新築の庭づくりの確認ポイント7選!おしゃれなデザイン例やメリット・デメリットを解説

新築 庭

庭があることで、ガーデニングを楽しめたり、子供の遊び場を確保できたりします。メリットが多く、マイホームを建てる際に庭を作ろうと考えている方が多いのではないでしょうか。

とはいえ、本当に新築の住居に庭がいるのか悩みますよね。メリットだけでなく、デメリットや失敗例も含めて検討したいところです。

そこでこの記事では、新築に庭を作ろうか悩んでいる方に向けて、以下の内容を解説します。

  • メリット・デメリット
  • 確認すべきポイント
  • おしゃれなデザイン例

記事を最後まで読むことで、新築に庭を設けるかどうか判断できます。さらに、庭にかかる費用や採用される仕上げ方法などの理解が深まるでしょう。

「マイホームづくりで失敗したくない」「おしゃれな庭を作りたい」と考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

また、解説に入る前にこれからマイホームを計画しているあなたに向けて、家づくりを失敗させないための1番重要なことを伝えさせて下さい。

それは、マイホーム建設予定の地域に対応している住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

これ、多くの人がよく考えずに済ませがちですが、実は土地探しや資金計画よりも優先度の高いプロセスなのです。

家を建てようとする人がよくやってしまう大きな失敗が、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうこと。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人がかなり多いのです。はっきり言って、こうなってしまうと高確率で理想の家は建てられません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見ただけで気持ちが高まり契約すると、場合によっては何千万円という大きな損をしてしまうことになるのです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のLIFULLが運営している「LIFULL HOME'S」のカタログ(資料)一括請求サービスです。

LIFULL HOME'Sカタログ一括請求サービスのすごいところは、家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされ、まとめて資料請求ができるところ。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきますよ。

また、より多くの住宅メーカーカタログが欲しいというあなたには、同じく東証一部上場企業のリクルートが運営している「SUUMO」の一括資料請求サービスもおすすめです!

MEMO

SUUMO・・・工務店のカタログ中心

HOME'S・・・ハウスメーカーのカタログ中心

正直、LIFULL HOME'SとSUUMOで資料請求をすればハズレないでしょう。最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったということも意外と多いですよ。

マイホームは一生に一度の大きな買い物。大きな損をしないよう、面倒くさがらずに必ずHOME`SとSUUMOのカタログ請求をしてくださいね!

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、詳しく解説をしていきます。

新築の庭を作る際の費用相場

新築 庭

新築に庭を作る際に、どのくらいの費用がかかるのか気になる方が多いと思います。

庭の費用の目安は、一般的に住居の建設費用の10%程度です。30坪の土地の場合は、約100〜300万円になる傾向にあります。

ただし、土地の広さや設備によっては、コストが増減する可能性があります。庭を作る際には、まずはハウスメーカーや業者に見積もりを取るようにしましょう。

また、設備によっては、予算を大幅にオーバーしてしまう恐れがあります。そのため、優先順位を決めつつ、庭づくりを進めていくことが大切です。

新築に庭はいる?5つのメリットを解説

新築 庭

新築に庭を作るメリットは、主に以下の5つです。

  1. ガーデニング・家庭菜園を楽しめる
  2. 子供の遊び場を確保できる
  3. 日当たり・風通しが良くなる
  4. 外でバーベキューができる
  5. 洗濯ものや布団を干せる

見栄えが良くなる以外の利点もあるので、ぜひチェックしてみてください。

1.ガーデニング・家庭菜園を楽しめる

ガーデニング・家庭菜園で花や野菜を育てることで、楽しみを得ることが可能です。さらに、子供と一緒にお世話をすることで、教育面でも役に立つでしょう。

ガーデニングや家庭菜園を楽しめるのは、庭を作る魅力です。「マイホームで花や野菜を育てたい」と考えている方は、庭の設置を検討してみてください。

2.子供の遊び場を確保できる

庭を作るメリットは、子供の遊び場を確保できることです。

例えば、庭があれば砂場を設置したり、簡易的な遊具を置いたりできます。夏にはプールで遊ばせることも可能です。

さらに、芝生を敷けば、万が一子供が転んでも安心できるでしょう。特に、公園が近くにない方は、庭を作ることを検討してみてはいかがでしょうか。

3.日当たり・風通しが良くなる

新築に庭を作ることには、日当たりや風通しが良くなるメリットがあります。庭を設けることで、家の周囲に余裕を持たせられるためです。

例えば、隣家との距離が近いと、家の一部が陰になったり、風通しを遮ったりします。一方、庭を作って隣家とのスペースを確保することで、日当たりや風通しが良くなるのです。

日当たり・風通しが良くなると、カビが発生しにくかったり、寒い季節でも室内を温かくできたりするメリットを得られます。

4.外でバーベキューができる

外のバーベキューは、家でおこなうものとは違う良さがあります。例えば、大人数を招待したり、外の空気を感じたりできます

庭でバーベキューをしようと考えている方は、ウッドデッキを設置しましょう。室内の延長として利用でき、庭の使い勝手が良くなります。

5.洗濯ものや布団を干せる

新築に庭を作るメリットは、洗濯ものや布団を干せるスペースを確保できることです。

庭を設けない場合は、ベランダや室内に干すことになります。家族の人数によっては、スペースを圧迫してしまったり、洗濯ものを干しきれなかったりする恐れがあります。

庭はある程度広さがあるため、洗濯ものや布団が多くとも対応しやすいです。庭を設けることで、実用性の高いマイホームを作れるでしょう。

新築に庭を作る3つのデメリット・失敗例

新築 庭

新築に庭を作ることにはメリットしかないように感じますが、実は知っておくべきデメリットや失敗例があります。主に、以下の3つです。

  1. 外から見られやすい
  2. 庭のメンテナンスが必要になる
  3. 住居スペースを圧迫しやすい

デメリットを理解しておかないと、せっかくの庭が使い物にならない恐れがあります。

対策もあわせて解説するので、ぜひ確認しておきましょう。

1.外から見られやすい

庭に出て行動していると、周辺の環境や塀の特徴によっては外を歩く人から様子を見られてしまいます。

例えば、ご近所から中の様子が丸見えになると、子供を遊ばせるのも気を遣うと予想できます。結果、庭を作った本来の目的を達成できない恐れがあるのです。

新築に庭を作る際には、柵を設置したり、高さのある樹木を植えたりすることをおすすめします。目隠しを設けることで、外からの視線を防げるでしょう。

2.庭のメンテナンスが必要になる

庭を定期的にメンテナンス(手入れ)しなければ、快適な環境を保てません。

例えば、夏には雑草を排除したり、秋には落ち葉を掃除したりする必要があります。さらに、天然芝の場合は、1年に1回芝刈りをしなければなりません。

「思ったよりもメンテナンスに手間がかかってしまった」とならないよう、どんな手入れが必要なのかを事前に確認しておきましょう

メンテナンスする暇がない方は、コンクリートや砂利など、管理の手間がかかりにくい仕上げ方法を選ぶのがおすすめです。

3.住居スペースを圧迫しやすい

新築に庭を作るデメリットは、住居スペースを圧迫してしまうことです。庭を作るには、その分土地が必要になるためです。

例えば、40坪の敷地を用意したとします。10坪を庭に使うとなると、住居スペースには残り30坪しか使えません。

庭を作りたいと考えているなら、住居スペースとのバランスを考えることが大切です。庭の目的を明確にし、どのくらいの広さが必要になるのかを考えましょう。

新築の庭に使用される仕上げ方法4選

新築 庭

新築の庭には、主に以下4つの仕上げ方法が使用されています。

  1. 芝生(天然芝・人工芝)
  2. 砂利
  3. コンクリート

それぞれのメリット・デメリットを解説します。庭の仕上げ方法について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.土

庭の仕上げ方法として、簡単なのは土のままにすることです。

メリットは、仕上げのために新たな施工費用がかからない点です。「庭は作りたいけど、できるだけ予算を抑えたい」と考えている方に向いています。

ただし、土のままにすると雨でぬかるみやすかったり、雑草が生えやすかったりします。そのため、庭を作った後でも、こまめなメンテナンスが求められるでしょう。

2.芝生(天然芝・人工芝)

芝生は、自然を感じられる庭の仕上げ方法です。主に、天然芝と人工芝の2つの種類に分けられます。

天然芝は、施工費用が安い傾向にあります。しかし、芝刈りが最低でも年に1度は必要なので、メンテナンスに手間がかかりやすいのがデメリットです。

人工芝は、天然芝と比較すると施工費用が高めです。とはいえ、メンテナンスが不要なので、1年中青々とした芝生を楽しめます。

3.砂利

砂利のメリットは、雑草が生えにくくなることです。そのため、メンテナンスの手間が減ります。

また、砂利は歩く際に音が出るため、防犯対策として取り入れるのもおすすめです。

一方、砂利の庭は、他の仕上げ方法と比較すると歩きにくいと感じる可能性があります。加えて、自転車やベビーカーなどは通りにくいでしょう。

4.コンクリート

コンクリートは、耐久性が高く、メンテナンスをしやすい仕上げ方法です。

ゴミや汚れがあっても、ほうきではいたり水を流したりするだけで、簡単に掃除できます。雑草が生えにくいので、草むしりをする手間が減ります。

一方、太陽の光を照り返すため、室内が暑くなるのがデメリットです。加えて、子供がこけた際に、衝撃を吸収しにくいのも注意点でしょう。

後悔しない!新築に庭を作るときの7つの確認ポイント

新築 庭

新築に庭を作る際には、以下7つのポイントを確認しましょう。

  1. 庭をどのように使うか
  2. どのようなメンテナンスが必要か
  3. 駐車・駐輪場のスペースを確保できるか
  4. どのくらいの予算がかかるか
  5. 庭に使える土地を確保できるか
  6. 実用性・安全性は高いか
  7. 水栓柱をどこに設置するか

これらのポイントを押さえることで、自分の理想の庭を作れるでしょう。「庭づくりで後悔したくない」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.庭をどのように使うか

まずは、庭をどのように使うのかを考えましょう。庭の用途によって、仕上げや設備が異なるためです。

例えば、子供やペットが遊べる場所を作りたいなら、安全性の高い芝生を採用するのがおすすめです。さらに、庭でバーベキューをしたいなら、ウッドデッキを設置するのが良いでしょう。

庭の用途によって、必要な仕上げや設備が違ってきます。新築に庭を作る際には「なぜ庭を作りたいのか」「どのような目的で使いたいのか」を考えることをおすすめします。

2.どのようなメンテナンスが必要か

新築に庭を作る際には、どのようなメンテナンスが必要なのか知っておきましょう。設備やデザインによっては、細かいメンテナンスが求められるためです。

例えば、花や木を植える場合、定期的な水やりが必要です。放置してしまうと、植物が枯れたり、木が伸びきったりしてしまう可能性があります。

庭を作る際には、メンテナンスがどのくらい必要で、きちんと手入れをできるかを考えましょう。

3.駐車・駐輪場のスペースを確保できるか

庭づくりで後悔しないためには、駐車・駐輪場のスペースを確保できるか確認することが大切です。駐車場や駐輪場は、後から作り直すのが難しいからです。

例えば、駐車場をリフォームするには、規模にもよりますが50~100万円の費用がかかります。作り直すには、高いコストがかかってしまうのです。

駐車・駐輪場のスペースを作るには、以下のポイントを確認しておきましょう。

  • 何台停める予定か
  • 今後買い換える予定はあるか
  • 自転車や車のサイズはどのくらいか

これらのポイントを押さえることで、駐車・駐輪場を作る際に失敗しにくいです。

4.どのくらいの予算がかかるか

新築に庭を作る際には、どのくらいの予算がかかるのかを把握しておきましょう。場合によっては、外構にかかる費用を捻出できない可能性があるためです。

例えば、新築の建築にコストをかけすぎると、庭にかけられる金額は少なくなってしまいます。さらに、庭の設備にこだわりすぎると予算をオーバーしてしまう恐れがあります。

庭を作る際には、どのくらいの予算がかかるのかを押さえておくことが大切です。ハウスメーカーや業者などと相談し、事前に見積りを出してもらうことをおすすめします。

5.庭に使える土地を確保できるか

新築 庭

新築に庭を作る際には、庭に使える土地を確保できるか確認しましょう。土地には、建築できる建物の広さの上限が決められているためです。

例えば「希望する住居スペースを確保しようと思ったら、庭に使える広さはほんの少しだった」というケースも珍しくありません。

新築で庭を作りたいなら、建物と庭それぞれにどれだけの面積が必要なのかを考えましょう。加えて、使い道を考えておくことをおすすめします。

6.実用性・安全性は高いか

庭づくりで後悔しないためには、実用性や安全性を確かめましょう。

実用性が高いかどうかは、家事のしやすさを考えることが大切です。例えば「洗濯ものを干しやすい動線か」「移動距離は長すぎないか」などをチェックします。

安全性については、主に子供やペットのことを考えましょう。例えば「段差でつまづかないか」「道路に飛び出す危険性はないか」などを確かめることをおすすめします。

7.水栓柱をどこに設置するか

新築に庭を作る際には、水栓柱をどこに設置するか確認しておきましょう。庭では水を使う場面が多いためです。

例えば、植物に水をやったり車を洗ったりする際には、近くに水が必要です。水栓柱が遠くにあると、水を使う場面で手間に感じてしまいます。

水栓柱の主な種類は、以下の2つです。

  • 立水栓:地面の上に設置しているタイプ
  • 散水栓:地面の下に埋め込むタイプ

どのタイプを採用するかを含めて、水栓柱の場所を決めましょう。

新築に採用したいおしゃれな庭デザイン例3選

新築 庭

新築に庭を作ろうとしても、どのようなデザインが良いのか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。せっかくならおしゃれな庭にしたいですよね。

こちらでは、新築に採用したい庭のデザイン例を3つ紹介します。

  1. 人工芝と天然石のモダンデザイン
  2. 枕木を使った和風デザイン
  3. 砂利とコンクリートタイルの海外風デザイン

実際の画像とあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.人工芝と天然石のモダンデザイン

新築 庭
出典:施工例 No – S020112|スペースガーデニング

こちらの庭は、人工芝と天然石を活用したデザインです。芝生で緑を感じつつ、ランダムにならべられた天然石タイルがモダンな雰囲気を作り出しています

さらに道路沿いには、柵が設置されています。あわせて木を植えることで、外からの視線を防止する役割を担っているのです。

2.枕木を使った和風デザイン

新築 庭
出典:枕木でデザイン-設計された和風の庭【さいたま市浦和区の施工例】|クローバーガーデン

枕木は、本来電車のレールの下に敷く角材を指します。庭に採用することで、落ち着いた雰囲気を感じられるデザインになります

ポイントは、枕木の間に敷かれている砂利です。枕木とあいまって、シックで和風テイストの庭を作っています。

3.砂利とコンクリートタイルの海外風デザイン

新築 庭
出典:海外のオシャレなお庭をイメージしたシンプルモダンガーデン~島田様邸~|PREMIUM GARDEN

こちらの庭は、砂利とコンクリート風のタイルを組み合わせたデザインです。海外の広々としたガーデンスペースを再現しています。

コンクリート風のタイルは、ダイナミックでありながら冷艶な雰囲気を演出しています。所々に自然を取り入れることで、木のぬくもりを感じられる庭を作れるのです。

まとめ

新築 庭

新築に庭を作ることには、ガーデニング・家庭菜園を楽しめたり、子供の遊び場を確保できたりするメリットがあります。さらに、日当たり・風通しが良くなるので、機能面でもうれしい効果があるのです。

とはいえ、メンテナンスに手間がかかるなどのデメリットもあります。良い面だけでなく、マイナスな部分も把握し、庭を設置するかどうかを判断することが大切です。

新築に庭を作る際には、庭を使う目的やメンテナンスの手間を押さえておきましょう。これにより、後悔のない庭づくりを進められます。

庭づくりが得意なハウスメーカーや工務店を探すなら、資料の一括請求がおすすめ。複数社のパンフレットが簡単に手に入るので、各社の特徴を比較するのにピッタリです。

住宅づくりをスピーディに進めるためにも、ぜひ一括請求で資料を手に入れてくださいね。

【当サイトおすすめ】LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

【あわせて利用をおすすめ】SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /