウスの良い部分を真似るなど、自由のきく注文住宅なのでいいとこ取りの住まいができた。畳スペースや書斎、アイランドキッチンもこだわって、スポットライトや間接照明などの設計士さんの提案も取り入れた。友人が家に来るたび羨ましがられる。間仕切りも少なく吹き抜けもあるが、シーリングファンをつけると夏でも冬でも快適に過ごせ、冷暖房もあまり必要ない。1階から2階に声かけもできて家族の距離が近づいた。

ライオン先生

初めに土地探しをしている際、三光不動産さんの土地を見つけた。実際に建てた家をいくつか見学し、ここなら自分達の家もお願いできると確信し、家づくりを進めることができた。何をするのにも便利な立地で、部屋も明るい。天気がいいと電気なしでも明るく、気持ちの良い風も窓から入ってくる。初めは今より大きな家が良かったが、家事動線が考慮された間取りのため、ゆとりを持って生活できる。大勢の親戚を招いた時は、リビングとデッキを併用してゆったりでき、デッキ周囲には囲いがあるため通行人の視線も気にならないのも嬉しい。家づくりは不安だったが、営業担当の方がなんでも対応してくれ、打ち合わせもこまめに行ってくれたので安心だった。

ライオン先生

一戸建てに住もうと思ったきっかけは、犬を2匹飼っていることと昔からの夢だったこと。いろいろなハウスメーカーを雑誌や展示場で見て、最後に三光のモデルハウスに出会った。ライトアップされた美しい中庭、洗面台の造り、間接照明、キッチン、収納と、全てが気に入った。解放感は最高で、配達員が玄関を入った瞬間に感嘆の声を上げたこともある。人を呼びたくなり来客も増えただけでなく、外食する回数が減って料理のレパートリーも増えた。「早く帰りたい家」が完成した。

ライオン先生

最初はアパートに住むつもりで物件探しをしていたが、偶然、三光不動産の新築分譲住宅を見つけた。夫婦二人とも実家が近かったことや、慣れ親しんだエリアだったことなど、気に入った点が多かったため購入を決断した。他のハウスメーカー住宅も見学してみたが、霞んで見え、この家が一番好きだった。特に気に入っているのが、見学した際最初に目についたナラの床。間取り、室内の仕様、外観なども気に入っている。晴れた日は窓から日光がたくさん入り、明るく心地よい空間になる。住み始めてから夫婦の会話も増えた。

ライオン先生

子供が成長し住まいが手狭になってきたため、子育てがのびのびできるマイホームの建築を決断。街中で雰囲気やテイストが気になった家が三光の住宅だった。出会った営業さんとの相性も良く、他のスタッフもアットホームな感じで安心感を持て、家づくりをお願いした。室内はナチュラル、外観はモダンが希望で、こだわりの収納や天然木の質感など、暖かみのある家が完成した。今は性能の良い家は当たり前なので、性能だけではなくデザイン力を重視。まだ冬を過ごしていないが、夏は涼しくて快適に過ごせた。両親や友人の評判も良く、こだわった玄関まわりと間接照明は羨ましがられる。

ライオン先生

コストパフォーマンスや子育て環境を考えて、数年間一戸建てを検討していた。偶然社屋前を通りかかった時に気になりパンフレットをもらったのがきっかけ。初めは住宅会社なのかと半信半疑だったが、雰囲気も良く、モデルハウスを案内してもらった後に三光で家を建てることを決断した。モデルハウスは変わったつくりの大きな土間玄関、外観、各所の造作、段差を利用した空間などが良かった。玄関を開けた時に驚きがあるような普通ではない家を希望していたため、夫婦そろって意見が一致。将来両親と同居するかもしれないことを考え、増築用にスペースをとって設計してもらった。両親は今から住むのを楽しみにしているようだ。梁にはハンモックがかけられ、子供が遊びすぎてもう2代目になり、友達が遊びにくると取り合いになるほどの人気。子供を見守りながら家事ができるキッチンは、食事の片づけも楽で前とは全く違う。「光の魔術師」と呼ばれる設計士から窓位置や採光方法などの提案をもらい、日中は電気なしでも過ごせる明るさが気に入っている。住み始めてから取り付けたくなったものなどもあり、工務の方に迅速に対応してもらって理想の家にさらに近づいている。価格も調節をしつつ納得しながら進められ、今でも帰るたびにいい家だと感じる。友達に家を褒められるのも嬉しい。

ライオン先生

以前住んでいた家が寒かったため、休みの日はなるべく外出したいと思うほど悩んでいた。暖かい家に住みたいという相談をしたのがきっかけ。家の中に入ると暖かく、床暖房もあり、全体的に雰囲気も明るくなり、インテリアも好きなダーク系にイ揃え、落ち着く場所になった。遊びに来た友達は大絶賛で、また来たいと言ってくれた。初めは別のホームメーカーに決めていて、展示場での打ち合わせ前に時間があったため、三光不動産の展示場に入った。一目で気に入り、施主さんの建てた家をみてまわり、三光にしようと決断した。要望を伝えると、そのさらに上の提案をしてくれたのも嬉しく、なんといってもデザインがカッコいい。和室からトイレへ続く渡り廊下は温泉宿のようで、初めて見た時はすごいと思った。親戚は普通の家ではないね、と言ってくれ、友達にもびっくりされる。

ライオン先生

結婚をきっかけに、家賃を払うのなら家を建てようと思った。二人とも勤務地が異なるため、どちらにもアクセスの良い場所を条件に土地探しをはじめ、雑誌やネット、モデルハウス見学でホームメーカー探しもした。三光不動産の展示場を見た時、内装がシンプルで木の質感が出ているのが好印象で、家を建てるならこのホームメーカーだと思った。無垢の床は素足に心地よく、生まれた子供が這っても安心。現場担当者の歳が近く、どんなことでも相談ができてきちんと答えてくれたのがありがたかった。アパート住まいとは異なり、友達を自宅に招きやすくなった。庭にはウッドデッキもつけてバーベキューをしたい。

ライオン先生

以前は増築を繰り返してきた築70年の家に住んでいた。古くなったことで新築を建てることに決め、展示場見学に出向いた際に三光不動産を知った。いろいろなハウスメーカーを見たが、三光不動産は外観が特徴的で、できればかっこいい家に住みたいと思っていたため、気になっていた。自分好みのシンプルなデザインが気にいって住宅建築を決断した。また営業や設計スタッフの方の暖かい雰囲気に安心した。自分の要望も受け入れてくれて、アドバイスもたくさんしてくれ、話もしやすかった。限られたスペースを広く見せる工夫としてリビングの吹き抜け、天井の梁、スチールの手すり、ナラ材の現しなどを設けた。また3世帯家族全員がリビングに集まれるような間取りに設計。和室には掘りごたつも作った。フリースペースの使い方も上手で、細かな点のデザイン提案もしてくれて良かった。実際より広く見えると驚かれ、空間演出のデザインを素敵だと褒められると嬉しい。

ライオン先生

お洒落な新しい家が建ってきたと夫婦で話していて、調べたら三光不動産の住宅だったのですぐに展示場に出向いた。初めはすぐに建てるつもりはなく、いずれ両親と同居する家を建てたいと思っていたが、三光さんのデザインが自分好みだったので、展示場の帰りには三光不動産のオフィスに寄って、あっという間に話が進んでいった。他社のプランもいくつかもらったが、あまり調べることもなく、三光さんにすぐに決めた。他社では無理だと言われたことも、三光さんでは予算の範囲内でできる提案をしてくれた。普段から木の雰囲気のある普通の家ではない外観やデザインを求めていて、横並びの2世帯住宅の間取りを提案してくれたのは三光さんだけだった。家事動線も快適で、営業担当の方も予算を常に考慮してくれて、相談しやすかった。思った以上の仕上がりで、びっくり嬉しくなった。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

三光不動産の特徴を項目ごとに紹介!

良い口コミが多く寄せられていますが、性能やデザイン、価格などが気になるところです。

項目ごとに三光不動産住宅の特徴を見ていきましょう。

価格帯・坪単価

予算の範囲内で住宅建築を行うためにも、ホームメーカーの価格帯や坪単価は初めに確認しておきたいポイント。

三光不動産の価格帯・坪単価はホームページ上で多くは公開されていませんが、売り出し中の新築分譲住宅のみ価格の記載がありました。

4LDK2階建て住宅で、延床27.30坪、価格は1,980万円ですので、坪単価は72万円ほどになります。

もちろんこだわり度によって価格は上がりますし、逆に仕様をシンプルにすることで価格を抑えることもできます。

詳細は直接営業担当者にたずねましょう。

デザイン性

三光不動産住宅は高機能・高性能なうえに、シンプルでもスタイリッシュな外観や木目のアクセントウォール、梁をそのままにした開放的な吹き抜け、無垢材の床などが魅力。

注文住宅「Wellnest Home(ウェルネストホーム)」のほかに、予算やスタイルにあわせた規格住宅「+Commitシンプルライフ」や土間・薪ストーブが楽しめるプラン「+Commitストーブライフ」もあります。

間取りも家事動線や子育てが考慮されていて、採光性や通気性も良いため、快適で生活しやすい空間が実現可能です。

耐震性

地震が起きても安心して住める頑丈な住宅づくりを手がける三光不動産では、家の骨組み部分により強度の高い軸組工法とパネル工法を組み合わせています。

スウェーデン式サウンディング地盤調査と地盤の補強工事をしたうえで、ベタ基礎を施工。

線で支える布基礎ではなく、面で支えるベタ基礎を採用することで、さらに耐震性もアップします。

また制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」も導入し、特殊ゴムの伸び縮みで地震の揺れを軽減。

さまざまな工夫を取り入れ、高耐震性住宅を実現させました。

断熱性・気密性

東北の気候に合わせ、寒い冬でも暖かく暑い夏は涼しい住まいを実現させるため、三光不動産では3つの断熱工法を用意。

住まいや施主のニーズに合わせてベストな工法を採用します。

外張り断熱(外断熱)工法

梁や柱を外側から包み込むように断熱材「フェノールフォーム」を施す工法。

フェノールフォームは高機能な上に火災が起きても燃え広がりにくいという性質のため、高い断熱性・気密性だけではなく、安全性にも優れています。

充填断熱(内断熱)工法

現場で発砲させて吹き付ける「硬質ウレタンフォーム」や細かなガラス繊維でできた「高性能グラスウール16k」を建物の内側に施します。

どちらも断熱性・気密性のほかにも吸音性・耐湿性・難燃性・安全性にも優れた断熱材で、結露防止にも力を発揮します。

内外ダブル断熱工法

外張り断熱と充填断熱の両方を施す工法です。

保証・アフターサポート

安心・安全な暮らしができる住まいを提供するため、三光不動産では保証やアフターサポートも充実しています。

建築現場は専門スタッフが厳しいチェックを行い、日々の社内チェックはもちろん、第三者機構のチェックも3度行われ、全てクリアした住宅のみ引き渡しとなります。

また、構造躯体や雨水の侵入に対して「住宅瑕疵担保責任保険」で修理費などを10年間補償。

さらに保証継続の条件を満たすと最長で30年継続されます。

地盤には不動沈下対策も実施し、引き渡しから20年間を品質保証。

シロアリなどの被害にも2種類の防蟻保証でサポートします。

その他にも、引き渡し後3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年のタイミングで定期点検を行い、不具合があれば迅速な対応で快適な暮らしを守ります。

工期

住宅建築にかかる期間は、施工会社や天候などによっても変わってきます。

また自由設計の注文住宅の場合は規格住宅よりも工期は長く、だいたい5~6ヶ月が一般的で、こだわりが多いと1年ほどかかることも。

三光不動産で実際に家を建てた人の口コミを見ると、家づくりに1年以上かかった方のほか、中には2年以上かかったという人もいるようです。

工期のみにかかった期間ではありませんが、希望を取り入れながら間取りを考え、基礎や外装・内装にも一切手を抜かない三光不動産住宅の工期は、注文住宅で約8~12ヶ月、規格住宅では約6ヶ月を目安にすると良いでしょう。

構造・工法

モノコック工法・床組み工法

軸組み工法に強度の高い耐力パネルを組み合わせる、箱型構造。

面で地震のエネルギーを分散させるこの工法は、線や点で支えていた従来の工法より耐震・耐風性に優れています。

さらに接合部に高強度の特殊金具「テックワン」を使用し、地震による変形を抑える28㎜の構造用合板を床組みに採用。

これらの工法を組み合わせることで、頑丈な基礎を実現させました。

全熱交換型24時間換気システム

今では換気システムの導入が建築基準法で定められているほど、空気の循環は健康な生活に必要不可欠なものとなっています。

三光不動産では、吸気・排気を安定して行える第1種換気と熱交換器を採用。

外から取り入れた新鮮な空気と室内の汚れた空気が混ざることなく熱だけを交換することで、室内をいつでも快適な温度に保つことができます。

樹脂サッシと高性能複層ガラス

近年では窓からの熱の出入りが多いことが明らかになっています。

断熱効果を最大に引き上げるために、熱伝導率の低い樹脂サッシや高性能の複層ガラスを採用。

冷暖房の効率も上がり、光熱費も削減にもつながります。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

三光不動産をおすすめしたい人はこんな人!

断熱性・気密性に優れている参考不動産の住宅は、冷暖房にたよりきることなく快適な室温がいつでも保たれるため、暑がり・寒がりの人や、冷暖房費を抑えたいという人に最適な住宅と言えます。

さらに、間取りを自分で決めたい人や家事・育児がしやすい家を求めている人も満足できるホームメーカーです。

また2世帯住宅を検討中の人にもおすすめで、他のハウスメーカーにはない間取りやデザインの提案で、理想以上のマイホーム建築が実現できます。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

三光不動産で注文住宅を建てる時の18のステップ

① 希望の住まいをイメージ

どんなマイホームにしたいのか、まずはだいたいの間取りやデザインなどのイメージを固めます。

雑誌を見たり、展示場へ足を運んだりと、いろいろなものを参考にしましょう。

② 初回相談

三光不動産の家づくりについて、コンセプトや日程などの説明を聞き、住宅建築の悩みや希望、予算などを相談。どんなに小さなことでも気軽にたずねましょう。

③ 資金計画(ライフサイクルコスト相談)

毎月の無理のないローン返済額だけでなく、後から生じる維持管理費や光熱費も含めた障害費用「ライフサイクルコスト」を割り出します。

④ 宿泊体験

見た目だけではなく、住宅の性能・機能を実際に体験するために、モデルハウスに宿泊体験ができます。

家具や家電、日用品もそろっていますので便利です。

⑤ 業務依頼の契約

マイホーム建築をさらに進めていく場合、この時点で後に契約金額に充当する業務依頼料50万円を支払います。

⑥ 土地探し・敷地調査

希望に合った土地探しと、建築予定地の敷地調査、周辺の生活環境調査を実施します。

⑦ プラン打ち合わせ

設計士同席のもと、生活スタイルや希望に合った間取りプランをまとめていきます。

納得のいくプランができるまで、何度でも打ち合わせをします。

⑧ プランと見積もり確定

最終的なプラン、仕様、資金計画を決めます。

納得のいく内容であれば、見積もりを提出します。

⑨ 住宅ローン事前申し込み

借入れしたい金額が可能かどうか、住宅ローンの事前申し込みを行います。

⑩ 請負契約

プラン・費用を検討後、三光不動産との住宅づくりを進めるための工事請負契約を結びます。

⑪ 建築申請手続き

コーディーネーターからの提案を受け、出来上がったプランを確定。

設計図をもとに建築の申請手続きをすませます。

⑫ 住宅ローン本申し込み

住宅ローンの本申込を行います。

担保評価や連帯保証、健康状態などをもとに審査が進められます。

⑬ 地鎮祭

着工前に工事の安全などを祈り地鎮祭を行います。

また実際の配置確認のため地縄もはります。

⑭ 着工

地盤調査後、必要な場合は地盤改良工事も行います。

頑丈な住まいの要部分とも言える基礎工事を進めます。

⑮ 上棟

建物の骨組みとなる構造材を組み上げます。

柱の1本目を施主に建ててもらう「柱立て」も行います。

⑯ 各種検査

施工中も節目に合わせ、図面通りの施工が行われているかを検査。

第三機関による完了検査や社内検査、引き渡し前に施主に確認をしてもらう「施主検査」も行います。

⑰ 登記

竣工後、建物登記をします。

⑱ 引き渡し

全ての検査に合格後、引き渡しとなります。

設備や仕様の説明を行い、家の燃費量を把握できる「エネルギーパス」も発行します。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

三光不動産の会社情報

三光不動産は、東北の厳冬でも暖かい高性能住宅を手掛けるホームメーカー。

よりよく知るためにも、会社情報も簡単にご紹介しましょう。

三光不動産の会社概要

会社名 三光不動産株式会社
本社所在地 秋田県秋田市保戸野千代田町2-43
電話番号 018-824-0021
ホームページ https://www.sankonet.co.jp/
Eメール 問いあわせフォームをご利用ください
設立 昭和45年8月1日
代表者 代表取締役 安倍 秋一
資本金 1,000万円
支店・モデルハウス 本荘支店(秋田県由利本荘市水林429-1)

仁賀保店(秋田県にかほ市平沢字館ヶ森31-4)

WellnestHome秋田 御所野モデルハウス(秋田県秋田市御所野元町6丁目1-2-2)

Sanko Café仙台(宮城県名取市美田園1丁目2-10)

三光不動産が注文住宅に対応しているエリア

三光不動産の本社が秋田県にあることから、秋田県内はもちろん、仙台支店のある宮城県内も対応エリアとなっています。

地域によっては対象外になっている可能性もありますので、詳細は三光不動産に問い合わせましょう。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

まとめ

創業から50年以上、確かな技術と品質を保ちながら高性能住宅の提供を続けている三光不動産は、家の性能や品質だけではなく、施主のライフスタイルに合わせたデザイン性の高い住まいを手がけるホームメーカーです。

家族全員が笑顔になる三光不動産住宅を手に入れ、新しい生活をスタートしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /