ステーツの評判・口コミは良い?悪い?坪単価や平屋の特徴、耐震性・耐火性まで完全網羅!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

ステーツは、累計4,000棟以上の施工実績があり、北陸甲信越地方や四国地方を中心に注文住宅を手掛けているハウスメーカーです。

株式会社イシカワのグループ企業で、「良い住宅を、誰もが買える価格で提供する」をモットーに、満足度の高い家を提供しています。

ステーツなら、性能やデザインに妥協せず、分かりやすい価格で、予算オーバーにならない家づくりを進めることが出来ますよ。

それでは、ステーツの評判や特徴など、詳しく紹介していきます!

また、解説に入る前に家づくりを失敗させない為に、1番重要なことをお伝えさせて下さい。

マイホーム計画を立てる際に、まずはじめに絶対にしておくべきことがあります。

それはお住いの地域に対応している、住宅メーカーからカタログを取り寄せてしまうこと。

家を建てようとする人が良くやってしまう失敗として、情報集めよりも先にモデルハウスや住宅展示場に足を運んでしまうことがあげられます。

「とりあえず行ってみよう!」と気軽に参加した住宅展示場で、自分の理想に近い(と思い込んでいる)家を見つけ、そのまま営業マンの勢いに流されて契約まで進んでしまう人も少なくありません。

もっと安くてもっと条件にあった住宅メーカーがあったかもしれないのに、モデルハウスを見たことで気持ちが高まってしまい、十分な比較・検討をせずに決めてしまう人は本当に多いです。

マイホームは人生の中でもっとも高い買い物であり、一生の付き合いになるわけですから、軽い気持ちで住宅メーカーを決めるのは絶対にやめましょう。

とはいえ、自力で0から住宅メーカーの情報や資料を集めるのは面倒ですし、そもそもどうやって情報収集すればいいのか分からない人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」と、LIFULLが運営する「LIFULL HOME'S」の一括資料請求サービスです。

(SUUMOは工務店、LIFULL HOME'Sはハウスメーカーの情報を中心に取り寄せられます。)

家を建てる予定のエリアや希望の条件を入力するだけで、簡単に条件にあったハウスメーカーや工務店がピックアップされまとめて資料請求できます。

何社から資料を取り寄せても無料ですし、少しでも気になった住宅メーカーからすべて資料を取り寄せておくことで、住宅メーカーごとの違いや特徴が次第に分かってきます。

最初は検討もしていなかったハウスメーカーや工務店の中から、予算や理想にぴったりの会社が見つかったという人はとても多いです。

偏見で住宅メーカーを絞り込まず、幅広い視野で情報を集めることで、結果として後悔しない納得のいくマイホームづくりが実現できます。

ぜひ参考にしてみてください。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

それではここから、ハウスメーカーランキングについて、詳しく解説をしていきます。

ステーツで家を建てた人のリアルな評判・口コミを集めてみた

ハウスメーカー選びは、展示場などで実際の家を見学するのが一番ですが、ネット上の口コミを参考にする方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ステーツのいい口コミから悪い口コミまで、リアルな評判を包み隠さず紹介していきます。

ステーツのリアルな悪い評判・口コミ

ステーツに対して残念な印象を持っている方もいるようです。

営業の方が、友達感覚っぽく話してきて、礼儀のなさを感じました。

営業やコーディネーターの方は、ガツガツ押し付けることもなく、人は良かったが、勉強不足で頼りなかった。

間違いなくコスパ最高です。こちらからお願いをすれば動いてくれますが、提案はあまりなかったです。自分たちの理想が曖昧で、提案が欲しい方には不向きかもしれません。

このような口コミがありました。

口コミを見て感じた事は、営業担当者に当たりはずれがあるという事です。

家づくりは、人と人のかかわりがとても重要です。

この担当者とは合わないなと感じたら、できるだけ早い段階で、担当を変えてもらうのが一番ですよ。

ステーツのリアルな良い評判・口コミ

実際にステーツで家を建てた方の、喜びの声を紹介します。

ライオン先生

営業担当者の方とは好みが似ていたため、意気投合し、常によりいい提案をしてもらう事ができました。やりたいことも予算の範囲内でできる工夫をしてくれたり、デメリットも細かく教えてもらったりしながら進めることができたので、安心して話を進めることが出来ました。現場の方は、細かいところまでしっかりと確認を取ってくれて本当に感謝しています。素敵な家を建てていただき、私たちは幸せです。

ライオン先生

ステーツの家はおすすめです。色々と注文をしましたが、全て納得のいく提案をしてくれました。他のハウスメーカーも相談してみましたが、ステーツほど施主の立場で家づくりを進めてくれるところはありませんでした。私の知人もステーツで家を建てましたが、価格も家も大満足しています。

ライオン先生

現場監督さんは、人間的にとても誠実な方で家の完成まで楽しく過ごすことが出来ました。設計担当の方は、二級建築士の資格の方でしたが、若いわりに数をこなしているようで、他社の一級建築士よりもセンスや対応が抜群でした。その他の関わってくれた全ての方に恵まれていたため、ステーツにして満足しています。ステーツは、人におすすめできる良いハウスメーカーだと思います。

ライオン先生

ステーツさんは、自分たちの理想を伝えると、あっという間に図面を書いてくれました。スピーディーで質の高い提案をしてくれたので、ここにお任せしようと思いました。新しい家は、回遊できる間取りのおかげで家事が楽になり、子供を見ながら料理することができるので満足しています。

ライオン先生

予算オーバーしそうな時は、できるだけイメージを崩さないように工夫をしてくれてとても助かりました。コストもデザインも諦めない方法を、親身になって私たちに寄り添いながら考えてくれたので、とても頼もしかったです。

ライオン先生

スタッフの対応がよく、とても話しやすかったのでステーツに決めました。打ち合わせでは、できるだけ無駄なスペースをつくらないよう色々と提案してくれたり、メリットやデメリットをしっかり話してくれたりしたので信頼することが出来ました。

ライオン先生

図面や色の打ち合わせや、お金の事など全て迅速に対応してくれたので、スムーズに家づくりを進めることが出来ました。営業担当の方は、とても親切で説明も丁寧な方でした。相性も良かったです。おかげで、無理な資金計画をせずに思い描いていた家が出来上がりました。

このような口コミがありました。

ステーツで家を建てた方は、自分の家と価格、担当者の人柄に大満足している方が多いようです。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

ステーツの特徴を項目ごとに紹介!

ステーツは、分かりやすい良心的な価格で、自分たちのこだわりを取り入れた家づくりができると人気があります。

では具体的に、間取りやデザインの自由度が高さや、価格、性能はどれほどのものなのでしょうか?

ここでは、ステーツの価格や性能などの特徴を、詳しく項目ごとに紹介していきます!

価格帯・坪単価

家づくりをするにあたって、最初に決めるのはズバリ予算ではないでしょか?

予算内で、どれくらい自分たちの要望を叶えてくれるかがハウスメーカー選びでは重要ですよね。

ステーツでは、低価格・明朗会計で施主が安心して家づくりを進めることができますよ。

ステーツで家を建てた方の平均坪単価は、40万円~60万円ほどです。

自由設計の家でも、30坪1,241万円~建てることができるので、20代30代の若い世代の方でも夢のマイホームを手に入れることが可能です。

ステーツでは、電気や給排水工事、エアコン設置費用など、後から追加でかかってくる諸費用が全て本体価格に含まれています。

商品によっては、意外と高額になる地盤改良費用や、照明器具も含まれているんですよ。

本体価格に含まれていない費用がかかってしまう場合も、見積もりの際に全て含めた価格を出してくれるので、後から予想外の費用がかかることがありません。

どんどん追加費用がかかることなく、オプション費用も分かりやすいため、安心して家づくりを進めることができると高い評価を得ています。

ステーツが安く家を提供できる理由

ステーツの家は、たしかに価格が安いことが分かりました。

コミコミ価格で、ここまで安いと「どうしてこんなに安いの?」と逆に不安になりますよね。

ステーツの低価格は、粗悪品を使用したり、手抜き工事をしたりするわけではないので安心してください。

ステーツでは、企業努力と施主さんの理解があってこの低価格が実現しています。

☆ 作業効率向上で23%コストダウン

作業の事前研究や、手順の最適化を研究し、マニュアルを作成。

これにより、現場で働く職人さんなどの作業効率が向上したため住宅価格を23%下げることに成功しました。

営業経費カットで15%コストダウン

広告費用やイベント費用などの営業費用を5%カットすることで、住宅価格を15%下げることに成功しました。

大量仕入れと安定購入で5%コストダウン

ステーツでは、年間を通して仕事が平均化されているため、資材を安定して大量購入することが出来ます。

それにより、資材を安く購入することができる為、住宅価格を5%下げることに成功しました。

職人さんの稼働率を100%にすることで8%コストダウン

今までは職人さんの仕事にはムラがあり、一年を通して忙しい時期と暇な時期があり、職人さんの稼働率は67%程でした。

そこで、稼働率を100%に近づけるため、現場管理システムを構築。

職人さんの稼働率を100%に近づけることができたため、住宅価格を約8%下げることに成功しました。

理解あっての低価格

作業効率向上や職人さんの稼働率100%にすることで、打ち合わせの日時や、工期など施主の希望に沿えないことも出てきます。

このように、自分本位の家づくりが出来ないことを納得できないと、この低価格は実現しません。

低価格で良い家を建てる為にも、時間や気持ちに余裕をもった家づくりを進める必要があります。

デザイン性

家を建てるなら、価格や性能はもちろん大事ですが、愛着がわくようなオンリーワンのオシャレなデザインにしたいですよね。

室内や外観

デザイン性を重視するなら設計事務所ですが、品質や保証といった安心感はハウスメーカーにしかありません。

ステーツでは、経験豊富で柔軟性のある建築士が多数在籍しているため、ハウスメーカーでもデザイン性の高い家を建てることが可能です。

スタイリッシュでかっこいい家や、ナチュラルで何年たっても落ち着く家、他にはない個性的な家など、自分が理想としている家を建てることが出来ます。

ステーツなら、オシャレで少し個性的な自分たちだけのデザイン住宅を建てることが出来ますよ。

バリアフリー

ステーツの室内は、バリアフリーを基本としています。

できるだけ室内全ての段差をなくしており、どうしても段差をつくらなくてはいけない場合は手すりを設置しています。

出角に丸みをもたせて、引戸はゆっくり閉まるソフトクローズ仕様なので、小さい子がいても安心です。

ステーツの家は、赤ちゃんからお年寄りまで住む人みんなに優しい住まいなんですよ。

耐震性

日本では、毎年のように大きな地震や台風などの災害が発生しています。

なので、家を建てるなら地震や台風に強く、丈夫な家を建てたいですよね。

ステーツでは、地震に負けない丈夫な家を建てることが出来ますよ。

耐震等級2以上

ステーツの自由設計の家は、全棟「耐震等級2」相当以上となっています。

耐震等級とは、建物がどれくらいの地震に耐えられるのかを示したものです。

耐震等級1は、震度6~7の地震に耐えることができる程度で、建築基準法での最低基準となります。

耐震等級2は、耐震等級1の1.25倍の強度があるので、大きな地震が来ても安心です。

耐震性の実績

ステーツでは、1992年設立以来、各地で大きな地震がありましたが、倒壊や半倒壊は一棟もありません。

ステーツの家は、東日本大震災や新潟県中越地震などの大きな地震も乗り越えた頑丈で、丈夫な家といえます。

構造計算

ステーツでは、設計の段階で一棟一棟構造計算を行っています。

耐力壁や建物の剛性などバランスを確かめながら設計を行うため、安全性の高い家を建てることが出来ます。

金物工法

ステーツでは、木造軸組工法で家をつくり上げていますが、梁や柱の接合部には専用の金物を使用しています。

金物を使用することで、断面欠損を最小限に抑えることができ、接合部を強化することができるので地震に強いつくりとなります。

ベタ基礎

ステーツの基礎は、ベタ基礎を採用しています。

ベタ基礎は、立ち上がり部分と床下の地面全て、厚い鉄筋コンクリートで一体化した基礎のことです。

がっちりと大きな面で家全体を支えるため、不同沈下が起きにくく耐震性に優れた基礎です。

オプションでさらに安心の住まいに

ステーツでは、オプションで制震装置を付けることが出来ます。

耐震と制震のダブル構造で、大きな地震や繰り返し起こる余震にも、粘り強く耐えることが出来ます。

断熱性・気密性

断熱性と気密性に優れた家は、夏は涼しく冬は暖かい年中快適な家です。

そして、冷暖房機器の使用を控えることができるので、光熱費を抑えることもでき、健康にも家計にも優しい住まいとなります。

ステーツが提供している自由設計の注文住宅“BEING”は、3つの種類に分けられており、商品によって断熱性に大きな差があります。

CPstyle

BEINGのCPstyleは、一番価格が安くコスパに優れた商品で30坪1,241万円から建てることができます。

断熱材は、壁にウレタン吹付を厚さ80mm、天井にウレタン吹付を厚さ70mm、床に高性能ポリスチレンフォーム40mmを採用。

さらに、遮熱シートで隙間なく包み込むため、気密性にも優れています。

窓は、アルミ樹脂複合サッシとLOW-E複層ガラスで、窓からも熱を逃がしません。

ステーツの中では最低グレードとなりますが、価格のわりには充分素晴らしい高断熱高気密住宅であるといえます。

HSstyle

BEINGのHSstyleは、断熱性や強度など性能がグレードアップし、設備などの選択肢も増えるのでワンランク上の家づくりが可能となります。

価格は30坪1,301万円からとなっています。

断熱材は、壁にウレタン吹付を厚さ80mm、天井にウレタン吹付を厚さ150mm、床に高性能ポリスチレンフォーム50mmを採用。

さらに、遮熱シートで隙間なく包み込むため、気密性にも優れています。

窓には、「省エネ建材等級」で最高等級の星4を獲得した商品を使用しています。

断熱材の厚さや、省エネ性に優れた建材を使用することから、CPstyleよりもワンランク上の高断熱高気密住宅といえます。

DTstyle

BEINGのDTstyleは、断熱性能に特化した高性能住宅です。

価格は、30坪1,551万円からと他よりも少し高くなりますが、価格以上の性能を期待できますよ。

断熱材は、壁の内断熱にセルロースファイバー120mm外断熱にポリスチレンフォーム30mm、天井にセルローズ250mm、床にポリスチレンフォーム75mmを採用。

壁の内側と外側に断熱材を使用することで、断熱性と気密性に優れた住まいをつくり上げます。

窓は、ガス層を2段階設けた「3重構造のLOW-Eガラス」と樹脂サッシで、高い断熱性能を発揮します。

DTstyleは、国内最高レベルの高断熱仕様の贅沢な住まいを低価格で手に入れることができますよ。

保証・アフターサポート

念願のマイホームを手に入れたなら、長く快適に暮らしたいですよね。

保証やアフターサポートは、引き渡し後からずっと安心して暮らすためにも、とても重要です。

ステーツでは、無料の定期点検や独自の長期保証で、安心の住まいを保証してくれます。

保証

ステーツでは、初期保証10年と延長保証10年で最長20年保証してもらう事ができます。

構造上主要な部分

引き渡し後10年目に有料メンテナンスを行えば、10年保証を延長。

雨水の侵入を防止する部分

引き渡し後10年目に有料メンテナンスを行えば、5年保証を延長し、15年目に有料メンテナンスを行えば、さらに5年保証を延長。

防蟻

引き渡し後10年目に有料メンテナンスを行えば、5年保証を延長し、15年目に有料メンテナンスを行えば、さらに5年保証を延長。

有料メンテナンスは、必要と判断された場合のみ行うので、メンテナンスが必要なければ、点検のみで保証を延長できます。

定期点検

ステーツでは、引き渡し後3回の無料点検を行います。

点検のタイミングは、引き渡し後2年目・5年目・10年目です。

工期

結婚や入学など、大きなライフイベントを控えている方は、どれくらいの期間で家が建つのか気になりますよね?

ステーツでは、平均4ヶ月ほどで家をつくり上げます。

ただ、最初の方でお話した通り、職人さんの稼働率を100%にするため、思っているよりも時間がかかってしまう場合があります。

また、家の大きさやデザインによっても工期は大きく変わります。

そのため、ステーツで家を建てる場合、ライフイベントを控えている方は、早めに行動をすることがとても大切です。

契約時に、着工日と完成予定日などのスケジュールを確認しておくと、安心して家づくりを進めることが出来ますよ。

構造・工法

家は、構造や工法によって間取りの自由度や、将来リフォームをする際のしやすさが変わってきます。

ステーツでは、木造軸組工法+金物工法で家をつくり上げていきます。

具体的には、木造軸組工法で家を建て、接合部に専用の金物を使用しています。

木造軸組工法は、間取りの自由度がとても高く、将来リフォームをする際にも間取りの変更や増改築をしやすい特徴がありますが、耐震強度に不安がある工法です。

ステーツでは、地震の際に力が集中してしまう接合部に、専用の金物を使用することで、弱点だった耐震強度を高めています。

ステーツが手掛ける木造軸組工法は、間取りの自由度が高く、耐震強度にも優れている安心の工法といえます。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

ステーツをおすすめしたい人はこんな人!

ハウスメーカーは、数が多くそれぞれに特徴があるため、ハウスメーカー選びに苦労する方も多いのではないでしょうか?

今回紹介している「ステーツ」はこんな方々におすすめしたいハウスメーカーです。

明朗会計を希望する方

ステーツでは、見積もり時に本体価格以外の諸費用も全て入った、コミコミ価格を提示してもらえます。

オプション費用も分かりやすく、曖昧な見積もりは行いません。

そのため、後からの追加費用もないので、お金の心配をせず安心して家づくりを進めることが出来ますよ。

安く快適な家を建てたい方

ステーツの魅力は、やはり価格ではないでしょうか?

ステーツなら、1,000万円台でも性能やデザインに妥協しない家づくりを行う事ができます。

予算があまりないからとマイホームを諦めていた方も、一度プランや見積もりを出してもらってはいかがでしょうか?

今の家賃と同じくらいの返済で、家が建つかもしれませんよ。

高断熱の家を建てたい方

断熱性能を上げると本体価格も上がりますが、住み始めてからの快適性や暖房光熱費を考えると、高断熱高気密の家はとてもおすすめです。

ステーツの家は商品にもよりますが、断熱性能は国内トップクラスの高品質。

家づくりを行う際、断熱性を重視している方は、ステーツがおすすめです。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

ステーツで注文住宅を建てる時の3つのステップ

家づくりは、ほとんどの方が初めてです。

流れが分からないまま、話がどんどん進むと、だんだん不安になってきますよね。

一生に何度も行うものではない家づくりを、楽しみながら進めることができるよう、家づくりの流れを説明します。

STEP1 相談から契約

来店・相談

事前に来店予約をし、モデルハウスを見学してみましょう。そこで、家の事やお金の事など家づくりにおいて分からないことや不安な事を相談します。

土地探し

まだ土地がない場合、土地探しを一緒に行います。すでに土地がある場合は、土地の調査を行ってもらいます。

打ち合わせ

ライフプランや要望を伝え、基本プランと資金計画を作成してもらいます。納得がいくまで何度も打ち合わせを行います。

ローン申し込み

銀行に、融資・ローンの申し込みを行います。

契約

プランや仕様、金額など打ち合わせで話した内容全てに納得がいけば契約となります。

STEP2 着工前準備

詳細図面の確認

仕様や詳細な図面を出してもらい、確認します。

カラーコーディネート

外装や内装カラー、照明など詳細な部分を決めていきます。

最終確認

施主・営業担当・インテリアコーディネーター・現場監督がそろい、着工前に、図面や仕様の最終確認を行います。

挨拶まわり

着工前に、近隣住民への挨拶を済ませておきましょう。

STEP3 着工から引渡し

地鎮祭

希望により、地鎮祭を執り行います。

着工

基礎工事からスタートします。工事中は、見学することが出来ます。

上棟

主要な構造体が完成し、家の形がはっきりします。希望により、上棟式を行います。

立ち会い

施主立ち合いのもと、コンセントの位置や棚の高さなど、現場で各部の確認をします。

内装・外装工事

電気や排水工事、壁紙や照明などをつけていきます。

完成

協力できる方はオープンハウスを開催します。

引渡し

不具合や間違いがないか確認を行い、問題がなければ引渡しとなります。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

ステーツの会社情報

最後に、ステーツの会社情報や施工エリアを紹介します。

ステーツの会社概要

会社名  株式会社ステーツ
本社所在地  〒950-0148

新潟県新潟市江南区東早通1-1-40

代表者名  代表取締役 石川 幸夫
設立  平成4年4月

ステーツが注文住宅に対応しているエリア

新潟県、埼玉県、富山県、石川県、福井県、長野県、山梨県、京都府、滋賀県、香川県、愛媛県、徳島県

上記の県以外の場所でも、支店の近くであれば対応できる場合があります。

LIFULL HOME'Sで資料をまとめて取り寄せる⇒

SUUMOで資料をまとめて取り寄せる⇒

 

まとめ

ステーツは、お手頃価格で性能もデザインも妥協しない家を建てることが出来ます。

他のハウスメーカーで予算オーバーになっていた方も、ステーツなら納得がいく家を建てる事ができるのではないでしょうか。

「良い住宅を、誰もが買えるちょうどいい価格」のステーツの家は、予算が少ない方でも、安心して家づくりを行えるおすすめのハウスメーカーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\ 住宅メーカー選びで後悔しないために! /