篠田建設の評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

よくあるデザインで最初から間取りも性能も決まっている建売住宅よりも、自分たちの気に入ったデザイン、素材、間取りで作る注文住宅に魅力を感じる人は多いです。

建売よりも高いという印象の注文住宅ですが、今はローコスト住宅も多く、性能、デザイン、価格のバランスが良い商品を選ぶことが大切。

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」と、LIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

(SUUMOは工務店、LIFULL HOME'Sはハウスメーカーの情報を中心に取り寄せられます。)

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきます。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できます。

ぜひ参考にしてみてください。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、ハウスメーカーランキングについて、詳しく解説をしていきます。

篠田建設で家を建てた人のリアルの評判・口コミを集めてみた

実際に篠田建設で注文住宅を建てた方の口コミには、住まいの住み心地、メンテナンスの様子、営業マンの対応など、ホームページではわからない部分を知ることができます。

篠田建設の口コミを良い面と悪い面、両方から見ていきましょう。

篠田建設のリアルな悪い評判・口コミ

担当者によるのかもしれないですが、契約前はかなり親身になって話を聞いてくれたのに、契約後は契約前よりも対応が雑になった気がします。返信が遅いところも気になりました。住まいはとてもよいものを建ててもらっただけに、残念に思いました。

細かいところまで自由に選べるので、楽しい家づくりになりましたが、何個か間違いがあったので、自分たちでしっかり確認したほうがいいと思います。確認する箇所が膨大になるので大変ですが、自分たちの家なので信頼しきらないほうがいいですね。納得するまで、何度も打ち合わせをしてくれたのはとても嬉しかったです。

篠田建設のリアルな良い評判・口コミ

ライオン先生

夫婦二人暮らしで、平屋の住まいへの憧れがあったので、篠田建設の平屋スタイルのプランに興味をもちました。友達は、同じ広さの土地だったら2階建てのほうが、広くていいのにというのですが、無駄を省いたシンプルな生活がしたかったことと、老後のことを考えて平屋にしました。篠田建設を選んだ理由は、やっぱり地域密着の工務店のアフターサービス、迅速な対応の良さです。コストも安く建てることができますし、1,000万円をきる価格でマイホームが持てるのはやっぱり魅力的ですよね。打ち合わせも無駄なく、私たちの要望を取り入れたプランを提案してくれて、思っていたより早いスケジュールで進むので、いろいろな経費が掛からず助かりました。できた住まいには、もちろん大満足、平屋建ての住まいの良さを体感しています。

ライオン先生

篠田建設が建てる町家スタイルの良さに惹かれて、展示場で実際の建物を見たときに、ここしかないとすぐに決めました。もともと住まいを建てるならば和風でモダンなデザインがいいと思っていましたし、昔ながらのシンプルで伝統的なスタイルはまさに理想的。打ち合わせの時に、住まいづくりのコンセプトや具体的な性能を聞いて、ますますいい家になると確信しました。耐震性があり、間取りの自由度も可能で、大きな部屋の間取り、吹き抜けも可能になります。開放的な住まいはとても心地よく、火の光が入ってきて、とても明るい住まい。耐震性や断熱性も考えられていて、長く安心して住むことができる住まいだと思います。

ライオン先生

篠田建設の町家の住まいを建てることにしたのは、展示場で見たデザインの良さ、スタッフの対応の良さからです。デザインはとくに妻が気に入ったようで、ここにしようといってきました。もちろんデザインだけではなく、性能も素晴らしいと思います。強い構造、確かな断熱性と気密性、換気もしっかりしていますので、家が長持ちします。性能は説明だけではなく、住んでからでないとわからない点が多いですよね。断熱性が高い住まいは、夏は涼しく、冬は暖かくと1年中快適。冬は何度なくわかっていましたが、夏の快適さは予想以上。外は凄く熱くても、家の中に一歩入るとひんやりした涼しさを感じます。これは、木材が沢山使われていること、漆喰の壁によるところも多いのではないでしょうか。漆喰の壁は、部屋の中の湿度も調整しますので、湿気が多い日本の気候にとても合っている素材。住んでみると、ひとつひとつこだわって建てられているのがよくわかります。

ライオン先生

前から気になっていた平屋建ての町家スタイルの住まいにしました。子供がまだ小さいうちには、2階建ての住まいに住んでいましたが、子供が大きくなって独り立ちして夫婦二人暮らしになったのをきっかけに、建て替えを実行。老後のことを考えても、平屋建ての住まいでいいだろうと夫婦で話し合い、篠田建設さんにお願いしました。和モダンの素敵なデザインは、純和風でもなくておしゃれな感じがして、とてもいいですね。格子からあふれるひかりはとてもやさしく、かつ中は見えないのでプライベートを守ることもできます。飽きのこないデザインですし、お友達が遊びに来ても「素敵でおしゃれな家」と言ってもらえるので嬉しいです。私たちの要望を考えてプランを作ってくれて、スタッフの方はとても対応が丁寧でした。

ライオン先生

一番気に入っているのはやっぱりデザインです。どんなデザインにしようか夫婦で悩んでいたのですが、モデルハウスの和モダンなデザインに一目ぼれ。純和風にはないモダンな雰囲気、安心する和風の感じがとても気に入って、こんな家に住みたいと感じました。素材のひとつひとつにこだわっていて、美しい風合いのタイル、強度があり傷がつきにくく風合いを感じるウォールナットのフローリング、漆喰の白の美しさなど、すべての素材が気に入っています。また、時間が経過するごとに味が出て風合いが出るという素材は、これからの変化も楽しみですね。住まいづくりはもちろん初めてで、わからないことだらけ。ネットで調べても何が正解かわからなくて、不安でいっぱいだった私たちですが、知識が深く、いろいろなことを丁寧に教えてくれた担当の方に感謝しています。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

篠田建設の特徴を項目ごとに紹介!

篠田建設は、街やシリーズとしてシンプルな暮らしを提案しています。

具体的にどんな住まいづくりを行っているのか、坪単価、性能、アフターサービスなど細かく項目ごとに紹介します。

価格帯・坪単価

目安 坪単価約60万円

平屋スタイルの場合は、ローコスト住宅が可能

平屋スタイルの例

10.52坪 1DK 630万円

デザイン性

篠田建設が提案している町屋シリーズでは、和モダンのデザインを提案しています。

格子の採光は柔らかく、外部からの侵入視界を制限し、安心なデザイン。

格子は、モダンで空間のアクセントにもなる、素敵なデザインです。

長く快適に暮らすためには、飽きがこなくて流行に流されないスタイルが大切。

日本人が落ち着いて暮らすことができる、愛される和モダンのデザインです。

また、和モダンだけではなく、イタリアンモダン、ナチュラルモダンなどテイストの違うデザインも、もちろん可能。

自由度の高い工法なので、大開口、吹き抜けの空間デザインを行うこともできます。

耐震性

耐震性に関して自信をもって最高レベルの品質を実践している篠田建設では、耐震金物工法を採用することで、確かな耐震性能を可能にしています。

変形しない強さの剛性と十分な粘り強さの靭さを掛け合わせた工法で、木造軸組工法の弱点の鍼、接合部分を強化。

また、構造材に集成材を使うことで、無垢材の1.3倍の強度を持つ材料を使用することになります。

経年が経過すると、無垢材はたるみや変形が出る可能性が高いですが、集成材の場合は構造のゆがみを抑えて、床なりなども防ぐ効果があります。

断熱性・気密性

篠田建設ではグラスウール断熱材を使用。

グラスウールの中でも最高ランクの高性能グラスウールを使っています。

高性能グラスウールは、断熱材の線維が通常よりも細かく、高い断熱効果が期待できます。

国の省エネルギー等級は4と最高等級をクリア。

この高いクオリティの断熱材の内側を、気密フィルムの防湿シートを張ることで、湿気が壁内に入り込むのを抑えます。

高性能グラスウールには、断熱効果だけではなく気密効果も期待できるのです。

気密性能をあらわすC値は2と、気密性が高い建物を作っています。

保証・アフターサポート

引き渡し後、1年目、2年目の件さ、定期訪問を実施しています。

工期

公式ページに記載なし

構造・工法

耐震金物工法

木造軸組工法の弱点といわれていた接合部分。

これを強化することで地震に強く耐久性がある建物を可能にしました。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

篠田建設をおすすめしたい人はこんな人!

篠田建設の特徴や強みがわかったところで、おすすめしたい人を紹介します。

平屋の住まいに興味がある方

最近はシンプルでローコストな平屋の住まいが人気で、大手のハウスメーカーも平屋の商品を沢山展開しています。

篠田建設では、平屋スタイルといって、ローコストでシンプルなスタイルの平屋住宅を提案。

人気の理由はたくさんありますが、一番は、他社が驚くほどの低価格を実現しているところでしょう。

プランを事前に作成しておくので、打ち合わせが短時間で終わりコストも効率化、無駄な広告を削減、職人さんのコストが抑えられると、徹底してコストを削減しています。

シンプルでおしゃれな外観も人気の理由ですね。

町家スタイルに興味がある方

篠田建設が提案しているもう一つのスタイルは、町家スタイル。

昔の住まいの良いところ、懐かしさを感じるスタイルは、家族のコミュニケーション、住まいの居心地の良さを大切にしています。

昔ながらの伝統を、現代にふさわしい形で提案しているのが、町家スタイルの住まい。

篠田建設の創業七十年の信頼と実績があるからこそ、可能なスタイルと言えるでしょう。

住みやすさだけではなく、デザインにもこだわり使いやすいデザインにこだわった住まいです。

篠田建設で注文住宅を建てる時の15のステップ

篠田建設で注文住宅を建てるときはどのような流れで進むのでしょうか?

注文住宅の建てるときのステップを紹介します。

①資金計画の提案

住まいの提案で大事なのは、やはり無理のない資金計画です。

篠田建設では、お客様に無理のない資金計画の手伝いを行っています。

②現場案内

新築の完成現場宅を案内。住まいづくりを体感していただきます。

③プレゼン

篠田建設ではどんな住まいづくりを行っているのか、性能、デザイン、仕様などプレゼンいたします。

④敷地調査

住まいを建てる場所の調査を実施します。

光の採光、風の通りなどのシミュレーションを行ってお客様に提案します。

⑤申込

敷地調査、資金の提案に納得していただいたら、施工の申し込みを行い、設計の提案を行います。

⑥プラン提案

家族の要望をヒアリングし、それをもとにプランを作成、プレゼンを行います。

家族が全員納得するプランを作るためにも家族の一日の暮らし方を、聞きます。

⑦見積もり提案

プランを確認してもらい、それをもとにした見積もりを提案しています。

⑧契約

プラン、見積もりすべての項目に目を通していただき納得したうえで、契約に進みます。

⑨地鎮祭

敷地境界線、建物配置、GL設定など確認、工事の無事を祈る地鎮祭を行います。

⑩着工

地盤調査の結果で解消が必要な場合は地盤改良から、必要でない場合は基礎工事から着工します。

⑪上棟

梁、柱など建物の組み立て工事を実施。

家の形が見える嬉しい瞬間です。

⑫検査

間取りや柱、建物金物などの説明、構造検査を実施します。

また、スイッチやコンセントの位置、水道、ガス管などの説明、検査を行います。

どちらも現場立会のもと行われます。

⑬施主検査

内部の仕上がり状態、不具合がないかの確認を行います。

⑭引き渡し

遂に完成、引き渡し時は保証書の設営を行って鍵の引き渡しを行います。

⑮アフターサービス

引き渡し後1年目、2年目の定期訪問などのアフターサービスが行われ、長いおつきあいの始まりです。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

篠田建設の会社情報

篠田建設の基本的な会社情報と対応エリアを紹介します。

篠田建設の会社概要

社名:篠田建設株式会社

所在地:〒500-8152 岐阜県岐阜市入舟町3丁目32番地3

TEL / FAX:058-248-5581 / 058-248-6600

代表:篠田基弘

創業:1941年9月

資本金:2,000万円

篠田建設が注文住宅に対応しているエリア

岐阜市|大垣市|羽島市|本巣市|各務原市|可児市|美濃加茂市| 美濃市|山県市|瑞穂市|関市|一宮市|春日井市|江南市 及びその周辺地域

まとめ

岐阜にある篠田建設について、住まいづくりの特徴、強み、坪単価、口コミなど細かくまとめました。

篠田建設の特徴は、平屋スタイル、そして町家スタイルの住まいづくりです。

どちらもメリットがあり、特徴的なスタイルの住まいで、人気がある商品。

長年、地元密着の工務店でやってきた、歴史と実績があり、住まいづくりの信頼感がある工務店ですね。

篠田建設の住まいづくりが気になった方は、ぜひお近くの展示場に足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /