さつまホームの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

さつまホーム注文住宅はマイホームを建てようとしている人の憧れで、自分たちの好みのデザイン、間取りを実現できる住まいです。

建売住宅に比べると完成までに時間がかかる、コストがかかるというデメリットもありますが、やはり一生に一度の大きな買い物なので、後悔のない住まいづくりをしたいですよね。

注文住宅を建てる方が悩んでいるのが、どこのハウスメーカーにお願いしたらいいのかということ。

注文住宅を扱っているハウスメーカーは多いですが、会社によって特徴が違いますし、価格やデザインも大きく変わります。

大阪府にある「さつまホーム」は、無添加住宅のこだわりが特徴的で、漆喰、無垢材、天然石などの自然素材を使用した住まいづくりを行っています。

ここでは、さつまホームの性能、デザイン、坪単価、アフターサービスなど詳しく紹介していきます。

また解説に入る前に、「家づくりを失敗させない為に1番重要なこと」をお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

『家を建てたい!』と思ったら土地探しよりも、住宅ローン等の資金計画よりもまずはカタログ集めからはじめて下さい。

多くの方が、何も知識がない状態で住宅展示場を訪れますがそれは大変危険です。

実際、しっかりと比較検討せずに3、4社見学しただけで契約してしまい、後から取り返しのつかない後悔をしてしまう方も少なくありません。

最初に地域に対応している様々な住宅メーカーのカタログを取り寄せておくことで、各社の特徴や相場を知ることができますし、メーカーとの値引き交渉も非常に有利になります。

カタログ集めでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会えるでしょう。

100%納得のいくマイホームづくりのためにも、少しの手間を惜しまず最初にカタログ集めをしてしまうことをおすすめします。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

それでは解説を進めていきます。参考にしてください。

さつまホームで家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

さつまホームの住まいづくりの特徴を知るときに、公式ページの情報だけではなく口コミの情報を見ることも大切。

さつまホームの打ち合わせの様子、営業の対応、実際に建てた家の住み心地などリアルな声を聴くことができます。

さつまホームの口コミ、評判を集めてみました。

さつまホームのリアルな悪い評判・口コミ

さつまホームの規格住宅でマイホームを作りました。規格住宅の規定以上のことをするとオプションでかなり高くなります。どうしてもこだわりたいところがあって、お願いしましたが、予算が一気に上がりました。建てるときはオプションのこともしっかり聞いてからお願いするか、完全自由設計で建てるのがいいと思います。

ハウスメーカーに全部任せるのではなく、ある程度自分たちでも勉強して、担当にこまめに連絡を取るのが大切だと実感。最初はメーカー任せにしたので、連絡の行き違い、こちらの想いをうまく伝えることができなかったなどの食い違いがあったのが残念でした。

さつまホームのリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

無添加住宅というのが気になってモデルハウスに見学に行き、勉強会、完成見学会にも積極的に参加。私たちは家族でアレルギー体質、アトピー、花粉症、喘息など悩みが付きません。マイホームを買おうと決心したのは、以前住んでいた家でカビがひどく、咳やくしゃみが止まらなくなったことと、よるもよく眠れなかったから。子供も、喘息がひどくてこの家に住んでいてはだめだなと実感。色々な相談をして、モデルルームの快適な環境を体感して、このハウスメーカーしかないと感じました。自然素材で住まいづくりを行っているハウスメーカーは多いですが、無添加の家ということでこれほどまでに租税にこだわり、断熱材の中身までこだわっているハウスメーカーはないと思います。実際に住んでからは、空気がとてもクリーンなものを感じますし、アトピーやぜんそくが出にくくなったのを感じます。

ライオン先生

自然素材を使用した住まいがとても美しいなぁと思って、さつまホームさんのモデルハウスに一目ぼれ。相談にのっていただくうちにとても丁寧な対応、そして私たちの住まいにあったアイデアを出してくれるので、打ち合わせはいつも楽しみ。間取りのアイデアも出していただいたのですが、部屋間の仕切りを少なくして広くて開放的な空間という大胆な間取りができました。子供との距離も近くなって、家族の気配を常に感じるので安心。子供たちも無垢の木の足触りがとても気に入ったみたいで、冬でも裸足で歩き回っています。自然素材は使い込むほどに、色の変化風合いの変化を見ることができますし、これからどう変わっていくのか楽しみですね。最近の趣味は、お部屋にあった手作りの家具を作ることです。

ライオン先生

子供たちが成人して、これからは夫婦二人暮らし、お互いが暮らしやすい家を建てたくて、さつまホームさんにお願いしました。趣味の部屋、個室、共有スペースを広くとるなど、居心地の良い間取りになったと思います。高齢になるにつれて、今までの家は広すぎると感じていたので、2人暮らしに最適な間取りを考えていただきました。さつまホームさんは、親身になって考えてくれましたし、アフターサービスもとても手厚いので、これからも安心。イベントに参加もして、施主のコミュニケーションをとる機会があるのも楽しいです。

ライオン先生

マイホームを作るときは、木の香りがする、木をふんだんに使用した家がいいなぁと漠然と考えていました。自然素材を使用した住まいづくりを行っているハウスメーカーは、今とてもたくさんあります。でも、ただ自然素材を使うのではなく、接着剤にまで体に害がない素材を使っている会社はほとんどなく、さつまホームの無添加住宅のこだわりを感じました。自然の日光を取り入れたデザインは、部屋の奥まで明るくなり、冬は日の光で暖かく快適。断熱性も高いので、暖かさを逃すことなく、一度温まると長続きするのも今までには感じたことがないくらい。とにかく快適に暮らすことができるマイホームです。

ライオン先生

マイホームのこだわりはいろいろあったのですが、さつまホームのモデルハウスを見たときはまさに、私たちの理想のマイホームだと実感。さつまホームを見てからは、他のモデルハウスが目に入らないほど気に入りました。スタッフの方に色々聞いて、こだわりがある素材を使用していることに感動。無垢の木の床と漆喰の壁のコントラストがとても美しいですよね。いっしょにプランニングしていく打ち合わせは、わくわくしましたし、私たちの要望をすぐに図面に反映してくれるので、住まいづくりの楽しさを感じました。子供たちものびのびと遊んでいて、イベントにも楽しく参加しています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

さつまホームの特徴を項目ごとに紹介!

ハウスメーカーの特徴は、性能、デザイン、価格、アフターサービスなどいろいろな面を確認して知っておくことが大切。

さつまホームの特徴やこだわりを項目ごとにまとめましたので、参考にしてください。

価格帯・坪単価

65万円~75万円

デザイン性

自由設計のさつまホームでは、お客様の要望に合わせたデザインが可能です。

さつまホームが考える良いデザインとは、「100年、200年後の人が見ても良いと思うような力を持ったデザイン、素材」であると、さつまホームでは考えます。

無添加住宅を提供しているさつまホームは、無垢材、しっくい、天然石、炭化コルクなど無添加の自然素材にこだわったデザインをしています。

無添加素材だからこそできるデザイン、これがさつまホームの魅力です。

耐震性

さつまホームの住まいは、耐震等級が最高ランクの3の基準をクリアした住まいです。

建築基準法の1.5倍の耐震性があり、安心の建物。

柱と耐力壁の配置と直下率を高くすることで、安定した構造になり、地震の力にも対抗する揺れに強い建物になります。

また、住まいを支える基礎はベタ基礎が標準仕様。

建物を面で支えて分散、地震にも強い基礎です。

断熱性・気密性

断熱性に関しても、断熱労性能等級が最高等級の4をクリアした住まい。

夏は涼しく、冬は暖かい、高い断熱性能を可能にしました。

またHEAT20の断熱性能は、同じ室温でも壁の温度が低いと部屋の温度にムラがあり、体感温度が下がる現象を抑えるために、壁を冷えなくする断熱性能。

体感温度、非暖房質の温度を向上させます。

例としては、23°になったリビングの暖房を夜11時に消して無断某状態にしても、朝5時に温度が16°程度にしか下がりません。

就寝時の温度を10度以下にしないことで健康的にもよく、寿命にも大きく影響するといわれています。

断熱材は、アクアフォームと炭化コルクのW断熱が標準仕様、フルオーダーの家の場合は、羊毛と炭化コルクのW断熱です。

保証・アフターサポート

建ててから安心して長く住むことができるように、一生涯のお付き合いをしてサポートを行います。

地盤保証制度

工事に入る前に地盤調査を実施、状況に応じた基礎、地盤改良工事を実施。

地盤沈下に伴う費用を20年間保証。

保証金額は最大5,000万円まで。

住宅瑕疵保険

構造耐力上主要部分、雨水の侵入を防止する部分を瑕疵保証10年。

シロアリ保証

無償床下点検引き渡し後2年に実施し、シロアリ保証は50年の保証期間。

住宅設備保証

住宅設備に関する保証はメーカー側で1~2年ですが、さつまホームでは10年の保証を標準設定しています。

短期保証

長期保証以外の取り付け不良、作業不良に関して2年間の保証を行っています。

駆けつけ保証

緊急のトラブルには24時間365日コールセンターが対応。

電話での解決が難しい場合は、修理会社が訪問して解決を行います。

工期

公式ページに記載なし

構造・工法

木造軸組工法

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

さつまホームをおすすめしたい人はこんな人!

ハウスメーカーのこだわりは、デザインだけではなく、使用している素材、建材にも表れるのがよくわかりましたね。

では、さつまホームはどんな人におすすめなのかを紹介します。

自然素材にこだわった住まいにしたい方

自然素材を使用していると宣伝しているハウスメーカーはとても多いです。

ただ、本当に無添加の自然素材を使用しているハウスメーカーのさつまホーム。

接着剤にまでこだわり、米のり、にわかを使用することで、安心した住まいづくりが可能となるのです。

シックハウス症候群の原因の大半は、科学的な接着剤を使用しているからと言われています。

家のすべてのものを無添加在リオ用、天然素材を使用。

無垢材、しっくい、天然石の瓦、炭化コルクなどこだわりの素材を使用し、それを正確に施工するためにも素材をよく知る職人の腕も大切。

本当の自然素材の家にこだわりたい方は、さつまホームがおすすめです。

一年中快適な温度で暮らしたい方

さつまホームでは標準仕様で断熱等性能等級4級、HEAT20グレード仕様。

夏は涼しくて冬は暖かい温度環境を大切にした住まいづくりを行っています。

室内のカビの発生を抑え、健康を守る断熱性能です。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

さつまホームで注文住宅を建てる時の18のステップ

注文住宅を建てるときに、多くの人は何から始めたらいいのか戸惑います。

さつまホームで注文住宅を建てるときの完成までの流れを紹介します。

①モデルハウス見学

ハウスメーカーがどんな家を作っているのかを知ることがまず大切です。

建っている住まいを見るのが一番わかりますので、モデルハウスの見学に行ってみましょう。

②イベント・セミナーの参加

さつまホームでは、毎月「家づくりの進め方勉強会」「資金計画セミナー」を行っています。

また、「完成見学会」「おうち見学会」なども積極的に参加してみましょう。

③相談

家づくりの具体的な相談を行います。

プランの相談、資金の相談など様々な相談にのってくれますので、家族で話し合いながら相談します。

④資金計画、ヒアリング

プランの相談を行い、それに合わせて見積もりの提案を行います。

資金計画についても詳細に打ち合わせを行っています。

⑤ファーストプラン・見積もり

プランと概算の見積もりを提案しています。

⑥基本設計申込

基本設計の申し込みを行い、ここから本格的なスタートとなります。

要望を聞いてプランを作成していきます。

⑦敷地調査

マイホームを建てる土地の状況を確認します。

法令の確認、境界線のチェック、周りの環境など、最適な提案のためにもしっかりと確認していきます。

⑧設計打合せ

設計の打ち合わせを行います。

本格的な図面を書くための打ち合わせです。

⑨本契約

本設計の契約をします。

プランを決めて見積もりの提出を行います。

⑩地盤調査

建物を建てる地盤はしっかりしているか、不同沈下の可能性はないかと地盤調査を行います。

⑪契約

見積もり、プラン、スケジュールの確認を行い、すべて納得したうえで正式に工事請負契約を結びます。

⑫建築確認申請

建築を行う前に、その計画が建築基準郷に適合しているのか申請確認を行います。

⑬地鎮祭

いよいよ工事に入りますが、その前に家内繁盛、工事の無事を祈る儀式を行います。

⑭着工

工事の始まりは基礎工事からのスタートです。

⑮上棟

梁や柱、屋根の一番上の部材である棟木を取り付けた状態、上棟です。

⑯竣工

工事が完了し、マイホームの完成。

図面通りに作られているか、仕上げ、設備の最終チェックを行います。

⑰引き渡し

完成したマイホームの引き渡しです。

鍵、各検査済証、保証書、引渡証明書等の各書類の引き渡しを行います。

⑱アフターメンテナンス

引き渡した後もアフターメンテナンスを行い、長期間安心して住むことができるようにサポートを行います。

「むてんかびとの会」に参加していただいて、楽しいイベントへの参加もお待ちしています。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

さつまホームの会社情報

さつまホームの住まいづくりの特徴を見てきましたが、基本的な会社情報と施工エリアも知っておきましょう。

さつまホームの会社概要

社名:株式会社さつまホーム

箕面船場オフィス:〒562-0036 大阪府箕面市船場西2丁目1-1 エリモビル5F

フリーダイヤル:0120-780-636

TEL:072-726-7780

FAX:072-726-2656

代表取締役社長:新留巧三(役員4名)

資本金:2,000万円

従業員数:27名

業務内容

  • 注文住宅 設計・施工
  • リフォーム・リノベーションの設計・施工
  • 住宅診断・メンテナンス
  • 不動産売買仲介業務
  • 保険代理店業務
  • コンサルタント業務
  • 住宅建材販売(グッドマテリアル)
  • ペレットストーブ販売(グッドマテリアル)

さつまホームが注文住宅に対応しているエリア

北摂エリア(箕面市・豊中市・池田市・吹田市・茨木市・高槻市)を中心に大阪府下全域、および兵庫県の一部対応可です。

一部エリア対象外となるところがあります。

詳しくはお問い合わせください。

LIFULL HOME’Sはこちら⇒

うちハピ注文住宅はこちら⇒

まとめ

さつまホームの住まいづくりの特徴、価格、デザイン、そして実際に注文住宅を建てた方のリアルな口コミを紹介しました。

さつまホームの住まいづくりの想いは、「自然と人が共生していける家づくり」。

無添加住宅にこだわって作るのも、自然を大切にしている社長の想いがあるからです。

良いデザインと良い素材で、家族が健康的にリラックスできる住まいづくりを行っているさつまホーム。

さつまホームの家づくりが気になった方は、資料請求、モデルハウスの見学に足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /